めぐりあいズゴ

東京のリアル下町の一角、堀切菖蒲園を中心に 足立ナンバーエリアを徘徊しまくる高純度アダッチ・カツシカンブログ。

カテゴリ:中華類

※2005-05-05 東京グルメにクチコミ投稿した記事です。
当該サイト閉鎖により転載しました。


総合:★★★☆☆ 3pt

ふくふく餃子5月4日 007

『田舎そば』、『鳥勇』利用の後に並びのこちらも利用しちゃいました(笑)。田舎そばのコメントの賑わいは知っていたんですけど、コチラも結構な賑わいだったのですね(笑)。店頭で色々と物色しましたが結局焼き餃子(10個入り)400円を購入。購入後、コインパーキングの愛機の中に入れると、焼き置きの品にも関わらず、すぐに漂う食欲をそそるニンニクの香り。この香りに包まれながら帰宅、自宅に戻りまずはやや冷めた状態の物をタレを付けずに一口で頂くと、香りどおり餡はニンニク多めによる辛めセッティング、野菜と肉のバランスもいい感じ。温め直しでも頂きましたが、結構好みの物。
御飯にも相性良しの美味しい物でした。次回訪問には店頭の物、色々試そーっと。


※2005-01-11 東京グルメにクチコミ投稿した記事です。
当該サイト閉鎖により転載しました。


総合:★★★★★ 5pt
src="http://storage.gourmet.livedoor.com/fantasisitaksk10/b689cb755b19702b/e51b593d4b17bd29-o.jpg" alt="葛飾、いや城東最強の肉まん@哈爾濱餃子" /></div>
<div class="gourmet-text">

堀切菖蒲園の冬の名物、哈爾濱餃子(はるびんぎょうざ)の肉まん、リリース始まってます。
毎年登場を心待ちにしている、家族ぐるみのファンです。
平日に買い求めに行ったら「もう無い、土曜日に来て」と言われ、その週の土曜日に訪問(笑)。
諸事情は判りませんが、土曜にしか提供していないという噂もチラホラ。一個180円、店頭で温めている物では無く、チルドでの提供オンリーですが、レンジでチン!か蒸かせば至極の味が貴方のお宅に。
中の甘さ感じる肉等の餡の美味さもさる事ながら、モチモチッとした皮が美味いんですよ、皮が!。
まあ、味的には此処より上の肉まんもあると思いますが、このコストパフォーマンス振りは、地元贔屓抜きに凄いと思います。ホント、100円台だったら相当ヤル肉まんだと思います。
私が手にしたのは土曜の午後4時頃、その時点で残り3個位でした。
割とレア物の葛飾最強(説を唱えてるのは私だけだけど)肉まん、確実に手に入れたい方は早めの訪問を。

【以下2005年3月6日のコメント】
本日(2005/3/6)午後7時過ぎに訪問、先客は無し。またラーメンを頂きました。
前回同様麺固めで注文、今日はスープ熱々。美味しく頂けました。テレビ取材の反響は一段落した模様です。

【以下2005月1月11日のコメント】
中国生まれの御夫婦が営む、カウンター席5席の小さな店です。
店名にもある通り餃子が中心ですが、カウンター席の上に餃子以外にも麺類や一品料理の短冊メニューがぶら下がっています。
飲食スペースとは別に持ち帰り用の窓口があり、餃子等が持ち帰り可能です。
持ち帰りで利用する事が多いのですが、たまには麺を、という事で店内で頂く事にしました。<br />訪れたのは祝日の午後9時半頃。閉店間際という事もあり先客は無し。
席選び放題という事で左端に着席。(理由は私が左利きなので。肘が当たるのが他の客に悪いのでどの店でも左端着席が習慣になっている)。
ラーメン480円と焼餃子350円を注文。麺類は注文時、麺の茹で加減(柔め、硬め)を聞いてくれます。
程なくラーメン到着。上に乗る具は焼豚(八角の風味伝わる固茹でされた物)、もやし、メンマ、半玉の茹で玉子、葱。スープはガラ主ベースに野菜色々と思われる、醤油がちゃんと伝わる優しい感じの物。麺は中細ちぢれ麺。
茹で加減を硬めでお願いしたのが功を奏し、かなり好みの物です。
ややスープぬるめでしたが、この値段(480円)でこの味はかなり満足出来ました。美味しい一杯です。
焼餃子は大振りの物が5個。下はパリパリ、上はモチモチした皮を噛んだ瞬間、口の中にジュワッと広がる熱いスープ。火傷しそうです。
モチモチの皮の食感、中の餡もジューシーで美味しい物でした。
頂いた後の食器はカウンターの上に置いて頂くと店主の手助けに。
お店のオープンから早7年程。もっと前から在った様な感覚になる程に地域に馴染み、また持ち帰り利用等を含め御近所にとても重宝されている良いお店です。
余談ですが来月2月19日放送予定のアド街「堀切菖蒲園」の取材を受けたそうです。只でさえ空く事の少ない店内、激戦区に為ってしまうかも…。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

※2005-01-09 東京グルメにクチコミ投稿した記事です。
当該サイト閉鎖により転載しました。

総合:★★★☆☆ 3pt

ABABの隣の地下のお店です。店内はカウンター席やテーブル席、宴会用個室等あり、キャパは広め。地下のお店であるという窮屈感を感じさせない広さです。
料理もドリンク類も適正価格。店内の広さもあり、上野界隈で大人数で中華をちょっとずつ色々頂きたいという時には重宝するかも。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

※2004-09-27 東京グルメにクチコミ投稿した記事です。
当該サイト閉鎖により転載しました。


総合:★★★☆☆ 3pt

料理はアラカルト(150種 1,260円より)で頼むかたちで席だけを予約し、19:00頃店に到着。
夜景の綺麗な店内は、天井がとても高く高級感タップリ。
席に着き、メニューを見てまたビックリ。フカヒレやツバメの巣にはとても手が出ませんでした。
このような、お店の売りの品は頼みませんでしたが“くらげの冷菜”“地鶏の揚げ物”“蓮の葉の蒸し炒飯”“キヌガサダケと豆腐の煮込み”“芝海老と玉子の炒めもの”等を食べ、デザートに“黒胡麻味の白玉入りデザート”“果物入りの杏仁豆腐”を頂きました。
しっかりした味付けで、別途注文した中国茶ととても良く合いました。デザートも素材の味がよく出ていて、私的にはゴマゴマした“黒胡麻味の白玉入りデザート”がとても美味しかったです。
でも、これだけ払うんだから美味しいの当たり前って感じも強く、この採点です。気が付けば店内満席…なんだかんだ言ってもこの国は金持ちだなぁ・・と感じた夜でした。

このページのトップヘ