めぐりあいズゴ

東京のリアル下町の一角、堀切菖蒲園を中心に 足立ナンバーエリアを徘徊しまくる高純度アダッチ・カツシカンブログ。

タグ:あつもり

1月1日


元旦という事で何処もお休みの中、やっと見つけたオアシス的店舗は鶯谷の「きみはん」。

2010_12291月1日 0013

有名店『つけめんTETSU』系のお店で、以前訪問した事のある『BUZZ』の居抜きでの営業です。
実はこのお店オープン当初から知っていて、その成り立ちから兼ねてより興味あったんでんですけど軒並みな行列を見ていて、そのハードルの高さに自ずと敬遠していたお店なんですな。

訪問したのが2時半という、ラー好きにはいわばアンタッチャブルな時間だったんですけど(昼営業は2時半で閉めるお店が多いよね)、このお店は15時までという事でホッと。
引き戸の入り口を入ると右側に券売機の食券方式。

私が「あつもり大盛り800円」、妻が「つけめん大盛り800円」の食券をポチッと。

カウンター席に座ると、多分『BUZZ』時代からほとんど変わらなそうな厨房レイアウトのような気がします。
という訳でカウンターも以前と変わらずL字カウンター10席程。

着席して直ぐ、厨房内のスタッフの人に、

「大盛りと同料金で特盛りが選べるので、お子様の取り分けを考えたら特盛りのほうが宜しいのでは?」

と聞かれたので、特盛りのグラム数を聞くと、

「400gです」との返答だったので、スタッフさんのアドバイスに甘え、あつもりを特盛りにして貰いました。

10分弱でまず麺が到着。

2010_12291月1日 0008

麺は「TETSU」系らしさ感じる貝割れ大根が上に乗る、中細ちぢれ麺。

2010_12291月1日 0009

すぐさま到着のつけ汁は見るからに濃厚そうな動物系+魚介系の表層に刻み葱とナルトが浮きます。

全体の絵的にはこんな感じです。

2010_12291月1日 0007

さて、麺を一つまみしてつけ汁に漬そうとすると何か違和感が。

2010_12291月1日 0006

麺の所々にピンク色の物が付いているんですが、一口食べてみるとそれが判明。
余所では味わった事のない梅肉が和えられているんですね〜。

2010_12291月1日 0010

一方つけ汁は店名表記の煮干が勝っているというよりも、他の動物系(鶏メイン?)とのバランスが取れていて、これまた和風演出の柚子風味が利かせてあります。
つけ汁の底にはロースチャーシューとメンマ、それに挽き肉が沈んでおり、これによってつけ汁に更なる味のバランス、旨味と甘みをプラスしている模様。

2010_12291月1日 0012

麺に梅の下味、そしてつけ汁は動物+煮干メインな魚介系に柚子のアクセント、そして挽き肉の甘み。
これらがケンカする事なく収まっているんですけど、予定調和な味でもあるのかな…。

頂いた感想は、美味しいんだけど、アレンジ効かせた効果(梅肉とか挽き肉とか)はそれほど感じられなかった、というのが正直なところです。

元旦営業だからこそのノー行列、先客2名の状態で突入出来たのかも知れませんけど、以前から行きたかったお店だったので良い経験が出来ました。


2010_12291月1日 0014

 

江戸前煮干中華そば きみはん ( 入谷(東京) / 醤油ラーメン )
★★★☆☆3.0
powered by livedoor グルメ




blogram投票ボタン
 

↑ポチして頂けるとこの1年、またやる気が出せますので宜しくお願い致します。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

五反野駅から徒歩5分程、昨年11月オープンの東池袋大勝軒系のお店。

店主は東池袋、南池袋、滝野川で修業されていたようで、店内にも各店舗での店主との写真が。

店舗外観は、入口右脇の製麺機がかなり主張。店名は大勝軒プラス店主の名前(○彦?)を足した物とか。

店内の様子は入口左脇に券売機のある食券方式。メニュー構成は定番の中華そば、つけめん、あつもりに加え、トッピングを加えたメニュー類、更には麺の増量メニューで最大、特盛り950g等というかなりボリューミーな物も。

 

その脇には

せっかちな人

が多いのか、

「麺茹でに時間がかかります(ラーメン5分、つけ麺8分)」

と言う注意書きと、

麺を残す人

が多いのか、

「当店の麺は量が多い(350g程)ため、完食に不安な人は少なめ、半分等申し付け下さい」というような内容の注意書きが。

 

たいしょうひこ 6

 

平日の開店間もない時間に訪問、先客は3名。

 あつもり(650円)をお願いしました。

 

たいしょうひこ 4

 

麺はそれぞれタイマーを使って、きっちりの茹で上げ時間。

クリーム色の自家製の太ストレート麺は400g近い量という事もあって、さすがにボリュームを感じます。

たいしょうひこ 2

 

つけ汁は麺の皿と同じ位の大きめの椀にナミナミと注がれていて見ためにも濃そうな感じがします。具は表面に浮いた海苔、葱、底に沈んだチャーシュー、メンマ。

 

たいしょうひこ 3

頂いた感想は、 麺は8分超の茹で時間でも全然ダレてない感じのコシの強い麺。食べる前の見た感じでは、割とモッチリしてるかな〜と思ったのだけれども、適度なザラザラ感が心地良し。

 

たいしょうひこ 1

 

麺を断面にすると真四角に近い感じで割とエッジ感も感じる茹で具合。

それ故つけ汁との絡みも良好。つけ汁は東池袋系らしさを感じ取れる、ゲンコツや鯖節など色々感じる出汁加減。甘・辛・酸のバランスが均等取れている感じのつけ汁。

丼の縁までナミナミと注がれるスープ割りを頂くと魚介系の風味が増幅。

 麺は力入れているだけに割と好印象でしたが、つけ汁は個人的には平凡に感じました。この辺りは好みというか個人差なんでしょうね〜。

 

足立区には近年、東池袋大勝軒系が増殖中ですが、数ある店舗それぞれ、修業の経緯が違う分、いろんなアプローチがあるなぁ、と実感。

 

たいしょうひこ 5


このコメントを読む

店名:麺絆 大勝彦

最寄駅:五反野 / 小菅 / 梅島

料理:醤油ラーメン / つけ麺

評価:★★★ 一人当たりの支払額(税込み):ランチ1,000円以下

用途:一人ご飯

 

あ、あまり関係ないですけど、最近、このブログのパートナー、シャアザクという名のデジカメ君が具合悪くてですね、撮りたい時にエラーになるというご機嫌ナナメっぷり。そのおかげで店舗写真もなし。ついでに言うとつけ汁のピンボケもそのせいだな。さて、現状で耐えるか、修理に出すか、思い切って買い換えるか、悩むところですな。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

大勝軒、略してTSK。

ついさっき思いついたんですが、念の為ググると「山陰中央テレビ」がトップに出てきました。

そんなTSK、たま〜に無性に食べたくなる時があります。

 

そういう訳でおよそ3年半振りの訪問の綾瀬TSK(もういい)。

 

綾瀬大勝軒

 

 

 

 

 

 









前回の訪問時にはムスメがまだフニャフニャの誕生直後で、妻は里帰り中、1人で訪問したんだっけか…。それが今や家族4人で訪問なんて、時間の経つのは早いな〜。

ま、そんな話はいいとして…。

お店の様子は「吉牛」みたいなコの字カウンター席10席強。壁に向かう形の会議室とかで使う折りたたみのテーブル席が6席程。入り口右脇に券売機の食券方式。

平日の午後7時過ぎに訪問、先客は8割程。

あつもり(680円)を頂きました。

あつもり

 

 

 

 

 

 

 

 









麺は以前の訪問時よりも印象の変わる自家製中太ちぢれ麺、茹で加減普通。
つけ汁は表面には軽く油膜が張る飴色の濃い醤油色。
具はチャーシュー、それと別に丼の底に刻みチャーシュー、茹で玉子半玉、ナルト、メンマ、海苔、葱。
 
頂いた感想は…。
麺は乳白色にちょっとグレーがかった見た目で、以前と麺を変えた感じ。
恐らく、ちょっと前に頂いた姉妹店『入谷大勝軒』と同じ麺と思われます。

ツルツルッとした喉越しの食感で粉の風味も感じられる、割と好みの麺。
 
つけ汁は甘辛酸で言う所の甘味が最初に来て次に酸味が。
辛味はほぼ感じません。この辺りは卓上の一味で加減でしょうか。

このつけ汁、食べ進めていく内にちょっと違和感が…。
なんというか、つけ汁が薄味に感じるんですよね。
個人差はあるでしょうけど、既にスープ割りした後みたいな感じの薄さ。
麺投入毎にどんどん薄まっていくのは、まあ当然なんですけど、ソレとは違うというか。

一通り麺を平らげた後に、一応スープ割りをお願いしましたが、やっぱり相当な薄まり感。
卓上に多分カエシ(ラーメンダレ)のボトルみたいのがありましたが、これで濃さを調整するって事だったのかな。
結局未使用でした。

ボリューム感溢れる麺の魅力に比べ、つけ汁は正直パワー不足に感じる一杯でした。

中太麺が好きなムスメとムスコ。一所懸命モグモグと結構な量を平らげてました。

人気は定着している様で、後客が続々と。
地元に一番近い東池袋大勝軒系として、頑張って欲しいな。


大勝軒

最寄駅:綾瀬
料理:つけ麺 / 醤油ラーメン
採点:★★★☆☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下
用途:夕食

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

とある日の昼食時、この辺りでラーメンモードになり、何処にしようかな〜、と数軒伺ったのですが何処もピンと来ず、以前「入谷大勝軒哲屋」を名乗っていたお店(今は別店名)に行こうと思い、コインパーキングを探していたら、ホントに偶然見つけたお店。最初、コチラに移転したのかと思いましたよ。(ちなみに全く無関係らしい)。

 

今夏にオープンした、東池袋大勝軒の流れを汲む『綾瀬大勝軒』の関連店。

2007_11191月1日 0003

外観は(東池袋系)らしさを感じる赤いテント、店頭はガラスの引き戸で中の様子が伺えます。
そのガラスには「東池袋大勝軒云々〜」の触れ込みやメニュー表等がペタペタと。

店内の様子は入り口左脇に券売機、厨房の前にカウンター席、その後ろには厨房に背を向ける形のカウンター席があり、合わせて12席程。
全体的には綺麗ですが、要所要所に使い込まれた感を感じるので、多分居抜きの店舗でしょう。
その店内奥には、かつて座敷席であったであろう小上がりがありますが、現在は食材置き場兼待ちスペースになっています。
店内壁には綾瀬同様、山岸氏のサイン、記念写真、紹介記事等がペタペタ。

2007_11191月1日 0005

2007_11191月1日 0006

2007_11191月1日 0004

メニュー一部表記です。


中華そば650円(大盛り770円)
もりそば(あつもり)680円 (大盛り770円)
ゆでもり(茹で玉子入り)730円
なまもり(生玉子入り)730円
大盛りもりそば800円
もりメンマ960円
もりチャーシュー980円
メンマラーメン910円
チャーシューメン950円
等など。


メニュー構成はほとんど綾瀬と同じですね。
メニュー表には「当店の麺は中華300g、もりそば400g(普通のラーメン店の2倍強)です。「やや少なめ(3/4)」「少なめ(1/2)」で麺の量を調節します。申しつけ下さい。」との注意書き。
こりゃ〜、初訪問の人には助かるアドバイスですよね〜。

日曜日のお昼頃に訪問。訪問時は満席。5分程待ち、あつもり(680円)をお願いしました。

2007_11191月1日 0013

麺は自家製中太ちぢれ麺、茹で加減普通。
つけ汁は飴色に輝く濃い醤油色、表面には軽く油膜が張ります。
具はチャーシュー、それと別に丼の底に刻みチャーシュー、茹で玉子半玉、ナルト、メンマ、海苔、葱。

頂いた感想は、
麺は乳白色にちょっとグレーがかった見た目。

2007_11191月1日 0014

食感は非常にツルツルッとした喉越しで、コシを味わうというよりも喉越しの良さを感じる麺、粉の風味も感じられます。

2007_11191月1日 0015

つけ汁は甘辛酸で言う所の酸味を強く感じ、後に甘味が。
辛さは抑え目、というかほぼ感じません。

2007_11191月1日 0009

この酸味と甘味のバランスが良い感じで、クドさを感じず、グイグイ食べ進めさせるつけ汁になっています。
終盤は卓上の一味唐辛子投入で、味の変化を楽しみつつ、一気に平らげました。

食後のお楽しみ、スープ割り。若干控えめだった動物系の出汁の美味さを感じつつ、完飲。

個人的には一番食べ慣れている綾瀬大勝軒の関連店という事で、訪問前にも不安はありませんでしたが、
頂いた後の感想は、満腹感も含め

 

「あ〜、大勝軒食べた〜!」

 

という満足感に包まれた訪問でした。

私が訪れた時の印象は、ラーメン好き、大勝軒好きが集っているというよりも、子連れを含むご近所さんがお昼ご飯を食べに来ている
という印象からも、早くも地域に根付いているといった印象。

大看板に寄り掛からず、好感の持てる接客も○。十分に東池袋らしさ、山岸イズムを感じられるお店だと思います。


入谷大勝軒
最寄駅:入谷
料理:醤油ラーメン / つけ麺
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下
用途:昼食

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ