めぐりあいズゴ

東京のリアル下町の一角、堀切菖蒲園を中心に 足立ナンバーエリアを徘徊しまくる高純度アダッチ・カツシカンブログ。

タグ:焼きそば

あのお馴染みの四角のパッケージなんだけど、でも、包装が真っ黒で、イカスミ味のぺヤングをセブンイレブンで見つけたので買ってみました。

その名もぺヤングイカスミやきそば(実売価格180円くらい)。

なんでもセブンイレブン限定らしい。だからかそんなに見かけない訳だ。

イカスミ パッケージ

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

※閉店しました

青砥駅から徒歩5分程、駅前の喧騒から少し離れた路地にある、鉄板焼きそば屋さんです。
店舗外観は入り口脇の拘り書きが印象的かな。

2009_08011月1日 0059

中の様子が伺えるガラスの引き戸の入り口を入ると左側に券売機のある食券方式。

週末の夜に訪問、先客はなし。

券売機の前に向かうと厨房の中にいるご主人からメニューについての説明が。
焼きそばに使う麺は特注で太麺と細麺があるけど、太麺は既に売り切れ、細麺もあと2玉しか残ってなく、私達はかなり運の良いお客さんと言われましたw。

訪問時のメニュー構成は大きく分けて「塩味」、「カレー味」、「唐辛子味」、「にんにく醤油味」の4種類の味付けに、それぞれ麺の種類と普通盛りか大盛りの違い。それに加え各種トッピング類。

しずる 6


私は鉄板焼きそば大盛りの塩味で細麺(900円)。店主に「イカ、豚肉のトッピング(250円)がお得でお薦め」と言われ、じゃあそちらも。

同行の妻は鉄板焼きそば普通盛りのカレー味で細麺(750円)をそれぞれ注文。


出来上がりを待つ間、厨房内の店主から私達に向けて、このお店のヒストリーやら料理についての拘り等の話が延々とw。

そんなこんなで出来上がった焼きそば。


しずる 4


調理中、小手で麺を鉄板にジュージューと押し付けていたので、流石にパリパリな食感。


しずる 3

肝心の味のほうはというと、料理を頂く前の店主との会話の流れで否が応にも期待が高まり過ぎて、いざ頂くと、ちょっと拍子抜け。

カレー味のほうも概ね同じ様な印象。


しずる 2



しずる 1

悪くはないけど、千円オーバーで、この内容は正直寂しいかも。

っつーかご主人、ご自身でハードル上げ過ぎですよ、あの口上ならば期待しすぎるな、というほうが無理ですもんw。


私の数ある飲食店訪問暦でも、そのアピール度の高さというかお喋りの達者ぶりはダントツで1位。きわめて温厚な我が家でも、最後のほうはチョイ美輪な心境になってしまいましたけど。

だまれこぞう








しずる 5



鉄板焼そば しずる ( 青砥 / 焼きそば・焼きうどん )
★★★☆☆3.0
powered by livedoor グルメ



blogram投票ボタン
 

↑ポチして頂けるとこのブログの元気玉がたまります。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

※2004-09-23 東京グルメにクチコミ投稿した記事です。
当該サイト閉鎖により転載しました。


総合:★★★★★ 5pt

src="http://storage.gourmet.livedoor.com/fantasisitaksk10/79a53b586cf660c3/029267ae2ae6602f-o.jpg" alt="求めていた氷山!氷イチゴミルク@三島屋" /></div>
<div class="gourmet-image"><img class="pict" src="http://storage.gourmet.livedoor.com/fantasisitaksk10/d/d4/d4539dbdf2eccd31-o.jpg" alt="たこ焼き" /></div>
<div class="gourmet-image"><img class="pict" src="http://storage.gourmet.livedoor.com/fantasisitaksk10/f/fd/fd69986d8df6813e-o.jpg" alt="そばもんじゃ" /></div>
<div class="gourmet-image"><img class="pict" src="http://storage.gourmet.livedoor.com/fantasisitaksk10/2/21/219f4ac88c7276e8-o.jpg" alt="店頭" /></div>
<div class="gourmet-image"><img class="pict" src="http://storage.gourmet.livedoor.com/fantasisitaksk10/9/90/908cb7b40500171e-o.jpg" alt="店内メニュー" /></div>
<div class="gourmet-image"><img class="pict" src="http://storage.gourmet.livedoor.com/fantasisitaksk10/4/45/455b513937370628-o.jpg" alt="店内メニュー かき氷" /></div>
<div class="gourmet-image"><img class="pict" src="http://storage.gourmet.livedoor.com/fantasisitaksk10/d/de/deaf710526845558-o.jpg" alt="また別の日のたこ焼き" /></div>
<div class="gourmet-image"><img class="pict" src="http://storage.gourmet.livedoor.com/fantasisitaksk10/c/ce/cec45680980f2f61-o.jpg" alt="たこ焼き持ち帰りバージョン" /></div>
<div class="gourmet-image"><img class="pict" src="http://storage.gourmet.livedoor.com/fantasisitaksk10/8/8f/8ff982242b8de56d-o.jpg" alt="ありし日(笑)のそばもんじゃ" /></div>
<div class="gourmet-text">

【以下2004年9月23日のコメント】
吉原から程近い場所にある昔ながらの甘味処です。持ち帰りの窓口とは別に、飲食スペースが店内に有ります(カウンター3席、テーブル15席)。外見、内装共に昭和の時代そのままという感の味のある建物で、私的には結構落ち着けて好きです。メニューの一例を紹介しますと・たこ焼き(14個!)300円/お好み焼き250円/焼きそば250円、大盛350円/そばもんじゃ300円/今川焼き80円等があります。店の暖簾には「あんみつ処」と書いてあるようにあんみつ、みつ豆も勿論有ります。飲み物はラムネや、ビン入りのジュースなどありますが、値段忘れました、すいません。ビールもありますが、缶ビール350mlが350円とこのお店ではややお高めです。
焼きそばで知られている同店ですが、私がお勧めしたいのは「そばもんじゃ」です。具のほうは焼きそばにも入る蒸し焼きの麺と、細かく刻まれたキャベツ(恐らく他の粉物にも使える様、まとめ切りしていると思われる)、桜エビ、天かす、紅生姜が混ざり合った生地の上に、出てくる時にはほぼ目玉焼きに成りかけている卵が乗っかります。説明が遅れましたが、同店は焼き物すべてお店で焼きあげたものが出てきます。
もんじゃも鉄板のプレートに乗っかって出て来たものをハガシでは無くスプーンで頂きます。
味のほうはソースもやや濃い目で、まさに幼き頃、駄菓子屋で食べた100円のもんじゃという感じで非常に気に入ってます。他所のトッピング増やすと1000円超えてしまったり、焼くときに色々御託を並べてくる様なお店が大嫌いな私としては「下町もんじゃ」として大変貴重な一品です。
他のメニューも、どれも美味しく頂けました。低価格設定といい、店内禁煙といい、このお店との付き合いは「通りすがりに立ち寄って、さっと食べて、お土産に今川焼きを買って帰る」そんな気軽な使い方が出来る下町の名店です。トッピング過剰のもんじゃに食傷気味の人に、特にお勧めしたいお店です。

【以下2004年10月24日のコメント】
以前は月1ペースは崩さずの利用頻度でしたが、昨年の娘誕生で利用激減。本日浅草帰りに久々利用しました。娘も連れて店内で、そばもんじゃ、焼きそばを頂き、御土産で今川焼き、たこ焼きを購入しました。
そばもんじゃ、以前に比べ、切りいかが入りバージョンアップ(笑)。ますます旨くなりました。キャベツの感じも変わりました。焼きそばは今日はちょっと薄味。たこ焼きは店内飲食後、腹に余裕があったので持ち帰りで利用。持ち帰りですと14個が12個に変わるのか、規定が12個に変わったのかも。たこ焼き、今川焼きも相変わらずの美味さ。粉物好きな方、下町駄菓子屋もんじゃ好きな方にはお勧めのお店です。

【以下200×年○月○日のコメント】
台東区千束、その場所に求めていた氷山がありました!
連日の猛暑の中、一時の涼を求めて久しぶりに三島屋訪問。
氷イチゴミルク(300円)とたこ焼き(300円)を注文。氷は見た目にもボリューム満点で、後頭部がキンキンする位の冷え具合。
練乳、イチゴシロップ共にベーシックな物ですが、それ故落ち着いてというか、これぞカキ氷!という感じの安心出来る美味さ。<br /><br />カキ氷の合間にタコ焼きを頬張り、「冷たい→熱い→冷たい…」のループを<br />繰り返している内に「やっぱ日本の夏は最高だな!」と再確認。店内を出ると、一気に猛暑振りが恨めしくなりましたが(笑)。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ