めぐりあいズゴ

東京のリアル下町の一角、堀切菖蒲園を中心に 足立ナンバーエリアを徘徊しまくる高純度アダッチ・カツシカンブログ。

タグ:十条

5月24日(日)

という訳で、今日の記事はリアルタイム(既に日付変わったけど)。

 

元来天邪鬼なもので、雨が降ると、これまた余計に外出したくなる訳で。

そういう訳で、コチラ方面の話題店を営んでいる店主の親父さんのお店(このヒントで判る人多分多いな〜)を目指しましたが、予想通りの魚売れつ…、いや行列(ちょっと上手い)。

という訳で、第二候補地を探すべく、池袋近辺をウロウロしましたが、何処もピンと来なかったので、流れ流れて北区十条へ。

 

2009_05241月1日 0008

十条駅周辺、この街のメインストリート、本町通り沿いの家系のお店。

以前レポした『麺屋 向日葵』のご近所さん。

店舗外観は木造りの看板が目立ちます。

店内の様子はL字カウンター9席。割とこじんまりとした印象です。

 日曜のお昼時に訪問、先客は2名。

 

メニューはこんな感じ。

 

2009_05241月1日 0010

2009_05241月1日 0009

家系といえど、色々とやらざるを得ない現状。これまた今の世相を語ってますな。

 

らーめん(600円)を麺中盛り(プラス100円)で頂きました。

 

2009_05241月1日 0013

麺は中太ちぢれ麺、茹で加減やや固め。

スープはいかにも家系らしい、表層に油膜の張る茶濁豚骨。

具は大きめのロールチャーシュー、ホウレン草、海苔、葱。

丼の色は、家系らしい薄緑色。

 

 頂いた感想は… スープを一口啜ると、表層の油膜の相乗効果か凄く熱々。猫舌じゃないんですけど、ちょっとスープを味わうのを後回しで、麺を頂きます。

 

2009_05241月1日 0014

 

麺は断面で見ると四角っぽい麺で、それ故のエッジを感じられる位の茹で加減。麺を食べ進めていくと、徐々にスープとの絡みを感じられる様に。 スープは家系で考えるとライトながらも、豚骨プラス鳥ガラ系でのコラーゲンがトローリ溶けてる、というか上手く抽出出来てる、といった口当たりの物。

比率的にカエシを少なめにして、出汁を強くしてると思えるので塩気は抑え目。キチンと出汁を感じることが出来るスープなんですが、良くも悪くもこの辺りが没個性というか、所謂平均的な家系のスープの範疇に納まるといった印象。

勿論、家系を頂いたといった安定感は得られるレベルなんですが、その平均点を超えるまでには達してないかな…。


このコメントを読む

 店名:横浜家系らーめん 藤原家

最寄駅:十条(東京) / 東十条 / 板橋本町

料理:ラーメン一般評価:★★★

一人当たりの支払額(税込み):ランチ1,000円以下

用途:一人ご飯

 

 

その後には、この地を選択した、もう1つの目的『蒲田屋』にてオヤツのおにぎりゲット。

 

2009_05241月1日 0017

 

写真には撮ってないですが全部で8個購入。ちなみに新ネタ(新しい味)は無し。

今日の蒲田屋は気持ち塩気が強かった気がする。ま、藤原家と併せてトントンかな。

 

 

その後は地元に舞い戻り、もう1つのオヤツ、たこ焼きを亀有でゲット

 

2009_05241月1日 0016

 

この写真、雨由来の水滴が何気に臨場感溢れているんではないかと。

 

今日のこの日に気になるネタがあと2つ程あるんですけど、それらはまた後日という事で。だってもう眠いんだもの(苦笑)。

先日久々に「蒲田屋」のおにぎりが食べたくなり、十条へ。


十条訪問といえば、蒲田屋の並びの子供服屋でムスメの洋服チェック、蒲田屋でおにぎり購入、その後東十条方面へ行き、うどんの名店といわれる「すみた」の店頭を伺ってUターン(これには色々な事情がありますが…泣)。
それから十条駅方面に戻り、「斉藤酒場」の歴史ある店舗を「ほほ〜っ」と拝んで帰るのが慣例となっていましたが、メインの一つである子供服屋がいつの間にか2店舗とも閉店、「すみた」は事前に営業中かどうかを調べてから行こうと思い自然と足が遠のき、「斉藤酒場」は訪問が早い時間なんで営業に出くわした事がない。

つーか車だし(笑)。

で、今や十条といえば、ほぼ蒲田屋利用のみなんですね〜。

ウチから環七使って30分位、往復1時間。ちょっと手間ですが行く価値ありのおにぎり屋さんなんですよね〜、このお店。
今回は初めて平日のお昼前に訪問。

2006_102410月24日 0012

するとガラスケースの中には、初回訪問以来見たことないようなおにぎりの連合艦隊が30種程も!
最近はいつも遅すぎる訪問のせいか(だいたい3時頃)、いつも5種類程しか残っていなかったので、これだけあると逆にツライ(笑)。

2006_102410月24日 0013

悩みながらも、過去に食べて特に気に入った物、未食だった物、定番の物をバランス良く購入できましたよ(笑)。

 

 2006_102410月24日 0014

 
左上から時計回りに、味噌にぎり、何だっけ?、マイタケ天、何だっけ?、味噌にぎり。

 

 2006_102410月24日 0015

 
こちらも左上から時計回りに、海老天塩、カニカマ天、から揚げ、何だっけ?、海老天塩。


2006_102410月24日 0016

上、何だっけ?、下、葉唐辛子。

何だっけ?の中身は鮭、梅干、明太子がランダムに入ります(笑)。

 

鮭、梅干等の定番品の美味さは勿論、多種多様な具材が入った天むす系の美味さは流石としか言いようがないですね。
今回訪問で20種は超えたかな?全種類制覇まであと半分位かな〜。

 

おまけ:
蒲田屋訪問の際、パーキングメーターに停めたんですけど、その前にかな〜り気になるお店がありました。


チュウリン







それが秋林(チュウリン)という中華料理のお店。なんとなくスト2の有名キャラを彷彿させる名前ですね。

 

 

看板を見ると「オリジナル味仕上」、「元祖豆腐そば」とあります。


豆腐そば?

 

元祖を謳うほど真似されている料理と思えない気がしますが、なんとなく惹かれますね〜、元祖豆腐そば!。

 


チュウリンメニュー







メニューを見てみると、ラーメンが300円! 安っ!。
その他にもワンタン麺450円や、定食ものでも軒並み500円台をキープしている激安の殿堂振り!。

 

さて、メニューをじっくり見ると、かなりVOWが浮かび上がってきますね。

トッピングのお品書きに半チャーハン、半ラーメン、餃子。

 

「あ〜俺、ラーメンに半チャーハントッピングね!」


「じゃあ俺は、豆腐そばにラーメントッピングで!」

 

等というお昼時の会話を想像してしまいます(笑)。


こんなん書いてますけど、機会があったら元祖味の豆腐そば食べてみたいな〜、いや、冗談じゃなくて。


蒲田屋
最寄駅:十条
料理:おにぎり / 和菓子
採点:★★★★★

一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下
用途:おやつ

クルマでプラプラしていて「そうだ!十条行こう!」の思いつき訪問。以前も思ったけど、個人的事情でこの辺り、十代の頃は正直良い思い出が無かったんです…。年重ねてみると、見え方が違って、とても良い町並みだと思います。なによりも商店街に活気がある!

そんな十条の駅からほど近くの美味いおにぎり屋さん。


2005_121112月11日0008


今回で2回目の利用です。

 
前回訪問の印象が強く残っていたので、持ち帰るのはかなり強い意志でした(笑)。どれもコンビニおにぎりでは決して味わえない優しい味わい。さすがTVチャンピオンのチャンピオン(ちょっと変な言い回し(笑))。

2005_121112月11日0011

2005_121112月11日0012

2005_121112月11日0013

2005_121112月11日0014


今回はおにぎりに合わせ、切り餅も購入。コチラも早速あべかわで食べてみました。なに食べても美味しいお店です。ドーナツとかもあるんですよ、今度買ってみよっかな?

 

蒲田屋
最寄駅:十条
料理:おにぎり / 和菓子
採点:★★★★★
一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下
用途:おやつ

このページのトップヘ