めぐりあいズゴ

東京のリアル下町の一角、堀切菖蒲園を中心に 足立ナンバーエリアを徘徊しまくる高純度アダッチ・カツシカンブログ。

タグ:そばっ子

久々に利用。
ぶっかけかきあげ天そば(290円)を麺特盛(120円プラス)で。

ぶっかけ

およそ4年振り【その時の記事】に食べたメニューですが、相変わらず迫力のあるルックス。
そんなボリュームを感じる蕎麦の量ですが、瑞々しくツルツルっとした喉越しの良さでスルスルーと難なく食べ進められます。

そば


粉の風味は弱いんですけど、細さと茹で加減が丁度良い塩梅で、好みなんですよねー。

かきあげは揚げ置きらしさを感じさせない、カラッと揚げられててサックサクした食感の物。

かき揚げ


つゆは相変わらず甘くもなく辛くもなく、といったライトな風味。

ワンコイン以下で、好みの蕎麦を躊躇い無くズルズルいけるのがなんとも嬉しいですねー。

食べ進めながら目の前のメニュー表を見てて、で、後ろの席の高校生2人組がそれぞれ、まんぷくってヤツを頼んでて、で、気になって見てみるw。


メニュー


確かにそのメニュー、内容を考えると、かなりお得なメニューなんだなー。
やっぱ食べ盛りは良いモン知ってるねーw。

実はこのお店の所属グループが金町に新しくラーメン専門店を出したっていうのを聞きつけて様子を伺ったんですが、ソチラはあいにく満席でしたので、コッチにしたんですよね。

東京理科大の葛飾キャンパスが開校して、金町界隈は相当賑わってる感がしました。

金町うどん ( 金町 / うどん )
★★★★4.0
supported by ロケタッチグルメ

 
人気ブログランキングへ 

↑私のやる気スイッチ、1日1回それぞれポチして頂けたら、こんなに嬉しいことはないです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

再開発の波が吹き荒れる金町駅前、その再開発のいわばセンターのヴィナシス金町というタワーマンションの裾野で、今日も庶民の味方として低価格でうどんを提供しているお店、四国大名。

2011_02071月1日 0016

久々の訪問でも頼むのはまたしても、のAスペシャル(都合3回目)。

2011_02071月1日 0010

450円の据え置き価格にプラス120円の麺特大盛り(2倍)にしたので都合570円のルックス。

確かに通常の2倍くらいありそうな直径をしたうどんの器。

2011_02071月1日 0011

中身はわかめたぬきうどんですが、具の構成が以前とは少しマイナーチェンジしているご様子。

うどんは噛み応えのある、相変わらずの腰の強さを感じる物。

2011_02071月1日 0014

量の特大盛りっていうのは以前同系列の『金町うどん』で実践した事あるんですけど、それよりも食べ応えがあるようなボリューム感。
つゆは相変わらずの、やや甘な、さっぱりとした出汁加減。

2011_02071月1日 0015

個人的には、うどんつゆ、出汁よりもガツンとカエシを利かせてるほうが好きなんですが、ここのつゆの万人向き感も悪くないんですよね〜。

さて牛めし。

2011_02071月1日 0012

肉はサシというか脂身が多い比重で柔らかく、適度に下味が滲みている玉葱もいい感じ。
割り下というか「つゆ」が適度に浸って薄茶色になっている炊き込みご飯風なライス部分も、いつも思うんですけど、やや硬めな炊き加減が好みです。

これまたいつも思うのが、ルックス、テイスト共に、かつて散々頂いた、新橋の「牛めしげんき」に似てるんですよね〜。
「吉の字」とか「松の字」とか「すきの字」とかの多店舗展開の大手な牛丼も間違いなく好物なんですけど、やっぱこういう個人商店な牛めし(と、あえて表記しときます)に強く惹かれるわ、自分。

子供用の取り皿も常に完備。

2011_02071月1日 0009

この手のお店では少数派な4人掛けのテーブル席があるのも子連れ派には嬉しい限り。

懐具合への優しさも相変わらずな「そばっ子グループ」、この際「金町の良心」と言い切っちゃっても、そんなに差し支えないんじゃないかと。

2011_02071月1日 0008


四国大名 ( 京成金町 / うどん )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

金町駅前商店街、ベルシティの入り口脇の立ち食いそば屋さん。

BlogPaint

実は同じ商店街にあるうどんの『四国大名』と、その向かいの名称失念の中華料理屋さん、更に線路を挟んだ北口の『金町うどん』も同系列。
という事で金町駅周辺の麺事情は、このお店抜きに語れないような、そんな存在のお店。

かき揚げ天ぷらそば(300円!)。

2008_11241月1日 0078

蕎麦は自家製の茹で置き。ややグレーがかった蕎麦で星もちらほら。
つゆは甘いのと辛い(塩気強い)のが共存の、この辺り(葛飾区周辺)では割と定番的な味付け。
上に乗る具のかき揚げの種はそのほとんどが玉葱でしたが、この辺りの種の構成も時期によってアレンジがあるようなないような…。

何度か訪問していますが、頼んでしまう率が高いのは、やはり看板メニューのかき揚げ天ぷらそば。
訪問のタイミングは「麺を茹で上げたばかり、天ぷらも揚げたばかり」という状態が最高のアタリだと思うんですが、どちらか片いっぽはあっても、両方は未だ出くわさないんですよね〜。
ま、「茹で置き、揚げ置き」でも、この値段ですから十分にコスパが高いといえるでしょう。
再開発盛んな金町駅南口ですが、このお店も失くなって欲しくない、と思っている方はかなりの数に上るんじゃないかな〜、と思う一軒です。

 

そばっ子 ( 京成金町 / そば )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ


blogram投票ボタン 

上のボタンをクリックして頂けるとこのブログの元気玉がたまります。 ブログパーツ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

11月24日(月・祝)

なんだかんだでブログの更新も進まぬまま、3連休の最終日。だってとてつもなく眠いんだもの。

そんな最終日、寒空の雨の天気の中、なんだか無性に立ち食い蕎麦が食べたくなり、ふと金町へ。

駅前の「そばっ子」へ伺う。

2008_11241月1日 0077

頂いたのは「天ぷらそば玉子入り」(名称違うかも)350円。」

 

2008_11241月1日 0078

蕎麦は茹で立ての生麺、ツルツルッとした喉越しの良さ、なのだけれどもその他は大騒ぎするでもなく、誰もが想像する範疇の、言わば正しい天玉そば。

だけれども、それが良いんですよね〜。

食べたかった味に久々にありつけた、休日の間食でした(笑)。

 

で、金町といえばもう1つ気になるのが再開発。「お気に」のお店の現状を思わず確かめずにはいられない。

 

2008_11241月1日 0076

 

あ〜良かった。こちらの2店舗は相変わらずドッカリと根を下ろしているご様子で
なによりでした。久々にお邪魔したいところです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ