めぐりあいズゴ

東京のリアル下町の一角、堀切菖蒲園を中心に 足立ナンバーエリアを徘徊しまくる高純度アダッチ・カツシカンブログ。

タグ:五反野

五反野と綾瀬を結ぶ道路沿いに今年の初夏オープンした、新潟長岡生姜ラーメンの専門店。


店舗外観はメニュー表記とかも目立つ感じではなくシンプルな印象。

IMGP8777

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

五反野駅の駅前通り沿いを環七方面に徒歩3分程歩いた辺りにある、今年オープンなのかな?の新店。

店舗外観は鶏白湯、煮干し、台湾まぜそばという、この頃流行りなメニュー写真が目立ちますね。


2015_03030069

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

※閉店しました

元巨人軍の元木大介がラーメン屋を始めたっていうのは聞いた事あって、で、興味はあったんだけど、中々行く機会がなかったんたけど、向こうから足立区に来てくれたw。

何気にラーメン屋の新規出店が続く五反野駅より徒歩5分以上はかかる、国道4号からの抜け道とか、逆に環七から4号へショートカットしたりする、そういう街道沿いに先月(6月)20日にオープンしたお店。

ラヲタな人にはカラツケグレより更に先の場所と言ったほうが判りやすいか。
足立に来たといっても新しい支店ではなくて、上野と広尾のお店を閉めて、この地に統合移転、本店として再オープンという感じらしい。

店舗外観は赤地に黒で店名の書かれた看板が目を引きますね。

2013_07021月1日 0059

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

小春

 

 

 

 

 

 

画像ブレブレです。言い訳がましいですが、なにせ子供抱っこ&傘差しながらの撮影だったもので。

五反野駅から徒歩5分程、黄色と白の外壁のロッジ風の店舗外観が印象的なラーメン屋さん。
店内の様子はL字カウンター10席弱、テーブル席14席。

小春日和のとある日の午後7時位に訪問、先客の入りは7割程。
訪問時の他の客席の方々は概ねアルコールを注文。サイドオーダーも充実していて、居酒屋的なアプローチもしているみたい。

 

ラーメン

 

 

 

 

 

 

 

ラーメン(500円)を頂きました。
麺は中太ちぢれ麺、茹で加減普通。
スープは見た目にあっさりしてそうな澄んだ醤油色、表面には油膜が張っています。
具はチャーシュー、メンマ、葱。

スープを一口含むと、あっさりした口当たりながらも豚骨、鳥ガラ、香味野菜等色々入っていそうな感じの滋味深い味。
麺はコシは普通ですが、ツルツル、モチモチとした喉越しの良い感じで、スープに合っている物。
終盤は旨味由来のピリピリ感、丼の底に沈んだ黒胡椒の辛さと、煮崩れしながらも原形を微かに残す微塵切りの玉葱の甘さが登場してきて、シンプルなスープの中で良いアクセントになってます。
具は普通ですが、チャーシューの出来等ワンコインラーメンとしてはまあまあ満足出来る構成。
初めて頂いた一杯ですが、あっさり醤油ながらも割と個性的。でも不思議と何処かで食べたような、なぜか懐かしさを覚える一杯でした。

店舗情報を頂いたnaoさん、Turuさんに感謝です。

小春
最寄駅:五反野
料理:ラーメン一般 / 醤油ラーメン
採点:★★★☆☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下
用途:夕食

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ