めぐりあいズゴ

東京のリアル下町の一角、堀切菖蒲園を中心に 足立ナンバーエリアを徘徊しまくる高純度アダッチ・カツシカンブログ。

タグ:鶏白湯

五反野駅の駅前通り沿いを環七方面に徒歩3分程歩いた辺りにある、今年オープンなのかな?の新店。

店舗外観は鶏白湯、煮干し、台湾まぜそばという、この頃流行りなメニュー写真が目立ちますね。


2015_03030069

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

立石駅北口から徒歩5分弱、タカラトミー本社手前、住宅街と商業スペースの境辺りの一角に今春オープンしたお店。


2014_03130017


この界隈を良く知っている人ならば、内藤大助選手の所属してた宮田ジムというボクシングジムの隣という立地。
タカラトミーのドル箱といえばポケモンだけど、こちらはクロモンだモン。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

亀有駅北口から徒歩数分、以前に『もぐや』があったテナントに昨年居抜きでオープンした鶏白湯が売りのお店。
 

BlogPaint
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

0ccf6a1cb87883a6-o

京葉道路沿いの角地、「鶏白湯」の先駆け的存在のお店。
店舗外観は木造り風で、看板の赤字の○に「玉」の文字の看板が印象的。

2007_11241月1日 0036

メニューの中にも〇玉見っけ!

 

この看板、熱狂的バスケファンである本店の店主がバスケットボールに見立ててデザインしたそう。
確かに言われてみれば、そう見えるかも。

店内の様子は入り口入って右にテーブル席4席、L字のカウンター席10席程。
店内も木造り&「よしず」とか海の写真等で、和というか「海大好き!」というような内装。

土曜日のお昼時に訪問、先客は7割程、テーブル席が空いていたのでそちらにお邪魔。

まる玉らーめん(600円)を頂きました。

58bb4c4f25b90935-o

麺は中細ちぢれ麺、茹で加減やや固め。
スープは淡い黄色がかった、見た目にも濃厚そうな鶏白湯。
具はチャーシュー、あおさ、万能葱。


頂いた感想は…
麺は加水率低めのボソボソッとした食感が強く、まるで乾麺みたいな味わい。
茹で上がりも非常に早いようで、丼提供も早く、替え玉設定があるのもなんとなく頷けます。
低加水故、スープとの絡みは上々。良く絡むというか、スープを持ち上げる麺です。
粉の風味も感じられ、割と好印象なタイプの麺。

スープは食べ始めの印象は、天然塩のカエシの主張はソコソコに、拘りの胴ガラが前面に出ている濃厚鶏味。
トローッとした優しい口当たりは、例えるなら「水炊き」のような感じのスープ。
食べ進めると、他の具(あおさ、万能葱)の中和で、最初の頃の鶏の濃厚さは薄れていき、すっきりとした味わいの塩スープに変化。
バラチャーシューもじんわり味が染みてて美味かった。

鶏を前面に出しながらも最後まで然程クセを感じる事なく、あっさりと頂けた一杯でした。

子供連れでの訪問でしたが、子供用の取り皿、更には他では見たことない子供サイズのレンゲの提供等、提供しているラーメンを含め、子連れ訪問にも優しいお店でした。あのレンゲ欲しいな〜(笑)。


らーめん まる玉
最寄駅:両国
料理:塩ラーメン
採点:★★★☆☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下
用途:昼食

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ