めぐりあいズゴ

東京のリアル下町の一角、堀切菖蒲園を中心に 足立ナンバーエリアを徘徊しまくる高純度アダッチ・カツシカンブログ。

タグ:中華そば

前回には夫婦2人での訪問だった亀有の敦ですが(該当記事)、今度は一家で行ってまいりました。

ラーメン激戦区、葛飾区亀有にある、中華そば 敦。


2014_03310021
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

5月1日(金)

連休の最中、ムスメは幼稚園。という訳で遠出は出来る訳もなく、近場で済む用事をムスメの帰宅までに済ます事に。そんな中、店舗オープン前から気になっていたんだけど営業時間的にハードルが高く、未だ行きそびれていたコチラのお店で、お昼を頂く事に。

 

長浜豚骨の有名店『田中商店』の店主が立ち上げた別ブランドのお店。お店の場所は裏手が田中商店の駐車場という近場での営業。という訳で駐車場は各店共通。最近この辺りも緑のおじさんの活躍が目立つので、ちゃんと駐車場に入れたほうがいいですよ。

 

田中そば店 5

店舗外観は真新しさを感じる外壁、看板。その看板内の「中華そば専門」の文字が示す様に、メニュー構成は「中華そば」、「ねぎそば」、「肉そば」、それに新メニューらしき「山形からみそらーめん」の4種のみで、トッピングは味付け玉子のみというシンプルなメニュー構成。メニューのフォント(書体)に田中商店を感じます(笑)。

 

田中そば店 4

麺の大盛り指定も出来ない為の存在か、通常のごはんとは別におにぎり(鮭かスパム)がカウンター上に置いてあります。

店内の様子はテーブル席4人掛けが3脚、カウンター席が7席。入り口右脇にプラ札の券売機。内装の感じにも随分と小奇麗さを感じます。

平日の12時前に訪問、先客は6名。

 ねぎそば(800円)をお願いしました。

卓上の調味料は胡椒のみ!という事で、お店の味への自信の程が伺えます。

 5分程で丼到着。

 

田中そば店 3

 

麺は平打ちの中太ちぢれ麺、茹で加減やや固め。

スープはやや小さめに感じる丼の縁までなみなみと注がれた半濁の薄醤油色。

具はチャーシューが3切れ、とチャーシュー片、葱、メンマ。

 

まずはスープを濁らせないように一口啜ると、カエシの主張も抑え目で、出汁の存在も抑え目。表層の油分もそれなりなんですけど、随分とさっぱりした口当たりです。

 さて、なみなみのスープを溢さぬ様に、具と麺を混ぜ混ぜした後、麺を頂きます。太さも不揃いで手打ち感さえ感じる平打ち麺は見た目同様加水率高めで、ツルツルッとした喉越しで、プチプチした噛み応えの食感の麺。

 チャーシューはお店のコンセプト「喜多方風」らしく正方形に近い、柔らかい食感ながら歯応えがある、薄味付けの物。

メンマはそれと逆に濃い目の味付けが為されていて歯応えも柔らかい、クラシカルな感じの物。

上に乗せられた葱はかなり好み。多少の辛さを感じますが、香ばしさとか風味のほうが勝り、効果的なトッピングかと。

終盤は葱と共に載せられた黒胡椒がかなり主張してくる感じになりましたが、最後まで、あっさりとした印象は変わらず、の一杯でした。

同席のヨメは通常の中華そばを頂いていたんですけど、こちらは黒胡椒抜きでまた違った印象のスープでしたね。

 

田中商店の別ブランドといえば純豚骨を抜きにして、浅草の『つしま』が有名ですけど、こちらのお店も、それ相当のレベルの物を提供出来る店主田中氏の器用さとブランド力を感じた一杯でした。


このコメントを読む

店名:田中そば店

最寄駅:六町 / 青井 / 梅島

料理:醤油ラーメン / 喜多方ラーメン / ラーメン一般

評価:★★★ 一人当たりの支払額(税込み):ランチ1,000円以下

用途:ファミリー

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

前回の記事のフォローアップ。

という訳ではありませんが、亀有での夕食難民時に再び十兵衛ちゃんに訪問してきました。

平日の夜に再訪。
中華そば(750円)を頂きました。

2008_04221月1日 0001

大きくて白い丼にて提供。味玉とかの大きさから比較して、その丼の大きさが判るのではないかと。

麺は規定で1,5玉分とボリュームを感じる、多加水でツルツルッとした中細ちぢれ麺。
断面が四角い麺で、多少のエッジ感を感じられる位の茹で加減。
スープは色々入っている感が垣間見える、魚介を利かせたあっさり醤油。
具はロースチャーシュー、味玉半玉、ナルト、海苔、メンマ、気持ちの刻み葱。

頂いた感想は…
麺のツルツルッとした食感とあっさりとしたスープの相性はまあまあ良いですが、スープ、カエシも出汁も弱いというか、薄く感じるんですよね〜。
つけめんのつけ汁と同様、丼の底には柚子皮が沈んでいるんですが、そのスープのナミナミ加減で、こちらも効果は薄め。
麺もボリュームがあるのは良いんですけど、終盤にちょっと飽きが来ちゃいました。
全体的な印象としては大好きな「まるき@松戸」に割と近い印象の一杯でした。

前回訪問時のつけ麺のスープ割りを頂いた時に、その魚介系のスープが印象良くて、中華そばを食べてみたいと思い、日が浅いうちの再訪だった
訳ですが、食べ比べた感想は、つけめんのほうがお勧めかな〜。

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

西新井駅西口方面、再開発地域に隣接する、今年6月オープンの話題の新店。


つばき店舗外観は茶色い板に白地で店名の目立つ看板。
店頭には「つけめん」、「中華そば」ののぼりが目立ちます。

店舗内の様子は入り口入ってすぐ右脇に券売機の食券方式。
左に4人掛けテーブル席、厨房の前にI型カウンター10席程。
照明は落とし気味の木材多様の落ち着いた内装。厨房内には御夫婦と思われる2人と若い男性が一人。
BGMはジャパニーズHIPHOP。

 

メニューメニューの主軸は「中華そば」と「つけめん」。それぞれ「特製〜」というメニューがあり、

「青葉」っぽい。


その他、トッピングやサイドオーダー等もありました。あ、あと「月刊とらさん」も。

 

 

 

 

日曜日のお昼時に訪問、あいにくの満席でしたが、3分程でテーブル席が空き、そこに着席。

 


中華そば中華そば650円を頂きました。

麺はタピオカを練りこんだという触れ込みの太ストレート麺、茹で加減やや硬め。
スープは豚骨魚介系、表面に軽い泡立ち、パッと見、濃厚そうです。
具はチャーシュー、水菜、メンマ、海苔、葱。

頂いた感想は、タピオカ効果か?モチモチとした食感も良い、コシがあって瑞々しい喉越しの良い麺です。
スープは豚骨を強めに感じる、粘度のあるもの。丼の底には結構魚粉が沈殿しています。
また、スープの中に刻み柚子皮が入っていて、啜る度に適度なアクセントになり、良い感じ。
終盤、ちょっと甘めのスープがクドくなってきましたが、胡椒投入で風味増して完飲。
具のチャーシューは角煮といっても良い感じの肉厚のバラ肉の物。箸で持つとホロホロと崩れる柔らか加減で、美味しい物でした。

水菜とスープの相性は正直どうなの?という感じでした。

最近の潮流に乗ったラーメンですが、割とまとまっているものと思います。


ただ、味の評価に関係ないですが、苦言を一つ。
私達が頂いている時に後客2組(計6人程)が来店してきて、券売機の前で「何にしようか〜」とたむろ、その後、私達の頂いているテーブル席のすぐ脇と後ろで、空席待ちの状態。


「早く食べ終われ〜」

と念を送られているような感じを受けながら食べるのはどうかと思いました。


マイペースで頂きましたけどね。


晴天で気温も高い日だったんで、外で待ってもらうとかのお店側の対処が欲しかった。
つい最近、「つけめんTETSU」の素晴らしいオペレーションを体感したばっかりなので、これは残念でした。

話題性も踏まえて、これから益々お客さんも増えた時、今のままのオペレーションじゃマズイ気がします。
余計なお世話かも知れませんが、良いお店には頑張ってほしいんで。

中華そば 椿
最寄駅:西新井 / 大師前
料理:豚骨ラーメン / つけ麺
採点:★★★☆☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下
用途:昼食

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ