北海道の小2の子、無事に退院出来ましたねー、良かった。
つーか、退院のライブ映像も撮影してるんですね、各局。
もう「めでたしめでたし」で、後はほうっておいてあげましょうよ。
その後の続報は日本国中望んでいる人は極僅かでしょうから。

image


さて、話はがらっと変わり、日清の新ブランドとなりそうな予感もする、DEEPSTYLE(ディープスタイル)と銘打った、坦々麺を食べてみました。

で、早速なんですが食べた感想を。
なんか、パッケージ表には「ディープで濃厚 底無しの旨さ」って書いてあって、で、自分もそのキャッチに惹かれて手に取った訳なんですが、個人的には全然濃厚に感じないんですよねー。
後入れの小袋の一つが胡麻のペーストで、それの風味は非常に良くて食べる前は期待持てたんですが、実際食べてみると、濃厚を謳ってる割にコクがないというか、さらっとし過ぎているというか。

こりゃー自分のかき混ぜ不足なのかなー?と思って、で、頂いている最中も絶えずお箸で混ぜ混ぜしても、やっぱりあんまり濃厚感が伝わらない。
、で、最後に残ったスープを捨てた後に確認したんですが、スープは間違いなく全部溶けてたので混ぜ混ぜ不足って事はない、じゃあやっぱり製品の仕様か、それとも自分の体調かって話なんですが、ちょっと引っかかるのがこの商品、蓋ウラに「あらかた平らげた後の残ったスープにコンビニおにぎり投入で、追い飯感覚で美味く頂ける」みたいな事が書いてあるんですよ。
だからそういう事情を考えての薄味なんじゃないかと自分は思ったんですが、web上だと「濃厚で美味い」って評価の人が割といるんですよねー。
そんなに濃厚だとは感じない自分の体調がおかしいのか、それともホントにそういう仕様なのかを確かめるべく、この商品、再食しようかやめとこうか悩んでいる最中です(結局食べなさそう)。

人気ブログランキングへ 

↑私のやる気スイッチ、1日1回それぞれポチして頂けたら、こんなに嬉しいことはないです。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 足立区情報へ

↑コチラも頑張ってます。