9月4日に発売されて以来、話題沸騰中の赤城乳業のガリガリ君リッチコーンポタージュ。

どんだけ話題かというと、発売直後なのに予想以上の反響で生産が追いつかなくて発売休止になってしまったのだ(公式のご挨拶はコチラ)。

ここで注意したいのが発売中止じゃなくて、休止ってところ。
あくまでも工場から出荷出来ないって状態なので、市場に出回って店頭に並んでいるヤツは無事に手に出来るんですな。

私も発売日知ってたんだけど未だ未食だったので、夕方のニュース見て慌ててコンビニに買いに行って来ましたよ。ちなみにあと15個は残ってた気がする。


2012_09071月1日 0008



せっかくなので別パッケージのものを2個ゲット。ちなみに実売価格126円。
フツーのガリガリ君のおよそ2倍のプライスという事で、この辺りも「リッチ」の冠の由来かな、と。

袋から取り出すと、冷気と共に、ほんのりとコーンポタージュの匂いが漂います、マジで。



2012_09071月1日 0011




ここで軽く商品説明を。

普通のガリガリ君みたいに中のかき氷部分を表層のアイスでコート。
かき氷部分にはつぶコーンを入れる徹底ぶりw。


2012_09071月1日 0010

さて、いよいよ実食です。

おそるおそるガリッと噛り付くと、想像以上に口中に広がるコーンポタージュの風味。

ん…。これは…。


あれれ?美味いじゃん。

意外や意外、もうちっとクセの強いのを想像していたんですけど、フツーに美味いですw。
後味もクドイかなーとか思ってたんですが、割とサッパリしてました。
たぶんこの食後感を出す風味の加減に苦労したんでしょうね。



2012_09071月1日 0015


ホントにコーンポタージュスープをソルベにした感じ。
永らくグルメ系のレビュアーとかブロガーをやってますが、そんな印象しか思いつかないボギャブラの無さに我ながらガックシですw。

つぶコーンの存在も確かに感じられました。

これ食べながら、「そういや子供の頃に、モナカがとうもろこしの形したコーン味のアイスあったなー」なんて思い出したり。今思うとアレも美味かったな。



実はこの商品を慌てて購入するきっかけになった夕方のニュースで、この商品が生まれた背景ってのをサラリと紹介してたんですが、なんでも昔、ガリガリ君って色々と無茶苦茶な、いや冒険してたフレーバーを出してたらしいんですよ、ラーメン味とかw。

で、最近のガリガリ君は「守りに入っててつまらない」って誰かが言った声を拾って、「なにぃ〜」って感じでこのフレーバーが誕生したらしいんですわ。




赤城乳業さん。




大丈夫。




これ、




2012_09071月1日 0009




とっても


攻めてますw
 







コーンポタージュ好きだったら1度は試してみるのも良いかもね!
明日からものすごーくレアな存在になってそうですが…。

blogram投票ボタン 
 
人気ブログランキングへ 


↑ウチのブログも攻める気持ちを忘れないようにしないとね。