めぐりあいズゴ

東京のリアル下町の一角、堀切菖蒲園を中心に 足立ナンバーエリアを徘徊しまくる高純度アダッチ・カツシカンブログ。

タグ:博多ラーメン

墨田区本所の激安博多ラーメン店、ガツンに再訪してきました。

前回訪問時と同じく、ラーメン(500円)を注文。


メンラー

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

こちらのお店、というかFC、実は蔵前店が今年の春頃に出来たのを知っていて、それから気になっていたんですけど、所用とランチ目的で訪れた新大久保で、
「あれ?、こんな場所にもあるんだ!」
と発見、訪問した次第。


ながはまや 6


店舗外観は、黄色使いがこのFCの特長なんですかね、割と目を引く外観です。ガラスにはメニュー表記やら拘り書きやらが。


ながはまや 5



そんな店内の様子はL字カウンター14席程。
入り口右脇に券売機のある食券方式。
厨房内には、日本人とも韓国人とも違う、東南アジア系の人が。
お冷はセルフなんですけど、最初の1杯は座席指定も兼ねてお店の人が注いでくれます。
券売機にて、1番上の段の右側にあった「麺が2玉入ったボリュームのあるやつ」(正式名称失念、680円)を購入しました。


待っている間にカウンターに目を落とすと、この地の特長を表すかのような拘り書きが。



2010_09111月1日 0003




さて、あまり考えずにボタンをポチしたんですけど、数分後にカウンター上に運ばれてきたのは…



らーめん





事もあろうか、見た目普通の豚骨醤油ラーメン…。




W



さあ、お前のミスを数えろ






えーと、えーと、そういえば麺の茹で加減も聞かれなかったし、加水率が低い極細麺を2玉入れてたらスープを吸いまくって終いはブヨブヨだろうし、そもそも、こんな暑い日に冷麺食べずにラーを選択した時点で既に……。


そんな、心の中のWとの遣り取りをしつつ、目の前の丼を眺める…。

店名が「長浜や」という、いかにもナガハマなお店で、まさかこんなメニューが存在していようとは。

店内に漂う豚骨臭から察するに、ボチボチの豚骨スープにバッキバキの替え玉を頼んで、紅ショウガ乗せて…。

という、頭の中で描いていた「バーチャルナガハマ」のプランは脆くも崩れ去りましたが、運ばれてきた豚骨醤油も、流石2玉使用のボリューム感で、中々に食べ応えがありそうです。

そんな丼の内訳は、
麺が中太のほぼストレートで茹で加減はやや固いほう。
スープは前述の通り、表層に軽く油膜の貼る茶濁の豚骨醤油。
具はチャーシュー、海苔、メンマ、ワカメ、葱。

麺を頂くと、見た目通り、モチモチッとした食感で、ズッシリとしたボリュームのある麺。



ながはまや 10



麺の量は多分300g位だと思いますが、この食感の効果で、割とお腹に響きます。


ながはまや 9



さて、スープはというと、これがかなり良いんですよ。
口当たりからも豚骨のトロミを感じる位のこってりな出汁加減で、カエシも割と濃い目。
判りやすく例えると、家系のスープにかなり近いです。



ながはまや 8



多分化調の投入もボチボチあるんでしょうが、それらのクドさを然程感じさせない出汁加減で、後味すっきりな美味しい1杯でした。



ながはまや 7



同行の妻が頼んだ「博多らーめん」のスープを少し頂いたんですが、個人的なジャッジは豚骨醤油のほうに軍配が。

「転んでも只では起きない」って言葉を、久々に思い出した残暑の昼下がりでした。


ながはまや 4



博多ラーメン 長浜や 新大久保店 ( / ラーメン一般 )

★★★☆☆3.0
powered by livedoor グルメ




blogram投票ボタン
 

↑ポチして頂けるとこのブログの元気玉がたまります。続きを読む

浅草駅から徒歩1,2分、松屋近くの博多系のお店。
店舗は半地下で、車とかだと何気に見過ごしてしまいそうな立地です。

 

いのうえ 2

店舗外観は暖簾の「替え玉」という表記が個人的には目立ちました。

店舗脇にはメニュー表記あり。

 

いのうえ 3

 

土曜日のお昼過ぎに訪問、先客は8割程。

実は数十分前のお昼時にも店頭を伺ったんですけど、その時は外待ち3人さんで諦めたんですけど、その後この近くで所用を済ませ、再び赴くと外待ち無し、
で、駄目モトで店内突入(店舗の窓は湯気って中の様子が全然見えないので中の様子が伺えませんので)。するとテーブル席が丁度3席空いていたのでそちらに潜り込みます。
店内の様子は壁と厨房に向かう形でのL字カウンター7席、ぐるりと回りを囲む形での着席のテーブル席が7席。
壁にはメニューと、店舗外にも貼ってあった某雑誌の覆面調査の「トンコツ部門第1位」のカラーコピーが誇らしげに貼ってあります。

Bランチ(らーめん+チャーシューご飯のセット、750円)を注文しました。

注文して10分程でらーめんとチャーシューご飯が到着。

まずらーめん。

 

いのうえ 5

 

麺は博多らしく、細ストレートで低加水そうな白い麺。
スープは白濁豚骨で、表層には軽く油膜。
具はロースチャーシュー、キクラゲ、海苔、万能葱。

次にチャーシューご飯。

 

いのうえ 6

 

上に乗るチャーシューは4枚、多分らーめんと同様の物だと思います。
その上にこれまた共通の万能葱。

頂いた感想は…
麺の茹で加減は、硬すぎず柔すぎずの歯応えです。

 

いのうえ 4


茹で加減指定の店内表記も無かったので、これが規定ならば、個人的にはもうちょっと硬いほうが好みかな。
スープは純豚骨(豚骨100パーセント)ではないような比率で然程濃さを感じない、口当たりライトな出汁加減なんですけど、豚骨らしさは感じとれます。

 

いのうえ 1


具は固茹でされて、食感のしっかりしたチャーシューはまずまずでしたが、他は普通かな。

チャーシューご飯。
ご飯はチョイ「ふつかめごはん」。上に乗るチャーシューも、先のらーめんの物ならスープに浸ってそれなりの旨味増幅になってるんですけど、
こちらは薄い下味付けそのままなので、食感のゴツさが印象に残った一品でした。

 

ここで、ちょっと苦言を申すと…

先に麺を平らげた同行の妻、替え玉(100円)を頼むと、なんだか厨房内がザワザワと。
聞き耳を立てて見ると、なんでも麺茹でに使う寸胴の水を取り替えたみたいで、それを沸かすのに時間がかかる=「らーめんとか替え玉とかが時間がかかる」と。
ちなみに店内、後客が続く満席状態、時刻はランチタイムを少し外れた午後1時過ぎの出来事。

そんなタイミングで、

 

水から沸かすか。

 

店内14席のキャパのうち、お客入れ替わりで後客およそ9人分の丼分と妻の替え玉分、その麺が茹で上がるまでに要した時間およそ10分強。
その間、店内には「どうしたんだろ?」という共通意識が漂いました(私達はたまたま聞こえたんだけど、他の人には多分聞こえてなかった)。

そんな替え玉が到着した時には案の定のスープの冷め具合。半玉譲り受け、通常のコンディションでない食べ方できっちり平らげる。

本来博多系ってのは、提供時間を短縮する為の麺の細さ=細い分茹で上げ時間が早い、っつーのが個人的認識なんですけど、このお店はその辺りの意識が弱いんですかね。
その辺りのフォローも一切なし。
こういうお店では替え玉をする回数の多さを、そのお店に対するリスペクトとしてるんですけど、このお店では久々のノー替え玉コール。

味的には★3、この一件でのマイナス1で、★2という採点に。

この日のこの時間がたまたまそうだった、という見方も出来るかもしれませんが、ラーメンに対しても「一期一会」が身上の私、残念ですが再訪はありませんね。

正直、スープの印象はそんなに悪くなかっただけに、かなり残念な訪問となってしまいました。

 

博多ラーメン いのうえ ( 浅草(東武・都営・メトロ) / 博多ラーメン )
★★☆☆☆2.0
powered by livedoor グルメ

blogram投票ボタン

上のボタンをクリックして頂けるとこのブログの元気玉がたまります。 ブログパーツ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

草加の産業道路沿い、「SAP」というアミューズメントパークの角地にある、足立区竹ノ塚店を本店とするお店の支店。

 

然屋 2

店舗外観は黒と赤基調、目を引くようなキャッチコピーやメニュー写真等がペタペタと。

 

2010_02071月1日 0002

 

店内の様子はゆとりを感じる広さで、テーブル席が8席、カウンター席が10席強。

メニュー構成は、メインメニュー扱いの博多系の定番的ならーめん、それのトッピング群。

然屋 10

然屋 9


更に何味かはメニューから伺い知れずの「つけ麺」、更に豚骨魚介系のスープもあれば、あっさり醤油もあるという多種多様振り。
更に更にメニューによっては、太麺も指定可というフリーダム振り。

休日のお昼時に訪問、先客は7割程。

博多らーめん(600円)を博多細麺のハリガネで注文、更にプラス280円で然屋セット(餃子6ヶと半ライス)にしました。

待つ間に、卓上の博多系トリオ、「辛子高菜、紅ショウガ、辛モヤシ」をチラ見しつつ、辛モヤシに手を出す。

 

2010_02071月1日 0005

然屋 8

 

5分程して丼到着。

 

然屋 7

 

第1印象は「スープ少なっ!」。

 

そんな丼の内訳は、

麺は極細ストレート麺。
スープは表層に油膜の張る茶濁豚骨。
具はチャーシュー、キクラゲ、万能葱。

コラーゲンというよりかはラード由来なんですかね、表層に皮膜が張るんですが、豚骨臭はほとんど無く、粘度もサラサラとしたライトな感じのスープ。

 

然屋 4


麺は店内に茹で加減の指定表記が随所にあり、割と硬め好きなのでハリガネ指定にしましたが、自分の中のモノサシではカタ〜バリカタ位に感じる茹で加減。

 

然屋 5


麺は相当に細さを感じる物で、自分が頂いた中ではたぶん史上最細。ハリガネですがポッキーではなく、適度にツルンとした喉越しと歯応えを楽しめる麺です。
具はメインのチャーシューは、ハムと言っても差し支えない程の激薄振り。他も普通。

麺を早々に平らげて替え玉(150円)を。
茹で加減は6段階(柔、普通、硬め、バリカタ、ハリガネ、粉落とし)。

粉落としでお願いしました。

 

然屋 3

 

先程に比べ、流石に硬めの茹で加減は粉の風味も増幅で割と良い感じ。
硬い麺が好きな人は最初から粉落とし指定にしたほうが無難です。

 

セットの焼き餃子は、お皿のスペース的にも判るように、かなりの一口餃子っぷり。お味のほうはこれといって特徴なしな普通感。

然屋 6

半ライスは所々黄ばんだ、所謂保温し過ぎの「ふつかめごはん」。ちょっとガッカリ。

 

豚骨の出具合は抑え目、というか正直、各店舗で同じ味を提供してる感を感じられるスープながらも、「らしさ」は感じ取れるレベルの一杯。

「豚骨は好きだけど、あの匂いが…」で敬遠しちゃう人に向いているお店だと思います。

 

子連れラーメン派にはテーブル席あり、取り皿は麺とその他の分の計2皿プラス、子供用レンゲを提供(これあまり出すお店ないんですよ)、更に食後にアメちゃんプレゼントで、テーブル席利用ならベビーカー連れでも快適に過ごせると思いますよ。

2010_02071月1日 0003

 

然屋 1

 

ラーメン然屋 草加店 ( 草加 / 豚骨ラーメン )
★★★☆☆3.0
powered by livedoor グルメ


blogram投票ボタン
 

上のボタンをクリックして頂けるとこのブログの元気玉がたまります。 ブログパーツ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ