めぐりあいズゴ

東京のリアル下町の一角、堀切菖蒲園を中心に 足立ナンバーエリアを徘徊しまくる高純度アダッチ・カツシカンブログ。

カテゴリ:その他東京都23区内

4d1e85b53e5965ea-o

都内を中心にチェーン展開をしているおにぎり専門店。
ガラスのショーケースには、定番の具材の物から、明太チーズ等真新しい物まで多種多様。
店内には若干ながら、イートインスペースもあります。
まず全体的に言えるのは、そのおにぎりの大きさ。
コンビニサイズの2倍のブ厚さは確実にあります。
米には有機肥料で育てた庄内米、塩は天日干しの沖縄天然海塩等、素材にもかなりの拘り様。
塩むすび(100円)他を頂きました。
塩むすびは塩むすびの上に白胡麻を塗した、まんま米勝負の潔い代物。
一口齧ると、なるほど、店内で手作り、の新鮮さが功を奏し、瑞々しい米の甘みと、多少の甘みさえ感じる、抑え目の塩気の感じが良いバランス。
にぎりのボリュームも相まって、2個頂いたら、多少の空腹感は落ち着くと思います。
他の具材は極めてオーソドックスな物。でも米の旨さは変わらず。
この近辺で、コンビニおにぎり食傷気味の方には絶対お勧めのお店です。

総合:★★★☆☆ 3pt

秋田屋店舗建て替えで仮店舗での営業だった浜松町の名店「秋田屋」ですが、今月末の30日か31日に新装オープン予定です。車窓から伺ったものでちょっとあやふやでスイマセン。

外観から伺うに、1階は前と雰囲気が同じ感じになりそうですが、大きく違いそうなのは2階席(その上もあるかも?)ですかね。座敷かスタンドかカウンターか判りませんが、前と比べてかなり寛げそうな感じがします。

 

界隈の飲み好きには馴染みの場所での「秋田屋」再開、嬉しいでしょうね〜。

 

秋田屋
最寄駅:浜松町 / 大門 / 芝公園 / 御成門
料理:居酒屋
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円〜3,000円
用途:飲み会/宴会

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

品川駅程近くのラーメンテーマパーク、「品達」に『なんつッ亭』目当てで訪問しましたが、20人程の行列であえなく変更。
他のお店も軒並み満席。席に余裕があったのと、前々から一度食べてみたかったこのお店を選びました。
休日の午後5時頃に訪問、店内はカウンター15席弱、テーブル10席程。先客は5名程。
支那そば(薄口醤油)650円+味玉100円の食券を購入し、柱の周りをグルッと囲む形の四角いカウンター席に通されました。
5分程で丼到着。
麺は中細ちぢれ麺、スープは鶏がら主ベースの割と濃い目の醤油色。具はロースチャーシュー、味玉、海苔、ホウレン草、メンマ、なると、葱。
頂いた感想は、あっさり感を彷彿させる見た目よりも、ハッキリした醤油味のスープ。
出汁はあまり感じられず、旨味由来のピリピリ感が割と強く感じられます。
そういう訳でスープはあまり進まず、麺、具も普通に感じました。
以前から食べてみたかった一杯でしたが、ちょっと残念な印象になってしまいました。

総合:★★☆☆☆ 2pt

天虎















 武蔵小山時代から是非訪問したいと思っていて、現在の店舗に移転後も場所が解らない、場所は解ったけどスープ切れ仕舞い等で訪問出来なかったお店。
 ようやく4年越しの片思いが実りました。
 
 店舗外観はシックな佇まいで白暖簾に天虎の文字、店頭にはメニュー表と「麺柔らかめ、スープ薄めの注文には応じられません」との注意書きが。
 店内はL字カウンター席8席程、落とし気味の照明にジャズが流れ、結構ジャジーな雰囲気です。カウンター上部にメニュー等が短冊状に貼られています。


9ec3e3e1c3e686eb-o

土曜日の午後2時頃に訪問、先客は5名。訪問前から決めていた135(イチサンゴ)650円にトッピングで味玉100円を注文。
それとランチタイム時に無料サービスの「半めし」をお願いしました。


 
麺は西山製麺特注麺、黄味がかった卵麺で中細ちぢれ麺。
スープは豚骨主ベースの茶濁の醤油色。
具はチャーシュー、メンマ、葱、そして味玉。
 
頂いた感想は麺の茹で加減は師匠(天鳳)同様、かなりボソッとした硬めの茹で加減。
スープの絡みも良好ですが、この麺は正に食感で食べさせる麺。 スープは醤油のカエシの強さよりも出汁の豚骨を味わえるような、やや優しい感じ。
個人差はあるでしょうが、塩気さはあまり感じませんでした。
具のチャーシューは硬茹で、肉厚の物で食べ応え充分、メンマの食感、味玉の半熟加減も良い物でした。
 
頂く前に熱いおしぼり、食後には冷たいおしぼり提供等、接客も丁寧で落ち着いて頂けました。
正直、天鳳の135とは似て非なる物と感じましたが、これはこれで美味しい一杯でした。★4に近い★3で。
武蔵小山から移転で、師匠と東京タワーを境に近くなった同店、天鳳の味を再現していきたいのかどうか解りませんが、応援していきたいお店です。


天虎
最寄駅:浜松町 / 大門 / 芝公園
料理:ラーメン一般
採点:★★★☆☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下
用途:昼食

c8997622287f6f55-o

総合:★★☆☆☆ 2pt

src="http://storage.gourmet.livedoor.com/fantasisitaksk10/983206c5b1a205e1/37fd92d113f3580e-o.jpg" alt="博多明太温玉そぼろ丼セット@ふくちゃん" /></div>
<div class="gourmet-image"><img class="pict" src="http://storage.gourmet.livedoor.com/fantasisitaksk10/c/c8/c8997622287f6f55-o.jpg" alt="店頭" /></div>
<div class="gourmet-text">

晴海通り沿い、勝どき橋に程近い場所にある、辛子明太子で有名な「かねふく」が母体の長浜豚骨のお店です。お店の存在は15年程前から知っていましたが、未訪だったお店です。
訪問してから判ったのですが、都内を中心にチェーン展開している御様子。知らなかった。機会があって休日の午後5時頃に訪問、店内はカウンター10席程、テーブル12席程。2階席もあるようですが席数は不明。カウンターに座り、博多明太温玉そぼろ丼セット(同名のミニ丼と博多らあめんのセット)800円を注文しました。
麺の固さは5段階での指定可、初回なので普通で。卓上には6種(わかめ、メンマ、生ニンニク、バラ明太、高菜、紅しょうが)の入れ放題トッピング。麺は細ストレート、スープは豚骨臭のあまりしない見た目にもサラサラした感じの物。具はチャーシューとわけぎ。丼はペースト状の明太子と温玉とそぼろが乗った物。
頂いた感想は麺の良い意味での粉っぽさを感じられず、スープも豚骨の力強さが弱め、というかほとんど「らしさ」が感じられないスープ。丁寧に灰汁を取り除いた仇か、チェーン展開で同一商品を提供するための味なのか判りませんが、個性を感じられず、替え玉も止めておきました。
ミニ丼についても同様。明太子が売りの様ですが、正直「まあ、こんな物かな?」と思う、弱い一品でした。
東京での長浜豚骨普及のルーツとして「九州じゃんがら」と並び、評価されている同店ですが、私の好みの長浜豚骨ではありませんでした、残念。

1月27日、今日は朝からせわしない…。

いつもだったら自然に目覚める休日の朝も、今日はたたき起こされる。

その理由はただ一つ、北区王子にある「伊藤」というラーメン屋さんの営業開始を目指す為だからだ。(前回の記事はコチラ

この店、簡単に言うとズゴ一家にとって、クセになるラーメン屋に決まっちゃいました。ホント、再食したい!って考えたら味が蘇ってくるんですよ、濃厚煮干系のスープのインパクト強すぎです。

で、平日にもチャレンジしようと思ったんですが、都合がつかずに願い叶わず。それで土曜出動となった訳です。

前日、ふと思いました。前回訪問時(先週日曜日)は大雪の翌日訪問で、お客の動きも然程無く、また昼時を外した時間だったので、割りとスムーズに入店出来たに違いない…。土曜の昼時訪問だったら、行列もありえるよと…。

ちょっと出遅れたけど身支度を整え、出動!とりあえず環七で目的地に向かいます。流れもスムーズで目的地近くまで30分掛からずに到着!

現場(店)に着いたのは11時半位。

3a04471cdbe3cca2-o

店頭には路駐のフィットが止まってますが、幸い外には行列はありません。中の様子は此処からでは判らないので、早々にクルマを止めて店内に突入!

c62b44d58d83d697-o

伊藤2

 

 

 

 





あれあれ?激戦区と思われたテーブル席に楽勝で座れちゃいました♪先客はカウンターにおふたりさん。しかも地元(商店街の人)っぽい感じ。ちょっと拍子抜けしました(ホッ)。

さっそく訪問前から決めていた「そば大盛り」650円をコール。

今日のホール担当は前回には居なかった女性店員さんでした。前回も思ったんですが、このお店、必要最低限以外(注文聞き等)以外は店内の奥のスペースにいるんですよ、だから思いっきり味に集中出来ます。

f39787f20e7fed2f-o

今回は肉の無い分、麺とスープに集中できます。だからか、葱もやたら美味く感じました。

食べた感想は前回同様、スープまで完飲の美味さでした。スープの後味も全く嫌味のない物。麺も改めてその実力の高さを実感しました。


ヤバイです。伊藤リスペクトです!


書いている今でも味が蘇ってきて食べたくなりました!

 

伊藤4









帰りに引き戸に貼られていたライブドアグルメ、ユーザーが勧めるラーメン店100軒ステッカーをパチリ!先週も存在に気付いてたんですけど、撮影できませんでした。ステッカーにはご近所に越してきたホリエモンの顔のイラストが。一週間の間に雲泥の差ですな。

これで「伊藤」のメニュー全制覇しましたよ!(笑)。

 

伊藤で美味いラーメンを食べたズゴ一家、次に目指す街は北のお気に入り、十条です。

クルマで東十条を進行中、どっかで見たことあるな〜、のもつ焼き屋発見!

ほほ〜っ、これがこの地で有名な「埼玉屋」か〜、行きたいな〜。

走行中だったので、流石に車窓画像は無しですけど。

その後、無事に十条到着、最初に目指すはおにぎりの名店「蒲田屋」!といいたいところだけど、またしても手前のベビー服屋へ。

セールやってるらしいとの事での訪問だったけど、目ぼしい物は無し、でもメイン商店街沿いの2号店で、タイツ、パンツをゲット!

いや、正に親バカまっしぐらです。自分の服買わずにムスメの服ばっか買ってます。甘いな〜と思いつつ、止まらないんですよね、これが。

その後、蒲田屋に伺うと、かつてない種類の多さのおにぎりがショーウインドーに!。後客もいないんでじっくりと購入。

2006_01221月23日0015

写真:左から「カニカマ天」「イカ天」「ヒレカツ」「しそ」

2006_01221月23日0016

写真:左下から時計周りで「ごぼう」「ウインナー」「鮭」「みそにぎり2個」

いや〜、どれを食べても美味いっす!ホント米が美味いんですよね〜。今回お初では「ウインナー」が良い感じ。再食では「カニカマ天」「みそにぎり」お気に入りです。

「イカ天」「ごぼう」「鮭」はヨメが食べたんで判らず。

全種類制覇まで蒲田屋訪問は続きます。まあ制覇後も通うと思いますけど。

その後、ちょっと見慣れてきた十条の街並みを再発見すべく、寒い中ウロウロ。演芸場通りの踏切を渡り、周辺を観察すると、なんか聞きなれた屋号のお店が。


すみた
 












ほほ〜っ、ココが東京グルメでも評判の良いうどんのお店「すみた」か〜。

隠れうどん野郎としては、是非とも食べてみたいところですが、娘の機嫌が悪いので、訪問は次回に持ち越し〜、ちょっと残念でした…。

「すみた」店頭で引き返し、再び駅方面へ。

いつも通る商店街の横道に、とても憧れているお店があります。


斉藤酒場














その名は「斉藤酒場」。

昨年の訪問時にも毎回店頭を伺っているのだが、いつも定休日で店開いているのをみた事がないんですよ〜。かなり前の「散達」で、紹介記事を見て以来、いつかは、と思っていたお店なんで、今年こそ達成したいものです。

今度は電車で来なくちゃ。

 

それにしても十条、良い街だなぁ!

大雪でカンヅメ状態だった前日のストレスを受け、今日は身支度も早々に各地(といっても都内)に出向く事に。

まず向かったのは王子。コッチ方面(十条)にちょっと用事があり、その道中に、前々から行きたいラーメン屋がある事をふと思い出したのだ。

そのお店の名は「伊藤」。

煮干出汁系で色々情報誌にも取り上げられている評判のお店だ。


伊藤2








お店の場所は王子駅からだとかなり厳しい道のりっぽい。クルマでの訪問だったんで一番の近道は判らないです、スイマセン。

中央通り商店街という商店街沿い、佇まいも目立たないので要注意。鼻の効く人だったら煮干の香りで判るかも(笑)。

店内の様子は4人掛けのテーブル席×1、 カウンター6席。
厨房は客席とは一枚壁に仕切られた奥での調理の御様子。2人の店員さんがいるようでしたが、調理中と注文聞き以外厨房内にいるようです。お冷はセルフ。

先客はテーブル席に2人。このテーブル席の若いカップルが、気の付く方で、ベビーカー訪問の私達に気付いて、席を譲ってくれようとしました、嬉しいな、こういうの。気持ちだけ頂き、カウンター席に着席。
2種類のメニュー(そば500円、肉そば650円)から肉そばを注文。


92be9363982e7adf-o

麺は自家製中細ストレート、スープは無化調、濃い醤油色の煮干し出汁で表面には軽く魚粉が浮きます。
具は葱と肩ロースチャーシュー4枚。

まずはスープから頂くと一口で判る煮干し出汁の濃厚さ。若干の苦みを感じますが、臭みは皆無。
麺はスープとの絡みも良好、喉越しも良く、コシも強くてスープに負けてません。
チャーシューはちょっと平凡気味。
悪くはないですが、スープ、麺の力強さに比べると、印象は薄めでした。
結局スープが後引く旨さで完飲の一杯でした。

かけ蕎麦とか素うどんに通じる、かなりシンプルな一杯ながらもその満足感は十分な物でした。

ここのラーメンはムスメ(1歳3ヶ月)もお気に入りの様子みたいで、麺をチュルチュル、スープもジュルジュルいってました。

一晩寝てみたら、ココのラーメンのインパクトが強くなってました。凄いぞ「伊藤」!。近い内に再食必至だな、これは。

伊藤
最寄駅:王子 / 王子駅前 / 王子神谷
料理:醤油ラーメン
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下
用途:昼食

※2006-01-23 東京グルメにクチコミ投稿した記事です。
当該サイト閉鎖により転載しました。


総合:★★★★★ 5pt

src="http://storage.gourmet.livedoor.com/fantasisitaksk10/77a8a23bb7f791f1/f39787f20e7fed2f-o.jpg" alt="そば大盛り@中華そば屋伊藤" /></div>
<div class="gourmet-image"><img class="pict" src="http://storage.gourmet.livedoor.com/fantasisitaksk10/9/92/92be9363982e7adf-o.jpg" alt="肉そば" /></div>
<div class="gourmet-image"><img class="pict" src="http://storage.gourmet.livedoor.com/fantasisitaksk10/b/bc/bc286d08d71cea41-o.jpg" alt="店頭" /></div>
<div class="gourmet-image"><img class="pict" src="http://storage.gourmet.livedoor.com/fantasisitaksk10/c/c6/c62b44d58d83d697-o.jpg" alt="店内1" /></div>
<div class="gourmet-image"><img class="pict" src="http://storage.gourmet.livedoor.com/fantasisitaksk10/1/11/11c0c049458b52c0-o.jpg" alt="そば大盛り2" /></div>
<div class="gourmet-image"><img class="pict" src="http://storage.gourmet.livedoor.com/fantasisitaksk10/a/a7/a78f6da7b4a788a0-o.jpg" alt="店内2" /></div>
<div class="gourmet-image"><img class="pict" src="http://storage.gourmet.livedoor.com/fantasisitaksk10/b/bb/bb16e494deafd788-o.jpg" alt="店内:過去の栄光" /></div>
<div class="gourmet-image"><img class="pict" src="http://storage.gourmet.livedoor.com/fantasisitaksk10/2/25/25216eb5b20b0a46-o.jpg" alt="そば大盛りアップ" /></div>
<div class="gourmet-image"><img class="pict" src="http://storage.gourmet.livedoor.com/fantasisitaksk10/3/3a/3a04471cdbe3cca2-o.jpg" alt="また別の日の店頭" /></div>
<div class="gourmet-image"><img class="pict" src="http://storage.gourmet.livedoor.com/fantasisitaksk10/f/f5/f5f3fc80ae6ee29f-o.jpg" alt="そばLV4" /></div>
<div class="gourmet-image"><img class="pict" src="http://storage.gourmet.livedoor.com/fantasisitaksk10/2/25/25c6bdcef1c1d7a7-o.jpg" alt="麺アップ" /></div>
<div class="gourmet-image"><img class="pict" src="http://storage.gourmet.livedoor.com/fantasisitaksk10/b/b2/b24038991fc51025-o.jpg" alt="底にはニボの証しがキラリ" /></div>
<div class="gourmet-image"><img class="pict" src="http://storage.gourmet.livedoor.com/fantasisitaksk10/a/a1/a13aa42d150757f8-o.jpg" alt="店頭" /></div>
<div class="gourmet-text">

>【以下2006年1月23日のコメント】<br />最寄駅から結構離れた中央通り商店街という商店街沿い、佇まいも目立たない場所にあるラーメン屋さんです。<br />店頭からは煮干しの香りが漂っています。<br /><br />店内の様子は4人掛けのテーブル席×1、 カウンター6席。 <br />厨房は客席とは一枚壁に仕切られた奥での調理の御様子。2人の店員さんがいるようでしたが、調理中と注文聞き以外厨房内にいるようです。お冷はセルフ。<br /><br />休日の午後2時前の訪問しました。先客はテーブル席に2人。<br />カウンター席に着席、2種類のメニュー(そば500円、肉そば650円)から肉そばを注文。<br /><br />麺は自家製中細ストレート、スープは無化調、濃い醤油色の煮干し出汁で表面には軽く魚粉が浮きます。<br />具は葱と肩ロースチャーシュー4枚。<br /><br />まずはスープから頂くと一口で判る煮干し出汁の濃厚さ。若干の苦みを感じますが、臭みは皆無。<br />麺はスープとの絡みも良好、喉越しも良く、コシも強くてスープに負けてません。<br />チャーシューはちょっと平凡気味。<br />悪くはないですが、スープ、麺の力強さに比べると、印象は薄めでした。
<br />結局スープが後引く旨さで完飲の一杯でした。
<br /><br />かけ蕎麦とか素うどんに通じる、かなりシンプルな一杯ながらもその満足感は十分な物でした。<br />店を後にする時には満席状態、かなり厳しい場所にあっても集客力は強いみたい。<br /><br />そばのみでも十分な満足感が得られると感じたので、次回訪問時にはそば大盛りで食してみよーっと。</div>

【以下2006年×月×日のコメント】
前回訪問時からあの味が忘れられずに、つい再訪。<br />土曜日の11時半頃に訪問、先客はカウンターに2人。<br /><br />そば大盛りをお願いしました。<br />スープを一口頂くと、最初に来る苦味は前回同様。だけど終盤になると、甘味さえ感じられるような、妙に後引く美味さです。<br />麺をよく見ると、非常にエッジが立っていました。断面が四角に近い程に。<br />蕎麦に近い見た目で、まさに「そば」というメニュー表記がぴったり!<br />食感の良さとスープの絡みはこの理由なのかも。<br /><br />パッと見、具がまるで無く、寂しい印象を受けるかと思いますが、此処はその分のコストを麺、スープにかけているので満足度は高いと思います。<br /><br />気付けばあっという間にスープまで完飲、いや〜、ハマってます。<br />という事で★4から★5にアップ。<br /><br /><br /

今日(1月14日)は所用で浅草へ。ロックスにクルマを止め、妻とムスメは待機。
あいにくの大雨なんでウロウロする事なく用事を済ませる。いや〜、用事といっても当たり馬券換金だけなんですけどね。

その後、遅めの昼食を食べに蔵前方面へ。私も妻も既にラーメンモードなんで話は早い。

数軒の店舗を伺うけど、なんかピンと来ない、どっか良い店ないかな〜等と考えつつ、クルマは神保町方面へ。数軒の目ぼしいお店を気にするけど、何処もカウンター席のみの狭い造り、子連れには厳しい店構え。そんなんで水道橋を通り過ぎ、ドーム横へ。この辺りは以前勤めていたので非常に懐かしいな〜等と思っていたら、昨年その会社の上司だった人に貰ったメールを思い出した。その内容は「○○(会社名ね)、潰れたらしい」という物。訳アリで退職、転職した訳だけど、そんなに嫌いな会社じゃなかっただけに、やはりちょっと寂しい。でも元勤務地の現状を確かめるべく、見慣れた道を所在地方面へ。

会社前に到着。テナントの入っていたビルは、当たり前だが以前のまま。ビル前の看板にはまだ社名が残っているけど、外から見た窓にはガランとした空間が見える。やっぱりホントだったんだ…。だけど不思議と、寂しさよりもサッパリした、っていう感じのほうが強かった。此処で得た人脈は、今でも繋がってるしね。

そんな寄り道をして、クルマを本郷3丁目方面へ。この辺りは会社に近く、ランチタイム、飲み会に凄く活用した地域。だから数年前までの事情は判っているんだけど、最近はサッパリ。ただ本郷通り沿いにラーメン店が数店新規出店してるっていうのは知ってて、この地訪問もその内の一軒が目当て。

本郷通りに出ると、大雨のせいもあってか、結構な渋滞。右車線にいたためか、目当ての店舗の前を通り過ぎても、どうする事も出来ず。結局白山のほうまで持ってかれて、白山通りへ。

リトライしようと、交差点を左折したところで見つけたお店が

「信濃神麺 烈士洵名」というお店。

なんか気合の入ったゾクみたいな名前だけど、以前からちちょっと興味があった。此処にあるとは知らなかったんで、偶然の出会いっす。

これも何かの運命と、本郷通り沿いのお店はトットと諦め、このお店で食べる事に。


信濃神麺 烈士洵名1














白山通り程近くの黒塗りの外壁、白い暖簾に赤ちょうちんが目印のお店。

店内の様子は入り口右手に券売機、左に4人掛けテーブル席×2、カウンター3席。
店舗奥にも席があるのかも知れないですが未確認。
アルコールメニューも充実、券売機に無い商品はキャッシュオンデリバリーで。


73d0105bb447e638-o

らーめん(大麦焙煎麺指定)とチャーハンのセット890円を頂きました。

麺は平打ち中太麺、大麦100%使用という事で今まで食べた事の無い味わい。
風味も豊かで食感も独特。ラーメンの麺というより、フェットチーネというような感じ。
大麦のみの麺故か、腰が弱いというよりも、つなぎが弱めで非常に歯切れが良い。
スープは鶏ガラ、豚ガラの動物系と数種の魚の魚介系、昆布系のトリプルスープ。
第一印象は塩と言われても通じるような醤油色弱め、どちらかといえば黄金色に近い。
表面に油膜が張ります。
上に乗る具は、チャーシュー、海苔、エリンギ、シメジ、葱。

チャーハンは割と濃い目の醤油色、具は卵、葱、豚肉。タクアンが付きます。

頂いた感想は前述の通り、麺の食感の面白さが強く、スープとの相性も良好。
スープも最初は薄いかな?と思いましたが、飲み進めると、トリプルそれぞれの出汁の風味が感じられて
後引く美味さ。具も効果的、平均的に美味かったです。

特徴のある麺に、和風出汁のトリプルスープ。かなり面白い一杯でしたが、好みは別れそう。

後から来た一人客のオジサンが、焼肉定食を食べてました。
メニューにあるから別にいいんだけど、らーめんも食べようよ(笑)、でも美味そうでしたけど。


信濃神麺 烈士洵名
最寄駅:春日 / 後楽園
料理:ラーメン一般
採点:★★★☆☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下
用途:昼食

 

12月25日、世間ではクリスマス気分の様ですが、我が家は相変らずお構いなし。

という訳で、またも急に思いつき、というか目的があって環七を上る私達。目指すは十条。ところが環七で曲がるところを間違えて、中山道まで出てしまい、こりゃイカンと板橋本町辺りの交差点を左折。

これが益々裏目に出ました。ナビなんぞ持ち合わせていない私、頼れるのはただひたすら方向感覚とカンのみ。自衛隊の駐屯地が見えた時はホッとしました。いや〜、迷子ゴッコは楽しいな(強がり)。

十条1

という訳で駅近くのPにクルマを止めて、いざ目的地へと商店街へ。前回同様「蒲田屋」直行と思いきや、実は今回は手前の子供服屋さんへの訪問だったんですね。そこでムスメのクリスマスプレゼントに暖かそうなコートとダウンベスト購入。親バカまっしぐら♪

その後、当然ながら「蒲田屋」にも訪問。

十条2 季節柄らしく、お餅のバリエが増えていました。どれも美味しそうでしたが、今回は餅はスルー。ガラスケースのおにぎりは午後4時頃で、またも5種類程。今回は「海老天醤油」「海老天塩」「赤飯」「ハンバーグ」「塩辛」「いわし揚げ?」を購入。全制覇まではまだまだだなぁ。来年中には成し遂げたいものです。ちなみに今回印象が良かったのは海老天塩を再評価。美味かったです。

その後、ちょっと界隈を探検、商店街をサイド攻撃。横道にそれ、なんか無いかな〜と思っていたら、オモロ系看板発見。

十条3

お店に電話かかってきたら、やっぱり、

「はい、ゴクローサンです」

って言うんですかね…。

とか思ってましたが、改めて考えてみると、そんなに面白くないっすね〜。

 

 

ゴクローサンの前を通り過ぎ、突き当たりに、「大衆酒場」の暖簾発見!

十条4

大衆酒場「大将」というお店。店頭に焼き場があり、持ち帰り、店内用を兼ねている様子。大将らしきパンチの御主人が、常連さんと話しをしてました。もつを焼く煙に吸い寄せられ、フラフラ〜と焼き場の前へ。ガラスケースの中にはレバ、シロ、カシラ、ハツ、ツクネ等、全て1本80円。どうやら全部タレみたい。

カシラとシロを2本づつ注文、焼き上がる間に暫し大将と常連さんと雑談。ムスメに「オマケだよ!」ってシロ一本くれたけど、ちょっと無理でしょ。

肝心のもつ焼きは割と普通の印象ですが、大将、かなり良い感じの人なんで今度お邪魔したいですね。ちなみに店頭にはホッピーの空き瓶、炭酸は「博水社」がありました。

そんなこんなで閉まっている斉藤酒場の店構えを眺めつつ、十条を後にしました〜。また近いうちに訪れる事になるでしょう!

帰り道の信号待ちにふと左を見ると、今度こそオモロ看板発見!

十条5

たこ課長!

これでどうだ(笑)。          

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

クルマでプラプラしていて「そうだ!十条行こう!」の思いつき訪問。以前も思ったけど、個人的事情でこの辺り、十代の頃は正直良い思い出が無かったんです…。年重ねてみると、見え方が違って、とても良い町並みだと思います。なによりも商店街に活気がある!

そんな十条の駅からほど近くの美味いおにぎり屋さん。


2005_121112月11日0008


今回で2回目の利用です。

 
前回訪問の印象が強く残っていたので、持ち帰るのはかなり強い意志でした(笑)。どれもコンビニおにぎりでは決して味わえない優しい味わい。さすがTVチャンピオンのチャンピオン(ちょっと変な言い回し(笑))。

2005_121112月11日0011

2005_121112月11日0012

2005_121112月11日0013

2005_121112月11日0014


今回はおにぎりに合わせ、切り餅も購入。コチラも早速あべかわで食べてみました。なに食べても美味しいお店です。ドーナツとかもあるんですよ、今度買ってみよっかな?

 

蒲田屋
最寄駅:十条
料理:おにぎり / 和菓子
採点:★★★★★
一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下
用途:おやつ

2004-11-03 ライブドアグルメ 記

★−

このお店の他の方の評価を拝見するのが楽しみです。
私のこのお店との付き合いは今から12年程前、芝浦にゴールドという今では伝説的なクラブが在り、そのお店の遊び帰り、土曜早朝に通っていました。
黒地に金色で『井上』と書かれた看板が目印の小さなお店です。当時は(今もかな?)パンチパーマのおっちゃんが一人で切り盛りしていました。
メニューは中華そば600円のみでトッピングなども無かった様な記憶が御座います。このおっちゃん、見た目強面で、よくからかわれたのですが優しい一面もあり、よく無料でチャーシューオマケして頂きました。
朝方のまだ空気の綺麗な時間帯(実際には荷積みのトラックが沢山道路に停車中でしたが)や、さんざん遊んで空腹だった事もあり、かなり旨かった記憶が残っております。
今は営業時間の関係等で伺う事が難しく、暫く頂いていませんし、思い出話のみですので★は付けられませんが今でもお店の前を通ると当時の事を楽しく思い出せるお店です。</div>

2004-09-27 ライブドアグルメ 記

★4

お昼にコース料理(予約制)を頂きました。
落ち着いた店内で一品ずつ運ばれてくる季節感漂うお料理は、お皿の端にある添え物までにも手が込んでいて、お味と見た目双方素晴らしものでした。
コースの最後には、宮内庁【春の園遊会】でしか飲めない貴重な限定酒を使用した「酒粕のプリンゆかり風」が運ばれてきます。
日本酒の香りそのものが嫌いな人は駄目かもしれませんが、一度食べてみて損はないと思います。
土曜日のお昼でしたが、すぐに満席になっていたのでゆっくり食事をしたい方は予約した方がよいかもしれません。

2005-02-13ライブドアグルメ 記


★3


一時の勢いは無いですが東京の新御当地に為りつつある東京豚骨の超有名店。
他の東京豚骨の有名店の御主人の修行先が此処だという事もかなり多く、似た店名のお店が多い事でも有名。
ラーメンの様子は他の方々が詳しくコメントされている通り(←手抜き)ですが、時間帯、作り手によるブレがひどくある様に思える。
私の妻が頂いた時にはなんと!カエシが入っていなかった様です。当の本人、こういう味なの?と我慢して食べたらしいです(笑)。
この話は他の方にも聞いた事があります。
それでも徹夜明けで完成度の高い一杯を頂いた時には、もの凄く美味くて満足出来る時がありました。
私もタクシーネタを一つ。都心から帰る車中で運ちゃんに美味しいラーメン屋を伺うと、殆んどの方がこのお店か『弁慶』の名を挙げていました。
運転手さんには東京豚骨の人気、絶大の様です。(ただ単に営業時間の利便性だけじゃ無いと思う)。
訪れる度に★評価変わりそうですが、私もこのお店には、若干の思い入れがありますので評価甘めです。
ごく一部のサッカー日本代表サポーターには勝ったらここで頂くというゲン担ぎをしている方がいて、国立での試合後、青いユニを着たサポーターで埋め尽くされる光景はちょっと異様かも。


パルム連休半ば、用事を済ませ、空いた時間をどうしようかと思っていたが、突然「そうだ!ムサコ行こう!」と思いついて武蔵小山へ向かう。
この街を訪れるのは3回目。私の住んでいる東京の東側、城東地区から23区内で言うと、正反対に位置する。連休の半ばという事もあり、都内の道は人気スポットを除きほぼガラガラ。
おかげで一時間懸からずに到着。

最初に向かったのはパルム商店街入り口並びにある(というより駅正面のほうが判り易いか)「田舎そば」。
詳細は東京グルメのほうに書いたのでそちらをよろしく。
どこの町にもありそうな、立ち食いそば屋さんといった外観、内装なのだが、蕎麦がとても美味しいんです。
田舎そば今回は和風ラーメンを食べてしまいましたが、次回利用はちゃんと蕎麦を食べよう。

カレー等もあり、気軽に寄れる良いお店です。

 

その後、このお店のある一角をリサーチ、というかブラブラ。
お店の隣の立飲み屋さん、ホッピーあります。
一本、中に入った通り沿いには味のあるお店がボチボチと。
この一角、何かのテーマパークか?と思うぐらい味があります。
いや、いつまでも残して欲しい町並みですね。

その後メインの商店街に戻りブラブラ。この商店街はホント活気があるなぁ。
シャッターを閉めているお店が殆んど無い。人出も物凄いです。

洋服屋で閉店セールをやっているお店が何軒かある。以前来た時もやってたんじゃないか?

帽子屋さんで娘にミッフィーの帽子を購入。

揚げ物の「越後屋」(えちごや)でカレーコロッケ購入、頬張りながらまたもブラブラ。
出口まで出て再び駅方面まで戻る。途中、脇道をチェックしながら進行、
気になる脇道があったのでサイド攻撃(脇道にそれる事)を実行。
暫く進んで、何故かなんか見た事ある様な風景。デジャブか?と思ったが、
突き当たりのT字路に出て納得、高田道場前でした。

高田道場以前に道場見学で訪れた事があるので、なんとなくは場所は判っていたけど、これで更に位置関係が明確になった。
高田道場はお盆という事もあり、お休みでした。


T字路を左に進行、線路沿いを左に進み、商店街入り口に戻り、入り口脇の「ふくふく餃子」で「揚げワンタン」を購入。
また近いうちに来たいな、と思いながらもパルム商店街を後にしました。

※2005-07-29 東京グルメにクチコミ投稿した記事です。
当該サイト閉鎖により転載しました。


総合:★★★☆☆ 3pt


20年来の親友との食事をコース&飲み放題のプランで2階席を利用しました。
入り口は看板の無い竹やぶの生える店構え、店内内装はモノトーンで抑え、落ち着いた雰囲気。
料理は創作料理が売りの様ですが、鮎の塩焼き、お刺身、ひつまぶし等極々普通の物も出て来ます。
一品一品の詳細を説明するのが難しい料理もありましたが、スタッフは親切丁寧、居心地の良さも手伝って会話も弾み、無難に美味しく頂けました。
アルコールは瓶ビールのみを頂いていたのでカクテルその他は判りません。
また、食事代も別途友人に包んだので実質いくらかも判りませんが、納得出来た内容でした。

2004-09-18記 ★5

『四川赤熊猫』さんや他の方の暖簾分けの大勝軒のレビューを見ている内にどうしてもコメントをしたくなり、加筆してしまいました。
東池袋大勝軒のある東池袋4丁目第2地区は都市基盤整備公団の市街地再開発事業で、今月中(2004/10月)に権利変換計画認可を経て、超高層複合施設に向けて工事着工する予定らしいです。
再開発の規模から見ても年内一杯の営業は難しいかもしれません。
私が訪れたのは3年前頃(曖昧ですいません)長蛇の列に半ばふて腐れ気味に並ぶこと1時間弱。
L字のカウンターの右側に通された私は運良く厨房を見渡せる絶好の席に座る事が出来ました。
目の前にはあの山岸氏がかなりの量の麺をふう、ふう言いながら茹でていました。
私の前に注文した人の大盛りの量を見てかなり引きながらも味への期待感は高まるばかり。
私の分も含まれているであろう大量の麺を、山岸氏は時おり休みながらもまたふう、ふう言いながら茹で上げていました。
いよいよ目の前に憧れの盛りそばが!スープはなみなみ、麺は山盛りの盛りそばの食いっぷりを、目の前の山岸氏にアピールすべく、ピッチ速めで頂きましたが、味については他の方のコメント通り文句なし、腹持ちもいいしで大満足の大勝軒デビューでした。
それから私の地元にも暖簾分けの店が出来、また他店舗開拓等で今日まで再食出来ずの状態でした。
正直、行列に並ぶのにも躊躇したりして…。

再開発後のテナントに入ったとしても山岸氏が厨房に立つ事は無いだろうし、店構えも別な物になるでしょう。
有名な常連組の方々の朝の宴会も減るかもしれません。
1度しか食べてない私が先人を差し置いてコメントするのも申し訳ないですが、暖簾分けの店舗に山岸氏の写真とサイン色紙が多いのはお弟子さんを思う山岸氏の懐の深さの証だと思います。
経営者として上手く立ち回るよりもラーメン職人を貫き通すような人柄も行列の理由の一つだとも思います。
伝説の店で食べられるのもあとわずかの期間、是が非でも再食したいと思います。


【以下2004/9/18のコメント】
自分にとってのつけ麺デビューのお店。1時間弱並んだストレスがすぐ吹っ飛んだ程、満足出来る物でした。

2004-09-18記 ★3


青山のお店に抵抗がある人はこちらのお店をどうぞ。
味の再現度もいい感じ。飲んで長居したい人にも青山よりお勧めです。

2004-09-25記 ★3

10年以上前に芝大門で会社勤めをしていた際に、よく出前を取りました。
当初、下町育ちの私には、半透明の出汁で強いコシのうどんがかなり異質に思えましたが、いまでは私の中で讃岐うどんの定番となっています。
(香川の方は不満もあるでしょうが……)近隣の『秋田屋』とともに当時を思い出させてくれる、おいしいうどん屋さんです。

この店、六本木界隈で一番好き。もう15年近く通ってます。きっかけは職場が近隣だったんですね。んで会社変わっても数ヶ月に一回程の利用頻度でずーっときてます。最近は娘誕生とかで訪問できなかったんだけど。 天鳳 六本木店
最寄り駅:六本木
料理:ラーメン一般 / 北海道ラーメン / 味噌ラーメン
採点:★★★★★
一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下
用途:昼食
天鳳続きを読む

2004-10-02訪問。

日本で唯一の伊勢海老専門チェーン店“中納言銀座店”に会社の忘年会で訪問しました。
店内に入るとなんとなく磯臭い感じ…というか水槽臭い感じがしました。
忘年会ということで個室にてコース料理を頂きました。
伊勢海老活造りや伊勢海老の蒸し物、伊勢海老の味噌マヨネーズ焼他、8品程出てきましたが、どれもパッとしませんでした。
伊勢海老専門店という事で、“伊勢海老活造り”に期待したのですが、
店内に入った時のにおいがして、箸が進みませんし、“伊勢海老の味噌マヨネーズ焼”も結婚式場で出されるものとあまり変わらないものでした。
ちょっと残念な忘年会になってしまいました。

 

総合:★★☆☆☆

※2005-05-13 東京グルメにクチコミ投稿した記事です。
当該サイト閉鎖により転載しました。


総合:★★★★☆ 4pt

親友の結婚式の2次会で一番大きい個室を利用しました。40人程の着席スタイルでしたがキャパは広め。
開始時間が割と遅めでしたので、窓からの展望は視界を遮る物の無い東京夜景。思わず東京タワーを探してしまいました。料理は一応コースの様に各テーブルにその都度大皿で提供。8品程でしたが平均的に美味しく頂けました。飲み物はビール、ワイン等の飲み放題。店員さんの動きも良く、空のボトルもすぐに下げ、新しい物を運んできて頂けます。そのお陰と会の盛り上がりが相まって、料理、最後のほう何食べたんだろ〜という具合まで為ってしまいました。ロケーション、味、店員さんの心配り、私が訪れた結婚式二次会の中でもかなり印象良かったです。ちなみにトイレ(ちょっと離れている)に伺う時に他の客席をチラ見したんですが、利用年齢層は割と若めな感じ。でも賑やかという感じでは無く、ジャズが流れ落ち着いた雰囲気。ランチ時にはバイキングもやっている御様子。夜利用も他のレストランで頂くより、サンシャイン展望台に限りなく近いロケーションでゆっくり食事が出来ると思えばお得感あるかも。

※2005-05-05 東京グルメにクチコミ投稿した記事です。
当該サイト閉鎖により転載しました。


総合:★★★★☆ 4pt

田舎そば

【以下2005年5月5日のコメント】

連休半ばの午後4時頃、ぶらり商店街巡りで来ちゃいました(戸越銀座の後)。
最初に訪問しようとした時に先客6名程で、一人だったら迷わず突入!だったのですが、本日は嫁、娘(ベビーカー搭乗)連れでしたので、客の引きを待つ間、パルム商店街を流す事にしました。
連休中でもとても活気に溢れてて色々誘惑もありましたが、入り口まで戻り、このお店の店頭を伺うと先客1名。今だ!と思い、カウンターの角の席を陣取り(給水機の前)券売機でさほど迷わず、天ぷらそば360円を2枚購入しました。
席に着き、「此処の天ぷら(かき揚げ)、東京グルメでラピュタ(特製かき揚げの意、命名四川赤熊猫さん)並みに大きいって評判なんだぜ!」と嫁に得意げに話した後、ふと左の壁を見ると噂のラピュタの写真が!ガーン!ラピュタは特製かき揚げだったのですね。券売機にもあったのでしょうか?チト残念。やっぱり思いつき訪問じゃなくて、四川赤熊猫さんのメニュー一覧を復習しとけば良かったと後悔しきり。
程なく丼到着。蕎麦つゆはあっさり薄味、だけどただ薄いんじゃなくて、醤油が前面に出過ぎずちゃんと出汁を感じられる物。蕎麦は細めでエッジ感じるやや硬。かき揚げは揚げ置きですが、エビのプリプリした食感も良い好みのタイプ。この手のお店では、たね物(かけそば)を頂くのが主流だと個人的に思ってるんですが、このお店、蕎麦は冷やし(もり)がお勧め、と店内に書いてある通り、つゆで誤魔化さない、たね物でも蕎麦の美味しさがしっかり伝わる美味しい一品を頂く事が出来ました。
東京グルメで見なかったら、間違いなく見過ごしていた美味しいお店。このサイトの存在と諸先輩方のコメントに感謝します。それにしてもこの界隈、駅正面に立ち呑み屋さんはあるわ、お店の裏手には味のあるお店が軒を並べてるわで、大変に魅力的な街でした。武蔵小山って街、個人的に高田道場の道場見学で訪れて以来の訪問だけど、今回訪問ですっかりファンになりました!
次回訪問時にはもりもいいけど、やっぱり憧れのラピュタ(特製かき揚げ)頂こーっと!


【再訪時の記事】
お盆休みに再訪、ラピュタ(特製かき揚げそば)復活を願っていましたが、未だバルスが効いているのか、メニューには消えたままです。復活はしないのかな?券売機前で迷った挙げ句、和風ラーメン400円を選択。和風ラーメンのみサービスの小ライスもお願いしました。
麺は黄味がかかった中細ちぢれ麺、スープは煮干主ベースの濃い醤油色、具はチャーシュー、メンマ、味玉半玉、海苔、葱。
頂いた感想はやや甘めの和風出汁のスープと麺の相性も良し、具のトロットロのチャーシューもいい感じ。
私にはちょっとスープが薄く感じましたが、値段を考えたら具も豪華ですし、お値打ちの一杯だと思います。
次こそは「もり」食べてみよーっと。

※2005-05-05 東京グルメにクチコミ投稿した記事です。
当該サイト閉鎖により転載しました。


総合:★★★☆☆ 3pt

連休半ばの15時頃、小腹が空いたので、なんか無いかな〜と思っていた所、こちらの店員さんと目が合い、ガラスショーケースの中のおにぎりをチラ見して、10種類程有る中から、おかかと鮭を購入(価格は共に100円)。ラップに包まれた割と固めに握られたおにぎりは大騒ぎする程では無いけれど、じんわり美味しい物。店員さんの好感接客も嬉しかった(その殆んどが娘に向けられた物だけど)。今度はおいなりさん頂こーっと。

※2005-05-05 東京グルメにクチコミ投稿した記事です。
当該サイト閉鎖により転載しました。


総合:★★★☆☆ 3pt

ふくふく餃子5月4日 007

『田舎そば』、『鳥勇』利用の後に並びのこちらも利用しちゃいました(笑)。田舎そばのコメントの賑わいは知っていたんですけど、コチラも結構な賑わいだったのですね(笑)。店頭で色々と物色しましたが結局焼き餃子(10個入り)400円を購入。購入後、コインパーキングの愛機の中に入れると、焼き置きの品にも関わらず、すぐに漂う食欲をそそるニンニクの香り。この香りに包まれながら帰宅、自宅に戻りまずはやや冷めた状態の物をタレを付けずに一口で頂くと、香りどおり餡はニンニク多めによる辛めセッティング、野菜と肉のバランスもいい感じ。温め直しでも頂きましたが、結構好みの物。
御飯にも相性良しの美味しい物でした。次回訪問には店頭の物、色々試そーっと。


※2005-05-05 東京グルメにクチコミ投稿した記事です。
当該サイト閉鎖により転載しました。

総合:★★★☆☆ 3pt

鳥勇5月4日 006

『田舎そば』訪問の後に、楽しげな雰囲気に惹かれ持ち帰りで利用。
お店左手で生ビール片手に串を頬張るお客さんが羨ましく思ったけど、愛機で訪問なのでここは我慢。注文すると、それぞれ「○○ちゃん2本〜!」と愛嬌あるコール(笑)。皮、ねぎ間、とり肉しし唐、ヒナ、つくねをそれぞれ2本ずつ、計1300円購入(全品一本130円)。出来ればその場、若しくは焼き立てを早い内に頂いての評価をすべきでしょうが、訳あって1時間弱の帰宅後に温め直しで頂いた感想です。あの〜、どれも美味しかったです(笑)。焼き鳥って個人的考えなんですけど、冷めてても旨い物は旨いし、駄目な物は焼き立てでも駄目なんですよね。で、このお店の物、皮はそのまま(だから少し冷め気味の物)頂いても旨い皮特有のジューシーさそのままで、旨い肴になりました。他の品は個人的事情で焼き鳥丼と化しましたが(笑)どれも美味しい物でした。
ただ少々残念な点を挙げるとすれば、塩(塩味付け)が無い事。「ウチは創業当時からタレ一本なんだよ!」と言われればそれまでなんですが、(勿論こんな事言われて無いですけど)個人的に焼き鳥、塩のほうが好きな物で。無い物ねだりですよね、自分でも解ってます。いつかは店頭で呑んでみたい美味しい焼き鳥屋さんです。

※2005-04-29 東京グルメにクチコミ投稿した記事です。
当該サイト閉鎖により転載しました。


総合:★★★★★ 5pt

十条の味のある商店街の、味のあるおにぎり販売店です。連休初日の祝日の午後2時頃、駅近くのパーキングに愛機を止め、地図を忘れたので大体この辺りだろうと思い込み彷徨う事10分。汗ばむ陽気の中でこのお店を見つけた時は、久々に達成感に包まれました(笑)。先客は2名。初訪問の時の先客は、観察時間が増えるので何気に助かる。ショーケースには20種程のおにぎり。定番の具から、揚げ物系など種類様々。色々迷った挙句、カラ揚げ、海老天・塩と醤油、茶めし、野沢菜、明太子を複数個購入。ちなみに価格は全て100円、しかも内税。手に取ると、ショーケースで拝見した物よりやや小振りに感じるものの、早速頂く。お米硬すぎず柔すぎず、塩加減も強すぎず弱すぎずの絶妙な物。具の量とのバランスもいい感じで、我慢出来ずにカラ揚げ、海老天(醤油)と連食。小振りと感じた大きさは、連食を誘う丁度良い大きさだったのですね。具、米、海苔、全部が全部美味しい。頂いた物全て、満足感一杯な物でした。
結局、家まで持ち帰る事が出来なかったので画像は無しで(笑)。それにしてもこの界隈、美味しそうなお惣菜屋さんや居酒屋さんなどもあり、とても魅力に感じます。いつかはおにぎり全制覇しよーっと。

src="http://storage.gourmet.livedoor.com/fantasisitaksk10/34dc34a39d63e654/dba0f242e473a395-o.jpg" alt="おにぎり各種@蒲田屋" /></div>
<div class="gourmet-image"><img class="pict" src="http://storage.gourmet.livedoor.com/fantasisitaksk10/9/93/93f1b6e749778081-o.jpg" alt="店頭の様子" /></div>
<div class="gourmet-image"><img class="pict" src="http://storage.gourmet.livedoor.com/fantasisitaksk10/2/2e/2e68fab3cb321e03-o.jpg" alt="カニカマ天" /></div>
<div class="gourmet-image"><img class="pict" src="http://storage.gourmet.livedoor.com/fantasisitaksk10/4/4d/4d5f3578775a9091-o.jpg" alt="野菜コロッケ" /></div>
<div class="gourmet-image"><img class="pict" src="http://storage.gourmet.livedoor.com/fantasisitaksk10/6/66/6699b425c02eef00-o.jpg" alt="海老天醤油" /></div>
<div class="gourmet-image"><img class="pict" src="http://storage.gourmet.livedoor.com/fantasisitaksk10/6/6a/6af9752501b2fa35-o.jpg" alt="あれやこれや" /></div>
<div class="gourmet-image"><img class="pict" src="http://storage.gourmet.livedoor.com/fantasisitaksk10/9/9a/9aeea3f2a5143dc7-o.jpg" alt="あれやこれや2" /></div>
<div class="gourmet-image"><img class="pict" src="http://storage.gourmet.livedoor.com/fantasisitaksk10/3/34/34b3766a16e11dff-o.jpg" alt="ショーウインドー" /></div>
<div class="gourmet-image"><img class="pict" src="http://storage.gourmet.livedoor.com/fantasisitaksk10/c/c5/c5a9305be42cea5b-o.jpg" alt="あれやこれや3" /></div>
<div class="gourmet-image"><img class="pict" src="http://storage.gourmet.livedoor.com/fantasisitaksk10/7/7f/7f512db337f12fe8-o.jpg" alt="あれやこれや寄り、味噌にぎりと仲間たち" /></div>
<div class="gourmet-image"><img class="pict" src="http://storage.gourmet.livedoor.com/fantasisitaksk10/4/4c/4ca3d6f7fd1915a9-o.jpg" alt="海老天塩と仲間たち" /></div>
<div class="gourmet-image"><img class="pict" src="http://storage.gourmet.livedoor.com/fantasisitaksk10/8/8e/8ea272efcb0ccc52-o.jpg" alt="葉唐辛子となんだっけ?" /></div>
<div class="gourmet-image"><img class="pict" src="http://storage.gourmet.livedoor.com/fantasisitaksk10/6/6c/6c985f4a783afd7b-o.jpg" alt="また色々と" /></div>
<div class="gourmet-image"><img class="pict" src="http://storage.gourmet.livedoor.com/fantasisitaksk10/0/05/058fc64a4dcf599a-o.jpg" alt="これまた色々と" /></div>
<div class="gourmet-text">


後日の訪問記事 

おにぎりを全制覇すべく再訪。午後4時頃の訪問だったのでショーケースには5種類程…。「みそにぎり」「カニカマ天」「海老天醤油」「あさりしぐれ」「野菜コロッケ」と「かんぴょう巻き3本とカニカマ天にぎり」のセット200円と切り餅300円分を購入。今回は自宅持ち帰りなので画像アリです(笑)。ホント感謝したくなる位の良い仕事、今回頂いた中では「カニカマ天」「みそにぎり」がお気に入りです。<br />「カニカマ天」カニ風カマボコを揚げた物にちょこっと明太子ソースが付いている物です。<br />「みそにぎり」にぎりに味噌を塗してあるシンプルなにぎりですが、なんとも素朴な味わいの美味さで、一番このお店の良さを象徴しているかも?。<br />100円で買える優しい味、全制覇するしかないでしょ!(笑)。<br /><br />

※2005-03-24 東京グルメにクチコミ投稿した記事です。
当該サイト閉鎖により転載しました。


総合:★★★☆☆ 3pt

ランチタイムに数回利用。最後に利用した時は国立競技場でのサッカー観戦の後、ここまで徒歩で移動、かなり空腹だったのでパスタを2品(一つはペンネアラビアータ、もう一つは忘れました)とピザを一品(こちらも忘れました)とサラダを二人でシェアして頂きました。頂いた感想はペンネアラビアータ以外忘れてしまうほどの感じ。普通というか滅茶苦茶旨いという物では無かったです。竹下通りのラ ベルデは個人的にお気に入りでかなり利用した時期があって、以前はこのお店も遜色無かったと思いましたが最後の訪問の時の思いはちょっと拍子抜けでした。悪くは無いですが原宿で此処でなきゃ、という感想では無くなりました。ちなみに麺はディチェコ使用。


※2005-03-02 東京グルメにクチコミ投稿した記事です。
当該サイト閉鎖により転載しました。


総合:★★★☆☆ 3pt

西麻布の交差点から外苑西通りを青山方面に進行、一本入った裏道に在る隠れ家的なブックカフェ・バーです。
週末のバータイムに利用。店内に入ると壁の本棚にはかなりの蔵書。
カウンター席やテーブル席でもまったり過ごせると思いますが、このお店最大の売りはスライドする本棚の奥の隠れ個室。
隠れ家的なお店の中でさらに隠れられます(笑)。
まあ、私が利用した時は10人近い大所帯だったのでそんな雰囲気は微塵も無かったのですが。
お酒の種類は割と豊富。フードもまあまあ有りますが価格高め。
大人数で訪れた為、隠れ個室のチャージ料も不明。あまり参考にならずすいません。
とにかくお店の雰囲気はいいのでは。蔵書を読むのもいいですが、照明落とし気味なので読み辛いかも。
隠れ家的な町西麻布で、更に隠れたい方にはお勧めのバーです。

※ 2005-02-26 東京グルメにクチコミ投稿した記事です。
当該サイト閉鎖により転載しました。


総合:☆☆☆☆☆ 0pt

海岸通り沿いの、周辺は競合店も無い倉庫街、魚の絵が描いてある看板が目印のお店です。
初回訪問が約15年前で、紹介して頂いた先輩がそれ以前に贔屓にしていたお店ですので20年近くの歴史はあるのではないかと思います。紹介というよりも夜遊びの付き合いに呼び出されたのですが(笑)。
店内は白を基調とした内壁に高めの天井、飾り付けも嫌味無く個人的に落ち着ける内装。レストランウエディングにも力を入れている様にキャパは広め。
最近は判らないですが以前は週末満席に為っていた事も。料理のほうは店名にもなっているフィッシュ&チップスが売りの様で看板料理じゃない不思議なお店。多分頂いた事があると思うのですが印象に残っていないです。パスタやピッツア等多種多様なメニューがあり、味は大騒ぎするほどでは無いという記憶が。値段は適正。お酒も種類があったと思いますが問題はやはり立地。
交通の便が非常に悪く、訪問時はいつも車利用。ゆりかもめが開通してもそのアクセスの悪さは変わらずでしょう。「こんな所にこんなお店が!」という所に価値を見出す方にはお勧めですが、最寄駅から徒歩利用はお勧めしません。

夜に海岸通りを車で進行中(ドライバーはお酒の嫌いな方)に複数で立ち寄ってロケーションの良さ(アクセスの悪さ)を楽しみつつ楽しく食事をしたい時にはお勧めです。
このお店に限らず海岸通り沿いには、昔から変わらずの営業を続けているお店が点在しております。その中でも個人的にお気に入りの2軒(もう一軒は『WANGAN』というお店)を新規登録して頂いた『romix』様に感謝の気持ちで一杯です。
先月海岸通りを進行中、店頭を伺って変わらずの営業でホッとしました。暫く伺っていませんので★評価は出来ませんが、個人的に昔の記憶の残る、存続を願うお店の一つです。


※2005-02-19 東京グルメにクチコミ投稿した記事です。
当該サイト閉鎖により転載しました。


総合:★★★☆☆ 3pt

赤羽駅から高架沿いを川口方面に進むと直ぐ見えるカウンター10席程度のお店。店内は昔のポスター等が貼られレトロ風の演出ですがちょっと中途半端。
事前情報で食材への拘りが凄くあるという印象を受けての訪問で、本来だったら特製ラーメンを頂くべきだと思いましたが、初回という事もありラーメンを頂きました。豚骨と魚介系の香りを感じられるスープは割と良い感じ。中太ちぢれ麺との相性も良く美味しい一杯でした。特製ラーメンにしても良かったかな。
つけ麺の評判がよろしい様で、次回訪問の際にはこちらを試してみたいと思います。

※2005-02-17 東京グルメにクチコミ投稿した記事です。
当該サイト閉鎖により転載しました。


総合:★★★★☆ 4pt

以前この近隣に勤めていたので、朝の腹ごしらえによく利用させて頂きました。
出勤途中の立ち寄りで全種類選び放題だったのですが(お昼時には品切れが多かったのです)購入してたのはいつもお気に入りの惣菜パンばっかりでした。
その中でも一番のお気に入りはコロッケパン。
小学校の給食に出た物を再現したような見た目と素朴な味で大好きな品です。
この立地での低価格も有り難い、どこか昔懐かしいパン屋さんです。


※ 2005-02-16 東京グルメにクチコミ投稿した記事です。
当該サイト閉鎖により転載しました。


総合:☆☆☆☆☆ 0pt

東京湾にまだレインボーブリッジが架かる前、13年程前に10コ上の先輩達に連行されたのが初回訪問。
入店してすぐ目に付いたのは東京湾の見渡せるオーシャンビュー。
私達は団体という事もあり、ビリヤードのプールをテーブル代わりにした席でスタンディングに近い形で頂きました。
バー経験値が低かった私は薄暗い照明に浮かぶ東京湾景、落ち着いたBGM、美味しいお酒、先輩達との会話等で完全にやっつけられました。
盛り上がって店を後にする時、先輩の一人が「今度は女の子と2人で来なさい」と私にアドバイス。
現在は最寄駅がゆりかもめの日の出駅で結構近いと思うのですが、その当時の最寄駅はなんと浜松町。20分以上掛けて海岸通り沿いの小さなネオンサイン目当てに歩くのです。当時も今も突然の訪問で、もし臨時休業だったらほとんどツブシの効かないロケーション。それだけに遠くからお店のネオンを見ただけでホッとした記憶があります。週末のオーシャンビューはかなりの激戦区、それだけに席の予約も無しに突然訪れて、オーシャンビューに通された時なんかは「まだ僕には座れる席があるんだ、こんなに嬉しい事は無い」などとアムロばりに感激したものです。
オーシャンビューはカウンター席が6席、夜景を2人占め出来る様、カップルシートのような感じ。席の感覚が広く採られています。料理はイタリアン中心、カクテルはステアの物しか頂きませんでしたが、どちらも美味しい物でした。
でも私のお勧めの席は入り口入って左手のシティービュー。首都高羽田線を見下ろし、東京タワーを見渡せるかなり照明暗めのカウンター席です。オーシャンビューより他のお客さんの視線が気にならず、まったり出来ると思います。
暫く伺っていないので現在の営業形態と多少の違いがあるかも知れません。以前は付いたチャージも今は無い様な話も聞きました。
そんな訳で★評価は出来ませんが、たとえシステムが変わっていても、味が変わっていても、店内の様子が変わっていても、あの夜景があれば満足してしまうんだろうな〜。お気に入りのカッコいいバーです。妻との初デートも此処でした(恥ずかしいぃ…)


※2005-02-10 東京グルメにクチコミ投稿した記事です。
当該サイト閉鎖により転載しました。


総合:★★★★☆ 4pt

個人的にリノベーション店舗として今の所の最高峰。銭湯を改装した店内はさすが天井も高く、席の間隔も広く採られ、落ち着いて頂けます。
幸いにして奥の部屋というか、昔は洗い場だったと思われるスペースでしか頂いた事が無いので印象がいいのかも。
これが通路の様なスペースだと人の出入りも気になるし、違った印象に為るのかも知れません。私の中の「箸で切れるとんかつ」の代名詞。値段もこの立地で良心的。またデパ地下売りのひれかつサンドも度々利用。他のかつサンドを頂いている時にも、まい泉との比較をしてしまう位気に入ってます。店舗良し、味良しのとんかつ屋さんです。

※2005-02-08 東京グルメにクチコミ投稿した記事です。
当該サイト閉鎖により転載しました。


総合:★★★☆☆ 3pt

以前近隣の職場に勤めていたので昼食によく利用しました。
といってもランチ時、単独行動だったら此処より立ち食い蕎麦屋を選ぶような極貧生活を送っていた私を見かねて先輩がゴチしてくれていたのですが(笑)。
店内は広め。テーブル席殆んどで、壁には色々拘り書きが。頂いている最中、先の先輩が蕎麦についての薀蓄を語ってくれていたのですが「馬の耳に念仏」、私の耳には引っかかりませんでした(笑)。何年かぶりに訪問。あの頃よりかは確実に蕎麦経験値の上がっていたと思いたい私ですが、美味しいのですが残念ながら感動するまでには至らず。でも居心地もいいし、値段も安価。また訪れてみたいお店です。

※2005-02-08 東京グルメにクチコミ投稿した記事です。
当該サイト閉鎖により転載しました。


総合:★★★★☆ 4pt

以前、このお店の近くに勤めていた頃、自分より二周りも年上の会社の上司に連れていかれたのが最初の訪問です。
6時前なのに店内満席、人通りが少なくない店頭にて人目を気にしながらビールを頂いていましたが、当時まだ小僧だった私には人目を気にしながら飲むという行為がとても苦手でした。でも酔いが進むにつれ(小僧だから酔いが早いのです)その上司の立ち振る舞いの格好良い事に気付きました。注文もスマート、常連らしく細かいローカルルールも完全に把握。店頭で飲んでいた私達は他のお客さんの引きを利用して店内に着席。回転率をちょっと無視してかなりの長居をしてしまいました。上司は通常は1時間も居ないらしいのですが、私の酔いに付き合って頂く形に為ってしまいました。何らかの形でこのお店と関わっていたかもしれませんが、秋田屋デビューがこの上司に連れてって頂く形で本当に良かったと思います。
今でも割と定期的に店頭を伺いますが、当時と変わらず活気溢れるカッコいい立ち飲み屋さんです。

※2005-02-02 東京グルメにクチコミ投稿した記事です。
当該サイト閉鎖により転載しました。

総合:★★★☆☆ 3pt</div>

週末のランチに利用しました。鶏カレーを頂きましたが、辛さも程良く、具の大振り馬鈴薯も美味しかったです。
店内はゆったりしていてイライラしていた休日出勤の合間の食事で、少しの間穏やかな気になれました。
ランチの時間を少し遅らせると劇的に安くなるのは知らなかった…。
あの界隈だったらまた訪問してみたいお店の一つです。

※2005-01-19 東京グルメにクチコミ投稿した記事です。
当該サイト閉鎖により転載しました。


総合:★★☆☆☆ 2pt

日曜日の午後4時頃訪問。店の奥のテーブル席に相方と着席。たかならーめん700円を頂きました。熊本の御当地という事を特別意識せず頂けるクセのないスープや麺。個人的にわざわざ新宿に出向いて頂く物でもないし、新宿という土地での選択肢でトップに来るお店でも無いというのが素直な感想です、残念ですが。この地で長いという事ですが、この近辺、ラーメン専門店が少ないのも繁栄の理由の一つでは?

※2005-01-15 東京グルメにクチコミ投稿した記事です。
当該サイト閉鎖により転載しました。


総合:★★★☆☆ 3pt

平日のランチタイムに訪問。店内の垢抜け無さも私にはプラス作用。タイ料理店お約束のタイ国王の写真も飾ってあります。
パッタイ(タイ風焼きそば)を頂きました。タイ料理屋に伺うと必ず頂くお気に入り料理。普段ラーメン等はデフォルト(備え付けの調味料を使わず、料理を提供された状態)で頂く事の多い私ですがパッタイだけは違います。一口目はデフォで頂き、その後唐辛子とナンプラーを多めに投入。食べ進めて砂糖投入。また唐辛子…と食べ終わるまでカスタマイズを続けてしまいます。
このお店の物は初期段階の味付けが自分好みでしたのであまりカスタマイズしませんでした。色々試してみたいお店の一つです。
ただお昼時の相席当たり前(私は気にしませんが)に抵抗がある方は、ランチタイムは避けた方がいいかもしれません。私が訪問した内、一度近隣OLさんと相席になってしまい、対面席で相手方に気まずいというか、気恥ずかしい印象を受けたので。

※2005-01-05 東京グルメにクチコミ投稿した記事です。
当該サイト閉鎖により転載しました。


総合:★★★★☆ 4pt

毎年、年末になると御土産で頂いたり、正月用の食材準備の際に購入します。
いつも店頭で迷うのですが結局毎年、定番商品の「つきじ野」590円を購入してしまいます。
無添加、無着色のふんわりした黄色の見た目も美しい物です。
頂くと出汁も強すぎず、甘味も程よく上品に感じられ、お正月用に購入しても年を越さず食べきってしまった事も(笑)。
今年も元旦には無くなってしまいました。私の周りの小さい子にも受けが良く、御贈答にも喜ばれる一品だと思います。


※ 2005-01-05 東京グルメにクチコミ投稿した記事です。
当該サイト閉鎖により転載しました。


総合:★★☆☆☆ 2pt

グローバルダイニング系列でも個人的にあまり馴染みの無かったお店ですが、後輩との会食に利用しました。
週末の19時頃利用、店内は開けていて開放感がありますが、それが仇と為っているのかかなりガヤガヤしていました。
後輩の結婚式2次会(このお店)打ち合わせでしたが、席によるかも知れませんが話が聞き取れない位の賑やかさでした。
周りを見渡すとカップル、合コン組、家族連れ、同伴前の食事?と多種多様な客層でした。
接客は系列特有の丁寧な物でしたが、提供された料理はかなり優しい味付けのされたエスニック料理で可もなく不可もなくでした。
後日、先の後輩の2次会で再度訪問、個室利用をしましたが大皿で提供された料理はどれも大味。
お酒の種類も少なくちょっとがっかりというか申し訳無い気持ちに為ってしまいました。
店員さんの接客は良かっただけに少々残念でした。

※2004-12-15 東京グルメにクチコミ投稿した記事です。
当該サイト閉鎖により転載しました。


総合:★★★★★ 5pt


個人的な位置付けは持ち帰りメインの美味しいスパゲッティ屋さん。
合間にブランクありますが、もう20年位の付き合いです。
とは言っても当時はお店の所在等全く解らず、母親が月イチ程度で買ってくるオヤツ代わりのお土産を、只頂いていただけですが。
バジリコとナポリタンをテイクアウトで利用。茶色の紙袋は相変わらずですが、入れ物が四角い発砲スチロールの物から透明の蓋の丸い物に変わってました。
両方共に太麺故時間経過にも関わらず、冷めるという事を知らない麺、昔と変わらぬ味。
よく「時間経過と思い出の強さが味を増大させる」なんて、数年振りに訪れたお店にガッカリしたりする事があるけど、このお店に関していえば、もうホント昔食べた味そのまんまの美味しい一品だった。
そういえばいつもお土産で、作り立てを食した事がなかったんだなあ。
店内で頂くより、持ち帰りのシットリ加減程良い物のほうが、自分には合っている気がします。
なので、これからも店内で頂く事は無いでしょう、多分。
第2のおふくろの味、というのはちょっと大袈裟ですが、個人的にはとても大事なお店です。


※2004-11-23 東京グルメにクチコミ投稿した記事です。
当該サイト閉鎖により転載しました。


総合:★★☆☆☆ 2pt

赤丸新味を頂きました。博多豚骨のチェーン店にありがちな「豚骨独自の臭みを出来るだけ廃して多くの方に受け入れて頂く」というスープ作りは、一つ間違うとコクが無く、化調と相まって、大変に個性の無い代物になっている事が多いと個人的に感じる事が多いのですが、こちらのお店のスープはギリギリ臭みが感じられ、豚骨好きな方も苦手な方も無難に満足頂けるのでは、と思います。
ただ他の方も書かれている通り、価格設定が若干高め。替玉するのが博多豚骨を頂く時の流儀と勝手に思ってる私ですが、このお店では止めておきました。
味は★3、使い勝手は★2という感じです。

※2004-11-23 東京グルメにクチコミ投稿した記事です。
当該サイト閉鎖により転載しました。


総合:★★★★☆ 4pt

地下に降りる階段を含め入り口は狭く感じますが店内は思いのほか広く感じられ、地下のお店にありがちな窮屈感は感じられず、内装も落ち着ける物です。
ケイブという店名の通り、洞窟の様な暗めの照明の中でタイやベトナム等の定番の品や、アレンジの入ったエスニック料理やタコスが頂けます。
初めて利用した頃はメニュー構成が度々変更されていましたが、最近は落ち着いている模様。
私は失われたメニューにお気に入りがあったので少々残念な思いがありますが、精進を続けているという解釈で納得する様にしています。
料理もアルコール類もこの地を考えると適正価格だと思います。カウンター席とテーブル席があり、キャパも広めですので2、3度結婚式二次会利用中の為に、入店を丁重に断られた事があります。
週末の訪問時には確認したほうが良いかと思います。
以前に近隣に勤めていたので利用頻度は多めでしたが最近はご無沙汰気味です。
個人的に美味しさも含め、居心地等いい思い出ばかり残るお店です。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

※2004-11-22 東京グルメにクチコミ投稿した記事です。
当該サイト閉鎖により転載しました。


総合:★★★☆☆ 3pt

このお店のオープン当初、歩いて5分と掛からない場所に同じ「福のれん本郷3丁目店』が以前から存在しており、展開の意図がイマイチ解らなかったのですが、どちらのお店もよく利用させて頂きました。
個人的にはお客さんが分散される事により、貴重なランチタイムが有効に使えるという点で歓迎でしたが。
店舗内装、メニューの印刷の仕上がり、POPデザイン等でややフランチャイズ感が前面に出ていますが、
他のチェーン展開をしている博多豚骨のお店より美味しく頂けました。
また個人的な我儘でハリガネ、粉落とし等の麺硬茹で注文にも、ニヤリと笑みを浮かべ注文を受けて頂いた事も思い出深いです。
同グループでのしのぎ合いでした本郷3丁目店(改名して堂堂になりましたが)が閉店の様で、本郷界隈でのこのお店の真価が問われるのはこれからの様だと思います。

※2004-11-21 東京グルメにクチコミ投稿した記事です。
当該サイト閉鎖により転載しました。


総合:★★★☆☆ 3pt

他の『がんこ』同様、威圧感のある入り口に躊躇してしまうかも知れませんが、勇気を出して扉を開けると、内装は木をふんだんに使いログハウス風の落ち着ける店内です。
がんこ系ではあまり無い様に思うテーブル席があるのもこのお店の特徴です。
私が持っている「元祖一条流がんこ」のイメージは「カウンターで注文した後は、喫煙や私語厳禁、
多少の緊張感を持ち、丼が提供されたらスープの冷めぬ内、麺の延びぬ内に平らげる」みたいな感じがありまして、
実際に私のがんこデビューのお店(10年以上前、今は無き青砥の「六代目」で当時は家元もいた)にはその様な雰囲気が漂っておりました。
最初に受けたインパクトをいまだに引きずり、他のがんこを訪問しても同じ様な心構えになってしまうのです。
その点、このお店は店主の人柄も良く、テーブル席で頂けば、友人達と味等について語りながら頂ける「がんこ」です。
色々頂きましたが、他のがんこよりも塩気薄め、でもしっかり、しょっぱ旨く頂けるお店だと思います。

※2004-11-21 東京グルメにクチコミ投稿した記事です。
当該サイト閉鎖により転載しました。


総合:★★★☆☆ 3pt

四谷の『支那そば屋 こうや』の支店というか暖簾分けのお店です。
この店の程近くに勤務していた時に訪問しました。
店名や看板の文字やジャズの流れる店内の雰囲気等に、こうや系と感じる事が出来ます。
雲呑麺を頂きました。
スープは塩辛さと豚骨、鶏ガラ系のコクを感じる独特の物です。
見た目は塩、でも食べ進めていくと醤油が感じられ、頂いた後はやっぱり塩かも?という感じのスープでした。
塩気の強さからスープまで完杯はしませんでしたが、それでも食後は喉が乾きました。
具の小海老の入る雲呑は個人的にごく普通の物と感じました。
昼時には数人の行列が出来ている事も。近隣で働く方に人気のあるお店です。


※2004-11-15 東京グルメにクチコミ投稿した記事です。
当該サイト閉鎖により転載しました。


総合:★★★☆☆ 3pt

以前、仕事の残業後に『千石自慢』目当てで巣鴨に向かいましたがあまりの空腹振りに行列に並ぶ気が起きず、少々足を延ばし支店のこちらに伺いました。
一見クドそうな背脂の浮く東京豚骨ですが、午前零時過ぎまで夕食抜きの空きっ腹にも関わらず、翌朝胃もたれする事なく過ごせました。
スープと太麺の相性も良いし、チャーシューも旨かった。本店にもかなり近い味と感じて満足の一杯を頂けました。

※閉店しました

※2004-10-17 東京グルメにクチコミ投稿した記事です。
当該サイト閉鎖により転載しました。


総合:★★★★☆ 4pt

「しょっ気強く、スープは熱く、麺硬く」の醤油が、『がんこ』共通の売りだと個人的に解釈しているのですが、こちらのお店では塩ラーメン800円を頂きました。
「今日は何にしようか?」と聞かれるまで注文してはいけません。このお店は注文を聞かれてから頼む、そういうお店です。
店主は強面と言われていますが、滅茶苦茶気の付く人だと感じました。『がんこ』系で私の知る限り、いちばん話し易いがんこ職人です。
がんこ共通の黄色の中細麺は、これも同じく固茹でされていて非常に主張が感じられます。
澄んだ塩スープは塩気が強いですが、嫌味にならない程入れられた紫蘇が塩気を中和して塩気を多少優しい味にしていると感じられるし、香りもいい物になっていると思います。具は丼からはみ出す2枚のチャーシュー、メンマ、海苔、葱が入ります。そのどれもがスープとの相性の良さを実感できるものと感じました。
個人的に癖になる一杯です。
他の方のコメントを拝見しまして、「しょっぱすぎる」との声がありますが店主はお客さん個々を見て塩ダレの量を調整してると聞いた事が有りますし、注文時「薄め」と頼んでいたお客さんと同席した事もあるのでそういう頼み方も出来ると思います。
『大喜』、『神名備』とは対極に位置する骨太の塩ラーメンですが、塩らしいと言えばいちばん塩らしいかもしれません。

このページのトップヘ