めぐりあいズゴ

東京のリアル下町の一角、堀切菖蒲園を中心に 足立ナンバーエリアを徘徊しまくる高純度アダッチ・カツシカンブログ。

タグ:塩らーめん

三郷中央の、高レベルなつけ麺が頂けるスポーツバー、レジスタに再訪してきました。

訪れたのは土曜日。
で、このお店本来の営業時間帯であろうバータイム、つまり夜営業に行ってまいりました。

2015_11080017

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2009年12月31日

そう、昨年末の大晦日のネタ。2009年最後の一杯のお話。

不定期開催ながらも親父の命日に近い間隔で行っているお墓参り。

その帰り道、本命の「もりや」は準備中の札。第二候補の「最近松戸のラーメン街道に出来た、以前守谷氏が店主を務めていた松戸駅近くのお店の稔台の支店」も改装中のようでお休み。

帰路で色々と考えるもピンとくるお店がなかったので、中休みに突入しそうな時間帯ではありましたが、ほぼ地元のこちらへ訪問。

 

 

引き戸の入口を潜り、良い感じでのユルい空間は相変わらず。

 

2009_12311月1日 0027

先客は常連さんと思しき男女2名、その傍らでスタッフさんが賄いを頂いている最中。

 

塩らーめん(750円)を大盛り(100円増し)で。

 

2009_12311月1日 0028


麺は浅草開化楼製の見た感じゴワゴワの中太ちぢれ麺。
スープは乳化具合も垣間見える白濁豚骨で表層には軽く油が浮きます。
具は厚めのロースチャーシュー、モヤシ、キクラゲ、揚げニンニク、万能葱。

麺はゴワゴワッとした粉の風味感じる固めの食感で、かなり食べ応えのある麺です。

2009_12311月1日 0029

それに合わせたスープは豚骨出汁が軸なんでしょうけど、頂いてみると塩ポタージュと表記したほうが判り易いような、ポタポタしたとろみと、じんわり染み渡るような塩っ気の、優しいスープでした。後味の美味さに引きずられ、結局ほとんど飲み干す事に。

 

2009_12311月1日 0030

具のチャーシューはボソボソッとした食感の中にもジューシーさを感じられる、下味ほんのり、で食べ応えのある物。

相変わらず安定した美味さを提供してくれている実力店です、ご馳走様でした。

波 ( 北綾瀬 / ラーメン一般 )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ

blogram投票ボタン

上のボタンをクリックして頂けるとこのブログの元気玉がたまります。 ブログパーツ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

※閉店しました

前回の訪問からそんなに日を空けず(といっても一ヶ月位か)の再訪。

宿題だった塩らーめん(700円)を麺大盛指定(100円増し)で頂きました。


2009_01111月1日 0024

麺は中太ちぢれ麺、茹で加減普通。

スープは白濁というか、淡い黄色がかった鶏白湯っぽい見た目。

具はチャーシュー、あおさ、穂先メンマ、葱、わけぎ。

頂いた感想は…


2009_01111月1日 0025

麺は以前頂いた「辛い味噌らーめん」と同様のタイプ。この日は無茶苦茶お腹が空いていたので大盛りにしましたが、ツルツルッとした喉越しの良さはあるけど、前回同様、あまり特徴を感じられない麺。

 スープは食べ始めから最後まで、終始口当たりの優しい塩ダレ抑え目、優しい鶏味。コラーゲン由来か、若干トローッとした口当たりで鶏白湯らしさを感じます。

具の穂先メンマは前回同様、下処理の丁寧さが光る、メンマというよりも筍という表現のほうが近いかな。アオサの効果もまあまあ、チャーシューも美味しい物でした。

「鶏白湯」プラス「アオサ」で連想される両国のお店『まる玉』の一杯と比較すると、こちらのほうが、鶏の出汁が抑え目で、他の出汁(香味野菜とか)の存在を感じとれます。最後まであっさり、出汁をじんわり感じつつ頂けた、優しい一杯でした。


このコメントを読む

店名:らーめん屋 善

 最寄駅:竹ノ塚 / 西新井 / 六町

料理:醤油ラーメン / 塩ラーメン / 味噌ラーメン / つけ麺 / ラーメン一般

評価:★★★

一人当たりの支払額(税込み):ディナー1,000円以下

用途:友人・同僚と

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ