めぐりあいズゴ

東京のリアル下町の一角、堀切菖蒲園を中心に 足立ナンバーエリアを徘徊しまくる高純度アダッチ・カツシカンブログ。

タグ:再開発

今日、久々に訪れた立石。

バス通りの道路拡張工事は、相変わらず進展を見せていて、既に道路拡張後の区画整理を想定した店舗とか住居の、判りやすく言うと「引っ込み組」の存在がかなり目立つ様になってきた。

で、それに相反するような存在の「出っ張り組」代表とも思える、立石の関所の江戸っ子。

 

立石江戸っ子

 

これは個人的な憶測ですけど、この地(立石)の再開発は(用地買収とかを含め)そんなに進んでないけど、「とりあえず此処やっちゃいましょ♪」と、まずこの道路の整地化で外掘を埋め、延焼防止等の保安的な理由をチラつかせてジワリジワリと駅周辺を整地、で、画一的なロータリーのある駅前の出来上がり、という構図に持ち込みたいんじゃないのかな?。

一度道路拡張の区画整理が入ると、「あそこがやっちゃったから仕方ないか…」と心が折れるのか判りませんが、その周辺の開発が加速化するのを別の地で幾つも目の当たりにしてますからね。ここも他人事ではないはず。

あくまで憶測が入るんですが、立石再開発の理念は、葛飾の顔である最寄の葛飾区役所をリニューアル、で、その玄関口の立石駅とその周辺の商店街、更には区役所まで通じるアーケードを整備したいとか、そんな感じの理由だったような…。

 

立石駅前にロータリー、この地を知っている人ならば、「え?何処に?」というスペースの無さ具合なんですけど、このまま行けば、そんな、まるで亀有駅南口みたいな、金町駅南口みたいな光景に出くわしてしまうかもしれませんな。

ネイティブ・カツシカンな筆者ですが、現在の居住地はアダッチ。よそ者にはこんな憶測バリバリの記事を書く事くらいしか出来ないんですよ。

どこまで足掻けるか、頑張れ立石の関所。

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

近くを通る度に気にはしていたのだけれど、先日あらためて目の当たりにして、これほどまでの存在感、圧迫感だったとは、ちょっとタカを括っていたみたいだ。

 

場所は金町駅南口、「昔ながらの〜」で形容されるに相応しいアーケードのベルシティ商店街の中心。

ベルシティ
Powered by PICS

葛飾区内トップクラスの41階建ての高層マンションが数年後にそびえたつ。

そびえたつ
Powered by PICS

再開発後の金町はそこに住まう人を呼び、集う人を呼び、話題性のあるテナントを呼び、活気が生まれるだろう。

他の街を引き合いに出さなくても容易く想像出来るように、再開発は再開発を呼び込む。

既に金町駅の反対側の出口、北口から歩いて10分程の新宿(しんじゅくじゃないよ)6丁目の三菱製紙株式会社中川工場跡地でも別の大規模な再開発がスタート。
高校時代の通学路で、この工場の脇道をチャリで、時には原チャリで通った事も懐かしい。
そんな学生時代の思い出の一つ、下校途中によく立ち寄ったボーリング場、ダイヤレーンも昨年末廃業。この跡地も再開発に絡むらしい。
広大な跡地には集合住宅や特別介護老人ホーム、保育園やフィットネスクラブの建設が予定されているようだ。

双方が完成すれば金町は葛飾区で一番の話題の街、新風が吹き込む街になるに違いない。
既に再開発熟成期となりつつある隣駅、亀有を超えて。

大衆酒場ゑびす、大力酒蔵、そして区内の中学生御用達だったビバスポーツ、その他もろもろの飲食店…。
外野としてはこのマンションのふもとに立ち並ぶ、昔ながらの店舗との共存共栄を願う事しか出来ず…。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

再開発最近、立石駅北口の商店入り口とか、中には住宅街にも貼ってあるこの張り紙、以前にも書きましたが、立石駅前再開発に反対する運動の貼り紙。序々に広まってきている様です。

再開発って、それこそ色々な人の意見や考えが出てくるし、地元でこの運動に参加しない人(つまり開発賛成派)の方の意見も当然といえば当然かもしれない。

でも再開発後の近代化された駅前のビルのテナントに入った「宇ち多゛」とか想像出来ます?

見た目重視の再開発で、肝心の地元商店、住民が出て行かざるを得ないような開発は反対です。
つーか、21世紀なんだから、今の町並みを生かしつつ、以下の問題を解決する方法もあるんじゃないかな?

1、駅前に広場などのオープンスペースがなく、鉄道とバス・タクシーなど自動車交通との連絡が不便。
2、鉄道が道路と平面交差しているため、踏切りによる慢性的な交通渋滞や事故が発生している。
3、鉄道が地域を南北に分断し、地域生活やまちづくりを進めるうえでの障害となっている。
4、木造家屋が密集し、道路が狭く未発達であることから、緊急車両の通行や避難路の確保が困難な状況にある。

以下問題に対する個人的雑感。
1について、駅前に広場がないのは京成線沿線はザラ。タクシーも駅前で捕まえるという習慣はあまり無いのでは。
2について、慢性的な交通渋滞は確かにありますね。でも全然我慢出来るレベル。再開発で全てスムーズに通行出来るのかな?
3について、踏み切りは個人的に立石の味の部分と思う。味のある京成線には踏み切り、あって当たり前って思うのは私だけ?電車多くて2本分の踏み切り待つ余裕、あるでしょ。
4について、緊急車両、確かに通れませんね。でも家屋密集、道路未発達は区内共通。立石だけじゃない。

引き続き見守っていきたい問題です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ