めぐりあいズゴ

東京のリアル下町の一角、堀切菖蒲園を中心に 足立ナンバーエリアを徘徊しまくる高純度アダッチ・カツシカンブログ。

タグ:中央区

※閉店しました

月島もんじゃストリートと清澄通りを繋ぐ路地沿いのラーメン屋さん。

2011_04091月1日 0027


2011_04091月1日 0029

この店舗が、元々住居だった一角をリノベーションして店舗にしたのかな?外観はかなり良い雰囲気が出ています。

2011_04091月1日 0028

店内の様子はコの字カウンター席10席強。
外から中の様子が丸見えなガラスの引き戸を開け、店舗に入って左に券売機の食券方式。

土曜のお昼時に訪問、先客は2名。

つけ麺とラーメンが主軸のメニュー構成。
替玉(150円)の設定があるラーメンも面白いな〜と思ったんですが、同席のコドモ達への取り分けも考えて、つけ麺の大盛り(麺400g)900円を注文。

そんなつけ麺大盛り。

2011_04091月1日 0020

麺は浅草開化楼製のチョイ平打ち中太ちぢれ麺。
麺の上には割と多めの水菜。

2011_04091月1日 0021

つけ汁は醤油色の強い茶濁の物。
つけ汁の椀の中にはチャーシューが沈み、表面には海苔と万能葱が。
面白いのがつけ汁の椀の縁にはクォーターにカットされたレモンが添えられています。

2011_04091月1日 0019

麺はツルツルッとした喉越しが特徴の、茹で加減やや固めの物。
つけ汁の絡みも良好。

2011_04091月1日 0023

そのつけ汁は鶏白湯に魚粉、香味野菜を合わせた無化調らしいですが、なるほどドギツイ感じはなく優しい口当たりのつけ汁です。
比率的には6:4で魚の存在がチョイ勝っている感じ。

その椀の中でかなりの存在感を醸し出していたのがバラチャーシュー。

2011_04091月1日 0024

その分厚さ2センチは確実にあった肉厚の物で、適度な硬さの噛み応えで、久々に食べ応えを感じたチャーシューでした。

全部頂いた食後のクドさも皆無なのはさすが無化調というところでしょうか。
大盛り指定なので麺のボリューム感はそれ相当だったんですけど、そんなに重さを感じずペロリと完食。

食後のスープ割りはポットにてセルフで。

2011_04091月1日 0025

白濁の鶏白湯は、それ単体で飲んでもじんわり優しい味わいの物でした。
スープ割をすると更に魚系の風味が増しで、最後まできっちり頂いた椀の底には、ザラザラとした節粉が沈んでいました。

2011_04091月1日 0026

最後に、評価とかに全然関係ない話なんですけど、お店の構造上の問題なのかこのお店のトイレ、隣接している清澄通り沿いの定食屋さんと共用なんですよね。
中でこちらの店舗と繋がっている構造なんですけど、子供達は「なんで他のお店に出たの?」と、不思議そうな顔してました。

※妻の頼んだラーメン。

2011_04091月1日 0018


ラーメン・つけめん 太助家 -TASUKIYA- ( 月島 / ラーメン全般 )
★★★☆☆3.0
powered by livedoor グルメ

 

blogram投票ボタン

↑おかげさまでポチ効果が表れてきました。やる気に直結してます!


人気ブログランキングへ 

↑こちらのほうも更なるポチを宜しくお願いします!続きを読む

月島といえば全国的に「もんじゃ」で有名ですが、もう1つ名物があるんですね。
それがレバーフライ。

薄切りにした豚のレバーを竹串に刺し、これまた薄い衣を付けた後に




これをドーン!



キャシィ塚本




もとい、フライヤーにドボーン!。

2011_04091月1日 0032

パッと見、茶色の小旗にも見えるルックスのご当地アゲモンなんですな。

そんなレバーフライの元祖が「ひさご家 阿部」。

いつの間にか相生橋のたもと、清澄通り沿いに移転してたんですねぇ〜。

まだ建ってから日が浅いと思われる綺麗な受け渡しのみの店舗外観。


2011_04091月1日 0030

※移転先の住所:東京都中央区佃3−1−12

家族の人数分を購入して早速パクつく。


最近のレバーフライ実食(マミイ)との比較になるんですけど、レバー特有の臭みは皆無。
で、衣はサクサクというよりどちらかと言うとしっとり感が伝わります(この辺は揚げ置きだったっていうのもあると思いますが)。
例えが華奢で申し訳ないんですけど、駄菓子のビッグカツの衣に近いような印象。

こういう風に書くと印象悪いって思われちゃうかもしれまませんが、いえいえ、その逆なんですね〜。
そのしっとり感漂う衣と、その衣に浸ったウスターソースの香ばしさ、そして具のレバーの臭みが弱め、だけど、薄切りのレバーはキチンとレバーとして其処に存在してるんですな。
一口にレバーフライといっても、当たり前ですが千差万別なんですね〜。

あ、最後にひとつ。
料理の評価に関係ないんですけど、他の方も指摘している様に正直、無愛想に感じました。
注文をしても返事が無いし、お代を払ってお店を後にする時にも「ありがとうございました」の「あ」の字もなし。
あの辺りの飲食店は割にこれと近い印象を持つ事が多いんですけど…。


子供の頃から下町のお店の人と幾多の遣り取りをしてきた私でもそう感じたんですが、これを他のエリアから来た人達に「下町気質」と思われて欲しくないな〜。

個人的には元祖を謳う月島の有名店で、しかも美味しい一品を提供してるお店なので、その辺り、気持ちよくお店を後に出来るような面でも月島(佃)の顔として努力して欲しいと願います。

2011_04091月1日 0031


ひさご家 阿部 ( 月島 / 串揚げ・串かつ )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ




blogram投票ボタン
 


↑ポチして頂けるとこのブログの元気玉がたまります。


 人気ブログランキングへ


↑今更ながら「とある大義のため」にコチラにも参戦してみました。宜しくお願いします。

日本橋蛎殻町、新大橋通り沿いに面した、福岡に本拠地を置く博多ラーメンの支店らしい。

店頭

歌舞伎の隈取(くまどり)がシンボルらしく、暖簾や店舗2階部分にも看板の様に書かれています。

寄りの画像を。

店頭寄り

やたらに重い扉を開けた店内の様子は照明落し気味の薄暗い店内で、夜はバーとしての二毛作も出来そうな感じ。

席はL字カウンターのみ10席強、2階は不明。入り口左脇に券売機のある食券方式。

 雨の降る日曜日のお昼時に訪問、先客は2名。

 らーめん(600円)を注文しました。

 

らーめん

 ものの数分で丼到着。受け皿に載って登場した丼は、かなり小さい印象。

麺はストレートの極細麺。スープは純度100パーセントの白濁豚骨。具はロースチャーシュー、木耳、葱。

頂いた感想は… 麺は茹で加減を聞かれなかったので、お店の基本での提供ですが、まずまずの固茹で加減。

この麺ですが、他の博多系のお店で多く見られるボソボソッとした加水率の低い麺ではなく、多加水っぽい麺で、細いながらもツルツルッとした食感が特徴の、割と個性的な麺です。

そのお陰か粉の風味はあまり感じられませんが、この手のお店で頂く機会があまり無かったタイプの麺だったので新鮮さを感じました。

 スープはお店の触れ込みによると、100%の純豚骨らしいですが、豚骨臭は控え目、乳化控え目のライトな感じ。良くも悪くも独特の臭みを排除して万人に受ける感じのスープ。

具は極々普通。3枚載ってるロースチャーシューは見た目的には効果ありですが、肉厚はハムみたいなペラペラ具合で、噛み応えが感じられないのが残念。その分1枚にしてくれたほうが個人的には嬉しかったり。

全体的な印象としては多分、豚骨がとても苦手な人でも

 

 

なんだか今日はいけるかもしれない〜!

てんしん



と思う位のクセの無さ。

 

という訳で、ポークボーンジャンキー達にはちょっと物足りない一杯かも。 よってこの手のお店の定番、替え玉(130円)は躊躇する事なく止めておきました。

味の評価には関係ないですが、厨房内に男性店員さん1人、フロアというかカウンター席に着席の男性店員さん1人と女性店員さん1人の計3人というスタッフ構成。

出来上がったラーメンをカウンターから直でなく、一度フロアの店員さんに渡してから到着というオペレーションにもチョイ「…?」が生じましたが、それはまだいい。

この3人、これがまたずーっと喋くりまくってる訳ですよ。

で、先客が帰った後に、そのお客達の感想というか印象を話し始めた。
これってどうなんすかね。

 

再訪は…店名の通りしばらく…。

 

スタンプカード


このコメントを読む

店名:しばらく

 最寄駅:水天宮前 / 浜町 / 人形町

料理:博多ラーメン / ラーメン一般 / つけ麺

評価:★★

一人当たりの支払額(税込み):ランチ1,000円以下

このページのトップヘ