めぐりあいズゴ

東京のリアル下町の一角、堀切菖蒲園を中心に 足立ナンバーエリアを徘徊しまくる高純度アダッチ・カツシカンブログ。

タグ:高砂

 


京成線高砂駅から徒歩2分程、イトーヨーカドー裏手にある餃子のテイクアウト専門店。

このお店に気付いた20代の頃には、もう其処にあったので、歴史もそれなりな物かと。

商品構成はズバリ餃子オンリー。焼きか生かを選びますが、個人的には焼きがお薦め。

鉄鍋でグルーッと輪っか状に焼かれるその餃子の餡は、肉々しさより野菜の甘みが効いてる、いわば野菜優しい(ヤサヤサしい、と読む)物。高砂で餃子といえば、多分真っ先に此処が思い浮かぶでしょう、そんだけ地元に浸透、愛されている味だと思います。

このコメントを読む

 店名:丸味屋餃子店
最寄駅:京成高砂 / 柴又 / 新柴又
料理:餃子評価:★★★
一人当たりの支払額(税込み):ディナー1,000円以下
用途:ファミリー
採点:★★★

blogram投票ボタン

上のボタンをクリックして頂けるとこのブログの元気玉がたまります。 ブログパーツ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

味吟







高砂駅から徒歩だと10分強、静かな住宅街にポツンと在る、いなり寿司と海苔巻きの専門店です。
このお店と同店名の味吟押上店を偶然訪問してから、「あ、高砂にも支店あるんだ〜」と、気になっていてたのが訪問のきっかけ。

店舗正面左に持ち帰りのカウンターがあり、その向こうにはオバさんが一人。
そこで注文しようとすると「中へどうぞ」の声が。


店内メニュー







中に入り、店内メニューを見るも、先のショーウインドーで拝見していた、いなり寿司4個、かんぴょう巻き4個のセット620円を注文。
「折詰めじゃなくて包みでいいですか?」と聞かれ「ハイ」と答えると、梱包代カットで40円引きの580円に♪。


出来上がりを待っていた店内の様子は、テーブル席が2脚、8席程の飲食スペースがあり、此処で食べる事も可能の様。

いなり寿司







さて、いなり寿司。見るからに濃い目のタレで煮込まれた感の漂う油揚げの味付けは、ちょっと甘めながらも味が染み染み。
中の御飯は酸味抑え目、細切りの人参、昆布の混ぜ御飯。

 

いなり寿司、かんぴょう巻き、共に作り置きであった故か、ちょっと御飯の固さが気になりましたが、極めて真っ当な、いなり寿司、海苔巻き。
求めていた物を味わえたという点で、美味しい物でした。
ただ、正直言って、作りたてを味わえた押上店のような感動は無かったのがホンネといえばホンネ。

あ、ちなみに伺ったところ、押上店の店主の弟さんが営業しているお店だそうです。


味吟

最寄駅:京成高砂
料理:いなり寿司
採点:★★★☆☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下
用途:おやつ

このページのトップヘ