めぐりあいズゴ

東京のリアル下町の一角、堀切菖蒲園を中心に 足立ナンバーエリアを徘徊しまくる高純度アダッチ・カツシカンブログ。

タグ:バルセロナ

日本時間の今朝方にかけて行われたチャンピオンズリーグファイナル、ドイツ・ベルリンのオリンピアシュタディオンにて行われたユヴェントス対バルセロナ。

ユヴェントス

GK ブッフォン
DF リヒトシュタイナー、ボヌッチ、バルザーリ、エヴラ
MF マルキージオ、ピルロ、ヴィダル、ポグバ
FW テべス、モラタ

バルセロナ
GK テア・シュテーゲン
DF アウヴェス、ピケ、マスチェラーノ、アルバ
MF ラキティッチ、ブスケッツ、イニエスタ
FW メッシ、スアレス、ネイマール

前半
開始早々試合が動きます。
4分、PAエリア付近からのネイマール→イニエスタ→ラキティッチからの見事なコンビネーションでバルサが先制点!。
その後も攻めるバルサ、守るユーヴェという展開で試合進行。
20分過ぎ辺りから序々にユーヴェが盛り返していきますが再びバルサにボールを持たれる時間帯が続き、結果そのまま前半終了。
1対0でバルサがリード。


後半
10分、テベスのシュートをテア・シュテーゲンが防ぐもモラタが詰めて追い付くユーヴェ。
が、24分、メッシのシュートをブッフォンが防ぐもファンブルを詰めてたスアレスが追加点。

32分バルサ、イニエスタに替わり今季でバルサを去るシャビが交代。
ユーヴェとしては早いところ追いつきたい時間帯ですが、バルサは持ち味のポゼッションサッカーを展開。ユーヴェの守備陣はボール奪取もままならずバルサのパス回しに翻弄されて我慢の時間帯が続きます。
そうこうしているうちにアディショナルタイム。
終了間際、ユーヴェのやりたいようなカウンターをバルサが展開、で、ネイマールのゴールでバルサが追加点。この駄目押し弾の直後にホイッスルが鳴ったっぽい。

結局バルセロナが3対1でユヴェントスを下し、ビッグイヤーを獲得。

で、雑感です。
終わってみたらバルサのボールポゼッションは60パーセント強。
見た目の印象通り、ユーヴェをほとんど守勢に回らせ続けたバルサのポゼッションサッカー。それもただボールキープしているだけでなく、常に攻撃を意識したボール回しでユーヴェを圧倒。
ユヴェントスも良いサッカーでしたがそれ以上にバルサの出来が良かったと思います。
シャビもピルロもお疲れでした。

そしてFCバルセロナ、久々日本で開催のCWCでの戦いぶりも今から楽しみです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

日本時間の今朝方にかけて行われたチャンピオンズリーグファイナル、ロンドン、ウェンブリーにて行われたマンチェスターU対バルセロナ。

前半は惜しくも起床ならずで見逃しました(涙)。

という訳で後半10分過ぎからのプチ雑感です。


TVを点け、画面のスコアを見ると後半10分過ぎ、2対1でバルサがリードしてます。
マンUとしては早いところ追いつきたい時間帯ですが、バルサは持ち味のポゼッションサッカーを展開。
マンUの守備陣はボール奪取もままならずバルサのパス回しに翻弄される。
こういう状態って非常に疲れるんですよね〜、我慢の時間帯が続きます。

そうこうしているうちにバイタルエリアでのパス回し後、ビジャのゴールでバルサが追加点。
この追加点でバルサはビッグイヤーをほぼ手中にしたといっても過言ではないでしょう。
その後はマンUもルーニーの個人技に期待をかけますがその反撃も力なく、プジョル投入で守備固めをしたバルサの磐石の試合運びでホイッスル。

結局バルセロナが3-1でマンチェスターUを下し、ビッグイヤーを獲得。


で、雑感です。
終わってみたらバルサのボールポゼッションは60パーセント強。
見た目の印象通り、あのマンUをほとんど守勢に回らせ続けたバルサのポゼッションサッカー。
それもただボールキープしているだけでなく、正に攻撃の為のボール回しでマンUの守備陣を圧倒。
ファンデルサールの好セーブのおかげでこの点差で収まったのかも。

以前に書いた2009のCLファイナルの同カードの記事を読み返してみたんですけど、この試合とほとんど同じ感想を抱いてたんですね、当時も。
久々、圧勝(相手を圧倒しての勝利)という言葉が相応しい強さのバルセロナ。
CWCでの戦いぶりも今から楽しみです。

後半からしか観れてないのがなんとも悔しい、素晴らしい試合でした。

blogram投票ボタン


↑ポチして頂けるとこのブログの元気玉がたまります。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

もう4時くらいで、空はうっすら明るくなってるんですね〜。

そんな日本時間に行われたチャンピオンズリーグファイナル、ローマ、スタディオオリンピコにて行われたマンチェスターU対バルセロナ。

前半
序盤こそマンUが得点機を演出するも、流れを徐々に自分達のものとしたバルサ。
10分、イニエスタからパスを受けたエトーが先制。
これ以降、いまいちマークを掴みきれないマンU守備陣を、バルサのパス回しが翻弄、といった展開が結局前半終了まで続く。

後半
少しづつではありますがマンU、自分達の形を作れるようになってきました。
そんな流れを断ち切るようなバルサの攻撃。

25分、シャビのクロスからメッシがなんと!頭で合わせて追加点。
マンUは何とか流れを呼び戻すべく、我慢の時間帯を続けますが、結局最後まで自分達の持ち味を出せずにホイッスルを聞く事に。

結局バルセロナが2-0でマンチェスターUを下し、ビッグイヤーを獲得。
これでバルサは国内タイトル合わせて3冠の強さ。

で雑感。
敗れはしましたがマンU、盤石の守備からの早い展開の攻撃はさすが。あと、後半途中で下がりましたが、お隣韓国のパクチソンがファイナルのピッチ上に立つという快挙。隣国的にはちょっと嫉妬も入りますが、凄い事ですな。

対してバルセロナ。
地上最強の守備陣を、世界最高の攻撃陣が終始圧倒。落ち着いたボール回しで「攻撃は最大の防御」を地で行く、サッカーの面白さをファイナルの舞台でも見せてくれました。
世界一に相応しい、バルサらしい素晴らしい試合でした。おめでとう!

さて、興奮冷めやらぬ状態ですが、もうひと眠りする事にします、お休みなさい(笑)。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ