めぐりあいズゴ

東京のリアル下町の一角、堀切菖蒲園を中心に 足立ナンバーエリアを徘徊しまくる高純度アダッチ・カツシカンブログ。

タグ:シリア戦

埼スタで行われたロシアW杯アジア2次予選の最終戦、シリア戦。
日本は既に予選突破は決めてますが、1位通過を懸けての大事な1戦な訳で。
という事で余裕を残した前戦のアフガン戦とは違い、日本はおそらくハリルホジッチ監督が考えられうるベストメンバーで挑んだであろう試合。

前半
試合序盤からポゼッションは日本。
でもなかなかゴールに結びつかない。
待望の先制点はラッキーなゴール。
香川の低めのクロスを相手GKがパンチングで防いだボールが相手の4番の顔面に直撃w、で、そのボールが跳ね返ってのオウンゴール。
このシーン、スローのリプレイ出てましたが4番の顔、凹んでましたねー、痛かっただろうなー。
結局このままスコア動かず、1対0で前半終了。

後半
前半同様、日本のポゼッションで試合が進むもどーにもゴールが遠い。
そんな試合展開の中、セカンドボールの競り合いでアフタープレー気味な相手の頭が蛍の顔面を直撃、倒れこんだ直後から鼻血を出すアクシデントが。大事に至らなければいいけど。
結局、蛍アウト、原口イン。
なんだか膠着気味なイヤなムードを払拭したのは香川。
20分、本田からのボールをバイタルエリアでゴールに背を向けた状態で胸トラップで受けて、そのまま反転してからのボレー。これが見事に決まり、日本、待望の追加点。
その後は香川のクロスからの本田のヘッドで3点目、香川が冷静に決めた2得点目、ロスタイム、長友からの折り返しを原口が決めて、終わってみれば5対0の圧勝劇。

結果、日本はグループEを1位通過、9月から始まるアジア最終予選に駒を進められる事になりました。

で、雑感です。

・この試合で代表キャップ数が100という事で、キャプテンマークを巻いて試合に挑んだザキオカでしたが、惜しい場面はあれど残念ながらメモリアルなゴールは生まれず。
とりあえず、代表100試合出場おめでとうございます。
まあ、名実共に日本のエースストライカーとして、プレミアリーグ制覇のほうにちょっと気持ち切り替えて頑張ってほしいかな、と。

・試合後のインタビューで本田も言及してましたが、2次予選通じて無失点っていうのは評価したいですよね。
守備も鉄壁という訳じゃなかっただけに余計に凄いw。
この試合はDF陣の奮闘っていうよりも西川の好セーブが光ってましたねー。
最終予選も是非とも無失点記録を伸ばしていってほしいです。

・スコアは全然動かなかったんですけど、長友から宇佐美、そして逆サイドのゴートクから本田、って縦から縦の攻撃が、しかも両サイドで展開出来ていた前半は、ハリルホジッチが監督に就任してからあんまり味わってなかった、観てて楽しいサッカーでしたねー。

・実際に試合をしている感じと、あと、ネットで伝わってくる情報を見る限り、今の代表は非常に良い空気が流れてる感じがしますねー。まあ、実際のところ、良い空気が流れててもブラジルW杯はダメだったんですけど。
でも、選手間の仲の悪さが垣間見える欧州の強豪国の様子とか見てるとやっぱり、チーム内の仲は良いほうがいいと思いますよねー、選手間の競争とは別に。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

飲食ネタじゃなくてサッカーネタです、なので興味ない人はスルーしてくださいませw。


8日に行われたW杯アジア2次予選第4戦、内政が不安定なので中立地のオマーン・マスカットで行われたアウェイのシリア戦。

得点は何れも後半。
10分、長谷部のロングフィードを受けたザキオカがPA内で倒されてゲットしたPKを本田が決めて1点目。
25分、左サイド、香川からの粘りのクロスをザキオカが決め、Wシンジによる2点目。
43分、PA内に持ち込んだ本田からのヒールパス?を受けた途中出場の宇佐美がダメ押しの3点目。

という結果、3対0で完封勝利。

負けたら自力で首位通過の可能性が消えていたこの試合、戦前からガツガツくるだろうと予想されていたシリアを下し、日本はEグループ首位の座を奪いました。

で、雑感なんですが、今日の3得点、全て良かったですねー。
2点目、3点目は共に狭いスペースを突いての得点という事で、相手との実力差を見せつけられたのではないかと思います。この辺りの得点がジワリジワリとホームで試合する時の苦手意識にさせられるんじゃないかなーと思います。

ちょっと話は変わるけど、今日の中継はフジテレビ。ここ最近フジの中継が続いてるかも。
解説は宮本、闘莉王。

前半16分くらいに画面右下になんだかヘンテコなテロップが出た感がして、で、翌日鑑賞のムスコの為に録画してたのを見直してみたら、やっぱりヘンテコだった。

2015_10090031


フランスW杯を戦った選手達にも、そして宮本自身にも凄く失礼なキャプションだなあ、と。
次からは粗相のないようにお願いしますよスポルトさん。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

11月13日(木)

今日は先日しでかしたスピード違反の後始末で、検察から出頭命令。で、会社を午前中で早退し、向かうは錦糸町。

昼食を見込んで早めの到着だったのだけれど、宿題だったお店は臨休…、で他地区で割と馴染みのあるラーメンを頂いたのだけれども、感想的にはなんだかな〜という印象の一杯でした(そのうちレポする予定)。

食事を済ませ時計を見ると、まだ受付時間まで30分程余裕が。近隣の錦糸公園という広い公園のベンチでボーッとたそがれ清兵衛するのもいいと思ったのだけれども、先日の天皇賞の当たり馬券の払い戻しがまだだという事を思い出し、錦糸町のウインズへ。

ウインズ

何度か経験しているけど平日の真っ昼間のウインズ、払戻しオンリーなんで、貸切状態、ちょっとの優越感。

そろそろいい頃合と思い、目的地へ向かおうとし、ウインズからマルイの脇に出ようとすると、相変わらず大盛況の魚寅の魚臭さが漂ってくる。

錦糸町って街は個人的には、魚臭さとウインズ周辺の喧騒、そして夜にはちょっとおっかねー人がハバをきかせる危険な一面を持ち合わせている場所。オリナスやアルカキットが聳えようとも基本的には20年前から変わらない街。

楽天地って言葉がそのまま、この街を表している表現だと思う。

さて本題へ。ほぼ予定時刻通りに目的地到着。流れ的には検察官の聴取→略式裁判→罰金納金というのが大まかなところなんですが、これがまたとてつもなく長い時間で…。結局罰金を払い終えたのは受付から2時間後。外は既に薄暗くなってました。

で、肝心の罰金の額面は6万円なり〜。どこかで5万円という数字を期待していただけに軽く万歳ナシよ状態。この支払いで生涯罰金支払額が30万近くに。もう2度と罰金刑になるような違反はしないと改めて誓いますた。

これからは制限速度尊守、ケツからアオられた際にはアクセルじゃなくてブレーキ踏みます(それはそれで危険)。

さて、そんな傷心を引きずりながらいつもより少し早めに帰宅。

 

凹んだ心を癒すべくシリア代表とのテストマッチを観戦しました。

前半はいつもの代表より縦→縦の展開が速く、見ていてとても楽しいサッカーだった。試合開始直後の長友の自ら持ち込んでのミドルからの得点も見事、左からのクロスをボレーで合わせた玉田の得点も見事。意識が前へ前へ、というのが伝わる楽しい展開。

対して3人を入れ替えた後半、序盤からまたいつものように遅攻というか、横→横の展開が長く続く。大久保の追加点はいいタイミングでしたが、守備のちくはぐさが目立つシリア相手にあの内容はいかがなものですかね。

ま、海外組、ガンバ組未招集に加え故障者続出で、新戦力を掘り出すという意味合いの強いこのゲーム、色々とテストしてそれが(マイナスも含め)実になったんじゃないかな〜と思ったゲーム内容でした。

今日の収穫

・長友の左サイドでの走力はやはり魅力。

・ウッチーの判断ミス、フィジカルは相変わらずだけれども、クロスの精度は魅力。

・玉田のボレーのミートの良さはやはり魅力、ほんと上手いな〜。

・ノッポ不在でチビッ子カルテットでも相手を掻き回せたオフェンスは全国のチビっ子プレーヤーに勇気を与えた点で魅力。

・やっぱヨシカツのコーチング、存在感は魅力。

 

さて、カタール戦まであと一週間弱、スタメン予想は今日の試合のスタメンベースに俊輔という感じなんですが、さてどうでしょう。

とりあえずその前に今週末のエ女王杯でなんとか6万円取り返します。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ