めぐりあいズゴ

東京のリアル下町の一角、堀切菖蒲園を中心に 足立ナンバーエリアを徘徊しまくる高純度アダッチ・カツシカンブログ。

タグ:東京タワー

花の都大東京のランドマークタワーといえば、銀じゃなくて赤×白なのです、我が家としては。

そんな東京タワーの裾野、現在大幅にリニューアル中の商業スペース、フットタウンの一角にある、マザー牧場直営のカフェ。
カフェといってもキャッシュオンデリバリーなので、まあ、フードコートによくある体な感じのお店というか売り場です。

で、マザーといえばこれでしょ、な王道メニュー、ソフトクリーム(350円)を頂きました。


2014_01120036

続きを読む

この日はお正月休みに出来なかった事のフォローアップ的な意味合いの1日を過ごそうと。

まずは昼食、今年初めてのラーメン。

美味しい一杯を足立区の某店で頂いてきましたが、詳細はまた後ほど書こうかな、と思います。


2014_01120003


その後は都心に向かい、そして東京タワーへ到着。


2014_01120014


実は東京タワー、正月休み時にも間近で見にきていたのだけれども、今日は登りにきました。


ムスメは2回目の登頂、でも1回目はまだベビーカー乗ってるバブちゃんだった時。

そういう訳で当然、ムスコは初めての聖地登頂。


下がガラスでスケスケなところを、ムスメは平然と、ムスコは恐る恐る乗ってました。


2014_01120027


展望台以外にも色々と見て回ったんですが、割と施設内リニューアルされちゃってて、雰囲気が変わっちゃってたのは多少残念な部分もあったんですけど、やっぱり東京タワーはいいですねー。

その後に浅草に移動、婆ちゃんのお墓参り&WINSで当たり馬券の換金をした後、某所でコドモ達にポケモントレッタ、アイカツをさせて帰宅しました。




 

blogram投票ボタン 

人気ブログランキングへ 

↑私のやる気スイッチ、1日1回それぞれポチして頂けたら、こんなに嬉しいことはないです。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 足立区情報へ

↑コチラも始めてみました、頑張ります。

月日の経つのはホントに早いものですね。
前回の記事を書いてから、パソコンにも向かえずアッという間に一週間が過ぎちゃった、そういう印象です。

実際にはその間に日本代表の試合が2試合あったりしたんですけど、それらのライブ観戦も、あっという間に輪をかけた、そういう要因でもあるんですが。

そういう忙しなさが徐々に高まってきた11月中旬の土曜日、ムスメの通う小学校で音楽会がありました。


2013_11170001.JPG
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

今更ながら、割とサボって書き残していたGWネタとかを備忘録的にポツポツ上げていこうかと思います。

という訳でまずは5月6日(月)。
いきなり連休最終日のネタですが、翌日はダルさ引きずる休み明けという事で、我が家的にも、あんまり無理せず近場でウロウロしようという事で向かった先は東京タワー。


2013_05091月1日 0004


続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

東京タワーが見たい。


特別なイベントの時とか、何かの折に触れ、私も、私の妻もそう思うのは、やっぱり我が家的にはあの鉄塔がパワースポットなんだろうと思う。
そんな東京タワー、震災からおよそ2週間経った週末に見に行ってきました。

東京タワー 1




既に報道されている通り、最上部、先端のSTアンテナと呼ばれる部分が、地上からでも大きく右に傾いている様が伺えました(駐車場出口付近からの見学なので当然見る場所によって方向は変化します)。



東京タワー 3




判り難い人の為にもうちっと、寄りの画像。




東京タワー 2

余談ですが、この先端部分ってNHKのアナログ放送に利用しているみたいで、正に昼休み時に観ていた会社のNHKのアナログ放送。
男性アナウンサーの喋る語尾に「ツッ…、ツッ…」と、少々耳障りなノイズが入るんですけど、もしかしたらこのせいなんでしょうかね。

そんなタワーの現状、胸が痛むのは当然の事なんですけど、安全上に問題が無ければ現状のまま、つまり曲がったままでもいいんじゃないかな、と個人的には思うんですよ。


多分同じ思いの人も多いんじゃないかと思うんですけど、現在建設中のスカイツリー。こちらはこちらで建設途中ながらも先の震災でもビクともしなかった耐震構造とかで、あの高さでいやはや凄げ〜と思うんですけど、やっぱり団塊ジュニア的には、東京のタワーといったら、東京タワーな訳ですよ。


そんな東京代表の鉄塔、見上げると誰もが判る痛々しい姿……。


この未曾有の震災があった事を後世に伝えていくためにも、震源地から数百キロ離れたこの東京代表の観光スポットの曲がりを直すのは、全部が終わった後、つまり復興支援のめどがついた後にすればいいんじゃないかと。

ちょっと自虐的で、だけど自分の周囲を含めた東京の人間は、よく言えば「切り替えが早く」、悪く言えば「喉もと過ぎれば〜」的な風習があると思うから。

そんな、いつもよりちょっと弱っていたタワーを見上げ、思ったのは、今まで貰った分、返したいな、と。


という訳で、我が家でも出来る事をやっていきたいと思います。

前回、詣でした後のデンマーク戦が快勝だったので、げんをかついで一家で再び詣でしてきたサムライノッポン。


ノッポン2



チャレンジャーの精神を忘れずに、更なる高みへ。
頑張れ、日本代表。





 blogram投票ボタン

↑ポチして頂けるとこのブログの元気玉がたまります。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ノッポン=東京タワーのキャラクターの愛称


そのノッポンがサムライブルー(日本代表のイメージカラー)になってるからサムライノッポン、なるほど、なるほど。

そんなサムライノッポン。
先日のリベンジと子供達の寝かしつけを兼ねて、あ、あと、元気貰いに、つい先ほど拝んできました。



青いアンチクショウ


勝利に拘り勝ち点3を取れるように。

そして、願わくば、試合終了のホイッスルが鳴るピッチ上に、不屈のファンタジスタの笑顔があるように。


南アフリカへ、届け元気玉。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

毎日熱戦が続いていますが皆さん如何お過ごしでしょうか?

まずはデイリーなW杯ネタ。

フランスは落とせない試合を落としてしましましたね。
これで次の完全アウェイの雰囲気の中で挑む南アフリカ戦は、絶対にマケレレない…、いや、負けられない試合になりました。
その対戦相手となる南アフリカも開催国としての意地を見せるでしょうし、スペクタクルな試合になる事間違いなしでしょう。

今日はグループCとDの試合。開催前からココのカードは休息日にしようと思っていたのですが(あくまでも個人的好みね)、ドイツ対セルビアを「ながら」で観戦しました。

試合の感想は、やたらカードが出た試合だなあ、と。
カードの出た枚数と試合の面白さは反比例するものという持論の持ち主なので試合の印象もそんなところです。
ポドルスキは完全にツキに見放されてましたね。
本人のやる気を尊重させたのかも知れないけれど、今日のPKキッカーとしては適任じゃなかったな〜。
  

話は変わって…



先日、なんかのテレビの背景で、東京タワーのライトアップが日本代表カラー、つまり、青メインで白と赤が入るイルミになっているのを見て、「そうか、W杯期間だから代表色にしてるんだ!」と思い、水曜日の晩御飯後にちょっくら見に行ってきました。
余談ですが我が家、W杯開催時期に東京タワー詣で、なんとなく恒例になってるんですよね〜。日韓W杯初戦の時も代表ユニ着て第1展望台上ってましたw。

さて、渋滞をスイスイと掻い潜り、約30分程でタワー到着。



が、いつもとあまり変わり映えしない…



東京タワー



第1展望台に青のイルミを使っているのが、ちょっとそれらしさを感じましたが、テレビで見た、あの青いアンチクショウと違〜う!

まあ、到着する前にやかましい系の2人は後部座席で就寝、久々にじっくりパワースポット詣でが出来たので結果オーライでしたけど。
やっぱ東京タワーはいいですね〜、ホントに充電出来ます。

さて、その後にネットで調べてみると、どうやら日本戦がある日の夜に青くライトアップするみたい(詳しくはコチラをポチッと)。
更にその試合、勝ち点をゲットした場合は翌日もライトアップするみたいで、今週で言えば月曜日と火曜日がその対象デーだったという事になるんですね、惜しかったな〜(というか持ってないな〜w)。

という訳で明日のオランダ戦もライトアップ予定日。日曜日もブルーにライトアップされて、我が家が再び、子供寝かしつけという大義名分の中、パワスポ参りする為にも頑張って応援します!


 blogram投票ボタン

↑ポチして頂けると青いタワーが見れるような気が…。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

なんとなく立ち食いそばモードのこの日。
という訳で使い勝手の良い亀有の越後そばに向かうも、あいにくビッシリの満席。
しかたないので第2候補に向かうもコチラも満席。
お昼時なので仕方ないな〜、と思いつつも、此処は亀有、立ち食いそばモードの灯はまだ消灯しなくても受け口があるんです。

という訳で第3候補の店頭へ。


2010_03271月1日 0008

店内の様子を伺うと、子供を抱えながら立ち食いできるスペースがあったので、券売機の前に立つと、ムスメが「トイレに行きたい」とモジモジ…。


仕方ないので、食券購入を見送り、妻とムスメがトイレに行っている間、私とムスコは北口の両さん像と戯れる。
さて、ムスメがトイレから戻ってきたタイミングで、もう一度「越後そば」に向かうと、思惑通り店内のお客さんは一巡したようでスペースに余裕が生まれてた。
という訳で再度突入。

という訳で無事に第1候補訪問。


越後そば 6

どういうタイミングで開催しているのかよく判らないけど、割と出くわす率高しの玉子のサービスデー。
玉子は「茹で」か「生」かを選べます。
「生」は丼に投入されて提供されますが、「茹で」はセルフで殻をムキムキしなくてはなりません。
という事は、必然的に「生」の注文率が非常に高くなる訳です。なぜかといえば短納期を求めての立ち食いそば屋な訳ですからね〜。

という訳で、王道メニューの「かき揚天そば」420円を、ギョク入りで天玉そばにカスタマイズして貰う。


越後そば 10

相変わらずソソる丼のルックスなのだけれども、今日のかき揚くんは椀の縁にハコ乗りしているような感じで、その大きさを更に主張。
今日のつゆは、カエシが抑え目で鰹出汁が香る、いわゆる繊細系。ま〜、その繊細さがよく判ってないんですけどw。
つゆにキツさを感じないのは毎度の事で、それに合わさった玉子のまろみとコク。
メインというべき、そばの喉越しの秀逸さ。


越後そば 9


そして、ザックザックな歯応えの良質なかき揚げ天。


越後そば 8


願い通りの「立ち食いそばモード」が満たされた1杯でした。

コドモ達は事前に「うどん食べたい!」と言っていたので「冷やしたぬきうどん」を注文。


2010_03271月1日 0009

ムスメもムスコも取り分け自分の分をきっちり完食してました。

子連れ派への情報は、小さい子にも嬉しい取り皿提供(お皿とスプーン、フォーク)があり、立ち食いそば屋ながらも背もたれのあるハイチェアとローチェアの合わせて15席以上あるんで、臆する事なくガンガン訪問してくださいませ。


越後そば 7

このお店の名物でもある店頭のブラックボードのメッセージは、今日のは「玉子無料サービス」だったので画像なし。
代わりにこのお店の店頭近くに貼られていたシールのメッセを撮りました。


越後そば 5



「同義語?」

その後に、亀有から然程離れていない公園で、コドモ達を遊ばせる。

その場所で撮った見事なヒコーキ雲。


越後そば 4


その後に、先日、義理の弟夫婦の間に生まれたばかりの赤ちゃんを表敬訪問しに産院に。
自分とこのコドモも数年前はこの位だったのかよ!?と、驚く位の体や顔の大きさ、いや小ささ。
久々にその腕に抱いた生後一週間経たずの新たな親戚は、案の定凄く軽かった(ウチのムスコ比でね)。
健やかな成長を願うと共に、この子との関わりを経て、自分とこの子の「思いやり成分」も伸ばせればな〜、なんて思ったり。

その後は所用をアレコレ済ませ、ヨメ&ムスメのリクエストで久々に東京都心へ。

銀座を経て(この辺りを撮る所が既にオノボリ状態)、


越後そば 3

到着したのは春の東京タワー。



越後そば 2



結婚前から通ってる、大好きな道にしばし路駐、沿道沿いに咲く7分咲きの桜と合わせての鑑賞。
この地は勝手ながら我が家のパワスポ、ムスコはグースカ、ムスメは「アレ登りたい〜」と自己中発信中でしたが、きっちりフル充電出来ました。

その後は芝公園から、結婚前からの2人揃っての、かつての大好物エリア、麻布十番〜六本木〜赤坂とかを経由して帰路へ。

この界隈を走っていると、いつもその手の話になるんですけど、コドモ達がお年頃になったら、酒の飲み方とか飲ませ方とか、お店での遊び方とか遊ばれ方とか、ちょっと痛い目も含めて教えてやらなきゃな〜、と、物凄く痛い目に合わないような転ばぬ先の杖、みたいな話を妻としてるんですけど、こんだけ港区離れ著しい我が家、今のまんまでその時が来たら、この地に降り立つだけできっとガクブルになると思いますけどw。

blogram投票ボタン

上のボタンをクリックして頂けるとこのブログの元気玉がたまります。 ブログパーツ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

タイトルの通り、本日(1月5日)から我が社は仕事始め。

前代未聞の不景気故、売り上げ的には世間並、いや、それ以上に厳しい見通しの本年ですが、なんとかスキマ産業を見つけて逞しく過ごしていきたいと思います。皆さんも頑張って下さいね。

そんな仕事始めですが、勝手ながら例年通りダルダル〜な立ち上がりなんですよ、気持ち引き締まるとか無縁な。

という事で明日から改めて、気合入れたいと思います。

 

さて、そんなダルダルを過ごしたお正月の三が日。とある所用のため、都内に出かけた時のお話が今年一発目のブログネタ。

 

日々宴会続きでお腹タポタポな我が家の胃袋、いつもだったらその道中、気になるお店の1軒や2軒はザラにあるのだけれども、今日はスルー。ま、ほとんどのお店は正月休みという事で開いてないしね。

お正月という事で都心へ向かう道路はスイスイ。

という訳で目的地まであとちょっとと思った日本橋近辺で、かなり強引な車線規制。

この辺りは普段から日本橋三越目当てで、割と郊外ナンバーの車が連なっているエリアな訳で、「初売りの渋滞で規制か〜?、不景気だっつーのにおめでたいよな〜」等と考えつつ、迂回路を進んだ訳なんですけど、これがどーも勝手が違う訳ですよ。

迂回路で三越前〜銀座方面を進んだわけなんですけど、沿道には旗を持つおびただしい人の姿が。

そうです、箱根駅伝の走路にでくわしちゃったんです。

 

2010_01051月1日 0010

 

この沿道のおびただしいオーディエンスの列は銀座方面まで軽く1キロ程続き、その間軽く渋滞でノロノロの状態。

両サイドをビッシリの観衆に囲まれた状態でのノロノロの進行は、例えていうならば、W杯で優勝した時の日本代表の凱旋パレードみたいな錯覚を受けましたが、もしそうなったら、多分これの10倍以上は凄いんでしょうね。

とにかく正月早々エキサイティングな体験をさせて頂きました。沿道の方々には改めて感謝致します。これに味をしめてまた来年もこの体験を狙う計画があるのはナイショの方向で(笑)。

そんなサプライズを経て向かった先は、我が家のパワスポ、東京タワー。

 

2010_01051月1日 0025

不思議と、初詣でよりもまず「東京タワー」みたいな感覚なんですよね〜、例年。

相変わらずのパワースポット振りを感じつつも、早々にこの地を後に。

 

その帰路の途中、新東京タワー、いわゆるスカイツリー君も拝む。

 

2010_01051月1日 0026

ちなみにこれは隅田公園沿いからの撮影。先日観た時より更にニョッキリしてるみたいで、気にしていたらウチのすぐ近所からもその姿が拝めていました。

その後に、ウチのブログでお馴染み?のホリキリゲートをくぐって帰宅。

 

2010_01051月1日 0027

 

今年もこの界隈のネタを含め、アダッチカツシカンなブログで突き進んでいくんで応援宜しくお願いしますね!

 

blogram投票ボタン

上のボタンをクリックして頂けるとこのブログの元気玉がたまります。 ブログパーツ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

東京タワー
Powered by PICS

何ヶ月かに一回、不思議と東京タワーが見たくなります。
多分、自分にとってのパワースポットなんでしょう。
という訳で先日、今期初のタワー詣でをしてきました。

展望台に登ったり、お土産売り場に行ったりはしなくて、只、下からボーッと眺めてるだけ。

10分程ボーッと眺めた後、ギロッポン辺りの変貌振りを確認、がいつものパターン。


思えば、何処か旅先からの帰省途中、遠くに東京タワーのオレンジの灯りを見つけると、


「ホームに帰ってキター!」


という安心感が漂うのもそのせいなのかも。

「○○のくせに生意気だ!」とか言われそうですけどね(ザ・自虐)。


そんな下町の押上〜業平橋に現在建設中の新東京タワー。こちらも癒してくれるでしょうかね?。

 

勿論言うまでもなく酒場やラーメン屋も我がパワースポットだったりします(笑)。

 

 

そういえばいつの間にかブログ開設から3年が過ぎ、4年目突入してました。

ブログって、人それぞれ思うところがあるでしょうが、個人的にはコール&レスポンスだと思うんですよね。

自分が書いた記事(コール)に対してのコメントやトラックバックをしてくれる人、日々お立ち寄りして頂いている人達など(出来れば足跡残して頂けるともっと嬉しいんですけどねw)。今まで頂いたそれらのレスポンスが、このブログを続ける原動力になっています。この場を借りて御礼申し上げます。

これからも気まぐれ更新なブログですが、どうぞ宜しくお願いいたします。


 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ