めぐりあいズゴ

東京のリアル下町の一角、堀切菖蒲園を中心に 足立ナンバーエリアを徘徊しまくる高純度アダッチ・カツシカンブログ。

タグ:入谷

今日は寒いですね〜。さて、そんな寒い一日ではありましたが、今日でめでたく本年の業務終了〜♪、人並みに冬休み突入であります。

という訳で、最近疎かになっていたブログ更新頻度を上げるべく、ジャンジャン書きまくろうと思います。あ、記事の日付がかなり前後すると思いますけど、あまり気にしないでください。

最初に書くのは、ウチのブログでは珍しいオヤツ系のネタ。

でも只のオヤツじゃないんですけどね〜。

 

 

「こごめ大福」で有名な「竹隆庵 岡埜」。

その店頭を通る度に気になっていた「カリーどら焼き」のポスター。先日、ようやくゲットしてきました。

そんなカリーどら焼き(200円位だったと思う)。袋には「カリーちゃん」というメイド姿の女の子が描かれていて、だいぶくだけた感じ。

袋オモテ

袋ウラ

さて、中身を取り出すと、外見上は極々普通のどら焼きのルックス。

カリーどら焼き

撮影用(笑)に半分に切ると、

断面図

中の餡というかカレーの部分に赤い粒々がチラホラ。

 

赤い粒が判るかな?

袋にもかいてあったが、これがどうやら福神漬けらしい。

 恐る恐る(笑)かぶり付いてみると… 外の皮は通常のどら焼きと同様の物らしく、ほんのり甘く、柔らかい皮。それに対し、カレーの部分はというと、割と辛目でスパイシーな味付け。粒々になった福神漬けの存在も確かに感じられます。

だけど、このカレー部分、食べててちょっと違和感が。味が濃い目で冷めているお陰か、そう、なんだか

 

カレールーをかじってる気分

 

になるんですよね〜。

って書くと、カレールーかじった事あるのか!とツッコまれそうですけど。

外の皮の甘さとカレーの辛さのコントラストが非常にはっきりした一品で、好みも分かれそう。レンジでチン!しちゃうのも1つの手かも。

 

こごめ大福草餅

 

 もしもの時の保険用で購入していたこごめ大福の草餅が、文字通りの口直しになったのは言うまでもない。

カレーどら焼きは★2、こごめ大福は★4、今回は間をとって★3とさせて頂きます。


このコメントを読む

 店名:竹隆庵 岡埜

最寄駅:入谷(東京) / 鶯谷 / 浅草(つくばEXP)

料理:和菓子

評価:★★★★

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2月4日(日)

まあ、この記事に限らず、当面の間は日にちがごちゃ混ぜになりそうですが、あまり気にしないでくだされ。

マイペンライ、マイペンライ。

 

入谷の「光江」といえば、相変わらずラーメン本の常連だったりもしますが、お店の様子はホント、住宅街の中にある、普通の中華料理屋という感じで、割と隠れ家感を感じる事が出来るラーメン屋さんですね。

先日、近場をウロウロしていて、というか目当ての店にフラれて、久々に訪問しました。

 

光江

 

 

 

 




メニュー(片面)はこんな感じ。

メニュー

 

 

 

 

 

 








ラーメン500円を頂きました。


f6a679398caae34c-o
 
相変わらず、すっきりとした美味さの正統派東京醤油の一杯。

 
だけど今回の訪問時の一杯は、個人的にはもうちょっと濃い味でも良いかな〜という感じ。
ちなみに厨房は女将さんでした。


近所であっさりすっきりな一杯を求めるには良いお店ですが、遠方から訪問、というのは正直薦め辛いのも正直なところだったりします。

子供連れでも気兼ねなく頂ける、という点では評価できますけど。

 

オバちゃん、好きな相撲中継の最中、娘をあやしてくれてありがとね!

 

光江
最寄駅:入谷
料理:東京ラーメン / 醤油ラーメン
採点:★★★☆☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下
用途:夕食

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ