めぐりあいズゴ

東京のリアル下町の一角、堀切菖蒲園を中心に 足立ナンバーエリアを徘徊しまくる高純度アダッチ・カツシカンブログ。

タグ:新小岩

新小岩駅から徒歩7、8分程の平和橋通り沿い、松戸の人気店「まるき」の関連店。

IMGP8849

店舗外観は黒地に店名の書かれた大きな看板が特徴。でも、お店自体は割と周囲に溶け込んでいて、一度通り過ぎてしまいましたw。

入り口を背にした店内の様子は入って直ぐ左側に券売機。
店内はL字カウンター席9席のみ、
券売機の前、カウンター席の後ろに店内待ち用の椅子が4脚ほど。

休日のちょっと外れたお昼時に訪問、先客は8割程。


IMGP8832

メニュー構成は中華そばが主軸で、それをベースにトッピングでのバリエ増しとか、つけそばとか。

IMGP8833

IMGP8836

注文は家族全員が中華そば(小)650円。

卓上の調味料群をしげしげと見ながら


IMGP8834

IMGP8835


待つ事10分程で丼が到着。


IMGP8837

中華そば(小)。


麺は草村商店製、若干のちぢれのある無添加の中細麺。
具はチャーシュー、青菜、メンマ、葱。
スープは見た目あっさりとした感じの清湯醤油。表層に軽く油膜と煮干由来のキラキラとした銀鱗が浮きます。


まずはレンゲでスープをひと掬い。

IMGP8841

頂いてみると、やっぱり見た目から受けた印象通り、油分控えめ、すっきりとして雑味の少ない煮干しの風味がかなり漂うスープ。コショー由来の辛味もじわりじわり伝わってくる感じ。


麺はモチモチとした食感の物で歯応えも喉越しも良い物。

IMGP8842


小と形容されているんですが、麺量は余所の一杯と遜色ない量があるので躊躇いなくズルズルといけます。


ロースチャーシューはしっかりと歯応えのある美味さの物。


IMGP8844

あっさりとしながらもしっかりとした煮干しの主張が効いたスープと麺の絡みを楽しみつつ完食。

ホントはチャーハンも食べようと思ってたんですが、残念ながらこの日は提供してなかったようで…。

「まるき」も10年前くらいに一度行ったきりなんで、久々にそちらのほうも食べてみたいと思った訪問でした。
ごちそうさまでした。

IMGP8845

一颯ラーメン / 新小岩駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0


その10年前くらいのまるき訪問の記事はコチラ



人気ブログランキングへ 

↑私のやる気スイッチ、1日1回ポチして頂けたら、こんなに嬉しいことはないです。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 足立区情報へ

↑コチラも頑張ってます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

 

嗚呼、ジャッキー。

ジャッキー

 


 

 

同年代との飲みでガンプラと並び話題に上がる率高しのジャッキー(そしてサモハン)。

我が青春のヒーローというフレーズが当てはまる元中坊はきっと沢山いるはず。
かくゆう私もその1人。

少林寺木人拳が放送された翌日には、学校の廊下に木人(役のヤツ)が立ち並び、皆、容赦の無い蹴りや突きを受けたっけ。
で、自分が木人の時には同じ洗礼を浴びせるという堂々巡り。


今にしてみると相当なボッタクリ感漂うチラシの収集も盛んだった時代でした。
今でも実家の何処かに眠るチラシ、久々に見てみたい気もします。


ま、成龍(竜)違いなんですけどね。

 

という前置きはさておき、久々に成竜に訪問。(以前のレポ


らーめん(650円)をバリカタでお願いしました。

らーめん

 

 

 

 

 

 

 

スープは豚骨臭抑え目、粘度も然程無く、ややライトな感じながらも、
十分に豚骨を感じられるレベル。
マー油のお陰か、前回頂いた時よりもスープにニンニクを感じるようになった。

替え玉はハリガネで。平ザルで湯切り後、直接丼に投入。
バリカタもそうですが、相変わらず粉々感が伝わる美味しい麺。
★4に近い★3で。

いわゆる豚”竜系のお店で、このグループの内、数軒を食べ歩きましたが、個人的には何処も安定して美味しい一杯を提供していると感じます。

「豚骨は好きだけど豚骨臭はちょっと…」って人に向いている一杯と思います。

 

九州らーめん 成竜
最寄駅:新小岩
料理:九州ラーメン / 豚骨ラーメン
採点:★★★☆☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下
用途:ジャッキー・チェン

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ