めぐりあいズゴ

東京のリアル下町の一角、堀切菖蒲園を中心に 足立ナンバーエリアを徘徊しまくる高純度アダッチ・カツシカンブログ。

タグ:鐘ヶ淵

鐘ヶ淵

墨提通り沿い、

イカス看板

この味のある看板のたもと。

 

久々に再訪の麺やとうし

長い暖簾


相変わらず暖簾でけ〜。

 

つけ麺大盛り

つけ麺大盛り(900円)を頂きました。

実は当初ラーメン食べようと思って食券も購入、いざ渡そうとした時に厨房内に「つけ麺は6月一杯で終了」との気になる貼り紙が。これまで幾度となく一期一会で後悔してきた事を振り返り、差額を払い、つけ麺に変更して頂きました。

 

麺アップ

 麺は浅草開化楼製細平打ちちぢれ麺。麺の上には大きめの海苔が二枚。

 

つけ汁アップ

つけ汁は濃厚そうな茶濃い醤油色。具はチャーシュー、メンマ、海苔、貝割れ、つけ汁の丼の底には細かく刻まれたチャーシューが沈み、表面には葱と万能葱が浮かびます。

黄色とクリーム色の中間の、色鮮やかな麺はラーメン同様の物で、400gはありそう。コシというより、ツルツルッとした喉越しの良さが光ります。

 つけ汁は鳥ガラ、煮干し出汁系でカエシ(醤油ダレ)の効かせたタイプ。このカエシが良い感じ。割と強く醤油を感じながらも、ドギつさが全くなく、カドの取れた丸みのある味わい。出汁、カエシがきちんと主張していながらも、何れも突出する事なく調和が取れていて、ジワ〜ッと染みこむ感じの優しい美味さ。各種食材にもかなりの拘りを感じました。

とても丁寧に作られた感を感じられた、完成度の高い一杯でした。 頂いた後に、つけ麺終了の理由を尋ねると、店主1人の切り盛りで

「大変手間がかかるからお店が回らない」

からだそう。尋ねる前から、なんとなくそうかな?と思ってましたが、1人で見れるギリギリの判断故の結論なんでしょう。店主の拘りを尊重したいと思います。 丁寧な仕事が為されたレベルの高いつけ麺を頂けるのも残り僅か。興味を持たれた方はお急ぎを。


このコメントを読む

店名:麺や とうし

最寄駅:鐘ケ淵/堀切/東向島

料理:醤油ラーメン/味噌ラーメン/つけ麺

採点: 一人当たりの支払額(税込み):ランチ1,000円以下

用途:ファミリー

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

またもスタートにつまずいた私達。現状打開策としての選択肢はかなり狭められてしまう。
だってまだ3時半ですから。
いつもなら「どーすんだよ!」と空腹気味でイラつく妻も、今日は大人しい。
その理由は次の訪問予定もちゃんと抑えてあるからだ。

準備中の伊勢芳を後にし、水戸街道に出る。平和橋通りとの交差点を渡り、再びバス停へ。
バスに乗り、荒川越え。目的地のバス停に到着。
坂を下ると、目的のお店が交差点の角に見えてくる。

その名は丸好酒場本店。


2006_02122月10日0014

2006_02122月10日0015

店内に女性用トイレが無いとの事前情報を仕入れていたので、ひとまず八広駅方面へ寄り道。
仕切り直しで、いざ暖簾を潜る。

開店間もない店内だけど、既に先客が2組3名さん。

カウンターの一番左端に座り、まずはメニュー観察。

おかみさんの「何にします?」の声に、酎ハイ×2(300円)、訪問前から決めていたレバ刺し350円、ニラ玉250円を注文。
流石に手馴れた手つきで、自家製炭酸を注ぎ、隣のサーバーから元祖の素プラス焼酎の混合液を投入。で、レモン一切れを浮かべ、酎ハイ完成。
「はい、どうぞ!」と素早い提供が嬉しい。

2006_02122月10日0016

家を出てから2時間弱、ようやくありつけたボールの味が空きっ腹に染み渡る。
キツ過ぎずの炭酸が不思議と丁度良いなぁ〜。

 

ふと、左に座る妻に視点を移すと、妻の目線は一点に集中。
そう、私達の目の前にはグツグツと煮える、牛もつ煮込みの大鍋が。
私も最初から気になっていたメニュー、とっさに追加注文。結局これが一番先に到着。

2006_02122月10日0017

様々な部位が入っている感じのもつと、コンニャク、上に葱が乗っている一品。
一口食べると、やや濃い目の煮汁の浸り具合とアブラのパワーで、ボール進む進む(笑)。

 

続いてレバ刺し、ニラ玉到着。


2006_02122月10日0018

レバは都度、ブロック状から切り出してます、なんでプリプリ感は言うまでも無い。
こちらもおかみさんの見事な手さばきで盛り付けられ、噂の「謎のタレ」をかけてます。

 

臭みも無く、歯応えバッチリ。元祖の名に恥じぬ、低コスト、高レベルのレバ刺しでした。

 

ニラ玉、これも凄い!

2006_02122月10日0020

余所だと割とぺターンとしている印象の強い料理だけど(私だけ?)、
此処のは玉子何個使ってんだろ?と思う位のフワフワ具合。表面には例の謎のタレ。
そういえば謎のタレ、煮込みにも入れてましたね。

 

で謎のタレ分析。各種香味野菜とおろしニンニク、それにコチュジャンも入れている様な気がします。
多分全然ハズレでしょうけどね(笑)。まあ謎は謎のままがよろしいかと。

お腹もひと段落付いた後、買出しにいっていた親父さんが登場。
仕込みの為に厨房に入り、葱やらホウレン草やらを黙々と切ってます。
この間の厨房内の親父さんとおかみさんの会話が最高でした(笑)。説明出来ないのがもどかしい位、楽しい時間でした。

ボールお替りと共に、ポテトサラダ250円と新じゃが250円を注文。

 

2006_02122月10日0021

ポテサラはペンギンの中濃ソースと共に提供。マッシュが効いててデフォはあっさり頂ける、マヨ薄め、優しい感じ。
半分程食べた後、ソース投入、ソースとの相性良しで、2度目の楽しみ。

2006_02122月10日0022

新じゃがは濃い目のタレとの絡みも良好、きっと御飯との相性も良しでしょう。
全部の料理に言える事だけれど、手際の良さも見ていて感心させられて、どれを頂いても優しい感じがするんですよね、ホントに。
勿論味は言う事なし。全部美味しく頂かせて貰いましたよ♪

 

2006_02122月10日0023
 

創業昭和22年、歴史を感じさせる写真パネルがあったので、思わずパチリ!おかみさんに少しこのお店の歴史を教えて貰いました。しかし、よく写真残ってたな〜、というか撮ってたな〜。

 

楽しい時間もあっという間、気付けば午後5時半近く。
この後、約束があるのでそろそろ退散しなければ。

おかみさんに御馳走様をいい、気持ち良くお店を後にしました。

さあ、駅方面に出動です!(続く)。

2006_02122月10日0024

丸好酒場本店
最寄駅:東向島 / 鐘ヶ淵 / 八広
料理:居酒屋
採点:★★★★★
一人当たりの支払額(税込み):1,000円〜3,000円
用途:飲み会/宴会

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ