GWという事で、ちょっとした非日常感を求め、普段の休日だったらまず出向かない、近いんだけど、凄く混雑してるんだろうなー、と敬遠して縁遠かったソラマチの六厘舎に、非日常な一杯を頂きに行ってきました。

IMGP8303

妻は何度か足を運んだ事があるんですが、私とコドモ達は初めてのソラマチ、そして初めての六厘舎という事で、テンションは自ずと上がりまくります。

朝10時30分の開店に合わせ15分前の到着時に先客は10名くらい。もっと多い行列を仮想していたので、ちょっと拍子抜け。
事前に調べたお店のキャパを考えたら、開店まもなくで席に着ける人数なので一安心です。
待ってる間に店員さんから手渡されたメニューをしげしげと観賞します。

IMGP8304

さて定刻に開店、1グループ毎に食券購入、席に案内されるという流れ。

IMGP8306

我が家購入の食券の内訳は、私と妻はつけ麺(830円)を(うち私のは大盛(100円増し)、コドモ達は中華そば(700円)を。

席に着いてすぐ、コドモ達へのつけ麺の取り分け用へと、六厘舎といえばコレ!な憧れの青い器(取り皿)が目の前にw

IMGP8310


さて、着席してから5分程、最初に到着したのはつけ汁。
そのつけ汁の中にはこれまた、六厘舎といえばコレ!な、憧れの元祖海苔イカダ魚粉がプカプカ浮いております。

IMGP8314


間髪入れず麺の入った六厘舎ネームの丼も到着。

IMGP8312

その丼の中には丁寧に折り畳まれている特製の極太麺。


見た目はカッチリとした食感そうな麺ですが、実際にはモッチリ艶やかな食感で、適正なコシの強さと小麦の風味を感じられる美味しい麺です。

IMGP8315

大盛り指定にしたせいか、麺量もかなりボリューミー、なので遠慮せずガシガシ頂けます。

それに合わせるつけ汁は、いまやこの系統の東京代表トップランカーとも言える濃厚豚骨魚介系。

つけ汁の濃度は麺との絡みは良いけど、その量を大きく減らす程の粘度はない感じ。

具はチャーシューとメンマ、葱、それと先に記した海苔イカダ魚粉。
チャーシューはロースで歯応えが楽しめる物。


IMGP8320

食後のスープ割りはポットで。
柚子の風味が加わり後味さっぱり。

IMGP8322


コドモ達にと頼んだ中華そばは、クラシカルな東京豚骨っぽい味わいで割とこってり、塩気強めな味わい。

IMGP8317

IMGP8319

ちょっと頂いたんですが、やっぱ六厘舎はつけ麺が売りなお店なんですねー。


今から10年くらい前、自分もクチコミグルメサイトに書き込み始めた頃、自宅のある足立区から23区でいうところの逆サイド、大崎でこのお店が開店した直後からお勧めを頂いて、でもずーっと縁がなくて「死にたい位に憧れた海苔のイカダ六厘舎」だったんです。
そんな憧れの一杯の感想は、どうなんでしょうね、自分が今まで食べてきた、この店に追いつけ追い越せという感じの「またおま系」達に大きく差を付けてるっていう感じではなかったのは正直なところ。
長らく憧れ続けてハードルが上がり過ぎちゃってたのかな、と。
間違いなく美味しいんですけどね。

さすが都内有数の観光地の有名店、店内のどの店員さんもキビキビとした無駄な動きのないオペレーションで、お客をさばきまくる感じが凄いですねー。
これを見にくるだけでも足を運ぶ価値があるかも。

IMGP8323


さて、お店を後にした我が家。
折角だからと妻のナビでソラマチ内をウロウロしたんですが、個人的にも色々と気になるお店があって楽しいですねー。
帰りのパーキング代が、六厘舎のお代とそんなに変わらなくなっちゃったのにはびっくりしましたがw。


六厘舎 TOKYO スカイツリータウン・ソラマチ店つけ麺 / 押上駅とうきょうスカイツリー駅本所吾妻橋駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5



人気ブログランキングへ 

↑私のやる気スイッチ、1日1回それぞれポチして頂けたら、こんなに嬉しいことはないです。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 足立区情報へ

↑コチラも頑張ってます。