休日の夜に久々の訪問、先客はなし。

 

ハルビン 7

ラーメン(480円)とトマト水餃子(5個400円)を。

先にラーメン到着。

 

ハルビン 6


随分ご無沙汰な一杯なんですが、印象は以前のまま好印象を継続。

麺は、前もこうだったかな〜、という感じの、ちょっと平打ち気味な、なんとなく手打ちっぽい中細麺。注文時、茹で加減を聞かれたので「固め」でオーダー。

 

ハルビン 5


恐らく業務用ベースではないかと思われるスープも、チャーシューの風味付けの八角や、薬味の葱(これも下味が付いているような感じ)の存在で、あっさりとした醤油の印象ながらも、やっぱりこのお店でしか味わえない一杯なんですよね〜。

 

ハルビン 4


相変わらずの低価格も嬉しい、ホッとする美味さ。

 

麺を粗方平らげた位にトマト水餃子が到着。

 

ハルビン 3

 

モッチモチで分厚い皮。

 

ハルビン 2

そんあモッチッチーの中には刻みトマトと挽き肉の餡が。

 

ハルビン 1

そのまま噛り付くと皮の中から溢れ出すおツユで口の中が火傷必至なので、レンゲに乗っけて、先っぽを少し噛って中のおツユをある程度チューチューした後、
一気にパクリ!。

先にチューチューした時の、トマトの酸味と甘みが強く感じられるスープの余韻と、餡の肉々しさが合わさって、なんともいえない美味しさの一品でした。

個人的にココの餃子の印象は餡より皮のインパクトが強いんですが、この一品は、その皮を凌ぐ存在感を醸し出してました。
かなりお勧めの一皿です。

哈爾濱餃子 ( 堀切菖蒲園 / 餃子 )
★★★★★5.0
powered by livedoor グルメ

採点:★★★★★


blogram投票ボタン 

上のボタンをクリックして頂けるとこのブログの元気玉がたまります。 ブログパーツ