めぐりあいズゴ

東京のリアル下町の一角、堀切菖蒲園を中心に 足立ナンバーエリアを徘徊しまくる高純度アダッチ・カツシカンブログ。

タグ:両国

JR両国駅、ガード下のテナントが並ぶドンツキのお店。

2010_10241月1日 0026

店舗外観はメニュー写真等が入り口両脇を固め、アピール度満点。

2010_10241月1日 0024

ガラス引き戸の入り口を入ると左側に券売機、その並びに厨房、その前にカウンター席5席強。
向かって右側にはスツール備え付けの4人掛けのテーブル席が3つ。

休日のチョイ遅めのお昼時に訪問、先客は4名程。

お店イチオシのメニュー、元祖鶏つけそば(550円)の食券をポチっとな。
大盛に増量も無料のようなので、ソチラも増しでお願いしました。

そばは茹で置きではなく、注文を受けてから茹で上げるらしく、3分程で到着。

2005_05251月1日 0005

そばはグレーがかって見た目水気たっぷりな感じの物の上に多目の白胡麻がかかっています。
その脇には刻み海苔、ゆで卵半玉、天ぷら(のようなもの)が添えられています。

つけ汁は見るからに濃そうな醤油色の強いつゆの中に鶏肉がゴロっと、表層には万能葱が浮きます。


「この盛りで大盛りなら普通だとどの位なんだろ〜?」という感じのそばの盛り具合が気になるっちゃ気になるところなんですけど、とりあえず、つけ汁にそばを浸して頂きます。

2010_10241月1日 0022

ん、ん〜?、辛っ!!

どうやらつけ汁が辛いようなんですね〜。

唐辛子系のダイレクトに舌に伝わる系の辛味なんですが、このつけ汁に浸すとそばの味が全くもって判りませんw。


そんなそばをつけ汁に付けずに頂くと、水気の多さを感じるツルツルッとした喉越しの良さと細めながら中々のコシ。
そばの所々に星が見えますが、風味は弱め。

つけ汁の中には辛いつけ汁の味に染み染みになった鶏肉がゴロッとしているのだけれども、コチラは辛さはそんなでもなく。
食べ応えのある適正な量でした。そばの脇に添えられた天ぷら状の物の種は多分玉ねぎなんだろうけど、彩り的にもこれの必要性はあまり感じず。


さて、食べ終えた感想なんですが、

う〜ん…。

味云々よりもまず、つけ汁の辛さについての記述が私の知りうる限り店内、店頭共に見当たらなかったんですよ。
こりゃ〜、大人だったら知らずに食べてちょっとむせて「あ〜びっくり!」と驚いてそれで済む話かもしれませんけど、子連れ派にはちょっと残念な味わい方をせざるを得ない。
子供はそばをつけ汁に付けると辛くて食べられないので、そばをそのまま食べさせた訳で。

元祖と謳う鶏つけそば、お店のイチオシとして「辛味噌つけそば」ってメニューと共に並んでいた次第で。
メニュー名に「辛」って入れているなら当然「あ〜、辛いんだな〜」と思うんでしょうけど、こちらのメニューに関してはそれらの注釈もなくて、到着した時もそれっぽいルックス(真っ赤だったり)じゃない訳ですよ。

その(隠れた)売りである辛味を抑えるとか、はたまた辛味は別添えでお好みで投入して加減、とかっていうのが出来ない、っていうようなお店側の拘りとかはあって然りだと思うんですけど、それをやんわりと「一見さん」にも判るようにした(例えばメニュー表に注記するとか)ほうが、いいんじゃないかな〜と老婆心ながら思います。

このお店、子連れ訪問が割と多いみたいで、私達の時も子供用の取り皿、スプーン、フォークを手馴れたオペレーションで提供して頂きました。
だから余計に残念なんですよね〜。

という訳で味的評価にほとんど触れませんでしたが★は2に近い3という事で察して頂ければ幸いです。

まあ、つけ麺屋さんと勘違いして訪問した私も、自分で自分がかなり残念だったんですけどねw。

 

 

 

かくや ( 両国 / そば )
★★★☆☆3.0
powered by livedoor グルメ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

           
卯月店頭

両国駅から徒歩5分程、京葉道路と清澄通りの交差点程近く、「れすとらん河村」の隣に出来た新店。
オープンしたてらしく、店頭にはどなたかに贈られた花が飾ってあります。

店内はコの字カウンター8席程、テーブル席4人掛けが2つ。

休日のお昼時に訪問、先客は8割程。

メニューはこんな感じ。


メニュー1


01f77688968c3bdb-o

店内の写真付きメニューを見ると、どこかのお店のメニュー写真の丼のロゴの部分が白くベタ塗りされてたので、どこかの関連店なのかも。

正油つけめん(700円)を頂きました。


正油つけめん

麺は黄味が強い平打ち中太麺、茹で加減普通。麺の脇には海苔が。
つけ汁は表面に油膜が張り、醤油色が強くて量も少なく、見た感じ塩気が強そうなつけ汁です。
スープ割りのスープも同時提供で、
「味が濃いのでこれで調整して下さい」的な事を仰ってました。
具はロールチャーシュー、メンマ、モヤシ。

 

頂いた感想は…


麺アップ

麺は加水率が高く、ピロピロとした食感の物。喉越しは良いですがコシは弱め。
つけ汁は見た目程の塩気の強さはありませんでしたが、出汁の存在が判らないようなカエシ勝ちの物。

 

つけ汁

モヤシは丼の底まで割と大量に入っているんですが、これがどうも麺との相性が悪く食べ辛い。
麺を口に運んだつもりがモヤシの食感で拍子抜け、みたいな。

頂いている最中に「何かに似てるなぁ〜?」と思っていたのですが、一番イメージに近いのは、夏季の間だけ中華料理屋さんに登場する「ざる中華」かな(冷やし中華じゃないよ)。
それか十代の頃初遭遇した「つけ麺大王」の印象にも近いか。

どちらにしても個人的な印象としては、正直一昔も二昔も前のつけ麺に感じました。
具の構成もちょっと寂しい感じ。

12時前の訪問でしたが、厨房内もフロアも未だたどたどしさが残り、一杯一杯の感じ。
丼の到着が遅めだったのは、まあ致し方ないですかね。

今後に期待したいところですが、個人的には久々にがっかりした一杯でした。

らーめん卯月

住所:東京都墨田区両国4-20-5
電話:03-5600-2317
定休日:不明
営業時間:11:00〜23:00

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

0ccf6a1cb87883a6-o

京葉道路沿いの角地、「鶏白湯」の先駆け的存在のお店。
店舗外観は木造り風で、看板の赤字の○に「玉」の文字の看板が印象的。

2007_11241月1日 0036

メニューの中にも〇玉見っけ!

 

この看板、熱狂的バスケファンである本店の店主がバスケットボールに見立ててデザインしたそう。
確かに言われてみれば、そう見えるかも。

店内の様子は入り口入って右にテーブル席4席、L字のカウンター席10席程。
店内も木造り&「よしず」とか海の写真等で、和というか「海大好き!」というような内装。

土曜日のお昼時に訪問、先客は7割程、テーブル席が空いていたのでそちらにお邪魔。

まる玉らーめん(600円)を頂きました。

58bb4c4f25b90935-o

麺は中細ちぢれ麺、茹で加減やや固め。
スープは淡い黄色がかった、見た目にも濃厚そうな鶏白湯。
具はチャーシュー、あおさ、万能葱。


頂いた感想は…
麺は加水率低めのボソボソッとした食感が強く、まるで乾麺みたいな味わい。
茹で上がりも非常に早いようで、丼提供も早く、替え玉設定があるのもなんとなく頷けます。
低加水故、スープとの絡みは上々。良く絡むというか、スープを持ち上げる麺です。
粉の風味も感じられ、割と好印象なタイプの麺。

スープは食べ始めの印象は、天然塩のカエシの主張はソコソコに、拘りの胴ガラが前面に出ている濃厚鶏味。
トローッとした優しい口当たりは、例えるなら「水炊き」のような感じのスープ。
食べ進めると、他の具(あおさ、万能葱)の中和で、最初の頃の鶏の濃厚さは薄れていき、すっきりとした味わいの塩スープに変化。
バラチャーシューもじんわり味が染みてて美味かった。

鶏を前面に出しながらも最後まで然程クセを感じる事なく、あっさりと頂けた一杯でした。

子供連れでの訪問でしたが、子供用の取り皿、更には他では見たことない子供サイズのレンゲの提供等、提供しているラーメンを含め、子連れ訪問にも優しいお店でした。あのレンゲ欲しいな〜(笑)。


らーめん まる玉
最寄駅:両国
料理:塩ラーメン
採点:★★★☆☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下
用途:昼食

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

店頭
Powered by PICS

両国駅からちょっと離れた角地にある、もともと中華料理屋さんだったお店の大勝軒グループとしてのリニューアルのお店。

なんかとても居心地良いんですよね。

以前が中華料理屋さんだった事もその理由なのか、東池系の中でもかなり落ち着ける店内。

 

粉袋
Powered by PICS

店主は東池系=山岸氏の事をリスペクトしている様で、頭に巻いた白タオル、Tシャツの感じ、壁に貼られた山岸氏の似顔絵入りの粉袋等に、その気持ちが強く感じられます。

言葉少なめですが、赤ちゃん連れでの訪問でも、極々自然にテーブル席の椅子をどかしてくれたり、言わなくても赤ん坊用の取り皿を用意してくれたりと、とても心配りをして頂きました。

正直、訪問前は娘に食べさせるなんて、ちっとも思ってなかったけど、折角だからと食べさせてみるとチュルチュルと美味しそうに食べ進めています(割と麺好き)。

 もりそば
Powered by PICS

 頂いた感想は麺のコシも良し、つけ汁も酸味強め、でかなり本家に近い物と思いました。

後からの訪問客の調理に忙しそうで、スープ割りを頼むのを遠慮してしまったのがちょっと心残りですが、美味しい一杯でした。

両国大勝軒
最寄り駅:両国
料理:つけ麺 / 醤油ラーメン / 味噌ラーメン
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下
用途:夕食

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

※2005-07-18 東京グルメにクチコミ投稿した記事です。
当該サイト閉鎖により転載しました。


総合:★★★☆☆ 3pt
</div>
<div class="gourmet-star-cuisine">
<img class="pict" src="http://storage.gourmet.livedoor.com/fantasisitaksk10/98e0339481dbb6cd/709ef7d6580a5f5b-o.jpg" alt="" /></div>
<div class="gourmet-text">

両国駅から徒歩30秒程でたどり着くガード下にあるお店。
店頭には判り易いメニュー表記があります。
連休半ばの日曜日の13時過ぎに訪問。
店内はカウンター5席、テーブル席12席、お昼時という事もあって客の入りは8割程。
入り口近くのテーブル席に着席。正油ラーメン550円とトッピングで温泉たまご100円をお願いしました。
麺は中細ちぢれ麺、割と硬めの茹で加減。スープはガラ主ベースの赤茶の醤油色。具はチャーシュー、メンマ、葱、大きめの海苔、そして温泉たまご。頂いた感想は麺の茹で加減も丁度良く、コシも感じられる美味しい物。<br />スープは見た目よりもあっさり感じられますが、ちゃんとコクもある。具はどれも普通、温泉たまごは次回はトッピングしないかなぁという感じ。
訪問前に「醤油」「味噌」「塩」「とんこつ」等色々やってるな〜と正直あまり期待せずの訪問でしたが、割と印象の良かったあっさりな1杯でした。他の方は「青菜塩らーめん」を頼まれる方が多かった様な。次回訪問時はこれにしよーっと。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ