めぐりあいズゴ

東京のリアル下町の一角、堀切菖蒲園を中心に 足立ナンバーエリアを徘徊しまくる高純度アダッチ・カツシカンブログ。

タグ:荒川区

町屋駅から徒歩2、3分程の距離にある、都電荒川線の線路沿いのお店。
店舗外観は割と周辺の景色に溶け込んでいて意外に目立ち難いかも。

2016_01100025

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

荒川区南千住、日光街道沿いの三ノ輪橋駅入り口脇にある路麺店。

2015_10130080

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

都電荒川線の三ノ輪橋停留所程近くの名物商店街、ジョイフル三ノ輪に行ってきました。


2015_06140065
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

先日の話ですが、久々に荒川区南千住の有名店、青木屋のコロッケパンを食べてみました。

このお店が面している通りは、月に1、2度、多い時だと毎週のように通るんですけど。
で、通る度に店頭のガラスのショーケースとかをチェックしてるんですが、いつも品薄な上に他の購買客の路駐のクルマが邪魔とか、まあ、路駐に関してはアレコレ言える立場じゃないんですけど、とにかく、いつもこの道を通る度に気にしてるんだぞ、という事を判って欲しいだけなんです。

そんな、気にしてて気にしてて、ようやくタイミングドンピシャで購入したコロッケパン。幾らだったかな?240円?。


2013_07151月1日 0127


長さにして20センチ弱くらいあるような感じもするコッペパンにはしっかりとしたボリュームのコロッケが2個、サンドされてます。

端から齧り付いてみると、まず最初に伝わるのはコッペパンの美味さ。
食感フワッフワでエアリーな生地は、甘さもじんわり伝わってくる、正にコッペパンの王道的な美味さ。
それに対してコロッケは、おおむねジャガイモのみというシンプルで素朴な種の比率、味付けという事もあり、そんなに引っかからないというか、割と普通というか。
ただ、このコッペとコロッケの重なる部分に塗されたソースの染み染み具合は、間違いなく美味しさを加速させてましたね。

かねてからちょくちょくウチのブログでも紹介している、いちばん好きなコロッケパンは堀切の「ほりぐち」ってパン屋のコロッケパンなんですけど、そのお店のコロッケパンをカブトムシと例えると、青木屋のコロッケパンはヘラクレスオオカブトですね。
大きさは「ほりぐち」のに比べると優に2倍あるし、割と希少性もありますもんねー。

食べものをムシに例えるな!

って言われそうですが、毎日のようにムスコの付き合いで図鑑を見ていたら、まあ、開き直ると、そういう脳にもなるってもんです。

そんな、昆虫大好きなムスコは、夏休み中の観察を兼ねて10日程前からノコギリクワガタのつがいを飼ってます。


2013_08041月1日 0030


コレ購入と同時にカブトのオスを1匹購入、更にその2日後、軽くブリーダーみたいなご近所さんから、カブトのオス4匹、メス1匹をありがたく頂戴しました。

飼育ケース内はかなり賑やかになったんですが、今週に入りオスが1日1匹のぺースで天に召されていきました。

カブトの寿命も割と儚かったりするんですけど、まあ、仕方がない事ですよね、それが寿命とあらば。

ちなみにノコギリの夫婦は今日も元気で動き回っておりました。出来ればたまご産んでいって欲しいです。


 

blogram投票ボタン 

 
人気ブログランキングへ 


↑私のやる気スイッチ、1日1回それぞれポチして頂けたら、こんなに嬉しいことはないです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ちょっと凹んだ前回記事のコールに、さっそくのレスポンス(拍手ボタンポチとかコメントとか)、ありがとうございます!。
かなり元気を頂いたのと、更新意欲が沸いてまいりました(ザ・単純)。

これからもポチのほう、引き続き宜しくお願いしますw。

で、何書いたんだっけ?(最近はスマホで書き溜めしてるんですよね)。
あ、そうそう、路面そばネタだったんだ。

そんなお店はというと、

新三河島駅から徒歩2分程、明治通り沿い、冠新道との差路にある路面そば屋さん。
以前は割と歴史感じるテナントだったんですが、数年前に店舗入れ替えしたのかな?随分と小綺麗になった店舗外観。


店頭
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

3度目の訪問。

実はチョイチョイ訪問の機会を伺っていたんですが、どっかのTV放映を受けて暫く行列店になってました。
で、念願適ってようやくの再訪。

座敷が全部空いているという、エアポケットな時間帯に突入。

2012_07241月1日 0004

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

過去にプレーした時はそんなに大変じゃなかったラスボス攻略。
そんな、暫く振りに再会した、ラスボスみたいなお話。


野菜の価格高騰とか全然関係無しに、超が付くほどの良心的価格で盛りの良い中華料理とか定食の数々を食べさせてくれる、荒川区の良心、光栄軒。

そんな良心に出会いに、丁度1年振りに再訪(以前の記事、店舗詳細はコチラ)。


2011_05041月1日 0066

お昼時の訪問で生憎の満席ながらも5分程の待ちで無事にイン。
前回と同じ一番奥の小上りの座敷に座り、一応メニューをチェック。

壁に貼ってあるメニュー等も見てみたが、実は訪問前からコレと決めていた心は揺るがなかった。

という訳で、前回訪問時と同じく、揚ヤキソバ(550円)を大盛り指定(100円増し)で。
ちなみに同行の妻は「たっぷり野菜の辛みそつけ麺」(550円)を、コドモ2人はラーメン(400円)をシェアで。

注文してから10分弱、先にコドモ達のラーメン到着。
前回よりもワカメ含有率が高い丼構成、コドモ達に麺を取り分けている最中、厨房から店員さんの手によって運ばれてきた、1年振りのアイツ。

そんなアイツ、前回食べた時の印象は、普通盛りにも使用する平皿にうず高く積まれた、いわゆるタワー型のルックスだったのだけれども…。
今年のアイツは、ビュッフェでパスタとかピラフとかを盛りつけたりする、縁が高くなった船型の白い大皿にて登場してきました。

2011_05041月1日 0068

そのルックスの第一印象。



圧倒的じゃないか…



昨年のイメージを持って挑んだ訳ですが、自身の予想を大きく上回る形での対峙。

一瞬ヒヨりましたが、あんまり時間かけてたらホントに完食ヤバそうなので、とりあえず箸を進めます。

まずは揚げソバ部分と餡の部分を絡める作業、いわゆる1つの天地返しな訳なんですけど、この作業の最中、前回訪問、実食時には就寝中だったコドモ2人。

2011_05041月1日 0071

パパの頼んだ揚げヤキソバ大盛りのルックスがかなり興味惹かれたらしく、自分達のラーメンそっちのけで、ベビースター感覚でポリポリ摘みはじめましたw。

実食している最中も傍からポリポリのちょっかいを出されると完食に支障をきたしそうだったので、コドモ達の分のベビースター、いや、揚げソバを取り分け、改めて挑みかけたその時、妻の頼んだ「たっぷり野菜の辛みそつけ麺」が到着。


2011_05041月1日 0072

つけ麺と言いながらも、つけ汁にあたる部分が普通のラーメン丼で、麺が入る椀が、他店でいうところのつけ汁が入りそうな大きさで、判り易く言うと、麺とつけ汁の比重が逆のつけ麺な訳なんですよ。
そんな逆つけ麺を撮影したりした後、いよいよアイツ攻略にとりかかります。

食べ始めてすぐ、白菜にコーティングされたツヤツヤの、ホントに熱々の餡にて口中火傷しました…。

2011_05041月1日 0070

思わず「いてつく波動」を浴びた気分になるも、かまわず食べ進めます。


ベビースターをガツガツ、野菜群をガツガツ、
ベビースターをガツガツ、野菜群をガツガツ、
ベビースターをガツガツ、野菜群をガツガツ、

……。


4ターン目くらいでふと思ったんですけど、冒頭のこの料理のピンの写真で果たしてコイツの圧倒的な存在感は伝わっているのかと。
そういや自分自身、デカ盛り系の記事書いた後思うんですけど、肝心の料理写真はそんなに大きさを感じさせないんですよねー、ピンだと。
という訳で、先に紹介した妻の頼んだ逆つけ麺(オイ!)と並んだ絵図を撮影。

2011_05041月1日 0073

あらためて、


圧倒的じゃないか…


という雰囲気が伝わる一枚かと。

そんなアイツ、昨年のアイツが麺2〜3玉だとしたら、今年のアイツは3〜4玉にパワーアップしてます、多分。
味付けは以前と同様、やや濃い目な味付けなんですけど、この量を考えたら適正な味付けです。
上に乗る具と餡のバランスは以前と同じような印象でしたが、とにかく今年のは火傷する位に熱々なのが印象的でした。

後を振り返ってたら不本意な結果にもなる可能性が…という事で、前を向いてガツガツ頂く事15分程。

計らずも昨年よりもパワーアップしている感を受けたアイツ、実際に麺と具のボリュームは昨年と比べてもかなりのレベルアップでしたが、終わってみれば今回も無事に完食。

2011_05041月1日 0074

更にコドモ達の残したラーメンの残り物プラス、妻の逆つけ麺のつけ汁を味わう余裕がありました。

また機会があったら、挑んでみたいと思います、更に経験値ためといて。

 

余談ですが、頂いている最中、すぐ隣のテーブル席に、その会話とかで察するにグルメサイトとかデカ盛り系のサイトを見てきちゃった風な、多分初訪問の男女混成の5人組が。

自分は背中を向けている格好だったけど、なんとなくの雰囲気で、

(あの人の食べてるアレって何だろ?皆で頼もっか?)

っつー思惑が判ったんですけど、いやいやいやいや…。


普通の街の中華料理店と考えれば1人1品注文は必須でしょ。
それに、このゾーマ級のアイツ、1人で登らなきゃ気持ちいい景色は見れないよな〜、きっと。
(と言ってる自分がコドモにシェアしていた事実は内緒にして欲しい方向で)


2011_05041月1日 0067

光栄軒 ( 荒川区役所前 / 中華料理その他 )
★★★★★5.0
powered by livedoor グルメ

 

blogram投票ボタン

↑おかげさまでポチ効果が表れてきました。やる気に直結してます!


 人気ブログランキングへ 

↑こちらのほうも更なるポチを宜しくお願いします!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

南千住駅より徒歩2、3分。
小学校の校庭が見渡せるロケーションにその店はある。

そのお店の名はパワーブレンドTANAKA。

そう、皆さんご存知、店主の念波でたこ焼きの味を自由に変化させるお店なのだ。

え、ご存知ない?っつーか、「何言ってんだコイツ?」的な扱いしないでくださいな、私もソチラ側ですからw。

 

ちょっと話を戻すと、このお店訪問の数日前、私の妻がいつものご近所の井戸端会議の流れで、
「南千住にどーも凄いたこ焼き屋があるらしいよ」
との話題になったらしく、その話を振られた私。
そーいえば以前TVか雑誌か何かで紹介されていたのを見た事があって、なんとなく記憶の片隅にあったのだけれども、正直忘れてたお店。

で、妻が先日、井戸端会議仲間の奥さん連中とからかい半分でオープン直後に訪問してきたみたいなんですけど、これがまた揃いも揃って見事に洗脳されたみたいでw、4人が4人共に「確かに味が変わった!」なんて言うんです。

たこ焼きの味の変化もそうなんですけど、もっと驚いたらしいのが、店内で売っている缶のサイダー。
これも劇的に変化させるらしく、その飲む人のフルネームを呟いて店主が缶に向かって指パッチンすると、なんとその人のイメージの味になるらしく、これがいかにもその人の個性にピッタリな味で一同は大層盛り上がったそうな。


(それって思い込みなんじゃねーの?)


なんて咄嗟に思ったんですけど、その場では勿論言えません。
だってその4人に囲まれて力説されるの目に見えてましたもん。

という訳で、とある日。
我が家の3時のオヤツという名目でたこ焼きを頂きに。
あわよくば店内で俺味のサイダーも頂きたいところですが、あいにくの先客が。


店頭



という訳でテイクアウトで利用しました。

たこ焼き(8個)400円のところ、子供連れだったので子供割引き適用でマイナス20円の380円。
半分を「あっさり」、半分を「クリーミー」で指パッチンして貰いました。


パワー


ちゃんとマジックで書いてあるw。


ちなみに後客は、先日放送のTV番組を見てきました的な方々が行列作りました。

自宅に到着、違いを感じる為、玉を交互に頂く事に。


たま



まずは「クリーミー」から。

一口齧ると、外側はそんなに固くないカリフワ、中の生地は流石にトロットロ〜なクリーミー加減。
確かな出汁加減も感じられるトロトロの生地の中には、かなり大粒なタコがデデンと鎮座。
う、美味〜い!
これって元々、パワーブレンドしなくてもかなり実力の高いたこ焼きだと思います。

ん、ちょっと待てよ?
パワーブレンドしたからこんなに美味しくなったのか?

という訳で、先のクリーミーの記憶が残るうちに「あっさり」を。

一口齧ると、外側はそんなに固くないカリフワ、中の生地は流石にトロットロ〜なクリーミー加減。
確かな出汁加減も感じられるトロトロの生地の中には、かなり大粒なタコがデデンと鎮座。
う、美味〜い!
これって元々、パワーブレンドしなくてもかなり実力の高いたこ焼きだと思います。


ん、ちょっと待てよ?
これってさっきのクリーミーと同じじゃねーの?


という感想なんですけど、一緒に食べた妻は、
「持ち帰りだからちょっと判り難いけど、やっぱり「クリーミー」と「あっさり」で全然違う味になってるよ!」と力説。
それに同調するように2人の子供も「そうだ違う、違う」と言い出す始末(コッチは絶対判ってないw)。

そんな、いつの間にか、
「(これ感じ取れないの?)判ってないなぁ〜」感の集中砲火を浴びた私、そんなに鈍感?。
悔しいので今度はイートインで劇的に味の変わるたこ焼きを、俺味のサイダーで流し込んできますね。


パワーブレンドTANAKA ( 南千住 / たこ焼き )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

5月5日(水)

PCを見てみると、グルメブログの「今日のPick Upブロガー」に選出されてました。

どうも


ちなみにライブドアグルメのTopページにも表示されてます。


今日はこどもの日。「体はオトナ、頭脳はコドモ」な、逆コナンな私にピッタリな選出日かも。
ありがとうライブドア。

という訳で、グルメブロガー的な記事をTopにしとかなきゃカッコつかないだろ、と思い、急遽昨日訪問した時のネタを。
午前中という事で久々にノンアルコールで書きましたw。




5月4日(火)

明治通りから1本入った路地にある、赤いテントが目印が目印の町の中華料理屋さん。


光栄軒 8



かねてより訪問の機会を伺っておりましたが、ようやく訪れる事が出来ました。

祝日のお昼時に訪問、あいにくの満席で10分程外待ち。
店内の様子はカウンター席が7席、小上がりの座敷席が4人掛け×3。
年季を感じる店舗内装は、「昔ながら感」を得られて、とても居心地が良いです。
先客はソロの男性客の比率が高く、アルコール摂取率が5割超えてます。

メニュー構成は、麺類、御飯物、一品料理等、いわゆる町の中華料理屋さんのそれと変わらないようですが、


光栄軒 6


じゃあ何故にこのお店を訪れたかと申すと…、
それらの料理が軒並み量が多い事、いわゆるデカ盛りで有名なお店なんです。

なので、メニューの上にはこんな注意書きも。


光栄軒 5


「頼んだら残すな」派の当ブログ、この注意書きもごもっとも。
自分のキャパ、把握しないとね。


という訳で、10分程待ち、テーブル席に着席。
子供達2人が寝ていたのでテーブル席に案内されたのは非常にありがたい。
いつもの様にダッコしながら片手で食べるのは非常に厳しかったと思うので。

私は訪問前から決めていた、揚ヤキソバ(550円)を大盛り指定(100円増し)で。
妻はラーメン(400円)と餃子(300円)を注文。

10分程で料理が出来上がり。
カウンターに座っていた後客の男性が、店員のオバちゃんの手で運ばれるお皿を2度見していたのが印象的でしたw。

いざ目の前にしてみると、その山の大きさに一抹の不安を覚えますが、とりあえず山を眺めてみます。


2010_05041月1日 0007



ちょっと違うアングルからもう一枚。



光栄軒 4



山状に盛られた大量の野菜を中心とする具は、白菜、モヤシ、シイタケ、ニンジン、ピーマン、豚肉。
野菜全体を覆う様に、餡でツヤッツヤにコーティングされております。


光栄軒 3



その山に埋もれていて中々見えにくい揚そば部分は、多分2、5玉〜3玉くらい使用しているじゃないかな〜といった感じの量でカリッカリに揚げられております。

山を崩さないように上部の野菜部分をちょっと減らし、揚やきそば部分を上に持ち上げとく、『二郎』の天地返しみたいな食べ方を最初こそしていたものの、
途中で面倒くさくなりw、目の前の山をガシガシ食べ進めます。

餡を絡めた肉野菜炒め部分の味付けは、塩気が薄い物に対し、揚げそばの浸る汁部分は、割と塩気が強い味なので、合わさった時のバランスが丁度良いです。
まあ、合わせるのは最後の最後にしか出来ませんがw。

餡のコーティングが予想以上に熱くて容易に食べ進められない状況が終盤まで続きましたが、只デカいだけではなく、水準の美味さをキープしているので、
およそ15分程で、無理なく完食、満腹率は80%位。

光栄軒 1




全体的なボリュームに対し、野菜比率は6割位。食後感もクドくないので意外とヘルシーな一品でした。
これで650円は物凄く良心的価格ですね。
満腹感、満足感共に満たされた訪問でした。

妻に頂いた餃子は、餡が野菜中心でギッシリ詰まった物。
こちらもヘルシーでした。

光栄軒 2


アルコール摂取率が高いと先に書きましたが、オバちゃんのチューハイ製作風景を見ていて驚きました。
なんと、焼酎の量までデカ盛り(他店の2倍はある)でしたw。





光栄軒 7


お店の前で待っている時に、「なんでこんな大量の野菜が…」と思ってたんですけど、お店を後にする時に、自ずとその答えが判りましたw。あの量で提供してればそりゃー大量使用しますな。
価格高騰も一段落したとはいえ、このご時勢にありがたいお店です(祝日営業も)。


光栄軒 ( 荒川区役所前 / 中華料理一般 )

★★★★4.0
powered by livedoor グルメ




blogram投票ボタン


↑ポチして頂けると、次の山に挑めそうです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

私のリクエストに応じて拍手を下さった方々、ホントにありがとうございます。

おかげで元気玉が大きくなりました。

なので当初は寝ようと思っていたんですけど、こりゃ〜、記事を書かなきゃ漢じゃねーかな、という感じが漂ってきたので、すげー眠いんですけど頑張ります。

 

 

っつー書き出しで始まる記事を実は昨晩書いていたんですけど、いつの間にやら夢うつつで心が折れてました。

という訳で、昨晩の書いた覚えの無い記事を大幅加筆(笑)でお送りする桃天花再訪編。

詳しい店舗情報は過去の記事を読んで頂ければ幸いです。

 

 

 

2009_04051月1日 0098

どの位振りの訪問だろ?以前は空き地だったお店の向かいに、いつの間にか家が建ってる。そんな位、久々の訪問。

日曜のお昼時の訪問、先客は6割程、ほぼ全員男性ソロ客。

前回の訪問と比べ変わったのが食券方式になった事。

あと、テーブル席の微妙な配置も変わったような気もするけど、気のせいかな。

 

 坦々麺大盛り(850円)を注文。

初めて頂くメニューなので辛さはノーマルで(2段階位の辛さ増し可)。

 

丼の到着を待つ間、ふと斜め前に置かれた本棚に目を落とすと、

 

2009_04051月1日 0099

個人的にど真ん中じゃないんだけど、なんとなく読み返してみたいラインナップがズラリ。

その中でもイチオシは

 

2009_04051月1日 0100

 

魔太郎がくる!

 

こういう、本棚の構成って、店主若しくはスタッフの好みが反映されてて、見てて楽しいですよねぇ。

例えば通巻がキッチリ揃えられていたり、ヤンキー系の漫画ばっかりだったり。こういうところにもそのお店の色が伺えたりします。

そんな事を考えていたら、

 

坦々麺がくる!

 

2009_04051月1日 0103

麺は中細ちぢれ麺、茹で加減やや硬め。

スープは坦々麺らしくゴマペースト由来の粘度がある、八角の風味がバシバシ効いてる物。

具は青梗菜、挽肉、辛味噌?、表面に葱。

 

頂いた感想は… スープは白胡麻の風味に加え、なんか他のナッツ系のペースト感を感じる位の香ばしさ加減で、重くドロッと溶け出した粘度の強い物。当然ながら麺との絡みはかなりの物。

その麺は、こちらもつけ麺同様、浅草開化楼製なのかな?

 

2009_04051月1日 0105

前述の通り、スープとの絡みというか纏わりつき具合も良好で、硬めの茹で加減もいい感じの美味しい麺。大盛りで頼んだんですけど、八角の清々しさとも相まって軽々と平らげられた程にバランスの良い一杯でした。

 つーのが丼の印象だけれども。ここから先はチョイ欲張るんで上記と別に考えて下され。

 

あらかた麺を片付けた後に、小ライス(100円)をオーダー。

 

2009_04051月1日 0106

小といっても普通の1膳強の盛り具合。改めてこのお店の盛り具合にサービス精神を感じる。 そんな小ライス、躊躇い無く、麺を平らげたスープのみの丼の中にオン!。

 

2009_04051月1日 0108

コメ達の絡みに期待しつつ、スープを混ぜ混ぜ、で、おじや風に頂くと案の定の相性の良さ。

 

2009_04051月1日 0109

そんなんですけど、麺大盛りに加え、ご飯追加で味わった濃厚なスープの印象は途中から正直飽きが来ちゃったり。

勿論、頼んだ物は平らげる主義の私、きっちり最後の一口まで頂きました。

 

 多分、普通盛りでも中々にボリューミーだと思う一品、辛さは割とマイルドなのでそんなに弱くない人は増量指定したほうがいいかも。

 

 以前にも書いた事がありますが、店舗は場所的に割と判り辛い裏路地で、周辺は狭小の生活道路。店舗斜め前にコインPがありますが、割と苦労するかも。

 お店は各種ラーメン誌に取り上げられているように、それらの情報を踏まえてきた感のある方々も多いですが、後客には小さいお子さん連れのご家族も2組いました。ベビーカーごと入店可なので、幼児連れの方でもストレス無く頂ける事が出来ると思います。

 

2009_04051月1日 0110

あ、営業時間が期間限定で変わるそうです。特にリピーターの方はお気をつけて下さいまし。

 


このコメントを読む

店名:桃天花

最寄駅:三河島 / 荒川区役所前 / 新三河島

料理:担々麺 / つけ麺 / ラーメン一般 / 中華料理一般

評価:★★★

一人当たりの支払額(税込み):ランチ1,000円以下

用途:ファミリー

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

あらかわ遊園から5分程、路地を入った住宅街の中にある洋食屋さん。


2008_04121月1日 0018

店舗外観はグレーの外壁に緑の窓枠、と落ち着いた雰囲気。

店内の様子は白基調で清潔感がある落ち着いた内装。テーブル席がメインでキャパは20席くらいかな。


2008_04121月1日 0020

休日のお昼過ぎに訪問、先客は無し。ランチタイムらしく、メニューはランチメニューのみ。 そのランチ、一律800円で4種類のメニューが。


2008_04121月1日 0019


どれにしよっかな〜?、と迷っていたら、ふと目に留まる文字が。

 

「B:れんこん入りミンチのカツレツ甘酢ソース」

 

ミンチのカツレツ…。

 

カツレツ…。

カツレツ


 

という訳でファースト世代的にカツレツに決定。

 

2008_04121月1日 0023

カツレツは衣がサックリ揚げられたカツレツの上にエノキが載り、甘酢のソースがかけられています。付け合わせはサラダとカレー味のマカロニ。他飲み物(コーヒーor紅茶)とデザートが付きます。ライスは軽目。デザートは桃の入った自家製のババロア。


2008_04121月1日 0024

 さてそのカツレツ、ガブッと齧り付くと、サクサクした食感の衣、肉汁感が伝わるジューシーなミンチの中に、レンコンの食感が良いアクセントとして効いています。それに合わせた甘酢のソースの相性も抜群。頂く前は、割と濃い目の味付けのソースで終盤はクドさを感じるかな〜と思ってたんですが、最後まで飽きさせる事なくさっぱりとした味わいの一品でした。

 下町の洋食屋らしからぬ(失礼)、落ち着いた雰囲気で頂ける、路地裏の洋食屋さんです。近隣に然程飲食店が無いので、あらかわ遊園訪問の際には重宝するかも。

よーし!次はキッカちゃんだ!(意味不明)

2008_04121月1日 0025
 

店名:キッチンピーナッツ

最寄駅:荒川遊園地前/小台/宮ノ前

料理:洋食採点:

 一人当たりの支払額(税込み):ランチ1,000円以下

用途:友人・同僚と


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

とある休日、東京、城東地区のアミューズメントパーク、あらかわ遊園に行ってきました。

ホントは北千住から水上バス、で、帰りは都電から京成線というプランを立てていたんですが、出だしの遅れでクルマで直行。

さて、あらかわ遊園。その周辺にはコナモンハンター的には外せないお店が数軒。そのうちの一軒、ふく扇をコナモンゲットだぜ!

 

コナモンの宝庫荒川区、あらかわ遊園から程近い裏路地にある「たこせん」が売りの居酒屋兼たこ焼き屋さん。

お店

 

 

 

 

 

 

 

「たこせん」とはなんぞや?と言う人にちょっと説明。

駄菓子のえびせんを二つ折りにして、たこ焼きを2個挟み、間にソースとマヨネーズをかけた物です。

つまり、

駄菓子にコナモンをインしてるんですよ!

 

この商品、発祥は大阪らしいんですが、この辺り(城東地区)では他にも提供しているお店はあれど「たこせんと言えばふく扇」という位の知名度。

そんな訳で到着時は行列も止む無し。

行列

 

 

 

 

 

 

なので、さっさと「あらかわ遊園」にイン。

あらかわ遊園

 

 

 

 

一通り遊んだら(遊ばせたら)、時刻は既に閉園間際。

という訳で再度お店訪問。

読みは的中で先客(行列)はゼロ。

店頭

 

 

 

 

 

 

メニュー

 

 

 

 

 

 

 

で、改めてコナモンゲットだぜ!

 

 

さて、そんなたこせん。

 

そと

 

 

 

 

外の見た目はこんな感じ。

 

えびせんのパリパリなクリスピーな部分を食べ進めると、やがてたこ焼きの湯気で良い感じにシットリ湿気た部分に突入し、核心部分のたこ焼きに突入。

なか

 

 


 

たこ焼きは生地の下味がしっかり付いたフワフワトロ〜ッとした物。
パリパリシットリフワトロ〜な食感が素晴らしい、絶妙なバランスのおやつ。
実は肝心のタコの大きさがちょっと心許無かったりしますが、
ワンコインで頂けるパフォーマンスとしては全くもって申し分ない逸品です。

いつも遊園地帰りの家族連れや近所の子供達の行列が絶えないお店です。

ふく扇
最寄駅:尾久 / 小台 / 荒川遊園地前 / 荒川車庫前
料理:たこ焼き / その他軽食
採点:★★★★★
一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下
用途:おやつ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

桃天花

 

 

 

 





尾竹橋通りから一本入った路地裏にあるお店。
元々中華料理屋さんだったらしい名残が垣間見える赤いテントが目印の店舗外観。
店内の様子は入り口入って正面にカウンター4席とその奥に厨房。
入り口を境にパーテーションで仕切られたテーブル席が20席強。

日曜日の午後2時過ぎに訪問、先客は無し。

訪問前からこのお店の売りであろう「坦々つけ、坦々つけ…」と心に決めていたんですが、改めてメニューを確認、


メニュー

 

 

 

 

 

 

 







するとメニューの裏になにやらテープが貼ってあるような違和感を感じ、ひっくり返すとなにやらこんな文字が。

 

メニュー裏

 

 

 

 

 

 

 







よく見てみます。

 

うら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 





メニュー裏に裏メニュー!

 

このセンスにやられ(笑)、結局裏メニュー扱いのつけ麺(並盛230g:650円)を注文。
坦々つけ麺(650円)は妻が注文、麺を大盛り(プラス100円:350g)にさせてコチラもちょっと頂いちゃおうという企み。

10分程でまずつけ汁が到着、程なく麺到着。

 

つけ麺

 

 

 

 

 

 

 

 








麺は浅草開化楼製平打ちチー麺。中太の平打ち麺で、「らしさ」を感じる、黄味がかった中にグレーを感じる色合いの瑞々しい麺。
上に刻み海苔が乗ってます。
つけ汁は表面に白胡麻、葱がビッシリと浮く、濃い醤油色。
具はつけ汁に沈められたチャーシュー、メンマ、味玉半玉。

まず、つけ汁につけずに麺をそのまま頂くと、平打ち麺ならではのツルツルッとした喉越し。
茹で加減は普通というか、多分平打ちでは適正の茹で加減なんでしょう。

 

チー麺アップ

 


 

 

 




余所で頂くチー麺(ちぃ麺)の特徴として、強靭なコシ、ともすればザラザラ感を受ける舌触り、麺を噛んだ後に口に広がる粉々感というのが私の個人的印象のお気に入りの麺なんですが、この平打ちチー麺はそれらと比較して、コシを強調するよりも喉越しの良さに重点を置いている様な印象を受けました。


平打ちだと随分印象が変わるもんですね〜。


とはいえ、ちゃんとコシ、粉の風味も感じられて美味しい麺です。
なによりも見た目ボリュームのある麺の重さをほとんど感じさせないで、スルスル〜と気付けば平らげてしまうという
感じの喉越しの良さが秀逸。

 

つけ汁

 

 

 

 





つけ汁は鳥ガラ主ベースの動物系にちょっと魚介系を感じます。
カエシは見た目よりもきつくなく、最近頂いた中ではかなりオリジナリティを感じるつけ汁です。

スープ割りはポットにて提供。
蓋を開けて見るとプ〜ンと魚介系の程よい香り。
ポットでの提供は、自分で少しずつ薄めて様子を見つつ頂けるのが嬉しいですね。

ちょっと(でもないけど)頂いた坦々つけ麺のつけ汁。


 

坦々つけ汁

 

 

 

 




こちらも鳥ガラ主ベースで、胡麻ペースト、ラー油が効いたかなり主張のあるつけ汁。
その他にも前身の中華料理店のプライドか、山椒、八角等などかなり色々入っている感じのスパイシーな味わいを胡麻ペーストでまろやかさ、コクをだしている感じのつけ汁。
辛さも標準でもまずまずで、入りどころが悪いとむせる感じ。私も妻もむせました(笑)。
確かにご飯「ブッコミ」にも相性が良さそうなつけ汁ですね〜。

昔ながら感を感じ、不思議と落ち着く店内。
そこで頂ける一杯はコストパフォーマンスの良さを感じられる、美味しいお店です。

 

 

 

お店の前の道路

 

 

 

 

 

 

 







ちなみにお店斜め向かいに2台分のコインパーキングがありますが、この店舗周辺の道路は激狭、やたらと一方通行がある下町スペシャルの生活道路。先のパーキングも入れるのに割と苦労すると思います(笑)。お車で訪問の際にはお気をつけて。


桃天花
最寄駅:三河島 / 新三河島
料理:担々麺 / つけ麺 / ラーメン一般 / 中華料理一般
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下
用途:昼食

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ