めぐりあいズゴ

東京のリアル下町の一角、堀切菖蒲園を中心に 足立ナンバーエリアを徘徊しまくる高純度アダッチ・カツシカンブログ。

タグ:柴又

ウチのブログに来る人の足跡として、まあ、検索ワードの定番みたいなのがあるんですが、その中でも割と毎月、同じくらいの頻度で読まれてる記事の1つに、柴又のやぶ忠ってお蕎麦屋さんの記事があるんですよ(たとえばこの記事とか)。

そのお蕎麦屋さんは美味しいお蕎麦をお腹一杯食べられるお店で、毎年の年越しそばは出来ればそちらで頂きたいっていうくらい家族全員大好きなお店だったんですよねー。

が、しかし、昨年末に残念ながら突然閉店しちゃいまして、で、今年の2月に味噌煮込みうどんの専門店としてリニューアルオープンしたんですよ。

で、昨年の大晦日に店頭で持ち帰りのお蕎麦を販売していた女将さんに直にリニューアルの話を聞いてたんで、何気にリニューアルオープンはそれはそれで楽しみだった訳なんですよ。あんだけ美味しいお蕎麦を作るのを止めてまでやりたい味噌煮込みうどんってどんなのか?なんて事にも興味が沸きましたしね。

で、3月ですかねー。とある日曜のお昼時に店頭を伺ってまいりました。


2015_03200047
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

柴又街道沿いの一角、角地に位置するお店。


2015_03200049
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

例年の如く年越し蕎麦を頂いている、大好きなお蕎麦屋さん、やぶ忠。
そのやぶ忠で2014年の年越しそばを頂こうと訪問したのですが、な、なんと既に閉店していたという憂き目に…。

2014_12310074


店頭には持ち帰りのお蕎麦を販売する女将さんの姿があったので色々と事情を伺ったのですが、その話の流れから「じゃあ参道店のほうに行ってみよっか」となって、で、本店から徒歩3分程のコチラにお邪魔した訳です。

BlogPaint
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

葛飾区内有数の観光地、柴又のメインストリート、柴又街道沿いに今夏オープンしたお店。
かつては財慶という弁慶系のラーメン店だったりもしたテナントでの居抜きでの営業。

店舗外観は茶色の真新しいテントに描かれた、○の中に宣の屋号が目立ちます。
ちなみに店名は店主の名前っぽい。



2014_12070029

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

※屋号そのまま、味噌煮込みうどん専門のお店になりました。

2011年12月31日


この日は大晦日。

「さて、何処で年越し蕎麦を…」と、脳内検索をかけるとすぐさまヒットした、柴又のやぶ忠。

2011_12311月1日 0017

昨年に引き続き、こちらで年越し蕎麦を頂いてまいりました。

2011_12311月1日 0019

お昼を外した時間帯での訪問にも関わらず行列が出来てます。
ちょっと待つのを覚悟で列の最後尾に並ぶと、前に並んでいたお客さんからメニューを手渡しされました。

2011_12311月1日 0018

メニューは大みそか用ではなく通年のものだと思います。

自分達が見た後は後ろに並んでいる人に…。
行列に並ぶ行為が久々なので、こういう遣り取りも久々で新鮮です。

20分位ですかね、列に並んだ後、店内へ。
奇しくも昨年の年越し蕎麦を頂いたのと同じテーブルに案内されました。

私は「天もり(1100円)」の大盛り(プラス200円)を、妻は「鴨ぜいろ(1100円)」という、昨年とほぼ同じという注文を。

10分弱で先に天ぷらが到着。

2011_12311月1日 0023

タネの内訳、海老天(2本)、キス天、カボチャ、ピーマンがそれぞれ1つずつという、昨年同様のメンツ。
この店ぷら群、揚げたてサクサクのクリスピーな食感が心地よくて美味しいんですよね〜。
そのタネの半分以上をコドモ達に食べられちゃいました。


さて、天もりを注文したんですけど、ある意味天ぷらよりもコチラがメインの蕎麦がいよいよ到着です。

2011_12311月1日 0021

昨年同様、直径30センチ程の木製のボウルに盛られた山の見晴らしの良さといったら(画像奥が妻の頼んだ並盛り)。


2011_12311月1日 0022

平打ちっぽさもあればミョーにエッジ効いた角ばったものあり、相変わらず太さ不揃いなんですけど、そこはあれ。
美味い蕎麦をお腹一杯食べてもらおうというお店の心意気からの大量蕎麦打ち故なんでしょうな。

目の前の山、瑞々しい喉越しの良さは相変わらず。
チョイ辛めのつゆにチョン付けでズルンズルン頂いてまいります。

2011_12311月1日 0024

大盛りにするとかなりのボリュームになりますが、イコール大味ではない、蕎麦の美味さがちゃんと堪能出来るんですよ。

そのレベルの蕎麦でお腹一杯になれる幸せ、苦手な行列にも並んだ甲斐がありました。

今年の年の瀬の脳内検索も多分1位なんだろうな〜。


2011_12311月1日 0026

鶯庵 やぶ忠 柴又街道沿い本店 ( 柴又 / そば )
★★★★★5.0
powered by livedoor グルメ

 



blogram投票ボタン
 

 
人気ブログランキングへ 


↑1日1回それぞれポチして頂けたら、こんなに嬉しいことはないです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

※味噌煮込みうどん専門店に変わりました

12月31日

この日は大晦日。

「さて、何処で年越し蕎麦を…」と、脳内検索をかけるとすぐさまヒットした位、心の中の憧れの未訪問第1位だったコチラ。

2005_08011月1日 0003

店の名は「鶯庵 やぶ忠柴又本店」。


何がそんなに心惹かれたかというと、このお店、普通盛りでも他店のもりそばの大盛りよりもボリュームがあるらしく、更に大盛り(プラス200円)にすると
かなり食べ応えがあるマウンテン(山盛り)で登場してくるらしいのだ。


という訳で、お昼をちょっと外した時間帯に訪問。

お店はこの街のメインストリート、柴又街道沿いなのだけれども店頭は木が生い茂っていて割とカモフラかも。

2005_08011月1日 0004

持ち帰り用の蕎麦を販売している脇をススッと通り、引き戸の店内へ。


店内は板敷きになっていて入り口で靴を脱ぐ座敷スタイル。キャパは30人くらいかな?それぞれ間隔がとられた掘りごたつ風のテーブル席。
1番厨房側に近い席に通され、メニューを見て、いざ注文。


2005_08011月1日 0005

2005_08011月1日 0006

私は「天もり(1100円)」の大盛り(プラス200円)を、妻は「鴨ぜいろ(1100円)」の大盛り(プラス200円)を。

10分弱で先に天ぷらが到着。

2005_08011月1日 0009

内訳は、海老天(2本)、キス天、カボチャ、ピーマンがそれぞれ1つずつ。
同時提供の蕎麦つゆに軽く浸して頂くと、サックサクの衣の歯応えも良く、かなりレベルの高い天ぷら群でした。

そうこうしているうちに蕎麦到着です。

2005_08011月1日 0011

画像からはその大きさが伝わり難いかもしれませんが、直径30センチ位ありそうな木のボウルに入れられて運ばれてきた蕎麦は、他店でいうところのもりそばの、優に4〜5枚はありそう、いや、絶対あります。

同時提供の妻の鴨ぜいろの画像を見れば少しはその迫力が判るかな?
ちなみにつけ汁の器も普通に種物で蕎麦入っててもおかしくない位の大きさの物でした。

2005_08011月1日 0012

さて、蕎麦を一つまみし、そば猪口に軽く浸して手繰ると、これがまた美味いんです。

冷たく引き締まった蕎麦は、手打ちらしく不揃いな幅の細平打ち。

2005_08011月1日 0013

瑞々しさ感じる喉越しで、そのボリュームに対しての重さを感じさせない蕎麦。
またそんなレベルの高い蕎麦を、遠慮なく手繰れるっつーのもかなりというか相当嬉しいんですよね〜。
つゆは節の出汁香る、気持ち辛めの物で好みの味付け。

程なく提供されたそば湯を味わう時には既に腹八分目を越えてましたが、出汁の美味さはきっちり堪能しましたとも。

2005_08011月1日 0015

お店を後にする時には、かなりの充足感、満腹感に包まれたのは言うまでもなく。
家族全員でファンになった、2010年の年越し蕎麦でした。


※メニューにも注意書きがしてあるように、大盛り指定は先に書いたように余所のもりそば4〜5枚分くらいあるので、食べきれる自信のある方のみにお薦めします。

2005_08011月1日 0016

↑今更ながら営業告知。

2005_08011月1日 0017


鶯庵 やぶ忠 ( 柴又 / そば )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ



blogram投票ボタン
 

↑ポチして頂けるとこのブログの元気玉がたまります。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

今年のまだまだ寒い春先に訪問、という訳でチョイ古いネタです。

 

新華 1


京成金町線柴又駅から徒歩0分、駅正面のオレンジのテントが目印の立ち食いそば屋さん。
立ち食いそば屋といいつつ、テントには「うどん・カレーライス・ラーメン」の文字が躍り、世間的には300円台で頂けるラーメンが評判宜しという、割とよろずなお店ですが、どうしても立ち食いそばが食べたかったので、天玉そば(値段忘れた、多分400円台)を注文しました。


5905c1a45db657f0-o
 

丼の表面を覆うかき揚げ天、その脇に生卵、かき揚げの上には葱。
そばは茹で具合普通で、一般的な立ち食いそばレベルの物。
つゆは関東風らしい、黒々とした醤油色の強い物。

頂いてみると、つゆは見た目程カエシの印象が強くなく、さっぱりとした美味さの物。
そばは、比率的にも小麦粉がかなり勝っている感じのツルツルした食感の麺。
上に乗ったかき揚げは、丼到着時に「もしかして、そうかな?」と思ったのですが、頂いてみると案の定のヒタヒタ具合。

そうです、メインのかき揚げ、つゆにヒタヒタと浸かり、かき揚げが1,5倍位に膨れているような感じなんです。
立ち食いそばの「〇〇天」は割とシットリが好きな私でも、かなりな柔さに感じたこのかき揚げ天、これは「後乗せサクサク派」にはかなり好みが分かれるんじゃないですかね〜。

今度はラーメン食べに行ってきます。

新華
採点:☆☆☆


blogram投票ボタン
 

上のボタンをクリックして頂けたら、立ち食いそばネタを続けることでしょう。
 ブログパーツ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

柴又 4

柴又駅より徒歩1分かからない距離で、ほぼ駅前と言える場所にあるたこ焼屋さん。

店内にはイートインスペースがありますが持ち帰りで利用。

このお店が商標登録をしているという、看板メニューのねぎだこ(350円、通常のたこ焼きに葱が乗っているバージョン)を頂きました。

 

柴又 2

そんなねぎだこ。割と大振りの玉が6個入り、その上には削り節がどっちゃりで、その端々に準主役、いや主役か?、の葱が乗ります。

 

柴又 1

たこ焼きの生地はフワフワ〜とした食感で、ともすれば楊枝で持ち上げる時に崩れそうになる位の薄皮状態。当然、生地の中の部分もトロットロで、フワトロ派には良い感じ。中のタコの存在感もしっかり感じられます。

で、肝心の葱なんですけど、割とというか、案の定の相性の良さ。

ーか相性良すぎてその存在を忘れてしまう位(笑)。

チョイ観光地価格が入っている感はご愛嬌。だって、この地柴又は葛飾区を代表する観光地ですもん。

柴又観光中の合間のコナモン補給にどーぞ。


このコメントを読む

店名:ねぎだこハウス北島

最寄駅:柴又 / 新柴又 / 京成高砂

料理:たこ焼き評価:★★★

一人当たりの支払額(税込み):ランチ1,000円以下

用途:ファミリー

 

という訳で、今より結構寒い時期に訪問の、チョイ過去ネタです。

このお店訪問の前後に参道の辺りもウロウロしましたが、さすが柴又。

区内で一番人種のルツボなんだろうな〜的な多国籍の雰囲気でした。

 

柴又 6

 

柴又 5

 

各店舗がリニューアルとか、参道が綺麗に整備されたけれど、参道の雰囲気は子供の頃と然程変わってないな。

相変わらず、襟を正すというか、背筋が真っ直ぐ伸びるような、ピリッとした雰囲気を味わってきました。柴又帝釈天、やっぱオーラあるな。

 

柴又 3

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ