めぐりあいズゴ

東京のリアル下町の一角、堀切菖蒲園を中心に 足立ナンバーエリアを徘徊しまくる高純度アダッチ・カツシカンブログ。

タグ:関屋

京成関屋駅と東武スカイツリーラインの牛田駅との乗り換えの為のバイパス部分に位置する昔ながらの路麺店。

店舗外観は無地の黄色いテントが目立ちますね。

BlogPaint

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

日の出屋1







下町情緒あふれる佇まい、落ち着ける雰囲気の甘味処で頂けるあっさりラーメン。
なんかねー、とっても落ち着けるんですよ、ココ。存在は前から知ってたんだけど、詳しい住所解らなくて周辺ウロウロすること数回。住所を調べてアタリをつけても見つからない…。
やっと見つけたら定休日だったりで振られ続けたお店。とうとう頂く事が出来ました。
味の方は大騒ぎするでも無く普通感漂う物でしたが、この居心地、雰囲気の良さはとても貴重。

この値段(ラーメン480円)もまんま昭和って感じでなんか良いなあ。写真は店内から外に向かって撮った物。ちょっとピンボケですが店の雰囲気が伝われば幸いです。ちなみに丸く見える物はガラス瓶に入ったお煎餅です。

日の出屋2







以下、かつて存在していた東京グルメというクチコミグルメサイトに投稿した当時の記事です。

京成関屋の駅前商店街(というか飲食街)から少し離れた住宅街にひっそり佇む甘味処&ラーメンのお店。
地元ではこのお店から程近い荒川土手で撮影していた金八スタッフの休憩所代わりに利用されていたお店としても有名。
その為か、店頭、店内に番組ポスターが貼ってあります。休日の午後3時過ぎに訪問、先客は無し。
店頭ではお団子やお煎餅なども売っています。店内はテーブル4脚16席。なぜかとても懐かしく思える落ち着く雰囲気の店内。
ラーメン480円をお願いしました。ラーメンも見た目懐かしいあっさり醤油、頂いてみると思った通りのあっさりしたスープ。
ガラベースの様ですが塩気はあまり感じない結構薄めのスープ。麺は中細ちぢれ麺、チョイ柔。
具はチャーシュー2枚、海苔、インゲン、メンマ、ナルト、葱。
食べ進めていく毎に増してくるさっぱりした美味しさ。チャーシューもいい感じ。
見た目も味も昭和の中華そばという表現がそのまんま当てはまる一杯でした。
下町情緒溢れる店頭、店内の雰囲気、お店のおばちゃんのなんとも優しい接客も味のうちと思える、ゆったり頂ける雰囲気のお店です。




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ