めぐりあいズゴ

東京のリアル下町の一角、堀切菖蒲園を中心に 足立ナンバーエリアを徘徊しまくる高純度アダッチ・カツシカンブログ。

タグ:にゃがにゃが亭

2月の終わりの日曜日

この日に限らず日曜の朝は大概、普段寝坊スケなムスメが早起きして私の布団の上に覆いかぶさってきて、
「起きて!起きて〜!」
と容赦のないボディプレスを仕掛けてくる。
流石にイラッとして意地の二度寝を試みるもしつこい攻撃を受け続けてゆっくり寝ていられるはずもなく半ば強制的に起こされる。
で、私を起こした後のムスメは何故に起こしたの?と感じでテレビのプリキュアやらデジモンやらに夢中。
そんな感じでウダウダ過ごしてるとアッという間にサザエさんさんやってたりするんで(サザエさん症候群)、とにかく外に出る事にする。
とりあえず環七を葛西方面に進行。道中お昼時期でお腹が空いてきたんでラーメン屋に立ち寄る事にする。
またラーメン?と思われそうだけど環七沿いはラーメン屋の宝庫。
特に江戸川区は割と激戦区で色々な味の充実振りはかなり嬉しいものがある。食べない手はありません。
それにラーメン以外の食べ物もそんなに多くないし。

という訳で未食だったにゃがにゃが亭でお昼。


腹ごしらえも済んだところでそのまま環七を下る。
目指すは江戸川区の葛西臨海公園。

気温が低いにもかかわらず結構な人手。

 

この公園には観覧車や

 

観覧車2

 

 

 

 




水族館、人工なぎさ

 

葛西2

 

 

 

 

 




等の目玉商品もあるけど目的はただひたすら散歩。
最近運動不足気味のムスメを歩かせるために、多少の休憩を挟みなからマターリと過ごす。

 

葛西1

 

 

 

 




観覧車を縦に撮ってみたりしたりして

 

観覧車

 

 

 











なんだか塔とかロケットっぽくないですか?

 

 

 

2時間程プラプラ。寒くなってきたのでそろそろおいとするとしますか。

帰りの道中ちょっと寄り道。錦糸町方面から迂回で墨田区京島のキラキラ橘商店街へ。

 

キラキラ












ここの商店街はかなりお気に入り商店街。日曜日だからかシャッターの閉まっているお店も多いが、目当てのお店は営業中という事を知っていたんで問題無し。

 

 

 


そんな素敵な商店街の入口(明治通りの反対側の入口)に、なぜか気になる広場がある。
そこには子供用に申し訳程度の遊具があるんだけどこれらが凄いんですよ。

 

ブランコ


 

 

 

 



ブランコ低っ!

 


二歳のムスメでも自分で腰掛けられる程の低さ。当然大人が乗るとかなりの地面スレスレ加減。逆に怖いです。


更に

 

すべりだい

 

 

 

 

 



すべり台幅広っ!



これだけ幅広いと子供の手だと両手で手摺りが掴めません。
小錦でも滑れそうな幅広具合、逆に怖いです。
そんな素敵なオブジェ(あ、遊具か)はさておき、目当てのお店をハシゴします。

 


豆腐屋さんでおからドーナツ50円を購入。


おからドーナツ







このドーナツ、砂糖の甘さというより、じんわりおからの美味さが伝わる優しい感じの一品。
子供のおやつに最適です。

 

 

次に訪れたのは、もはや説明不要のコッペパンの有名店、ハト屋


 

ハトや

 

 




 

 

 

コッペ                           








ノーマルのコッペパンとジャム入りを購入。

 

 

 

その次はこの商店街中程のもつ焼きのお店、きくのや

 

きくのや店頭

 








でもつ焼きゲット。

 

 


きくのや







もつ焼きはシロ、レバー等、どれも一本80円。店内で飲食も出来ますが今日は(今日も)車だし、どうせ飲めないんで持ち帰りで利用。

割と甘めのタレ、身はやや小振りながらも、お味のほうは期待を裏切らない正統派もつ焼き。安心してモツ食い出来るお店です。

店内飲食の場合でも一本単位での注文が出来るのは嬉しいっすね〜。このお店、凄いのは店頭写真でも判るとおり、お店の周りをゲーム機や


ポニー

 

 

 

 





ガチャガチャが取り囲んでいるんですね〜。だから子供がモツを喰らいながら立ちゲーマーと化している光景がたま〜に見受けられます。更にホントに対面が交番。オマーリさんとかなりの至近距離で、堂々ヨッパ出来るお店って、あまり無いですよね〜?。

 


一通り買い物が済んだところで商店街を後にする。で、更に寄り道。ヨメが花見時期で激混みになる前に食べておきたいと言うので
隅田公園程近くの長命寺さくらもちで桜餅をゲット、で無事帰宅。

ちょっと自宅で過ごした後、晩御飯を求めて堀切菖蒲園へ。

堀切

 

 

 

 





駅前のパーキングに車を停め、お目当てのカレー屋、アルーを目指すもあいにくの満席。


アルー

 

 

 

 

 

 







ちょっと待ったけど席が空く様子がない。寒いのでこのお店から程近く、路地裏のもんじゃ、お好み焼きのお店、●●●●へ。


この店はおよそ10年程前、まだ結婚する前によくヨメと飲みに来たお店。店内の雰囲気も相変わらずで懐かしい。


明太もんじゃと切りいか天、それとしいたけ焼きを注文。久々のセルフコナモンに胸踊ります。

パクッと一口


しょっぱ!


まあ普段から人よりウスターソース多めで割と濃い味がデフォルトの私ですがこりゃ明らかに塩分過多ですよ。
気を取り直して切りいか天を製作します。


再びしょっぱ!


大晦日の曙並みにしょっぱい理由は多分切りいか。結局追加注文は無し。

時間が味を増幅させていたのか、単に味が落ちちゃったのか判りませんが、なんだか残念な訪問になっちゃいました。


更にムスメが鉄板で軽く火傷で泣きっ面にハチ。幸いたいした事なかったんで良かった、良かった。

 

誕生日らしい事は一切無かった、普段と然程変わらない行動範囲。それでもまあまあ楽しめたかな〜。


 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


19669020aa0df843-o

環七外回り沿い、立体的なタコの看板が目を引くお店。
以前からなぜか訪問のタイミングが合わず、長らく課題となっていましたが、
ようやく行ってまいりました。

店内の様子は入り口左脇に券売機、L字カウンター10席程、テーブル席8席程。

 

 

休日のお昼前に訪問、先客は2組3名。
つけ麺(中、300g)750円を頂きました。
ちなみに小は200gで同額です。

 

もやしキムチ







席に座るともやしキムチのサービスが。
頂いてみると、ピリリと辛いの美味しい物でした。
ちなみにお替り自由です。

 

 

スープ割り







更に丼到着前にスープ割り用にポットに入ったスープ、醤油ダレ、味の変化を楽しむ為か昆布酢が脇に置かれます。

 

 

 

さて、丼到着。

3b87c1b633a36ce1-o

麺








麺は自家製という触れ込みの中太ちぢれ麺、茹で加減普通。麺の上には刻み海苔。

 

スープ







つけ汁は見た目濃厚そうな豚骨、魚介系のWスープ。表面に膜が張っています。
具は刻みチャーシュー、メンマ、葱。

 

つけ汁はどちらかというと魚介を強く感じる、割と甘めの方向。
麺はツルツルッとした瑞々しい多加水麺。
喉越しも良く300gという量を然程感じず平らげました。
この日は気温が低かったせいか、麺の水気の多さか、食べてる内につけ汁の温度急降下。

こんな時はスープ割りで温まるとしますか。
セルフでポットから少しずつスープ投入。
すると、今度はジワ〜ッと豚骨系の味わいにシフト。
カエシも加えて好みの味にして、結局スープ完飲。

にゃがにゃが(中々)美味しかった一杯でした。

にゃがにゃが亭
最寄駅:一之江
料理:ラーメン一般
採点:★★★☆☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下
用途:昼食

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ