めぐりあいズゴ

東京のリアル下町の一角、堀切菖蒲園を中心に 足立ナンバーエリアを徘徊しまくる高純度アダッチ・カツシカンブログ。

タグ:ぼたん

9月7日(日)

今日は早朝というか深夜からサッカー観戦、その後に記事をブログにUP、その後に6時過ぎに再び就寝、が8時半位でコドモ達のお腹ドンドン(腹の上で飛び跳ねる)で無理やり起こされる。意地の2度寝(3度寝?)を試みるも、ドンドンはどんどんエスカレート。
しぶしぶ起きる。

暫くグダグダした後、浅草に墓参り。
無事墓参りを済ませたその後、昼食を求め上野から本郷方面へ。

御徒町のガード下を通ってて改めて思ったんですけど、最近都心は本当に道が空いている。
お昼時のピーク時でも渋滞はほとんど無い。まあ避けてるからというのもあると思うけど。

幾つか気になるお店を通り過ぎ、辿り着いたのは大塚。

この地でも幾つか候補はあったけれども(トマト麺とか)、冒険心は働かず、
真っ直ぐ「ぼたん」前に到着。

店頭

およそ1年半振りの再訪

メニュー

卓上

茹で加減

らーめんをハリガネ指定で頂きました。

 

らーめん

数日前にこのお店と源流(田中商店)を同じくする『もりや』に伺ったばかりなので、どうしても比較してしまうんですけど、豚骨の濃厚具合は、匂い抑え目、出汁の出具合も豚骨苦手な人でも多分大丈夫じゃないかな〜と思う、ちょいライトな印象。
麺の茹で加減は、これまた源流よりも一段階柔らかい気がします。

 

麺



なので替え玉はガネを1玉で止めておきました。

サイドメニューの感じからして、此処で飲んでここで〆のラーメンという利用法の時にはこの位のほうが丁度良いのかも。
勝手に思う此処のお店の売りはトッピングの種類豊富さに拠る所のアレンジの多さではないかと。
今回は頼みませんでしたが『田中商店』の赤オニとはまた異なる、このお店オリジナルの「ばくだん」という、文字通りの強力な武器もあるし。

看板

さて、ぼたん訪問後の帰り道すがら、コドモ達のストレス発散の為に後楽園に立ち寄る。
1時間程遊ばせていると、上空に嫌な色をした雲が近づいてきた。

 

ゲリラ接近中



ここ数週間で学んだ教訓、

「あの黒雲が見えたら急いで逃げろ」と。

まだ未練の残るコドモ達を強引に引き連れ車に戻り、10分程走らせていると、案の定の土砂降り。
ドームで遊んでいた人々は無事避難出来たんだろうか。

こんなん何時まで続くのかなぁ〜、とちょっと嫌気がさした帰り道でした。

2月11日(日)

ぼたん大塚駅北口徒歩2分程、賑やかそうなお店、つーか風俗店がひしめく繁華街の中の半地下のお店です。
足立区梅島「田中商店」系列の松戸「福福」と姉妹店らしく、看板の書体や店舗内の雰囲気、メニュー構成等、なるほどな〜と思う共通項がありますね。


店内の様子はカウンター席10席強、4人掛けの丸テーブル×2、2人掛けが1脚。

 

メニュー

壁のメニューはこんな感じ。サイドメニューの御飯物も充実ですね〜。

 

 

 

日曜の午後3時頃に訪問、ラーメン(600円)とばくだん(200円)を注文。
注文時に麺の茹で加減(やわめ、普通、バリカタ、ハリガネ)を聞かれます。普通でお願いしました。

ラーメン麺は極細ストレート麺、見た目からも粉っぽさが伝わる、期待出来そうな麺。替え玉前提なのか麺は少なめに感じます。
スープは茶濁豚骨。見た感じからも純度が高そうな濃厚な豚骨スープ。
具はチャーシュー、青葱、キクラゲ、海苔。

まずはばくだんを入れずに食べ進めると濃厚な豚骨の出具合を感じます。
といっても豚骨臭は然程強くなく、クドさも感じない、程良い濃厚具合。
麺の茹で加減は普通指定でも、若干の固さを感じる位の茹で加減。

半分程食べたところでばくだん投入。

ばくだんばくだんとはトッピングの一種で、辛めの味付けが為された肉味噌玉の事。
これを丼に投入すると辛み増幅で、また違った味わいになります。
他にもタコやエビだとかが入ってました。

 

ばくだんを少〜しずつスープに混ぜていくと、マイルドな豚骨から、ジワジワ〜ッと結構な辛みを感じる
スープへと変化。
この味のシフトに引きずられ、替え玉(100円)をハリガネ指定で2玉お願いしちゃいました。
トータルで1000円という値段に見合う、満足感、満腹感に包まれた一杯でした。

 

この日も、ラーメン屋を求めてブラ〜リブラ〜リで辿りついたお店でしたが、久々に美味い長浜豚骨が食べられました。

 

博多長浜らーめん ぼたん
最寄駅:大塚 / 巣鴨新田 / 大塚駅前
料理:豚骨ラーメン / 博多ラーメン / 餃子
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下
用途:昼食

このページのトップヘ