小諸そばって、東京都心にお勤めの方ならば割と馴染みのスタンディングなんですけど、その辺りに縁がないと、割と馴染みがないというか、疎遠のグループなんですわ。どちらかというとその展開的に割とアーバンな立ち食いそばなんですよね〜、小諸そば。

という訳でそんなアーバンなコモロソバ、根っからカツシカ、アダチッコの私でも過去に何度か頂いた記憶はあれど、正直当時の事は覚えていない訳で。

という事でちゃんと向き合って頂いてきた日曜日のお昼時。

 ミニかき揚げ丼セット(500円)を注文。

2005_06291月1日 0002

そばは温かい物を所望、という訳で到着したのは葱も乗らない「ド・かけそば」。

2005_06291月1日 0003

卓上に葱があったかな?あんまり覚えてないんですが、そばのツルツルとした喉越しはまあまあ良い感じだったのは覚えています。

カエシは割と醤油色強めのややしょっぱい感じで後からじんわり出汁香るような感じ。そんなにキツイ感じではない物。

かき揚げ丼はミニと銘打っているだけあってやや大きめのご飯茶碗位の器にて提供。揚げ置きではなく揚げたてだったと思うんですけど、そんなに有難みは感じず極々普通な物でした。

 いわゆる同系統の路面店と比較すると、到着まで割とというか、かなり時間がかかりました。私らの卓に到着するまでに優に10分越えてました、休日のしかもアイドルタイムの時間帯の訪問に関わらず。

これってこんなもんなんですかね〜、以前利用した時はもっとパパッと出てきたような感じがしたんですけど。 まあ、家族連れでもテーブル席で頂ける、どこかゆったりとしたお店の造りはありがたかったんで、そんなに文句はないんですけどね。

店名:小諸そば
最寄駅:
料理:そば
評価:★★★
 一人当たりの支払額(税込み):ランチ1,000円以下
用途:ファミリー