めぐりあいズゴ

東京のリアル下町の一角、堀切菖蒲園を中心に 足立ナンバーエリアを徘徊しまくる高純度アダッチ・カツシカンブログ。

タグ:錦糸町

最寄駅は錦糸町になるのかなぁ?錦糸町駅からだと四ツ目通りを首都高の高架下を潜って右側角地の立地のお店。

麺や 離宮 10

何年か前から気になって行きたかったお店なんですけど、行列出来てるとかでタイミングが合わず、長らく宿題となっていたお店、念願がかない、ようやく行ってきました。

土曜日の開店直後の訪問でしたが店内は既に満席、待ちが1人。
店頭の待ちの間に女性店員さんに注文を聞かれ、店頭に置かれたメニューとほんの数秒格闘。

 

麺や 離宮 9

燻玉つけめん(850円)の大盛り(100円プラス)をお願いしました。

ファーストロットが済んでいよいよ入店、厨房前のカウンターに案内され、熱いオシボリのサービス。
店内の様子は厨房前のカウンター席の後ろに更に同じ向きでのカウンター席という変則スタイル。

目の前のカウンターには魚粉を始めとする各種調味料が。

 

麺や 離宮 8

それと店内の卓上メニューが。

 

麺や 離宮 7

 

お店の中に入って10分位かな?先に妻の頼んだ燻玉らーめん(650円)が到着。

麺や 離宮 6

 

程なく燻玉つけめんも到着。

 

麺や 離宮 5

麺は浅草開化楼製(店舗奥に麺箱あり)の中太ちぢれ麺。規定量の300gに加え、大盛り指定(+100g)にしたので見た目的にもボリュームを感じます。
つけ汁は豚骨魚介系、茶濁のつけ汁の中の具は燻玉、チャーシュー、メンマ、葱、海苔。

麺はいかにも開化楼といった感じのゴワゴワッとしたコシの強さを感じられる麺ですが、加水率の比か卵麺の比なんですかね〜?

 

麺や 離宮 3

個人的に余所でゴワゴワしている開化楼の麺は割と麺の表層の印象がザラザラした感じがするんですけど、此処の麺はツルツルとした喉越しとコシの強さを併せ持つ、絶妙なバランスがいい感じの麺です。

 

麺や 離宮 2


 

つけ汁は豚骨、魚介のどちらかと言うと豚骨のほうが強め、で、それ故のトロみというか濃厚具合がいいですね。

 

麺や 離宮 4

それにジワリジワリと効いてくる魚介系の旨味、更に卓上にある魚粉や一味投入の味の変化でも本来のボディは消えず、かなり主張の強いつけ汁です。
追加トッピングの燻玉(燻製玉子)。これがまた好アシスト。
一口齧ると、その燻された感が伝わる香ばしさなんですけど、これが序々に、浸っているつけ汁にプラス作用を生むんですね。

麺や 離宮 1

 

これはチャーシューも同様。ともすれば終盤、飽きのくる豚骨魚介系(あくまでも個人比ね)、これらの名脇役の活躍で、最後まで美味しく平らげる事が出来ました。

麺を全部頂いた後に、スープ割りを所望。

「熱いのでお気をつけ下さい」

と提供されたスープ割りは、ホントに激アツ。

多分、自分が味わった、どのスープ割りよりも熱いです。
スープ割りをすると、出汁的には魚介系にシフト。
すげー熱い状態なんだけど飲まずにいられないトリコっぷりの美味さ。
こんなに後引く美味さのスープ割りはいつ以来だろ?。

同行した妻にらーめんを少々頂いたんですけど、こちらのスープの加減もかなり好み。


接客もかなり丁寧で、色々と気を使って頂き、2人の子供連れの私達でもストレスは皆無。
このお店が所在する江東区は、個人的に高レベルの美味さと高レベルの接客が両立する、23区内でも極めて稀なエリアなんですけど、このお店もそんな1軒でした。


羨ましいぞ江東区民、そして追いつけ追い越せ足立葛飾(笑)。

麺や 離宮 ( 住吉(東京) / 醤油ラーメン )
★★★★★5.0
powered by livedoor グルメ

blogram投票ボタン
上のボタンをクリックして頂けると、また新たなラーメン店に辿り着けそうです。
ブログパーツ
採点:★★★★★
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

11月13日(木)

今日は先日しでかしたスピード違反の後始末で、検察から出頭命令。で、会社を午前中で早退し、向かうは錦糸町。

昼食を見込んで早めの到着だったのだけれど、宿題だったお店は臨休…、で他地区で割と馴染みのあるラーメンを頂いたのだけれども、感想的にはなんだかな〜という印象の一杯でした(そのうちレポする予定)。

食事を済ませ時計を見ると、まだ受付時間まで30分程余裕が。近隣の錦糸公園という広い公園のベンチでボーッとたそがれ清兵衛するのもいいと思ったのだけれども、先日の天皇賞の当たり馬券の払い戻しがまだだという事を思い出し、錦糸町のウインズへ。

ウインズ

何度か経験しているけど平日の真っ昼間のウインズ、払戻しオンリーなんで、貸切状態、ちょっとの優越感。

そろそろいい頃合と思い、目的地へ向かおうとし、ウインズからマルイの脇に出ようとすると、相変わらず大盛況の魚寅の魚臭さが漂ってくる。

錦糸町って街は個人的には、魚臭さとウインズ周辺の喧騒、そして夜にはちょっとおっかねー人がハバをきかせる危険な一面を持ち合わせている場所。オリナスやアルカキットが聳えようとも基本的には20年前から変わらない街。

楽天地って言葉がそのまま、この街を表している表現だと思う。

さて本題へ。ほぼ予定時刻通りに目的地到着。流れ的には検察官の聴取→略式裁判→罰金納金というのが大まかなところなんですが、これがまたとてつもなく長い時間で…。結局罰金を払い終えたのは受付から2時間後。外は既に薄暗くなってました。

で、肝心の罰金の額面は6万円なり〜。どこかで5万円という数字を期待していただけに軽く万歳ナシよ状態。この支払いで生涯罰金支払額が30万近くに。もう2度と罰金刑になるような違反はしないと改めて誓いますた。

これからは制限速度尊守、ケツからアオられた際にはアクセルじゃなくてブレーキ踏みます(それはそれで危険)。

さて、そんな傷心を引きずりながらいつもより少し早めに帰宅。

 

凹んだ心を癒すべくシリア代表とのテストマッチを観戦しました。

前半はいつもの代表より縦→縦の展開が速く、見ていてとても楽しいサッカーだった。試合開始直後の長友の自ら持ち込んでのミドルからの得点も見事、左からのクロスをボレーで合わせた玉田の得点も見事。意識が前へ前へ、というのが伝わる楽しい展開。

対して3人を入れ替えた後半、序盤からまたいつものように遅攻というか、横→横の展開が長く続く。大久保の追加点はいいタイミングでしたが、守備のちくはぐさが目立つシリア相手にあの内容はいかがなものですかね。

ま、海外組、ガンバ組未招集に加え故障者続出で、新戦力を掘り出すという意味合いの強いこのゲーム、色々とテストしてそれが(マイナスも含め)実になったんじゃないかな〜と思ったゲーム内容でした。

今日の収穫

・長友の左サイドでの走力はやはり魅力。

・ウッチーの判断ミス、フィジカルは相変わらずだけれども、クロスの精度は魅力。

・玉田のボレーのミートの良さはやはり魅力、ほんと上手いな〜。

・ノッポ不在でチビッ子カルテットでも相手を掻き回せたオフェンスは全国のチビっ子プレーヤーに勇気を与えた点で魅力。

・やっぱヨシカツのコーチング、存在感は魅力。

 

さて、カタール戦まであと一週間弱、スタメン予想は今日の試合のスタメンベースに俊輔という感じなんですが、さてどうでしょう。

とりあえずその前に今週末のエ女王杯でなんとか6万円取り返します。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

 錦糸町駅から徒歩5分程、この街のランドマークタワー「オリナス」の向かい側。昨年末に新小岩から移転してきたお店。

新小岩時代は、ラーメンガイドの「葛飾区」のページに必ずといっていい程載っていた、区内では1,2を争う有名店で、昨年春頃から休業状態が続いてて

「どうしたんだろ〜?」

と心配してましたが、昨年末に錦糸町に移転の報を聞いてからずっと引っかかっていたお店。

念願かない、先日ようやく訪問してきました。

 

店頭

店舗外観は、落ち着いた木造り風の看板にエンジの暖簾で、今風の造り。店内の様子は奥に細長い造りの店内、テーブル席のみで15席位。

お昼頃に訪問、先客は8割程。

 

 醤油らーめん(680円)を頂きました。

 

醤油らーめん

麺は平打ちちぢれ麺、太さは中細。スープは富山ブラックを彷彿とさせる、黒さが際立つ醤油色の強い物。表層には割と多く油膜が張ります。具はチャーシュー、メンマ、ワカメ、モヤシ、葱。

頂いた感想は… その見た目から塩気の強さを連想させたスープですが、実際は想像していたよりも塩分控えめ。比率的には出汁の出加減は弱めで、カエシ(醤油ダレ)勝ち。千葉県のフジトラ二段仕込み醤油を使用したカエシは、醤油の甘さ、コクを感じられ、控えめな出汁とのバランスも良好で、すっきりとした後味も良い感じ。 麺は低加水でボソボソッとした食感の物でスープとの絡みは良好。

暫く食べ進めていて

「この麺、なんかに似てるなぁ?」とふと考える事少々。

同じ物を食べていたヨメも同じような印象を持ったみたいで、辿り着いた結論は、

チキンラーメン。

若しくはラメック。

 

麺


思いっきりピンボケですが、それらしさが少しは伝わるかと。

 こういう例えをすると、けなしてると勘違いされそうですが、印象は全く逆、ツボにはまりました。醤油色が移る程スープが染み染みのボソボソッとした食感の麺は、カエシに負けず劣らずの個性的な物。思わずスープを飲み干してしまった、美味しい一杯でした。

 醤油の味を楽しめる醤油ラーメンが食べたい人にお勧め。


このコメントを読む

店名:匠屋

最寄駅:錦糸町 / 押上 / 亀戸

料理:醤油ラーメン / 塩ラーメン / つけ麺

評価:★★★★

 一人当たりの支払額(税込み):ランチ1,000円以下

用途:ファミリー

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

錦糸町の駅前、徒歩0分の、多店舗展開をしている洋食屋の支店。
休日の午後6時頃に訪問、満席という事で少々待たされ、2階席に案内されました。
1階にはテラス席、カウンター席もあり、1階、2階合わせキャパは相当な物だと思います。

つばめ風ハンブルグステーキ1,155円を頂きました。

つばめグリル熱々の鉄板の上にアルミホイルに包まれて登場。
アルミホイルを破ると、これまた熱々の湯気が立ち上ります。

 


ハンバーグは柔らか過ぎず硬過ぎずの食感で、肉汁溢れる肉々しさを充分感じられる物。
ホイルで包まれた&鉄皿の余熱で最後の一口まで熱々なのが嬉しい。
ソースはデミグラス。濃厚でコクのある、だけどクドさは全く無く、後味の良い物。
ハンバーグの上に一切れだけ牛スジ肉が乗っかっているのだが、これがまた、トロットロに柔らかく煮込まれた物で、なんともいえず美味しい。
付け合せのベイクドポテトはバター抑え目、じゃがいも本来の甘みを感じられるホクホク加減。

かなり美味しいハンバーグ食べた!という気になりました。

店内雰囲気は大人数収容の為か、かなりワイワイガヤガヤ。ゆっくり食事を楽しみたい人には不向きですが、小さな子供連れには、そういうほうが寛げるんですよね。
子供がいる為か、「鉄板じゃなくて平皿での提供も出来ますが?」という気遣いをしてくれたり、子供用の食器も何を言わずとも提供の、感じの良い接客でした。

無化調、無添加も嬉しい、お子さん連れには特にお勧めのお店です。


と、お子様連れにお勧めしておいて何ですが、錦糸町という場所柄か、隣にはタイ人女性2人と小金持ちそうなオヤジ、その隣にはロシア系の女性とこれまた小金持ったオヤジが楽しそうに食事してました。まあ、害は無いですけどね、お互いに。コッチはやかましいし。

国際色豊か、それもリアル錦糸町…。

 

つばめグリル
最寄駅:本所吾妻橋
料理:洋食 / ハンバーグ
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円〜3,000円
用途:夕食

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2006_05095月14日0080

錦糸町の駅前商業施設、アルカキット10階にある、ベトナム料理屋さん。
店内の様子はテーブル席50席程?。休日の午後2時頃に訪問、先客は4名。
豚挽き肉のピリ辛フォー900円を頂きました。丼の中身は、フォー、上に乗る具は豚挽き肉と唐辛子、厚揚げ、モヤシ、葱。
薬味はライム、パクチー、唐辛子。豚挽き肉はスープの上で団子状になって登場。
博多長浜ラーメン系のお店によくある「ばくだん」みたいな物ですね。
これを崩すと辛くなるのは容易に想像出来たので、まずは崩さずスープとフォーを味わいます。
鳥ガラ出汁を感じられるあっさりした透明のスープ。塩気も強すぎず、かなり優しい感じ。
ところが、団子を崩すとスープが豹変、一気に辛めのセッティングになります。これが程よい辛さで、後引く美味さ。
やっぱり崩したほうが好みでしたね。結局スープ最後まで飲み干す美味しい一杯でした。
階下にアカチャンホンポがあるせいか、このお店に限らず、フロアのほとんどのお店が何処も子連れで気兼ねなく訪問出来る準備をしてくれていると感じます。
なので、ゆっくり食事をされたい方は避けたほうが賢明かも知れませんね。

総合:★★★☆☆ 3pt

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ