めぐりあいズゴ

東京のリアル下町の一角、堀切菖蒲園を中心に 足立ナンバーエリアを徘徊しまくる高純度アダッチ・カツシカンブログ。

タグ:立ち食いそば

荒川区南千住、日光街道沿いの三ノ輪橋駅入り口脇にある路麺店。

2015_10130080

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

JR両国駅、ガード下のテナントが並ぶドンツキのお店。

2010_10241月1日 0026

店舗外観はメニュー写真等が入り口両脇を固め、アピール度満点。

2010_10241月1日 0024

ガラス引き戸の入り口を入ると左側に券売機、その並びに厨房、その前にカウンター席5席強。
向かって右側にはスツール備え付けの4人掛けのテーブル席が3つ。

休日のチョイ遅めのお昼時に訪問、先客は4名程。

お店イチオシのメニュー、元祖鶏つけそば(550円)の食券をポチっとな。
大盛に増量も無料のようなので、ソチラも増しでお願いしました。

そばは茹で置きではなく、注文を受けてから茹で上げるらしく、3分程で到着。

2005_05251月1日 0005

そばはグレーがかって見た目水気たっぷりな感じの物の上に多目の白胡麻がかかっています。
その脇には刻み海苔、ゆで卵半玉、天ぷら(のようなもの)が添えられています。

つけ汁は見るからに濃そうな醤油色の強いつゆの中に鶏肉がゴロっと、表層には万能葱が浮きます。


「この盛りで大盛りなら普通だとどの位なんだろ〜?」という感じのそばの盛り具合が気になるっちゃ気になるところなんですけど、とりあえず、つけ汁にそばを浸して頂きます。

2010_10241月1日 0022

ん、ん〜?、辛っ!!

どうやらつけ汁が辛いようなんですね〜。

唐辛子系のダイレクトに舌に伝わる系の辛味なんですが、このつけ汁に浸すとそばの味が全くもって判りませんw。


そんなそばをつけ汁に付けずに頂くと、水気の多さを感じるツルツルッとした喉越しの良さと細めながら中々のコシ。
そばの所々に星が見えますが、風味は弱め。

つけ汁の中には辛いつけ汁の味に染み染みになった鶏肉がゴロッとしているのだけれども、コチラは辛さはそんなでもなく。
食べ応えのある適正な量でした。そばの脇に添えられた天ぷら状の物の種は多分玉ねぎなんだろうけど、彩り的にもこれの必要性はあまり感じず。


さて、食べ終えた感想なんですが、

う〜ん…。

味云々よりもまず、つけ汁の辛さについての記述が私の知りうる限り店内、店頭共に見当たらなかったんですよ。
こりゃ〜、大人だったら知らずに食べてちょっとむせて「あ〜びっくり!」と驚いてそれで済む話かもしれませんけど、子連れ派にはちょっと残念な味わい方をせざるを得ない。
子供はそばをつけ汁に付けると辛くて食べられないので、そばをそのまま食べさせた訳で。

元祖と謳う鶏つけそば、お店のイチオシとして「辛味噌つけそば」ってメニューと共に並んでいた次第で。
メニュー名に「辛」って入れているなら当然「あ〜、辛いんだな〜」と思うんでしょうけど、こちらのメニューに関してはそれらの注釈もなくて、到着した時もそれっぽいルックス(真っ赤だったり)じゃない訳ですよ。

その(隠れた)売りである辛味を抑えるとか、はたまた辛味は別添えでお好みで投入して加減、とかっていうのが出来ない、っていうようなお店側の拘りとかはあって然りだと思うんですけど、それをやんわりと「一見さん」にも判るようにした(例えばメニュー表に注記するとか)ほうが、いいんじゃないかな〜と老婆心ながら思います。

このお店、子連れ訪問が割と多いみたいで、私達の時も子供用の取り皿、スプーン、フォークを手馴れたオペレーションで提供して頂きました。
だから余計に残念なんですよね〜。

という訳で味的評価にほとんど触れませんでしたが★は2に近い3という事で察して頂ければ幸いです。

まあ、つけ麺屋さんと勘違いして訪問した私も、自分で自分がかなり残念だったんですけどねw。

 

 

 

かくや ( 両国 / そば )
★★★☆☆3.0
powered by livedoor グルメ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

本日のアド街は「足立区花畑(はなはた)」でしたが、正にそんな、いま足立区でもっとも熱い街、花畑のお店をご紹介。しかもこれ、今日のお話です。

そんなアド街の番組ランキング14位の「ジンギスパーク」の隣のお店。

今までテイクアウトのお弁当屋さんだと思っていたんですが、実際は和洋中…なんでもござれな定食屋さんの店頭でお弁当も販売しているよ的なお店でした。

2010_05081月1日 0014

という訳で、店頭はテイクアウト店風。
入り口を入った店内の様子は正面に4人掛けのテーブル席が4、厨房の前にカウンター席が数脚。
入り口の脇と店舗中央付近にビッシリのコミック類が陳列。

2010_05081月1日 0008

画像が暗いんですが、なんとなく雰囲気は伝わるのではないかと。

注文は店舗入り口右脇のカウンターの端で。
メニューは先に書いたように、魚等の定食類とそばとかの和系、フライ等の洋系、そして中華の姿もちらほらな、ホント多岐に渡るメニュー構成。


メニューのほんの一部。

2010_05081月1日 0006

2010_05081月1日 0007

土曜日のランチタイムとアイドルタイムの狭間に訪問、先客はなし。

冷やしそば(だったかな?正式名称失念、値段も忘れましたが多分400円前後だったような…)を大盛り(100円増し)でちくわ天(30円)をトッピングで注文。

10分程で丼到着、というかセルフなので受け渡し口に取りに行きます。


2010_05081月1日 0010

そばはたぶん茹で麺じゃなく生麺で、ややグレー色の星の存在も垣間見える物。
つゆは冷やし指定なので当然冷たく、見た目濃そうな醤油色の物。
上に乗る具は、輪切りの玉子が3切れ位、ワカメ、葱、刺身のツマみたいなw千切りの大根と人参。

2010_05081月1日 0011

そばは大盛り指定なのですが予想以上に盛りが良いそばです。
生麺っぽいツルツルッとした喉越しの良さを感じ、エッジ(四角感)も感じられるやや硬めな茹で具合もかなり好みな美味しい麺でした。

2010_05081月1日 0013

具はトッピングの「ちくわ天」も含め普通感が漂う物。
つゆは「冷やし」だからなのか、見た目の濃さ加減に反し、塩気が割と薄味に感じます。
個人的にはもうちょい濃い味のほうが好みなのですが、全体的なバランスを考えたらこの位のほうがいいのかな?。

総じて、大盛り指定とかトッピングとかを込み込みしたら600円近くなる1杯で、他所の立ち食いそば屋的な感覚でいうと、やや割高で到着時間は遅め(10分位)なんですけど、町のお蕎麦屋さんならば妥当な設定かな、と。

ま、店構え的に、そうは思えないですけどねw。

テイクアウトを含め、色々な種類の物が食べられるという点では、覚えておいても損はないかも、です。


きっちん・はっちゃん ( 六町 / その他軽食 )
★★★☆☆3.0
powered by livedoor グルメ




blogram投票ボタン


 ↑ポチして頂けるとこのブログの元気玉がたまります。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

足立区と埼玉県草加市を結ぶ名を知らぬ街道沿いの立ち食いそば屋さん。

店舗外観は水色のテントが目を引きます。


なすび 6

店内の様子は、いかにも立ち食いといったカウンターメインの造りではありますが、何れも座席がある、キャパ15人程。
厨房内には3人の店員さん。お代はキャッシュオンデリバリー。

平日のお昼時に訪問、先客は5割程。


なすび 1

サービスセットのコロッケカレーと冷やしワカメそば(750円)を頂きました。
(ちなみに「冷やし」の提供は6〜9月の間のようです)


なすび 5

まず冷やしタヌキそば。


なすび 4



少なめのつゆに沈む、ややグレーがかった蕎麦で星もちらほら。


なすび 2


その上に天カス、ワカメ、葱。脇には練りワサビ。


次にコロッケカレー。


なすび 3



白飯のセンターにコロッケが鎮座。それを基準にしたかのような分け具合で丼半分のルー。

頂いた感想は…
どちらも立ち食いそばとしての味の期待の範疇に収まる物ではありましたが、これといった特色の強さはあまり感じず。という事で、普通に美味しい1品でした。

私達が訪問した時間帯(お昼を外した時間帯)にも後客がチラホラ。
よくある、周辺に大きな娯楽施設(パチンコ店等)の客の胃袋を満たす為のコバンザメ営業という訳ではなく、この辺りでの独立営業でのこの集客は割と優秀ですね〜。

地域に根ざした感のある、立ち食いそば屋さんです。

なすび ( / そば )
★★★☆☆3.0
powered by livedoor グルメ

採点:★★★


blogram投票ボタン 

↑ポチして頂けるとこのブログの元気玉がたまります。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

なんとなく立ち食いそばモードのこの日。
という訳で使い勝手の良い亀有の越後そばに向かうも、あいにくビッシリの満席。
しかたないので第2候補に向かうもコチラも満席。
お昼時なので仕方ないな〜、と思いつつも、此処は亀有、立ち食いそばモードの灯はまだ消灯しなくても受け口があるんです。

という訳で第3候補の店頭へ。


2010_03271月1日 0008

店内の様子を伺うと、子供を抱えながら立ち食いできるスペースがあったので、券売機の前に立つと、ムスメが「トイレに行きたい」とモジモジ…。


仕方ないので、食券購入を見送り、妻とムスメがトイレに行っている間、私とムスコは北口の両さん像と戯れる。
さて、ムスメがトイレから戻ってきたタイミングで、もう一度「越後そば」に向かうと、思惑通り店内のお客さんは一巡したようでスペースに余裕が生まれてた。
という訳で再度突入。

という訳で無事に第1候補訪問。


越後そば 6

どういうタイミングで開催しているのかよく判らないけど、割と出くわす率高しの玉子のサービスデー。
玉子は「茹で」か「生」かを選べます。
「生」は丼に投入されて提供されますが、「茹で」はセルフで殻をムキムキしなくてはなりません。
という事は、必然的に「生」の注文率が非常に高くなる訳です。なぜかといえば短納期を求めての立ち食いそば屋な訳ですからね〜。

という訳で、王道メニューの「かき揚天そば」420円を、ギョク入りで天玉そばにカスタマイズして貰う。


越後そば 10

相変わらずソソる丼のルックスなのだけれども、今日のかき揚くんは椀の縁にハコ乗りしているような感じで、その大きさを更に主張。
今日のつゆは、カエシが抑え目で鰹出汁が香る、いわゆる繊細系。ま〜、その繊細さがよく判ってないんですけどw。
つゆにキツさを感じないのは毎度の事で、それに合わさった玉子のまろみとコク。
メインというべき、そばの喉越しの秀逸さ。


越後そば 9


そして、ザックザックな歯応えの良質なかき揚げ天。


越後そば 8


願い通りの「立ち食いそばモード」が満たされた1杯でした。

コドモ達は事前に「うどん食べたい!」と言っていたので「冷やしたぬきうどん」を注文。


2010_03271月1日 0009

ムスメもムスコも取り分け自分の分をきっちり完食してました。

子連れ派への情報は、小さい子にも嬉しい取り皿提供(お皿とスプーン、フォーク)があり、立ち食いそば屋ながらも背もたれのあるハイチェアとローチェアの合わせて15席以上あるんで、臆する事なくガンガン訪問してくださいませ。


越後そば 7

このお店の名物でもある店頭のブラックボードのメッセージは、今日のは「玉子無料サービス」だったので画像なし。
代わりにこのお店の店頭近くに貼られていたシールのメッセを撮りました。


越後そば 5



「同義語?」

その後に、亀有から然程離れていない公園で、コドモ達を遊ばせる。

その場所で撮った見事なヒコーキ雲。


越後そば 4


その後に、先日、義理の弟夫婦の間に生まれたばかりの赤ちゃんを表敬訪問しに産院に。
自分とこのコドモも数年前はこの位だったのかよ!?と、驚く位の体や顔の大きさ、いや小ささ。
久々にその腕に抱いた生後一週間経たずの新たな親戚は、案の定凄く軽かった(ウチのムスコ比でね)。
健やかな成長を願うと共に、この子との関わりを経て、自分とこの子の「思いやり成分」も伸ばせればな〜、なんて思ったり。

その後は所用をアレコレ済ませ、ヨメ&ムスメのリクエストで久々に東京都心へ。

銀座を経て(この辺りを撮る所が既にオノボリ状態)、


越後そば 3

到着したのは春の東京タワー。



越後そば 2



結婚前から通ってる、大好きな道にしばし路駐、沿道沿いに咲く7分咲きの桜と合わせての鑑賞。
この地は勝手ながら我が家のパワスポ、ムスコはグースカ、ムスメは「アレ登りたい〜」と自己中発信中でしたが、きっちりフル充電出来ました。

その後は芝公園から、結婚前からの2人揃っての、かつての大好物エリア、麻布十番〜六本木〜赤坂とかを経由して帰路へ。

この界隈を走っていると、いつもその手の話になるんですけど、コドモ達がお年頃になったら、酒の飲み方とか飲ませ方とか、お店での遊び方とか遊ばれ方とか、ちょっと痛い目も含めて教えてやらなきゃな〜、と、物凄く痛い目に合わないような転ばぬ先の杖、みたいな話を妻としてるんですけど、こんだけ港区離れ著しい我が家、今のまんまでその時が来たら、この地に降り立つだけできっとガクブルになると思いますけどw。

blogram投票ボタン

上のボタンをクリックして頂けるとこのブログの元気玉がたまります。 ブログパーツ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

先日のこの記事で触れた通り、足立区には意外と立ち食いそば屋さんが多い。

ここのお店も、その内の一軒なんですけど、和泉同様情報に乏しいお店。
店舗の規模としてはデカいんですけどね〜、またしてもタウンページ未掲載。
という訳で店舗情報は話半分で参考にして下され。

 

たまも 1

 

足立区島根、環七から竹ノ塚方面に抜ける、名も知らぬ街道沿いの立ち食いそば屋さん。

 

たまも 2

店舗外観から受ける印象はかなりキャパが広そうな店構えなんですけど、実際その通りで、厨房をグルッと囲む形のコの字カウンターで20席程着席出来て、壁際に沿うようなスタンドのカウンター席ではギッシリ詰めれば多分30人強のキャパ。という事で最大で50人近くが1度に頂ける位のデカイ箱な訳です。

 

たまも 3

土曜日のお昼前の訪問、先客は2名。
入り口を入った右側に券売機のある食券方式。この券売機内でも確認出来ますが、店内の壁にはメニューの短冊がビッシリ。

たまも 4

たまも 5

 

たまも 10

これがまた、「カルシウム揚げ」なんて珍しいメニューもあって迷う事風の如し(笑)。

結局、個人的定番メニューの天玉そば(440円)の食券を購入。

食券を購入した後、カウンター席に座り、カウンターの壁に目を落とすと、「大盛り100円増し」の表記が。

 

たまも 9

思わず条件反射で、カウンター内のオバちゃんに追加料金を支払い大盛りにしちゃいました(笑)。

そんな天玉そば(大盛り)。

 

たまも 8

そばは所々に星の存在も感じられる、ややグレーがかった物。茹で加減は普通。

 

たまも 6


つゆはそんなに強くない醤油色。見た目から受ける印象通り、カエシのキツさも無く、鰹出汁の存在も端々に感じられるいわば定番のスタンディングど真ん中といった
味わいの物。
「天」のかき揚げは人参、玉葱、青葱といった野菜オンリーのヘルシーなかき揚げ。

たまも 7

サクサクした食感のクリスピーが小気味良いですが、ちょっと頂いたのち、丼の底に沈めてブヨブヨに育てあげました。

さて、頂いた感想は…。
途中で大盛り指定にした事もあり、そばは非常にボリューミーで食べ応えのある量になりました。
食べ終えた後に思ったんですけど、大盛りにしなくてもそれなりの量だったのかな〜?と思える位の量でした。
そばの美味さもまあまあ、具もつゆも個人的な水準を保っているんですけど、個人的な物差しではやや割高かな〜とも思えたり。
という訳で★3で。

あ、味覚の評価には関係ないんですけど、このお店、厨房内にオバちゃんが3人いたんですけど、そのオバちゃん達が揃いも揃って皆ブア〇ソウ。
多分女将さんがそういう性質なんでしょうね〜、で、従業員もそれに続いているような、あんま良くないスパイラル。
ちょっと勿体無いな〜、と思いました。

あ、店舗斜め前に3台分位の駐車スペースがあるので、お店前の路駐は避けたほうが無難です。

 

2009_10191月1日 0002


たまも
住所:足立区島根4-6
電話番号:不明
営業時間:6:00〜16:00
定休日:日曜日

blogram投票ボタン

上のボタンをクリックして頂けると年末進行がスムーズにいけそうな気がします。
 ブログパーツ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ブログネタ
たまに行くならこんな店 に参加中!

様々な用事にかこつけて、色々と足立区内を探索している内に、意外と立ち食いそば屋さんが多い事に気付いたんですよ。
それも駅前だけじゃなく、街道沿いの、所謂路面店のスタイルで。
例えば郊外とかによくある、大きなパチンコ屋の徒歩圏内のコバンザメスタイルでもなく、もうホントに一軒の飲食店として。
で、それらが大抵ここ1,2年のオープンという感じではなく、長きに渡って営業している感じなんですよ。

そのうちの数軒は既に実食しているんですけど、悲しいかな、足立区内という立地故か、何れのお店も立ち食いそばフリークのサイトにも情報がないというか、ほぼゼロ。
なにせタウンページにも店名が載ってない位、情報が乏しいので、グルメサイトに店舗情報アップなんてもってのほか、な状態な訳ですよ。
まー、このままお蔵入りさせてしまうのも勿体ないと言えば勿体ないので、チョコチョコ紹介していく事にします。

という訳で、WEBで公開するのは多分初めてなはず、の立ち食いそば屋さんその1。

 

和泉 1


足立区の総合スポーツセンター裏にある、黄色のテントが印象的な立ち食いそばのお店です。

明らかに10年以上という経年変化を感じ取れる、かなり年季の入った店内にカウンター5席。
厨房内にはご主人が一人。

カウンター席に座り、最初に目に付くのは、お寿司屋さんみたいなガラスのネタケース的なショーウインドー内に並ぶ天ぷら群。
右側の壁にはお品書き。

 

和泉 5

色々と書いてありますが、実情は基本のかけそば(うどんも、250円)に種を加えた価格設定の様です。

かき揚げ天そば(330円)を頂きました。

 

和泉 4


そばは注文の都度、一玉づつ包装された袋から取り出して茹でてます。
つゆは割と濃い醤油色。
かき揚げは玉葱メイン、というかオンリー。

頂いた感想は…

そばは茹で時間の長さからなのか割と柔らかめ。
歯応えもザックリというより、シットリといった感じで、個人的にはちょっと残念な食感。

和泉 3

つゆは見たまんまの東京下町らしい、カエシの強さが効いた塩気強めの濃い味。
丼全体で大きく、これといった特徴はないながらも、このお店の売りは、やっぱそのロケーションでしょう。

一体どうして、この場所に?

といった疑問が生じるんですが、思い当たるのは総スポが近い、というだけなんですよね。
その、良い感じの寂れ具合(個人的には褒め言葉)がなんとも味のある、駅前の立ち食いそば屋さんとはまた違った、良い雰囲気のお店でした。ご馳走様でした。

 

和泉 2

店名:和泉(いづみ)
場所:足立区の総合スポーツセンター裏、小僧寿しの隣。
電話番号:不明
営業時間:不明。訪問したのは平日の午後でした。
定休日:不明。日曜日は仕舞っていたような…。

 

記事に全然関係ない話なんですけど、明日の大一番、ボクシングの内藤対亀田戦。インファイトに持ち込みたい亀田を内藤の持ち味の変則スタイルで翻弄、試合巧者振りが発揮されてフルラウンドまで戦い切り、判定で内藤勝利。と予想しますがさて如何に。

なにはともあれ両者の持ち味が上手い具合に噛みあう試合であって欲しいですよね〜。久々にボクシング観戦が楽しみです!

blogram投票ボタン

上のボタンをクリックして頂けるとこのブログの元気玉がたまります。 ブログパーツ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

金町駅前商店街、ベルシティの入り口脇の立ち食いそば屋さん。

BlogPaint

実は同じ商店街にあるうどんの『四国大名』と、その向かいの名称失念の中華料理屋さん、更に線路を挟んだ北口の『金町うどん』も同系列。
という事で金町駅周辺の麺事情は、このお店抜きに語れないような、そんな存在のお店。

かき揚げ天ぷらそば(300円!)。

2008_11241月1日 0078

蕎麦は自家製の茹で置き。ややグレーがかった蕎麦で星もちらほら。
つゆは甘いのと辛い(塩気強い)のが共存の、この辺り(葛飾区周辺)では割と定番的な味付け。
上に乗る具のかき揚げの種はそのほとんどが玉葱でしたが、この辺りの種の構成も時期によってアレンジがあるようなないような…。

何度か訪問していますが、頼んでしまう率が高いのは、やはり看板メニューのかき揚げ天ぷらそば。
訪問のタイミングは「麺を茹で上げたばかり、天ぷらも揚げたばかり」という状態が最高のアタリだと思うんですが、どちらか片いっぽはあっても、両方は未だ出くわさないんですよね〜。
ま、「茹で置き、揚げ置き」でも、この値段ですから十分にコスパが高いといえるでしょう。
再開発盛んな金町駅南口ですが、このお店も失くなって欲しくない、と思っている方はかなりの数に上るんじゃないかな〜、と思う一軒です。

 

そばっ子 ( 京成金町 / そば )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ


blogram投票ボタン 

上のボタンをクリックして頂けるとこのブログの元気玉がたまります。 ブログパーツ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

今年のまだまだ寒い春先に訪問、という訳でチョイ古いネタです。

 

新華 1


京成金町線柴又駅から徒歩0分、駅正面のオレンジのテントが目印の立ち食いそば屋さん。
立ち食いそば屋といいつつ、テントには「うどん・カレーライス・ラーメン」の文字が躍り、世間的には300円台で頂けるラーメンが評判宜しという、割とよろずなお店ですが、どうしても立ち食いそばが食べたかったので、天玉そば(値段忘れた、多分400円台)を注文しました。


5905c1a45db657f0-o
 

丼の表面を覆うかき揚げ天、その脇に生卵、かき揚げの上には葱。
そばは茹で具合普通で、一般的な立ち食いそばレベルの物。
つゆは関東風らしい、黒々とした醤油色の強い物。

頂いてみると、つゆは見た目程カエシの印象が強くなく、さっぱりとした美味さの物。
そばは、比率的にも小麦粉がかなり勝っている感じのツルツルした食感の麺。
上に乗ったかき揚げは、丼到着時に「もしかして、そうかな?」と思ったのですが、頂いてみると案の定のヒタヒタ具合。

そうです、メインのかき揚げ、つゆにヒタヒタと浸かり、かき揚げが1,5倍位に膨れているような感じなんです。
立ち食いそばの「〇〇天」は割とシットリが好きな私でも、かなりな柔さに感じたこのかき揚げ天、これは「後乗せサクサク派」にはかなり好みが分かれるんじゃないですかね〜。

今度はラーメン食べに行ってきます。

新華
採点:☆☆☆


blogram投票ボタン
 

上のボタンをクリックして頂けたら、立ち食いそばネタを続けることでしょう。
 ブログパーツ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

越後そば 5

亀有駅北口ロータリーに面する、ガード下の立ち食いそば屋さん。何年か前にリニューアルして小綺麗な外観、内装になりました。

 イチオシメニュー、かき揚げ天そば420円。

 

越後そば 7

玉子サービスとの事で、図らずも天玉そばになりました、これは嬉しい。

そんなかき揚げ天は野菜メインでサクサク感伝わる、揚げたて若しくは揚げ置きでも時間の短い物。

 

越後そば 6

蕎麦は多少の歯応えを感じる茹で加減で、ツルツルとした喉越しの、あまりエッジの立ってない蕎麦。つゆは鰹出汁ベースなんでしょうけど、あまりそれらを感じさせないカエシの強い、いわゆる「濃い味」。 世間的な括りでは、一応チェーンの立ち食いそば屋という感じなんでしょうけど、一部でフリークが増えそうな店頭のブラックボードの「格言」というか「ポエム」というか、不定期更新のお店側からの不思議なメッセージがあったり、

 

越後そば 1

 

その「らしさ」を感じさせないアドリブの効いた印象の良い接客などで、未だ亀有の立ち食いそば事情の中央に君臨しているのは多分異論のないところでしょう。 いつ食べても安定感のある美味しさ、助かります。

 

これは別の日に食べたかき揚げ天そば。

越後そば 4

越後そば 3

つーかココ、いつもこれしか頼んでないかも(笑)。

 

越後そば 2

このお店から見える景色。この時点で既に変わってますが、もしかしたらこれからドンドン、劇的に変わっちゃうかも、ですね。

採点:★★★★

blogram投票ボタン
 
上のボタンをクリックして頂けるとこのブログの元気玉がたまります。

ブログパーツ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

 
※閉店しました


いろどり 2


青砥駅から徒歩5分程、駅前の喧騒から少し離れた路地にある、立ち食いそば屋さんです。角地に建っているという立地を生かし、出入口が2ヶ所ある店舗外観。 店内の様子は立ち食いそば屋らしからぬ、テーブル席主体の座席構成、20人位は座れそうです。

 厨房に近い出入り口脇に券売機のある食券方式。

土曜日のお昼時に訪問、先客はゼロ。

 

メニューはこんな感じ。

 

いろどり 1

 

 山菜そば(400円)を冷やし(プラス30円)で頂きました。 ご主人に食券を渡し、待つ事暫し…。 5分程過ぎてからようやく丼完成、どうやら山菜のなにかの処理に手間取っていたようです。 そんな山菜そば(冷やし)。

 

いろどり 5

 

正直出来上がりまでの待ち時間に多少イライラしていたんですけど、そんな不満が簡単に吹き飛ぶ位に美味いんですよ、これが。 蕎麦は、若干の星も感じられる見た目グレーがかった物で、ツルンツルンする喉越しとプッツリ切れる、心地よいコシの強さ。

 

いろどり 4

そんな蕎麦にあわせたつゆは鰹の出汁の程度が丁度良く、余所では冷やしだと濃くなりがちな醤油の利かせ具合も良い感じで、ついつい「もう一口…」と後引く美味さのつゆです。上に乗る具は、メインの山菜がドッチャリ、カマボコ、細切りのキュウリ、ワカメ、葱。そのどれもが冷やし感増幅に効果的の具材。

さて、頂いた印象は、下手な街の蕎麦屋の一杯を簡単に凌駕する、高コスパで非常にさっぱりと美味しく頂けた一杯でした。

 「立ち食いそば」として考えると全体的にゆったり目に時間が流れている店内(待ちの時間はタネにもよるんでしょうけど)。思いがけずレベルの高い「路面そば」に出会えて、「せっかちは損」というのを改めて肝に銘じた真夏日のお昼でした。 ☆5に近い☆4で。

このコメントを読む

 店名:

最寄駅:青砥 / 京成立石 / 京成高砂

料理:そば / うどん

評価:★★★★

 一人当たりの支払額(税込み):ランチ1,000円以下

用途:ファミリー

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2009_06051月1日 0029


亀有駅北口より徒歩3分程、某漫画と同名ですがあまり所縁のない亀有公園という名の公園の、はす向かいの角地にある立ち食いそばのお店。

 店舗外観は青のテントが印象的。店舗内は角地らしくL字型のカウンターで、席のない立ち食いスタイル。ま、立ち食いそばだから当たり前っちゃ当たり前なんですけど。

スタンディングの収容人数は10人程。カウンターの一角にはガラスケース内に収まった揚げ物類。

平日のお昼時に訪問、先客は3名。

ゲソ天そば(400円)をお願いしました。

丼到着時にお金を渡すキャッシュオンデリバリー式。

 

2009_06051月1日 0030
 

つゆは東京育ちの私でも久々に遭遇した、所謂関東風の黒々したつゆ。

そばは端々に星が見える黒みがかった物。

 
2009_06051月1日 0031

その上に主役でもあるゲソ天、更に上には葱がパラリパラリと。

 

 頂いた感想は…

そばは、歯応えがある太さで、ツルツルッとした食感よりもむしろボソボソッとした印象で、蕎麦粉含有率は割と高いんじゃないかな〜とも思える物。

つゆは見た目から受ける印象程、濃いというか塩気強くはありませんが、それでも出汁よりもカエシの印象が強い物。

ゲソ天は、ぶつ切りの烏賊ゲソがゴロゴロとサックリとした食感の衣に包まれております。

個人的に、立ち食いそばの時の「天」はサックリよりもビタビタのほうが好きなので、丼到着早々に丼の底に沈めましたが(笑)、ゲソの食感も然程硬くなく、量も適正と思える物で美味しいゲソ天でした。

 

 総じて、店舗の味というか、立ち食いそば的雰囲気は間違いなく亀有で一番。

大騒ぎする味ではないですが、店舗周辺のパの付く娯楽施設から流れてくる人々のせっかちな胃袋を満たし続けてきたお店であり、これからもそういう意味で必要なお店でしょうね。

私自身もかつてパチンカーであった当時まだ在学中以来の訪問。流石に当時の味は覚えてないというか、正直味は2の次、手っ取り早く食べられれば何でも良し、という時代背景だったんで(笑)、今回の訪問は新鮮でした。

またそのうち訪れてみたいです。


 店名:鈴しげ

最寄駅:亀有 / 北綾瀬 / 金町

料理:そば / うどん / 定食・食堂

評価:★★★ 一人当たりの支払額(税込み):ランチ1,000円以下

用途:一人ご飯

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

今日はムスコ同伴で亀有ごはん。

ムスコを脇にかかえてのチョイ早めの昼ごはんの立ち食いそば。

2009_06051月1日 0030

 

ゲソ天そば。

詳しく書く時間がないので詳細はまた後ほど。

 

それでは皆さん、あいにくの天気みたいですが良い週末を!

 

 

2009_06051月1日 0032

ロケ地:越後そば(亀有駅北口)※上の立ち食いそばは此処のじゃないよ。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ラーメンでは既に葛飾区で一番の激戦区となった感のある亀有ですが、実は立ち食いそばも割と乱立しているんですよ。

そんな亀有駅北口から徒歩1分、オープン一周年を迎える新進気鋭の立ち食いそばのお店。

 店舗外観は電飾の看板と紫の暖簾が目立ちます。

 

2009_05301月1日 0084

店内の様子はL字カウンター10席程、入口右脇に券売機のある食券方式。

土曜のお昼時に訪問、先客は2名。

 

壁のメニューはこんな感じ。

 

2009_05301月1日 0085

 

訪問時、店頭と券売機脇に嬉しい告知が。

今月でオープン1周年記念で、そば、うどん類にはかき揚げ天か春菊天サービスという事で、かけそば(330円)の食券でかき揚げ天そばにして貰いました、ラッキー。

ちなみにこのサービス、いつまでかは不明という事であしからず。

そばは茹で置きではなく、注文毎に小分けした生麺を取り出して茹でてます。

 

2009_05301月1日 0086

 さて提供された丼は、見た感じ小さめの直径の丼ですが深さがあるので標準的サイズかな?。

かき揚げ天の他にワカメと葱が具として乗っています。

 

 

2009_05301月1日 0088

そばはツルツルッとした食感で、ちゃんとコシの強さも感じられる歯応えのある物。つゆは甘すぎず辛すぎずの鰹出汁を感じられる、バランスの良い物。天ぷら(かき揚げ)は、タダだったから褒めるという訳ではないですが(笑)、揚げ置きながらもサクサクとした歯応えで、野菜主体のサッパリとした食感をキープしている美味しい種でした。

総じて高コスパの美味しいそばでした、御馳走さま。

 

 このお店、アルコールメニューやおつまみ的メニューも充実で、夜になるとどうやら飲み屋的にシフト。

というかむしろ真っ昼間からオッケーらしく、訪問時、並びのカウンターのお婆さんがホッピーのナカをお代わりしている光景は、このお店の持つ独特のユルさを感じるに十分な光景でした。

今度は飲みプラスアルファで来てみたいですな。


このコメントを読む

 店名:やぶからぼう

最寄駅:亀有 / 北綾瀬 / 京成金町

料理:居酒屋 / 定食・食堂

評価:★★★★

一人当たりの支払額(税込み):ランチ1,000円以下

用途:一人ご飯

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

5月4日(月)

相変わらず地元でマッタリ過ごすGW継続中。ま、ただ単に何処も行くあてが無いと言えばそれまでなんですけど…。

この日のお昼はいつものラーメンモードから少々切り替わり、朝から無性に立ち食いそばモード。

という訳で、そんなモードを昼食まで継続し、一路亀有へ。

 

馴染みのパーキングに愛車をぶち込み、

亀有 6

 

亀有駅北口、駅前の越後そばでかき揚げ天そば(だっけ?)を頂く。

 

亀有 5

あまり大騒ぎするクオリティではないものの、かねてより慣れ親しんでいる水準キープなので、それで良し、の安定感の美味さ。

 

亀有 4

 

つーか、ちゃんと向き合って味わったのは初めての経験かもしれない。

 

頂いている最中、窓の外に広がるのは幼少の頃から変わらない亀有北口の光景。これも未来永劫続くとは断定出来ないのがここいら辺の事情。

 

亀有 3

そんな軽いノスタルジーを引きずりながらお店を後にした後、ガード下をくぐり反対側の南口へ。

日頃じっくり見た事が無かった南口の両さんへご挨拶。

 

亀有 2

 

そんな両さんの足元、取ってつけた様に、こんな注意書きが。

 

亀有 1

 

なんでも「観光で見てみたい東京の銅像ランキング」っつー、gooのランキングで1位になったそうだ。

なるほど、此処と反対側の北口の銅像の前で、観光客さんの姿がチラホラ見受けられたのはそういう訳だったのか。

 

GWはもうすぐ終わりですけど、次の長い連休で東京観光を考えている方がおられましたら、ココを抑えるのもアリかも。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ