めぐりあいズゴ

東京のリアル下町の一角、堀切菖蒲園を中心に 足立ナンバーエリアを徘徊しまくる高純度アダッチ・カツシカンブログ。

タグ:月島

※閉店しました

月島もんじゃストリートと清澄通りを繋ぐ路地沿いのラーメン屋さん。

2011_04091月1日 0027


2011_04091月1日 0029

この店舗が、元々住居だった一角をリノベーションして店舗にしたのかな?外観はかなり良い雰囲気が出ています。

2011_04091月1日 0028

店内の様子はコの字カウンター席10席強。
外から中の様子が丸見えなガラスの引き戸を開け、店舗に入って左に券売機の食券方式。

土曜のお昼時に訪問、先客は2名。

つけ麺とラーメンが主軸のメニュー構成。
替玉(150円)の設定があるラーメンも面白いな〜と思ったんですが、同席のコドモ達への取り分けも考えて、つけ麺の大盛り(麺400g)900円を注文。

そんなつけ麺大盛り。

2011_04091月1日 0020

麺は浅草開化楼製のチョイ平打ち中太ちぢれ麺。
麺の上には割と多めの水菜。

2011_04091月1日 0021

つけ汁は醤油色の強い茶濁の物。
つけ汁の椀の中にはチャーシューが沈み、表面には海苔と万能葱が。
面白いのがつけ汁の椀の縁にはクォーターにカットされたレモンが添えられています。

2011_04091月1日 0019

麺はツルツルッとした喉越しが特徴の、茹で加減やや固めの物。
つけ汁の絡みも良好。

2011_04091月1日 0023

そのつけ汁は鶏白湯に魚粉、香味野菜を合わせた無化調らしいですが、なるほどドギツイ感じはなく優しい口当たりのつけ汁です。
比率的には6:4で魚の存在がチョイ勝っている感じ。

その椀の中でかなりの存在感を醸し出していたのがバラチャーシュー。

2011_04091月1日 0024

その分厚さ2センチは確実にあった肉厚の物で、適度な硬さの噛み応えで、久々に食べ応えを感じたチャーシューでした。

全部頂いた食後のクドさも皆無なのはさすが無化調というところでしょうか。
大盛り指定なので麺のボリューム感はそれ相当だったんですけど、そんなに重さを感じずペロリと完食。

食後のスープ割りはポットにてセルフで。

2011_04091月1日 0025

白濁の鶏白湯は、それ単体で飲んでもじんわり優しい味わいの物でした。
スープ割をすると更に魚系の風味が増しで、最後まできっちり頂いた椀の底には、ザラザラとした節粉が沈んでいました。

2011_04091月1日 0026

最後に、評価とかに全然関係ない話なんですけど、お店の構造上の問題なのかこのお店のトイレ、隣接している清澄通り沿いの定食屋さんと共用なんですよね。
中でこちらの店舗と繋がっている構造なんですけど、子供達は「なんで他のお店に出たの?」と、不思議そうな顔してました。

※妻の頼んだラーメン。

2011_04091月1日 0018


ラーメン・つけめん 太助家 -TASUKIYA- ( 月島 / ラーメン全般 )
★★★☆☆3.0
powered by livedoor グルメ

 

blogram投票ボタン

↑おかげさまでポチ効果が表れてきました。やる気に直結してます!


人気ブログランキングへ 

↑こちらのほうも更なるポチを宜しくお願いします!続きを読む

月島といえば全国的に「もんじゃ」で有名ですが、もう1つ名物があるんですね。
それがレバーフライ。

薄切りにした豚のレバーを竹串に刺し、これまた薄い衣を付けた後に




これをドーン!



キャシィ塚本




もとい、フライヤーにドボーン!。

2011_04091月1日 0032

パッと見、茶色の小旗にも見えるルックスのご当地アゲモンなんですな。

そんなレバーフライの元祖が「ひさご家 阿部」。

いつの間にか相生橋のたもと、清澄通り沿いに移転してたんですねぇ〜。

まだ建ってから日が浅いと思われる綺麗な受け渡しのみの店舗外観。


2011_04091月1日 0030

※移転先の住所:東京都中央区佃3−1−12

家族の人数分を購入して早速パクつく。


最近のレバーフライ実食(マミイ)との比較になるんですけど、レバー特有の臭みは皆無。
で、衣はサクサクというよりどちらかと言うとしっとり感が伝わります(この辺は揚げ置きだったっていうのもあると思いますが)。
例えが華奢で申し訳ないんですけど、駄菓子のビッグカツの衣に近いような印象。

こういう風に書くと印象悪いって思われちゃうかもしれまませんが、いえいえ、その逆なんですね〜。
そのしっとり感漂う衣と、その衣に浸ったウスターソースの香ばしさ、そして具のレバーの臭みが弱め、だけど、薄切りのレバーはキチンとレバーとして其処に存在してるんですな。
一口にレバーフライといっても、当たり前ですが千差万別なんですね〜。

あ、最後にひとつ。
料理の評価に関係ないんですけど、他の方も指摘している様に正直、無愛想に感じました。
注文をしても返事が無いし、お代を払ってお店を後にする時にも「ありがとうございました」の「あ」の字もなし。
あの辺りの飲食店は割にこれと近い印象を持つ事が多いんですけど…。


子供の頃から下町のお店の人と幾多の遣り取りをしてきた私でもそう感じたんですが、これを他のエリアから来た人達に「下町気質」と思われて欲しくないな〜。

個人的には元祖を謳う月島の有名店で、しかも美味しい一品を提供してるお店なので、その辺り、気持ちよくお店を後に出来るような面でも月島(佃)の顔として努力して欲しいと願います。

2011_04091月1日 0031


ひさご家 阿部 ( 月島 / 串揚げ・串かつ )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ




blogram投票ボタン
 


↑ポチして頂けるとこのブログの元気玉がたまります。


 人気ブログランキングへ


↑今更ながら「とある大義のため」にコチラにも参戦してみました。宜しくお願いします。

11月3日。

今日は文化の日。

という訳で、我が家もB級グルメ文化を感じるべく、月島へ。


月島といえば、のメイン通り、「もんじゃストリート」から1本、いや2本か、とにかく裏通りといっていい場所に存る、知る人ぞ知るレバーフライが売りの惣菜店。


店頭



そうです、月島のご当地B級グルメは「月島もんじゃ」だけじゃないんです。
むしろコッチのほうがご当地色が強いといえる存在かも?の「レバーフライ」。

レバーフライって何だ?美味いのか?
って方に向け、軽く説明を。

元祖はこの町の隣町、佃島の「ひさご家阿部」ってお店で、このお店を中心に、周辺のアゲモン(揚げ物)提供のお店で提供しているアゲモンなんですね。

豚のレバーをスライスした後、竹串に刺し、フライヤーにドボン。
で、揚がったものを更にウスターソースにドボン。
出来上がりは、竹串を持つと見事に片持ちというかシンメトリー(左右非対称状態)。まるで小旗のようなルックスなんですな。


さて、話をこのお店に戻します。

店舗外観はいわゆるテイクアウト専門のそれ。
レバーフライ以外にもコロッケとかの各種揚げ物の類や、ランチタイム時にカレーを提供している等ありますが、売りのメインはやっぱレバーフライでしょう。
注文を受けた後、ストック(揚げ置き)がない場合は、元からドボン。
ストックのある場合は軽く再度揚げという感じですが、余程混み合ってなければ基本揚げたてを提供して頂けます。

そんなレバーフライ。



レバーフライ



薄めの衣にコーティングされたレバーは、適度なレバー特有の臭みを多少残しつつも、嫌味のない、甘みさえ感じる後味。
ウスターに漬された故のシットリな衣は、それでも揚げた油の鮮度かベタベタする事なく、歯切れの良さを保っています。
多分レバー苦手っていう人でも、これはイケるんじゃないでしょうかね?
出来る事なら揚げたてキープをジョッキの生でイキたいツマミ力(りょく)なんですが、冷めてもその存在感はアリアリでしょうな。
「もう1本、もう1本」と後味引く心境のご当地アゲモンです。

前回訪問時(およそ4年程前)、あの辺りで小腹が減った時に利用したんですが、今回もほとんど同じケース。
違うのは我が家の家族が増えていたって事ですね。
そんな子供たち、1本を2人でシェアしていたんですが、あっという間に平らげて、共に「もう1本食べたい」などと。
次は1本づつ買ってあげようと思った、文化の日でした。

デリカショップ マミィ ( 月島 / 串揚げ・串かつ )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ




blogram投票ボタン


 ↑ポチして頂けると、ぶっちゃけ記事を書くのが頑張れます。

このページのトップヘ