めぐりあいズゴ

東京のリアル下町の一角、堀切菖蒲園を中心に 足立ナンバーエリアを徘徊しまくる高純度アダッチ・カツシカンブログ。

タグ:ニララー

また久々の更新になってしまいました、スイマセン。

大寒波がやって来るという事で、お昼時に粉雪が舞う位に寒かったこの日、ちょっと食でも暖を取ろうと家族で向かったのは足立区東和の銀座きもり。

BlogPaint

常々訪問したいと思っていたんですが、割と間が空いちゃってて、で、随分と久しぶりの訪問になってしまいました。

で、子供達が頼んだのは2人共にとりそば。

IMGP9547

ずーっと頂いてますからねー、子供達にとっては定番的な美味さの一杯なんでしょう。
滋味深いって形容が正にピッタリな、鶏ガラの出汁がじんわり効いてる優しい一杯。

妻は正油こってり麺。

IMGP9545

今は亡き亀有某店の醤油こってりに限りなく似ている一杯で、この日もちょっと頂いたんですが、やっぱり似てるんですよねー、あの頃のあの味に(モヤっとした表現でスイマセン)。
ちなみにこの日におすそ分けを頂いた子供達2人共、「今度はこれを食べるから注文するのを覚えといて!」って言ってたけど、只でさえ忘れっぽくなってる昨今、そんな約束は出来ないのでw備忘録的に記しておきます。

そして私の注文はというと、自分にとっての「銀座きもり」のド定番といえばコレ!なニララーメンを。

IMGP9549

相変わらず口中刺激度マックスな赤いスープ。

IMGP9550

相変わらず啜りどころが難しい、スープに良く絡む中細ちぢれなボソボソ麺。

IMGP9552


もちろん、ライスドボン用のライスも注文して。

IMGP9544

麺をあらかた平らげてからのメッシ投入もいつものルーティン(ピンボケなので画像なし)。
辛さ耐性が落ちてたのか、割とヒーヒーしながら頂いたんですが、やっぱり辛さ一辺倒じゃない美味さがあるんですよねー、この一杯。

久々の訪問でしたが、相変わらずの美味さな一杯でした。
今年はもうちょい訪問頻度を上げたいですねー。
そして今年の夏あたりには「きもり飲み」を実現したいですねー、ごちそうさまでした。







人気ブログランキングへ 

↑私のやる気スイッチ、1日1回ポチして頂けたら、こんなに嬉しいことはないです。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 足立区情報へ

↑コチラも頑張ってます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote



今日も雨で気温もそんなに上がらないらしいですね。
もうすぐ5月だってのに一向に安定しない気候、



どうかしてるぜ!





吉田






そんな、どうかしてる4月のとある日に頂いた1杯のおはなし。

日中はポカポカ陽気で、ロンT一枚でも大丈夫な気候だったのだけれども、夕方を過ぎると一気に気温低下。
上着がないと割と厳しい寒さだったので、なにか温まる物を、と、で連想される図式。
温かい物で、しかも辛い物ならば更に温まれるのではないか、と。


そして『銀座きもり』


頼んだのは前回訪問時と同じく「ニララーメン」。



このお店、いつも思うのだけれども手際が良いので麺物も5分と待たずに到着してくる。

そんな丼の到着を見て、ちょっと驚き。

スープがいつにも増して赤味が強く、その湯気からも、辛さが伝わる熱気というか、湯気が皮膚に当たっただけでヒリヒリしそうな感じ。




ニララー




恐る恐る麺を箸で持ち上げると、既に麺にまで唐辛子が染み込んでいる様子。




麺





口に運ぶと、やっぱりというか、案の定というか、




ヒーハー!



ヒーハー





な激辛加減。


とにかく、麺を啜りながら、ちょっと違うとこに入ったらかなりの大惨事になりそうな位の激辛っぷりなんですよ。
という訳で慎重に麺を啜りながら、後から頼んだファンタジスタという名の救援物資の到着を待つ。


そんなファンタジスタの名はメッシ。
そう、いわゆるライス(白飯)の事である。


今までの経験上、この手の激辛物の口中刺激を和らげる効果があるのは過去に実証済。
麺を啜ってヒーハー状態な口中でも、メッシを合間に頂いているとワンクッション置けて再びヒーハーに挑めるというもの。



程なくメッシ到着。



麺→メッシ→スープ→麺→メッシ→スープ…







……。




(だんだん面倒くさくなってきた)






前半5分過ぎ





メッシ投入!



メッシ

 





気付けばいつものライスドボン。

そして、気付けば辛さを和らげるどころか、スープに浸かりヒタヒタになったメッシ。




同化してるぜ!

(辛さに)



そんなメッシも最後の一粒までキッチリ食べるのも大人のマナー。
只の辛さ一辺倒ではなくキッチリ食べられるのが、この「ニララー」の実力の高さ。


あまり大っぴらに食後の食器をみせる物ではないですが、このラー油の張り付き具合で、どれ程の強敵だったか察して頂ければ幸いです。



丼



そんな「きもり」。この後日の訪問時には訳あってニララーを頼まず、
「カレーそば」(730円)というメニューを注文。



カレーそば



このメニュー、醤油ベースにカレー粉投入?でほんのりカレー味なのだけれども、ニララーに比べると若干のパワー不足は否めない感じ。

厨房の中のご主人に、

「この前のニララーで怖気づいたか…」

と思われているかもしれないというのは単なる妄想なのだけれども。





blogram投票ボタン


↑「ポチッ」という名の元気玉がたまれば、またあの辛さに挑める気がします。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ