めぐりあいズゴ

東京のリアル下町の一角、堀切菖蒲園を中心に 足立ナンバーエリアを徘徊しまくる高純度アダッチ・カツシカンブログ。

カテゴリ:日本代表

オーストラリア・ブリスベンにてW杯アジア最終予選第3戦、アウェイのオーストラリア戦。

前半から試合のイニチアシブはホームのオーストラリア。
日本の球がハーフウェーラインを越えると、すぐさま早いチェック。で、球の出しどころも抑えられる状態。
お蔭でオフェンス、特に香川が前向いてボール受けられるシーンは、前半はほとんどなし。

オーストラリアはいつもの、高さやフィジカルを最大限に活かし、ボール奪取したら、すぐさま前線へ、という、もはや伝統ともいえるサッカーをこの日も。
それがまた、くやしい事に、まんまとその攻撃を再三にわたって食らうんですな。
特にケイヒル。相変わらず相性が悪いですな〜、ヒヤッとする場面が何度も。

前半のおおまかな印象は、オーストラリアの猛攻をなんとか凌ぎ、後半に向けて日本がようやく自分達のサッカーを取り戻してきたような感じで、スコアレスのままハーフタイムを迎える

後半に入ってようやく日本がゲームを組み立てられるようになってきました。
相手DFがこの日2枚目のイエローで退場。数的優位が更に追い風。

チャンスはすぐやってきた。
CK、キッカーの本田。選択はショートコーナー。ダイレクトで返ってきた球を自身がバイタルエリアに持ち込み、ゴール前へグラウンダーのクロス。
これをフリーで受けた栗原がインサイドで押し込み、日本、待望の先制点!

だけど、その5分後、日本のPA内でウッチーがファールを取られ、相手にPKを献上。
これをきっちり決められ、同点に。

ウッチーは何がファールだったか良く判ってない状態で、だけど、同点に追いつかれたという事実を突きつけられ顔面蒼白という感じ。
顔真っ白で足元もおぼつかないので酒井と交代しました。

その後も両チーム共に更なる追加点を狙うサッカーをして、栗原が2枚目のイエローで退場して人数が同等となって、ラストワンプレー、本田の得意なゾーンからのFK。いざ蹴ろうとすると…


ピッ、ピッ、ピー!


はぁ?


結局、本田は球を蹴らせてもらえず、1対1のドローで試合終了。


で、雑感です。

ピッチもぬかるんでたのかな?、どちらかというとナイキのスパイクのほうがツルンコしていた感じ。

会場の雰囲気はかなりのアウェイ感。アッチのサポーターはそういう空気を作り出すのが上手いな〜って前にも思った事があるんですが、今回もやっぱり。

今野の被イエローは、元々といえば長谷部のパスミスのカバーリング。
今日の長谷部はミスが多かった感じ。

栗原の得点シーンは良かったですね、完全に相手を崩してました。ああいうゴール好きです。

ケイヒルは相変わらずコズルイ感じですね。やっぱ嫌いですw。

日本は守備を崩された感はそんなにしてないんですが、自陣でのパスミスとか連携ミスから食らうカウンターは、オーストラリアは非常に怖いので、その辺り、徹底して無くしていきましょう。

試合全体は、前の2試合(オマーン、ヨルダン)がちょっと前座にも思えてしまうような、サッカーのタイプは違えど、実力が拮抗したピリピリとした、これぞ最終予選って雰囲気の試合だったんですが、
それを台無しにしたのが主審の笛じゃないかと。

球際のもつれ合いで転んだらとりあえず笛、という感じで、日本の選手にとっても、テレビ観戦している側のコチラにも、
「今のドコがファールなの?」っていうシーンの連続。
オーストラリアの選手に吹かれるんだったらそれはそれで良いんですがw、ウッチーにしても栗原にしても、「どれ」が「それ」に該当したのか判らない気持ち悪さが、2人の表情からも見てとれました。
こんな不条理な笛が、今後彼らの守備に影響しない事を願います。

主審はどこ出身だっけ?サウジ?(不確か)。
こういうのも一種の中東の笛って言うのかな。

アジアのサッカーのレベルはグングン上がってきてるのに、レフェリングのレベルはまだまだだな…。


まあ、とにかく6月の3連戦で勝ち点7を得てグループ首位をキープの日本。

3連戦で勝ち点5を取るのが最低限のノルマと考えていた自分にとっては、上出来といっていい3試合でした。
あの雰囲気でのドローは勝ちに値しますよ。



2012_06121月1日 0005

ゲン担いでチキンカツ食べた甲斐があったねw。

 

blogram投票ボタン 

人気ブログランキングへ 


↑おかげさまで好位置キープ。ありがとうございます!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

本日、埼玉スタジアムで行われたブラジルW杯アジア最終予選、第2戦のヨルダン戦。

結果はご承知の通り、6対0で日本の圧勝。


試合開始直後、主導権争いをしたものの、全体を通してみると概ねワンサイドゲーム。
相手にシュート打たれたの1、2本じゃないの?。

という訳でボールポゼッションはほとんど日本。
ヨルダンは中盤のチェックこそ厳しいものの、そこを越えた最終ラインのマークの受け渡しが上手くいかないのか、バイタルエリアに再三の突入。

先制のCKからの前田のヘッド、ヤットのスルーパスからの本田のシュート。
ただでさえ数的有利を作り出しているのに相手が累積で退場したら更にやりたい放題。
そして本田の2得点目、香川待望の狙いすましたゴール。

都合4点のビハインドをヨルダンに与え、前半を折り返した後半。

さすがに試合の入りもダレますね、4点持ってると。
流すって言うよりもダレてる感を持ってる日本、ヨルダンに「なめんじゃねえ!」と、数回突破を許します。

相手をいなすならまだしも、やらせちゃ駄目でしょ。
アウェイ戦の時の事を考えたら完封に付け加え、圧倒的実力差を植え付けといたほうがいいでしょ。

まあ、ちょっとヒヤっとした場面もありましたが、その後のイニシアチブは日本、で、再びフルボッコモード。
前田の被ファールで得たPKを本田が蹴って5点目。更にセットプレーから、途中交代の栗原のヘッドでトドメの6点目。

相手GKの好セーブがなければ、あと2点は入ってたな。
文字通りの圧勝で、ヨルダンには「サンドニの悲劇」ならぬ「サイタマの悲劇」というトラウマを植えつけた事でしょう。

左から、右から、オーバーラップも、そして中央突破も。
あらゆるバリエーションが試せて、そして実になっていた攻撃パターン。

やっぱヤットさんの存在は、緩急という意味で大きいわ。

そして岡崎も、90分通してのあの動きでの運動量は凄いの一言。

後半、大事をとって交代のCBのバックアップ要員2人の実戦経験を積ませるという狙いも、以前よりも落ち着いた感じがしたのでまあまあ良かったのかなと。

W杯予選は試合内容よりも結果が全てで、勿論私もそういう視点で試合を観戦してたんですけど、本田のハットトリック、香川の最終予選初ゴールと、見せ場の多かったこの試合。
終始安心して試合観戦出来ました。

埼スタに足を運んだ人達は更に美味い酒を飲んだんでしょうね。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

昨日、エコパで行われたキリンチャレンジカップ、日本対アゼルバイジャン戦。

日本のスタメンには久々に代表復帰となる本田を始め、香川、長友、ウッチー等、11人のうち9人が海外組。
選手の比重的には海外組って呼称よりも国内組とかJ組とかのほうが相応しくなってくるかもね。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

試合見ながらチョコチョコとスマホで書いていたのだけれども、なでしこ後半辺りからどーにも瞼が重くなってきて、
「明日の朝、早く起きてサクサクっとブログにUPすればいいや」等と思いながら就寝したんですけど、翌朝、そんな、昨晩書いた下書きを見てみたら、
とてもとても皆様にお見せ出来るシロモノではない&そんな余裕のない起床時間だった

という事で、一夜明けてからの、大幅加筆&修正なサッカー記事です。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ロンドン五輪アジア最終予選、アウェイのマレーシア戦。

試合は序盤から日本ペース。
時たまマレーシア、縦に早いカウンターで反撃を試みるも然程怖さはなし。
一方、 日本は幾つかの決定機を作るも最後の精度が悪く中々得点まで結び付かず。

試合が動いたのは前半34分、相手のお株を奪う、縦に早いカウンターから原口からのこぼれ球を酒井がきっちり決めて日本待望の先制点。

その後も日本が攻勢。
44分、ライン際、酒井の被ファールからの扇原のFKから大迫が頭で合わせ、日本嬉しい追加点。
ロスタイムほとんどなくそのまま試合終了。
2対0で折り返す。

後半
後半も試合のイニチアシブは日本。
その優勢な流れから9分、右サイドの粘りからの酒井のクロス、原口が詰めて3点目。
更に15分、扇原のシュートをGKがファンブル、それを詰めていた斉藤が決めて4点目。

既に心が折れたマレーシア相手に、更なる追加点を、というムードが漂いましたが結局このまま試合終了。

結果4対0で試合終了。


続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

今から10年以上前、仲間内でフットサルやろう!という事で始めた頃の話。
最初か2回目にエントリーした大会でのリーグ戦、第2戦で対戦した相手。

チーム名は忘れたけど、何処かの小学生の少年サッカーチーム。

コートの外には揃いのユニホームを着たチビっ子達が数十人。
その後ろにその子達の親御さん達と思われるオトナ達数十人。

かたやウチのチーム。
コートの外に座るメンバー数人にマネージャー(妻)ひとり。


さてキックオフ。

子供相手だから厳しいチェックも出来ないし、謝って足を引っ掛けたり、ちょっとぶつかっただけでもすぐ転ぶんです。
で、計らずも吹かれるんです、中東の笛ならぬ、小学の笛。

で、笛吹かれると容赦なくブーイングされるんです、保護者から。

で、リスタートであの子達がボールキープしている時間は「キャーキャー」歓声が飛んでいるのに、ボク達が持っていると「シーン」としてるんですよ。

その時に思いました、(アウェイとは正にこれの事か…)と。

そんな空気感の中、元々ポテンシャルの高そうだった対戦相手の「あの子達」は案の定ドリブルも上手くて、スピードも速かった。
なにより堪えたのは交代メンバー。タッチを割った瞬間に選手交代が出来るんですけど、ホント、タッチを割る度にフレッシュな「あの子達」が登場。
おまけに相手のコート側(つまり半周)をグルッと囲む位、人がいるもんだから相手のエンドでタッチを割ってもすぐさまラインにボールを置かれてリスタートせざるを得ない状況を作られる。
割とココ、瞬間的に休める時間なんですけど、それすら許されない状況。

正に、勝つための環境作りを徹底していたサポーター(保護者)が、見事にホーム感(ボク達にとってはどアウェイ)を作りだした瞬間だった。

そんな「あの子達」はその大会で準優勝、対してボク達は本来の実力通りだったんでしょうな、グループリーグ敗退という憂い目に。

少年サッカー、二度と試合したくないと思いましたw。



昨日のW杯アジア3次予選の北朝鮮戦。
ライブで見れなかったんですけど、そういう状況に近いんじゃなかったのかな、と(レベルの違いは何百倍ですけど)。

予選突破で無理しなくていい日本と、予選敗退決定だけどホームで負けられない北朝鮮。
日本にとっては消化試合でしたが北朝鮮には「負ければ国辱」という程の気概を持って迎えた訳ですよ、この日。
日本代表にとって、久々のどアウェイ感を与えてくれた北朝鮮は、提示されたイエローの数からも象徴されるように、激しく形振り構わず勝ちにきて、そして結果を出しました。

一方、わが日本。
敗戦は確かにショックだけれども、個人的には今回の敗戦は「まあ、仕方ない」という感じもしないでもない。
日本は控え選手中心に選手を大幅に入れ替えて臨んだ試合だし、今回、あの雰囲気の中でシステムを替えるシミュレーションが出来た(またそれが少し機能した)のはかなり収穫だったと思います。

今回の敗戦を胸のどっかに置いておいて、そのうちまた東アジア選手権とかで対戦する機会があったら逆に、国立とかで「徹底的な青の恐怖」を与えたいものです。

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

W杯アジア3次予選、アウェイでのタジク戦。
ピッチはホントに酷い状態。

タジクはホームらしく、前へ出てきます。
そりゃそうでしょ、先日の試合と同じく沈黙してたら暴動が起こりかねないだろうし。
日本は劣悪なピッチで足を取られたり、パスのスピードもいつもよりブレーキがかかってるような感じ。
そんな不協和音を突かれてゴールポストを叩かれる、割と危ないシーンもあったり。

そんな状態で、こりゃ〜、僅差での勝利かな?(勝つのは大前提ですから)と思っていたんですが、ピッチにも慣れてきた日本、序々に攻勢に回り、先制弾を放ったのは、なんと今野。
その後の試合の主導権は日本。
後半に試合を決める3点目を取り、セーフティでこのまま試合終了か?と思ったら、岡崎が清武のアシストからの駄目押し弾。

という訳で、4対0で日本勝利。

個人的には後半ロスタイムの4点目の点の取り方が一番良かったな、と。
一瞬、シュート練習のようにも思えた、かなりの実力差を象徴しているゴールでした。

タジキスタンは、ホームでもアウェイでもファールの少ないフェアなサッカーをするチームとして記憶しておきます。
しばらくは日本代表とは試合したくない、って印象を受け付けられたんじゃないでしょうか。

それにしてもナショナルな試合をするにはあのピッチでは、自分達も辛いでしょ?
なんとか都合付けて整地し直して、そして、格上のチームを沢山招聘して経験を積んだほうがいいかと思います。

さて、次は北朝鮮戦。
本日行われているウズベク×北朝鮮戦の結果次第で、日本の最終予選進出が決まるわけですが、仮に持ち越したとしても、日本は立場的に相当有利な状態ですからね。
どアウェイな雰囲気を作り出されても平常心で戦える、メンタルを鍛えるゲームと位置付けたいものです。

北朝鮮は、本日戦ったタジキスタンと同じく、ファールの少ないフェアなサッカーをするチームといった記憶が残ってるんで、そんなに心配してないんですけど、
選手の皆さん、どーか怪我しないようにね。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ワンサイドゲームとは正にこの日の試合のような事をいうんだな。
ボールポゼッションはほとんど日本。
タジキスタンはGKからのフィードも自身のトラップミスで無駄にしたりと、技術的にも未熟だった。
そんなタジキスタンを前半開始早々からフルボッコモード。

ハーフナーのヘッドでの先制弾を皮切りに、サイド攻撃、次に中央突破と、緩急をつけた多彩な攻撃で終わってみれば大量8得点。
タジキスタンはシュートらしいシュートも打てず日本を後にする事に。
タジキスタンはあれだけビハインドを負ってもどうして前に出てこないんでしょうかね?。

次のタジキスタンのホームゲーム、どんなサッカーをするとしても、日本に対しては相当な苦手意識を持っているに違いない。
3次といえどW杯予選は試合内容よりも結果が全てで、勿論私もそういう視点で試合を観戦してたんですけど、後半終盤の選手交代で、すこし攻撃にもたついた感がありましたが、
こんなに楽勝ムードで、やりたい攻撃の形を実戦で試せたのは良かったですね。


結果はいうまでもなく、内容も非常に良かった圧勝劇でした。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

気温が30度近くでも、随分と過ごし易くなってきましたね、今週。

今朝方のウロコ雲は見応えがあったんだけど、過ぎ行く夏になんとなく未練がましかったりもして。


うろこ雲



あんまし認めたくないんですけど、もう季節は秋なんですね。





そんな今日に行われたサッカー女子日本代表のオリンピック最終予選の北朝鮮戦。

大急ぎで帰宅した後の、後半20分辺りからの観戦しました。


日本と北朝鮮、どちらも疲れている感じが画面からも伝わります。
そりゃー、こんだけ過密な日程で一週間を過ごしてたら相当疲れますわな。

両チーム共に得点の匂いのしないまま試合は進んでいた最中の38分、永里のシュートが相手に当たり、オウンゴールでの先制点!

これをそのまま決勝点にすべく、日本はリスタートからマイボールを相手エリア内でのボールキープ。
これ(ボールキープ)、先日のW杯の時も何回か見た絵面で、それが上手に出来ててその時は「なでしこ、したたかだな〜」なんて思ってたんですが、今日のボールキープはちょっと…。

そんな流れの中でのセットプレー、選択肢は勿論ショートコーナー
この時のキッカーの宮間選手、明らかに不本意な感じで「マジで!」と発していたのが歓声にジャマされずに聞こえてしまうのもまた1つの現実。

つまり監督はボールキープの指示だけど、現場(ピッチ上)はオフェンシブに行きたかったんでしょうな、気持ち的にも。

結果的にこの指示が裏目に出て、ロスタイムにまさかの失点、で、そのまま1対1で試合終了。

日本はあとちょっとのところで勝てる試合だったと思います。



その後にニュース速報が流れてきて、中国対オーストラリアの試合は1対0でオーストラリア勝利。その結果、日本は最終戦の中国戦の結果に関係なく2位以内確定になったので、めでたくロンドンオリンピック出場権を獲得しました!


ちょっと他力本願的になった感もするけど、それでも日本は大きなアドバンテージを保っていたままでしたからね、たぶん北朝鮮相手のドローは想定内でしょう。
選手の皆さん、おめでとうございます、そして、おつかれさまでした!


実際のところ最終戦の中国戦。
これに挑むために、「お互い五輪出場を懸けた」という状況にはしたくなかったはずなので、今日出場を決められて良かったですね。

ホーム開催の中国は日本に勝利した上、北朝鮮が負けないと予選2位には辿り着かない。
その北朝鮮の対戦相手は今予選で勝ち点0のタイ。ということは…。


まあ、とにかく中国は対「ニッポン」という事で、スタジアム全体でどアウェイの雰囲気を作り出してくるだろうし、男女共通な、粗いプレーもしてくるでしょう。
そういう環境でもきっちりと勝って欲しいんですけど、中2日でそこまで望むのもねぇ…。

とにかく、
「W杯で優勝したんだからアジア予選なんて5連勝して楽々通過だろ♪」

という、物凄い高い壁(ぶっちゃけ北朝鮮とかはまだ格下なんて言えない)を設定されながら挑んだこの予選、見事結果を出して頂いて、これまた五輪観戦の楽しみが増えました。

選手やスタッフの皆さん、改めてお疲れさまでした(まだ終わってないけど)。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

なでしこ、ザック、なでしこ、なでしこ、ザック、そして明日のなでしこ。
代表のガチな試合が見られるのは本望なんですけど、こんだけタイトだと見てる側も体力が必要になってきませんか?。

そんなプレイバック。
まずはなでしこオーストラリア戦。
試合は後半からなんとかライブで見れました。

オーストラリア代表は男子と同じサッカーをしてましたね。
フィジカルを活かしたカウンター主体。
なでしこは韓国代表よりもやりやすそうでしたが、芝の毛足が長いのか、パスしたボールが失速気味なので、思うようなサッカーで出来てなかったような。
そんな中、流れの中からの得点は見事。
きっちり勝ち点3を取りました。

なでしこは明日の北朝鮮戦に勝てば五輪出場確定です。
個人的印象では韓国よりもしんどい相手だと思うので、簡単ではないですが、どんな形でもいいので、この試合に勝って、そしてロンドン行きの切符を手に入れちまいましょう。

そして、その次、最終戦の中国はホームという事で、スタジアム全体で物凄いアウェイ感を演出してくるでしょうね。
既に出場権を獲得している状態とそうでない場合で試合の展望は多少変わってくるでしょうけど、どちらにしてもフルボッコしてあげましょう。
それが世界王者としての礼儀です。

そしてザックジャパン。

W杯3次予選、アウェイの対ウズベキスタン。
日本は守備的布陣で挑むも試合序盤からグイグイくるウズベクに割と押されたまんま、結局そのペースで先制を許す事に。
ウズベクはホームだから、その後もガンガンくるけど、段々と日本も盛り返してくる。

後半は本来のダブルボランチに戻した結果が効を奏したのか割と日本が主導権を握る。
そんな感じでなんとか岡崎の低空ヘッドでドローに持ち込み、そのまま試合終了。

オフェンス陣、ディフェンス陣ともに、不満の残る試合内容だったんですけど、最低限のノルマ、アウェイでの勝ち点獲得は奪取出来ました。

李忠成は再三、DFの裏を取る動きが実ってましたが、ちょっとツキがなかったですね。
ゴールにかける気持ちが画面からも伝わってきました。良いFWですね。

それと清武。
トラップも上手い、ポジショニングも良い、アタリにも強い(体幹が強い)。
飛び級でA代表召集された理由も判りました、特にこの試合で。

これから、もうちょっと、代表で「ボールよこせ!」とかのエゴを出せたら、もっともっと成長するのになぁ〜、と思いました。

なにはともあれ、まだまだ長い予選は続きます。

3次予選の一つ一つ、きっちり勝って本番とも言える次に進みましょう。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

中1日で臨んだなでしこジャパンのロンドン五輪アジア最終予選第2戦の韓国戦。
それにしても日程タイトだな〜、男子じゃ中々あり得ないね。
という事で、前戦のタイ戦から大量にターンオーバーして試合に臨むなでしこ。

前半立ち上がりから日本、韓国を圧倒します。さすがW杯チャンピオンというメンバー構成。
早々にCKから阪口が頭で合わせ日本先制。
その後も勢いは続くかと思いきや日本は徐々に試合の主導権を韓国に握られる展開に。
そんな訳で、起こるべく起こったといってもいいかもしれない、失点シーン。

30分過ぎ、自陣でのパス回しで熊谷がピッチに足を取られてトラップミス、そこを起点にカウンターを喰らい、韓国に同点とされる。
このまんまスッキリしない形で前半終了かと思いきや、またしても日本、セットプレー、スローインからの流れで澤が中央にクロス、川澄がポストプレーで決めたのは大野のシュート。
日本、欲しい時間帯に見事追加点です。

このまま前半終了。
後半の展開は、なんとか追いつきたい韓国相手に日本が逃げ勝った、というのが45分を通じての大まかな印象。
逃げ切れたのは相手の決定力不足のおかげもあると思うけど、それでも35分過ぎからの日本のマイボールのキープの仕方とかを考えると、グダグダな中でも帳尻を合わせてくる逞しさというのを感じ取れた試合でした。
内容よりも結果が問われる、この連戦で、よく戦ってくれていると思います。
次戦は個人的にこの予選の大一番と思ってるオーストラリア戦。

高さに優るは素早いパス回し

という事で、相手のサッカーに付き合わず、W杯ドイツ戦やアメリカ戦で見せた自分達の形が出来れば、自分達の体力的にも楽だと思うんですけどね〜。
まあ、内容よりも結果が問われるこの連戦を考えたら、あんまり欲を出すの止めときます。
次のオーストラリア戦で勝ち点3を取れれば2位通過がグッと近づきます。

ローテ的にキツイだろうけど、頑張ってほしいな〜。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

いよいよ始まったブラジルW杯に向けてのアジア3次予選。

日本のユニは、アジア王者という事でゼッケンとネームが金色にピカピカと輝いております。

北朝鮮は相変わらず堅守速攻のサッカースタイルでガチガチに引いていたから、日本のボールポゼッションは7割近くと非常に高いものでしたが、肝心のオフェンスが、スペースでボールを貰うでもなく、かといって、じっくりと攻撃を組み立てるという感じでもなく、
そんなに得点の匂いを感じさせるシーンは多くなかった。

後半アディショナルタイム、フラストレーションを一気に晴らすようなセットプレーに得点の匂いが。
仕切り直しの右CK.。

キッカーの清武、ショートコーナーで長谷部、その折り返しを再び清武。中央に上げたクロスを吉田が頭で合わせて土壇場でのゴール!

結局そのまま試合終了。

日本はW杯初戦の難しさを感じつつも、なんとか勝ち点3を奪取出来ました。

得点シーンは、ドーハの悲劇のリプレイみたいでしたね。

あともうチョイでアウェイでの勝ち点1を得る事が出来た北朝鮮にとってはサイタマの悲劇だったのかも。


課題はスリッピーなピッチというマイナス要因によってパスミス、トラップミス、シュートミス多すぎでした。
自陣からのマイボール繋げられなかったら、そりゃゴールも遠ざかります。
ホームなんだから、そしてアジア王者なんだから、スリッピーなピッチも味方に出来るようになれればいいですよね。

スタジアムに来ていたサポーターもその辺りにジレンマ感じてたみたいで、一時応援止んでましたね。

なにはともあれ、3次予選初戦を無事勝利で飾れたのは良かった。
これからコアメンバー不在も想定内として(現に今がちょっとその状態ですけど)、連携を良くしていって欲しいですね。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ブログネタ
日本代表 に参加中!

ザッケローニ監督体制での韓国戦、早くも3戦目の日韓戦は札幌ドームで。

W杯予選前の最後の実戦という目的ですが、それ以外にも韓国との通算戦績に一個白星を加算しておきたいゲームです。

試合開始前には、先日亡くなられた元日本代表、松田直樹選手を偲び黙祷が捧げられました。

前半
開始序盤から日本、主導権を握ろうと積極的な立ち上がり。
韓国はアウェイともいう事もあって割と冷静な入り方ですかね。
両チーム共に中盤でのプレスをコンパクトに利かせているために、どちらもバイタルエリアに持ち込めないという状態が暫く続いた序盤戦、割と乱れるというかファール、被ファールが続く時間が。
徐々にボールポゼッションは日本の時間帯が続きます。

そんな日本の決定機、35分。
ヤットのパスをPAで受けた李がヒールで流し、香川が見事なトラップからのシュート!
これが韓国ゴールのネットを揺らし、日本先制!。

その後は韓国に押し込まれるシーンがあるものの、1対0で前半終了。

後半
前半に引き続き、試合の主導権は日本。
試合は早々に動きます。

左サイドを駆け上がる駒野。
頑張りのキープでPA内に持ち込みシュート。
相手GK、はじいたボールを逆サイの清武が落とし、中央の本田がシュート!
再び韓国のゴールネットを揺らします。
日本、嬉しい追加点。
そしてゴールを決めた本田、このゴールを天国のマツに捧げるように見えたパフォーマンス。

日本の攻勢は続きます。
その数分後、本田からのパスから香川→清武から再び香川、のワンタッチからの香川ゴールで、試合を早々に決める3点目が。

その後は韓国の攻撃に肝を冷やすシーンもありましたが、そのまま試合終了。

日本は韓国相手にホームでの勝利は13年ぶり、更に3点を得た試合は実に37年ぶりなんだって。
そしてザッケローニ体制での不敗記録をまた伸ばす結果となりました。


で、雑感です。

日本は各ポジションの選手が適正な仕事をしていて、またそれが見事に利いてましたね。
どの選手もユーティリティに優れ、それぞれが仕事を果たしていました。

攻撃陣

香川と本田の相性は、これまでそんなに良くないかな、と思ってたんですが、それも杞憂に終わりました。

シャドーとしての分厚い攻撃参加は再三、韓国守備陣を翻弄、終わってみれば3得点全てが流れの中からのゴールで、オフェンスとしては、ザッケローニ監督体制での最高の出来と思いました。

ワンタッチではたいて、次々と前を追い越す動きは相当良かったです。この代表の目指す攻撃の形、ポゼッションサッカーが、凄く良い形で出せてましたね。
A代表初選出の清武は、やや硬さというか緊張感が見られるプレーでしたが終わってみれば2アシスト。
ポジショニングの良さの表れでしょうね。

守備陣

割とマーク掴めずに、相手に好きなようにされた時間帯があり。
相手の決定力不足に助けられましたが、2点ほど失点しててもおかしくないシーンがありました。
多分マークの受け渡しの伝達ミスとか、そういう感じでしょう。

守備を崩されはしましたが、終わってみれば結果は完封。
特に中盤の守備は安定してましたね。

W杯予選前に守備の課題は見えたでしょう。
そして、その修正もそんなに難しくないでしょう。


いっぽう韓国、パクチソン代表引退は相当の響きなんでしょうね。
中盤でボールキープ出来る選手がほぼ不在で、攻撃はカウンターに終始、で、フィジカル勝負といった印象。
相手のキーマンはたぶんキ・ソンヨンなんでしょうけど、今日に限ってはほぼ仕事させませんでしたね。
おかげで酒がすごく美味いです。
キ・ソンヨンは、あのパフォーマンス以降大嫌いな選手なんで。

この試合を受け、通算成績は12勝22分38敗。
まだまだかなりの負け越しですけど、今の代表だったら白星を増やし続けてくれると思います。

来年とかなんとか日程都合つけて、また2試合は戦りましょうよ。

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ブログネタ
『なでしこジャパン 〜日本女子サッカー〜 』 に参加中!

日本時間の今日、早朝に行われた女子W杯ファイナルのアメリカ戦。

試合は序盤からアメリカペース。
そのアメリカの再三の攻撃をようやく凌ぎ切ったというのが前半の印象。

0対0で折り返した後半、なんとか自分達の持ち味、ポゼッションサッカーに持ち込みたい日本だったが、再三、攻撃の起点になっていたモーガンの、カウンターからのシュートにより、先制を許す。

ビハインドを負った日本、試合が進むにつれて落ちてきたアメリカの運きがやや鈍ってきた事で、ボールキープ出来るようになってきました。
そこから生まれた永里からのクロスを合わせようとした丸山、ゴール前のもつれから宮間が詰めていて、冷静に左アウトサイドでのシュート。
これが決まり、日本は試合を振り出しに戻し、そのままのスコアで後半終了、試合は延長戦へ。

延長戦。
アメリカは足が止まるって程ではないけれども、流石に運動量低下は否めず。
延長戦に持ち越せば運動量に優る日本が有利になると思ったのだけれども、延長前半14分。

モーガンと並び注意し続けていたワンバックのヘッドにやられて2対1とされる。
サイドをえぐられて早めのクロスからの失点、ゴール前のワンバックはどフリーで合わせた、という感じで、日本の守備疲れが出てきたかな?と思いましたが、なんとか持ち堪えます。

なんとか追いつきたい日本、そしてあきらめない日本、見てる側にもそんな姿勢が画面を通して伝わってきました。

そんな頑張りが実ったのは延長後半10分過ぎ、アメリカの得点のように、左サイドからのクロスを澤が右アウトサイドのボレーで値千金の同点ゴール。

この同点弾により、焦るアメリカ、勢いをつけた日本というその後のチームの雰囲気にはPK戦にも持ち越され、結果、PK戦を3−1で制した。

この結果により、日本が劇的な再三の逆転劇で初のW杯優勝を達成しました。

今大会、アメリカの試合を初めて見たんですけど、以前受けた印象(フィジカルを活かしきる戦術)のみならず、スタミナもスピードも兼ねそろえていて、さすがに今まで23試合戦って一度も勝ってない強敵だけの事はありました。

特に序盤から畳み掛けるような攻撃で「相手の心を折って早々に試合を決めてしまおう」という意図の見える戦術は、王者ならでは、といった感じでした。

そんな王者相手に、持ち味のパス回しを限定されるような試合展開でしたが、受け手に回らず、あきらめず、あくまでも勝ちに拘わったモチベーションを120分以上維持し続けたのはスゴかった。

なでしこ達、お疲れ様でした。
とても感動した、良い試合でした。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

昨日横浜で行われたキリンチャレンジカップ第2戦のチェコ戦。
結果は既にご承知の通りスコアレスドローですが、この試合結果によって、日本、ペルー、チェコの3ヶ国が勝ち点2で横並び。
という事で3ヶ国同時優勝という、なんとも…な結果に。
過去の例を見ても2チーム優勝は割とあったと思うんですけど、どこも無得点(無失点)でこういう結果って珍しいですよね。

そんなチェコ戦。
挑むのはシステムはペルー戦同様、攻撃的布陣の3−4−3。

オフェンス
このシステムを試すにはチェコは堅守すぎたのか、なかなかその牙城を崩せない。
一番ゴールが近かったシーンもチェフの好セーブに阻まれ惜しくもゴール為らず。
その他のゴールチャンスはペルー戦同様、概ね本田とヤットさんのセットプレー。

ディフェンス
チェコはそんなにガツガツきませんでしたね。そのおかげで守備も崩された印象というのが然程残らず。
途中交代の選手(槙野)とかのマークの受け渡しとかもバタバタせず安定してましたね。

終わってみたら、もうちょっとこう、せっかくの攻撃的両サイドバックを活かすパス回しとか、前線での体を張ったポストプレーとかも見たかったんですけど、
今出来る事は出来た試合なのでは、と思います。

これが他の監督だったら、翌日のスポーツ新聞の1面用に宇佐美起用したかもしれないけど、あくまで最後まで勝負に拘ったザッケローニ采配。

無得点は残念ですが無失点というほうで評価したいと思います。
が、実際にスタジアムに足を運んだ人はストレス感じたゲームだったでしょうね〜、私もTV観戦じゃなかったら多分そうでした。

今のチェコはネドヴェド、ロシツキー達がいた頃に比べると、やや地味な感は否めないですが(あくまでも個人比です)、しっかりとした守備の強いチームですね。
欧州予選の活躍を期待します(同時にペルーの南米予選も)。

これでW杯の3次予選まで残すところ韓国戦のみとなりましたが、今のシステムを継続して韓国に挑むのか、それとも元に戻すのか、その辺りも注目したいポイントなんですけど、3−4−3へのシステム変更は、3次予選のその先、つまり最終予選、ひいては本戦を見据えたものとして捉えて、長い目で見ておきたいものです。
ただし3次予選で全然通用しなかったら騒ぎますけどねw。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

本日、新潟ビッグスワンで行われたキリンカップ第1戦、日本対ペルー戦。

前半は概ね膠着状態。両チーム共に得点の匂いは無し。

後半、スタートから西に代えて投入された本田に伴い、システムを4バックに変更。
するとポゼッションが良くなりだすから不思議なものです。
4バックという形式で動き回らせたほうが中の選手も落ち着くんですかね〜。

ボールポゼッションは上がっても、うまい具合の攻めの形が出せないのが今日の代表。
後半終了間際はペルーに散々押し込まれて「勝てなかった試合」というよりも「負けなかった試合」という表現のほうがしっくりくるゲームでした。
一番ゴールに近いチャンスは本田とヤットさんが蹴った2本のFKかな。

海外組が各々のシーズンを終えた後での合流で、やっぱり疲労感もそれなりに表れてるとか色々と難しい背景はありますが、出来ればもうチョイ、勝ちに拘る試合運びを見せてほしかったな〜、と思うゲームでした。
という事で凄く悪かった選手もいないけど、凄く良かった選手もいないゲームでした。

次のチェコ戦。前回対戦した時の良いイメージが残ってますんで、そのイメージそのまま、ヨーロッパの古豪にきっちりアウェイ感を感じさせたいものです。

余談ですがペルー戦。実はこのブログのいちばん最初の記事がペルー戦なんですよ。
その記事の時はまだジーコ監督の支配下、三浦淳の事を書いてますね。

その後に再びキリンカップで対戦してるんですね、オシム監督指揮下のもと

自分で書いててなんですが、こういう、自分がちょっと忘れちゃってる記憶を呼び戻したりする時にあらためて、「やっぱブログ続けてて良かったあ〜」とか思ったりするんですよねw。

 

blogram投票ボタン

↑ポチして頂けるとこのブログの元気玉がたまります。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

先日行われた日本代表対Jリーグ選抜のチャリティーマッチに使われたキャンペーンロゴ。
「がんばろうニッポン!」のこのロゴ


がんばろうニッポン



が好きなんですけど、調べた範囲ではこれに纏わる商品は復興支援レプリカユニしかないみたいなので、このロゴのサッカーボールの部分のステッカーを手作りしてみました。



自作ステッカー


材料はカッティングシートの赤と白と透明。
作り方をザックリ説明すると、先に赤の部分をデザインカッターで切り抜き、それを白のシートに貼り付け、更にその上に透明のシートを貼り、丸く切って完成。
材料とか道具とかは全て手持ちだったので、0円で出来ました。

お絵かき中のムスコの横で、男同士の話をしながら30分程で完成。喋りながらなので、イマイチの集中力=エッジが割とガタガタなので近くで見られるとアレですが、1m位離れてみてもらえれば割とイケてるのではないかとちょっと自画自賛しておりますw。



blogram投票ボタン
 


↑久々に貼ったポチ。ポチして頂けるとこのブログの元気玉がたまります。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

一昨夜行われた日本代表対Jリーグ選抜。

多分、選手の中には

「こんな大変な時にサッカーをしてていいんだろうか…」

と胸に葛藤を抱えながら試合に臨む選手もいただろうけど、皆、プロの仕事に徹し、プロならではのフィジカルの強さ、ボールコントロールやトラップの上手さ。攻守の切り替えの早さ等、選手個々の持ち味を余す事なく発揮してくれました。

代表はアジアカップ制覇メンバーという事で前半は連携力でJ選抜を圧倒、2点のリードで折り返した後半、俊輔登場で個人的に応援がJ選抜に傾きましたw。

そのJ選抜、後半はつじつま合わせてきましたね。代表よりも連携力が良い感じになってきてゴール前に迫れるようになってきました。

その流れからのカズのゴール、J選抜が意地の1点を返し、勢いづくも結局そのまま試合終了。スコアはあまり関係ないですが2対1で代表が勝ちました。

試合途中で、多分東京は震度2位だったと思うんですけど、余震による揺れがあって、東日本は未だ震災の最中なんだな〜、と、画面の中で滞りなく試合が進んでいる長居スタジアムを見て改めて実感しました。

ま、こっちがしょんぼりしてる分、あっちで元気出してもらわないと、ですね。


試合後、選手が横断幕を持っている最中に流れていたユルネバ(You'll Never Walk Alone)がかかってましたね。
この言葉の響き、以前から割と好きだったんですけど、今回のチャリティーマッチを受けて、更にこの言葉の重みを実感しました。

被災地の皆さん、それから不眠不休の激務に耐えて踏ん張っている東電関係者を始め、この震災に関連して従事している様々な人たち。

貴方達の頑張り、共に背負っていきますから。
凄くシンドイだろうけど体に気をつけて頑張っててください。

個人的にはユルネバってそういうことだと考えてますが、たとえば傍から見て、偽善的とか、不謹慎とかって誰かに言われても、その行動の根っこがそうだったら、それもユルネバなんだと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

アジアカップ決勝T、決勝戦、新たな宿敵となりつつあるオーストラリアとの対戦。

前半
試合立ち上がりからオーストラリアが試合の主導権を掴もうと前に出てきます。戦前予想でオーストラリアはロングボールをほうり込む常套手段かなーと思ってたんですが意外にパスで繋いでくるサッカーをしてきますね。
と、思ったけどやっぱりフィジカルを生かしたサッカーをしてきて日本は長らく我慢の時間帯が続く。
日本はワンタッチではたいて活路を見出すも、結局得点には結びつかず、両チーム無得点のまま前半終了。

後半
再び試合の主導権をオーストラリアに握られつつも、日本は藤本に代えて岩政を投入して守備に安定感を加える。
キューウェルと1対1という、最大のピンチが訪れるもGK川島のスーパーセーブで凌ぎ、一進一退の攻防はまたしてもスコア動かず。
試合は延長戦へ。

延長前半
ピンチをしのぐ展開の日本、前田に代えて李忠成投入で、押された展開を打破しようとの狙いか。

延長後半
その李忠成、やってくれました!
左サイドを駆け上がる長友からのクロス、フリーでゴール前で待ち受けていた李忠成が渾身のボレーシュート。
綺麗にネットを揺らし、日本、ついに先制弾!。

その後の展開、オーストラリアはパワープレー、日本はカテナチオ。
我慢の時間帯が続く。
ホイッスル直前、バイタルエリアでオーストラリアにFKを与えるという、まるで韓国戦の再来のような展開になるも、
きっちり全員で押さえ、シャットアウト。

日本は見事4度目のアジア王者に輝きました。



で、雑感です。


「オセアニア枠から引っ越してきたけど、アジア枠になれて良かった~、楽勝じゃん♪」

と、ここ数年、そんなイメージを勝手に抱いちゃってるオーストラリア相手に、見事アジアの壁としての意地を見せてくれた試合でした。
特にジャパンキラーとも言えるケイヒルにそんなに仕事をさせなかった点もかなり嬉しいポイントでした(ケイヒル嫌い)。

オーストラリアは自分達の武器、フィジカルを生かした徹底している攻撃パターン。
日本は守勢に回る時間帯が多かったですが、最後まで集中を切らさず守備のケアがよく出来てました。
綻びを感じさせない今日の守備は、何処とやってもそんなに崩されないような、なんとなくそんな安定感を抱かせる物でした。
控えの選手も含め、全員の力で掴み取ったアジアチャンピオンというタイトルは、久々のコンフェデ出場枠という副産物と合わせ、これからの日本代表の大きな財産になる事でしょう。

そしてザッケローニ監督。
大会を通じて、交代で起用の選手が結果を出しまくるという、恐ろしい程のドンピシャ采配。
何かの記事で、氏の存在がチームに落ち着きをもたらす云々~みたいな事が書かれてましたが、ホントにそうなんでしょうね。
今大会参加中、画面からも、チームに不安感が感じられませんでしたもん。

毎試合、楽ではない対戦相手に、胸のすくような勝利の連続、大会を通じてチームの成長と言う物をひしひしと感じられました。
ホント、組織力というか結束力が目に見えて良かったですね、2004年の時なみに。

選手の方々、監督を含めたスタッフさん達、おつかれさまでした。
そして、誇りに思えるようないくつもの名試合をありがとう。

個人的な大会MVPは長友選手でした(今野と迷いましたが)。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

アジアカップ決勝T、準決勝、宿敵韓国との対戦。

前半
試合立ち上がりから日本は主導権を掴もうと前に出ます。韓国は、出方を見ているようなやや抑え目な立ち上がりな印象。
試合展開は徐々に一進一退の攻防にスライドするも、またしてもパク・チソンにやられました。

23分、PA内に侵入したパク・チソンを今野がショルダーで防いだ守備に、よもやの中東の笛。
このPKを決められた直後、現在問題になっているパフォーマンスが…。
その後しばらく韓国ペースで試合は進行。

次に試合が動いたのは日本の左サイドから。
本田のスルーパスを受け長友がPA内侵入、マイナスのパスを前田が決めて、日本、同点に追い付く。
その後は日本のペースで試合は進むが結局1対1のまま前半終了。

後半
再び一進一退の攻防。
両チーム共に決定機を作るも結局勝負はつかず。
試合は延長戦へ。

延長前半
今までの笛のストレスを晴らすようなバイタルエリア、岡崎への被ファールで日本、PKゲット!キッカー本田、コースを読まれるもファンブルしたボールを細貝が詰め、日本、ついに勝ち越しのゴール!その後はそんなに危なげなく延長前半終了。

延長後半
韓国は流石にパワープレー、日本はカテナチオ。凌ぐ時間帯が続く。このまま逃げ切れるかと思いきや土壇場で韓国に追い付かれる。
そのまま延長戦は終了、勝負はPK戦へ。

PK戦
川島の、2004年の川口を彷彿とさせる神懸かりセーブ連発で日本が見事勝利を呼び込みました。

 

で、雑感です。
試合展開的には、まあ予想通り、パスで繋ぐ日本×前線に当てて押し上げる韓国という図式がそのままの試合の流れだったんですが、フィジカルで押しまくる韓国に対しての日本のディフェンスがかなりの確率で笛を吹かれ、結果、日本にとってはかなり不本意な試合展開に。

やっぱこの辺り(第1審判)のサジ加減で、試合内容的には接戦でも、グダグダと「面白くない」という結果になってしまったりするんですね。

日本はカタール戦同様、追う展開の試合でしたが、見事追いつき、そして勝ち越しのゴール。
土壇場で追いつかれてのPK戦突入での見事な勝利。
ガチでの宿敵相手に、なによりもメンタルが育った、貴重な試合でした。

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

アジアカップ決勝T、準々決勝、開催国のカタールとの対戦という完全アウェイ戦。

日本は怪我明けの本田がスタメン復帰。

前半
試合立ち上がりから日本は主導権を掴もうと前に出ます。カタールも割にガツガツきますね。
そうこうしている内にやられました。
右サイド、金に物を言わせた帰化選手組、セバスチャンにオフサイドぎりぎりを突破され、DF吉田が股を抜かれる屈辱の先制弾を浴びる。

その後は一進一退の膠着状態。

この状況を打破したのは岡崎。バイタルエリアで本田からのパスを受け、サウジ戦で見せたようなGKの頭上を越すループシュート。これを詰めてた香川がきっちり決めてくれました。

その後は日本が試合のペースを掴むも相手の引きもあり試合は動かず。

結局1対1で前半終了。

後半
再び一進一退の攻防。
均衡が破られたのは1分。相手FWとの競り合いで吉田にイエローカード。
この試合2枚目のイエローで吉田退場。
直後のセットプレーでFKを直接決められ日本は再びリードを許す。
数的不利に加え1点のビハインド。この危機的状況を打破したのは香川。
バイタルエリアからの中央突破、相手の逆をつく落ち着いたシュートでゴール右隅に突き刺す値千金の同点弾。
その後は我慢の時間帯。
均衡を破ったのはヤットの我慢から繋いだ香川のPA内への突破は相手のイエローカード級のバックチャージに阻まれたがこぼれ球を伊野波が落ち着いて詰めていて、日本、ついに勝ち越し!

このままロスタイムを凌ぎ、日本の勝利!。

で、雑感です。
対戦国のカタールは流石にホスト国の意地とプライドを賭けて徹底した攻撃パターン(引いて奪うとスビードのある前線にあてる)を繰り返してましたが、マークの付き方もかなり日本を研究してきましたね。

そんなカタールに対し二度のリードを許すも見事逆転勝利出来たのは、やっぱり日本代表の最大の持ち味、組織力でしょう。

特に試合終盤、数的不利を感じさせない安定した守備は選手各々が持ち合わせてるカバーリング能力が上手い具合に重なった結果だと思います。

こういう試合を制すると2004年が蘇ってくるのは私だけじゃないでしょう。
是非この、チーム状態が良い雰囲気のまま、勝ち進んでいって欲しい物です。



blogram投票ボタン



 ↑ポチして頂けるとこのブログの元気玉がたまります。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

アジアカップ決勝T進出をかけたグループリーグ最終戦のサウジ戦。

日本は怪我だのでスタメンをチョイチョイいじってますね。

前半
試合立ち上がりから日本ペース。
8分、ヤットから岡崎が相手GKの頭上を越すループシュート。そのままでも入ったっぽいけど岡崎が自身で駄目押しでの先制点。
2点目も岡崎が。
13分、香川からのパスを頭で合わせて追加点。
かなりやりたい放題の日本。
19分、サイドからの長友からのクロスを前田が右サイドキックで合わせて3点目。

その後は無理をしない日本がサウジに持たれるというか持たせてるというような展開で試合は動かず。
結局3対0で前半終了。

後半
日本、立ち上がりから再び試合の主導権を握るべく前へ出ます。
試合は早々に動く事に。
6分、右サイド、後半から出場の伊野波のクロスを前田が頭で合わせ日本4点目。
33分、岡崎がバイタルエリア中央で前田からのバスを受け反転、トゥで素早いシュート。で、相手の心を折るハットトリックで日本5点目。


で、雑感です。

サウジのFWの名前が「ナイフ」っていう名前だったけど、切れ味は鋭くありませんでしたね。
サウジは既にグループリーグ敗退決定で気持ち的に試合の入り方がどないなものか?と思ってましたが、やっぱりガツガツしてませんでしたね。

そんなサウジに対し、時間をかけずワンタッチでボールを捌く日本。
狙いが見事にはまりサウジを翻弄、中央、両サイドから崩しての流れの中のFWの5得点は、どれも良いゴールでしたね。
今日の試合でチーム内はかなり良い雰囲気になったんじゃないんでしょうか。
サウジがちょっと可哀相になる位の圧勝劇でした。



blogram投票ボタン


↑ポチして頂けるとこのブログの元気玉がたまります。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ヨルダン戦雑感と言っても前半は裏番組の「任侠ヘルパー」ってドラマ見ちゃって、かなりかいつまんだ視聴方法なので正直見てないに等しかったり。
それにしても任侠ヘルパー、禁煙二年目にしても、釣られて吸いたくなる美味そうな煙草の吸い方しますな草剪くん。また続編のありそうな含みのある終わり方ですやん、任侠ヘルパー。って全然関係ないやん…。

さてアジア杯。
チャンネル回すとドンピシャで後半スタートでしたよ。
って1点ビハインドじゃん。
展開的に支配率は日本なんだけどなんつーか狭っくるしいサッカーなんですよね。
特にヨルダンは気が付くと15分過ぎから全員が自陣でのプレーなんで更に狭いプレーをせざるを得ない状況。
展開的には右サイドにボールを集中させて崩そうという感じみたいですが全くもって実らないんですな。
狂った歯車を巻き戻したのはセットプレーから。
香川→長谷部のショートコーナーから吉田が頭で合わせロスタイムに値千金の同点弾。
その後も支配率は日本ながらも追加点はならず。

結果、負け試合をギリギリのところでなんとかドローに出来たというのが正直な試合感。
協会レベルで修正すべき問題点も然りなんですけど、それ以上にピッチ上の遠慮しあいはまずいよな~、これってそんなに空気良くないのかなー、と感じた夜でした。




blogram投票ボタン



↑ポチして頂けるとこのブログの元気玉がたまります。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ブログネタ
サッカー日本代表 に参加中!

ザッケローニ監督体制での初めてのアウェイ戦は、ライバル韓国戦。
今年の2戦は共にチンチンにやられた感漂うゲームだったので、アルヘン戦勝利の勢いそのまま、韓国との通算戦績に一個白星を加算しておきたいところです。

前半
開始序盤は共に慎重な立ち上がり。個人的には韓国はホームともいう事もあって序盤からガツガツ来るかと思ったんですが、割と冷静な入り方。
両チーム共に中盤でのプレスをコンパクトに利かせているために、どちらもバイタルエリアに持ち込めないという状態が暫く続いた序盤戦、ゴール前の球の競り合い時に、駒野にアクシデント。
ウッチーイン。右肘が逆向いているようにも見えた駒野、大丈夫ですかね〜?
そんなアクシデントが起きても試合は続く。
このあたりからボールポゼッションは日本の時間帯。
日本、決定機を演出出来そうなんだけど、トラップが大きいとか、持ちすぎとか、なんか一つ多いプレーが続いて中々シュートまで結びつかず。
ロスタイムは1分で前半終了。
日本、アウェイながらもホームの韓国を抑えてゲームコントロール出来た、というのが前半の印象。

後半
流石に韓国、ホームの意地を出したのか序盤からガツガツ来ます。
日本、我慢の時間が続く場面もありますが、基本、守備を大きく崩されてないので、チャンスの芽を早々に潰せてインターセプト、というシーンが多々あり。
試合は最後までせめぎ合いが続きますが、両チーム共に譲らず、結局スコアレスドローで試合終了。
通算戦績は、両国共に引き分けを1つ増やした結果となりました。

で、雑感です。

日本は各ポジションの選手が適正な仕事をしていて、またそれが見事に利いてましたね。

前線で体を張り続けた前田、もうチョイ周囲がターゲットとして預けて欲しい部分もあり。

香川は今日はボールがちょっと足につかなかった感がありましたが、両サイドからの上りで韓国DF陣を翻弄。

松井は香川、本田と共に韓国が徹底マークしていた感がありますが、持ち味を発揮。

本田、無尽蔵のスタミナとも思える運動量で、特にオフェンス時にその体幹の強さを発揮。
幾度もインターセプトの起点になったんだけど、シュートはやや狙いすぎている、というか体勢に持ち込むまでの意識が強いというか…。
もうちょい引いて周囲に打たせても面白いかな、とも思ったんですが、この試合の日本側のキーマンでしたね。

定番の長谷部、ヤットのボランチも流石の安定感。
最終ラインは、然程危なっかしい場面がなかったのですが、チーム全体的に中盤からの早いチェック、ボール奪取したら縦へ、という堅守速攻なサッカーを実践出来てましたね。
GK西川、A代表の経験不足からかピッチ上の他の選手へのコーチングが遠慮気味な感じ。そのせいか連携もギクシャク、パントキックの精度にも影響しちゃったのかな?
まあ、経験を積むという意味では最良の試合だったのでは。

韓国は、パクチソン不在がこれほど響くのか、というような感じの、W杯時とは正直落ちる感じ。
ゲームメイカーがいないので要所要所でフィジカル勝負な大味な試合展開。

「アウェイでのドローは勝ちに等しい」

との通説通り、割と自分達のペースで試合が進んでいたし、今日の韓国は付け入る隙があったんで、ちょっと叩いて欲しかった、というのが正直なところなんですけど、
コチラもまだ攻撃の型を組み立て中でしたからね〜。

改めて思うのは、隣国にこんなにも強く、ライバルだと言える国があるのはある意味幸せじゃないかと。
もはや、日韓戦は東アジアのダービーとかクラシコといってもいいんじゃないかと。
そんな伝統の試合、是非来年も3試合位しましょうよ。

 

blogram投票ボタン

↑ポチして頂けるとこのブログの元気玉がたまります。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ザッケローニ新監督の初采配となるキリンチャレンジカップ、対アルゼンチン戦。

前半

選手構成とかシステム等に不安と期待が半々ですが、キックオフ早々から自陣のボール回しでにいきなりピンチになりかけるプレー…。
これで観ている側には不安増幅したんですが、このピンチがピッチ上の我が代表が持ってきた緊張感のアイスブレーカーとなったのか、その後のプレーに落ち着きを感じるようになりました。
戦前予想通り、ボールポゼッションはアルヘンが6割と言う感じですが、日本もボールを持った時のチャンスメイクが効果的で、得点の匂いは正直日本のほうが…。
なんて思っていたら、案の定、その時は近かった。

やってくれました長谷部。
相手のこぼれ球をミドルシュート。
相手GKがはじいたボールを詰めていた岡崎がきっちり枠内へ。
日本、大方の予想を裏切る?先制で、試合はかなり面白くなりそうな展開へ。

が、アルヘン、自陣のDFラインでのボール回し時のパスミスをインターセプト等で、怒涛の反撃を食らうというよりも、日本の追加点のチャンスといったシーンのほうが印象に残る前半でした。
結果ロスタイム無しで日本1点リードのまま前半終了。

後半

展開的には前半と同様、なんとか押し込もうとするアルヘンに対し、日本は落ち着いたゾーンディフェンスでの守備が効果的で、然程危ないシーンはなし。
後半終盤にはギアを1段上げた戦闘モードで、中盤は完全に支配された状態になるも、途中交代した前田の鋭いカウンター攻撃等もあったりで日本もヤラレっ放しという感じではなかった。
ラストワンプレー、メッシのやや右からのFKも枠を外れ、ホイッスル。

日本、南米の雄から、ついに勝ち星を上げるという大金星な結果に。

で、雑感です。
日本は新監督の準備期間が短かった割には、やれる事が出来たのではないでしょうか。
W杯主要メンバーを軸に、要所要所に若い選手を起用して将来を見据えた経験を積ませるという。
DFラインは栗原、今野、長友、ウッチーと、自身の記憶の中では多分初組み合わせなラインでしたが、マークの受け渡しとかカバーリングもいい感じでしたね。
何度か弱いパスをカット、でインターセプトされるシーンがあったんで、その辺りは気をつけてほしいけど。

中盤、特に印象が良かったのが長谷部、香川のブンデス勢。
長谷部はこの試合でもやっぱりその、攻守のスイッチが利いていて、いわばそれによっての決勝点に繋がった訳で。
W杯から続くキャプテンシーも好調な印象で、暫くキャプテンの座は安泰でしょう。
香川、戦前から、メッシの(本来守備をすべき)スペースを突く宣言をしてた通り、隙あらばドリブルで持ち込み、幾度となくチャンスを演出。
ちょっと話は戻りますが、右SB、ウッチーのクロスの精度も以前と比べ、かなり上がってきましたね。
香川、ウッチーと、W杯不出場組の好調は、日本の選手層の厚みが増した感じがして、なんとも頼もしいですね。

対してアルヘン。

露骨に「手を抜いている」という感じではないけれども、正直全力で来てる感じもしなかった。
メッシは確かにバロンドールに値するボールキープ力とスピードだけれども、孤立したメッシは、きっちりゾーンで守ればメッシも人の子、というのを実証できたかも。
一応Aマッチだし、過去負けた事ない(実際にはアマ時代に土つけたらしいけど)日本に対して、まさか負ける訳いかね〜、といった感じで、怒涛の個人技を見せたアルヘン相手に、そんなにヤバイシーンもなく、いなせた日本を見て、やっぱW杯の経験のフィードバックは伊達じゃないな、と感じた嬉しい勝利でした。

 

blogram投票ボタン

↑ポチして頂けたら次の韓国戦もいけますよ、きっと。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ブログネタ
日本代表、白熱戦を終えて・・・ に参加中!

6・29

ベスト8を懸けたパラグアイとの決勝T1回戦。

パラグアイは流石に試合巧者で、良い意味での緩急をつけたゲーム運びで、翻弄された時間帯も多かった。
日本は中盤でのボール奪取を狙うも、相手の巧みなパス回しでボールを奪えずに我慢のサッカーを根気良く続けた。

パラグアイが勝負をかけて得点を奪いにきた時も、全員守備で凌ぎ切った。
結果的に守勢に回る時間帯が多かった日本の「守り疲れ」よりもパラグアイの「攻め疲れ」のほうが疲労度が勝っていたようで、延長後半は日本に試合が傾いてきたか、と思ったが、ラストワンプレイを待たずに延長終了のホイッスル。

日本 0-0 パラグアイ
PK3-5

PKを外すなんて事はフィールドプレイヤーなら誰しも起こりうる訳で、今日のゲームではそれが日本の駒野だった訳だ。
今は何言っても落ちているような心中だろうが、駒野が居なければ此処までの躍進はなかっただろう。
なので、胸張って帰国の途について欲しい。

日本は守勢に回る時間帯が多く、要所要所で「崩されまい」と人数をかけて中盤からブロックで守備をしていたが、これが結果的にズルズルとラインを下げる原因となり、パラグアイに押し込まれる事態に。

「負けられないサッカー」は、この日も集中切らさず根気良い守備が実り、然程崩されるシーンは無かったが、日本の攻撃の武器の1つである両SBが守備に多くの時間を費やす事で、結果として、デンマーク戦で素晴らしい出来を見せた「守りながらも勝ちに行く」サッカーが出来なかった訳だ。

とはいえ、大会参加前から比べたら、よくぞここまで持ち直し、希望を見せてくれました。

岡田監督の采配の全てを肯定する訳ではないけれど、幾多のバッシングや圧力等を賛辞に変えたその手腕は、改めて凄かったな、と。

ポジション内定だった内田、中村俊輔を外し続けたのは、正直驚きでしたが、結果的にはそれが、

「調子悪かったら俊さんでも外されるんだ…」

と、良い意味での緊張感を持たせ、また逆に調子良ければ先発に起用されるというモチベーションに繋がり、チームの活性化に繋がったんじゃないかなと。

正直、スポンサー絡みとか世論的とかで何処かでスタメンにすると思っていた自分の考えがちょっと恥ずかしくなりました。

そういう訳で私も今大会前にかなり不信感を抱いていて批判もしました。この場を借りて謝ります。

「ごめんね岡ちゃん」。

そして、監督の意思を汲み取り、徹底したブロックを形成し、そのほとんどが通用して、
「欧州の列強国とガチでやってもそう簡単にやられないぞ」位に思わせてくれた、豊富な運動量がもたらす組織的守備を展開した日本代表のスタメン。

結果的にはベンチを温める事の多かった控え組も腐る事なく、チームの為に尽力していた事はテレビのコッチ側でも十分伝わってきました。
その他、コーチを含めたサポートメンバー達のお陰で、今大会の日本代表は、最高のチームワークで挑めた大会だったと思います。



同じW杯でも自国開催で、グループリーグ突破のごほうびだったような決勝T1回戦、雨の宮城に置き忘れてきた「出し尽くせなかった感」。

ずーっと心の片隅に残っていたんですが、それらを払拭する「出し尽くした感」を感じられた、気持ちのこもった試合でした。

心から、おつかれさまでした、そしてありがとう。

 

blogram投票ボタン

↑ポチして頂けるとこのブログの元気玉がたまります。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

前回、詣でした後のデンマーク戦が快勝だったので、げんをかついで一家で再び詣でしてきたサムライノッポン。


ノッポン2



チャレンジャーの精神を忘れずに、更なる高みへ。
頑張れ、日本代表。





 blogram投票ボタン

↑ポチして頂けるとこのブログの元気玉がたまります。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ブログネタ
2010年南アフリカワールドカップ に参加中!

日本はオランダ戦同様MF登録の本田を1トップに置く4−5−1の守備的布陣で挑む。

前半
日本もデンマークも試合立ち上がりから様子見であまり無理しない展開ながらも、デンマークに徐々に試合の主導権を握られる。
日本は最終ラインのマークのズレが不安を抱かせるも松井と長谷部が、デンマークはトマソンの飛び出しで得点機を演出するもゴールに結び付かず。

試合はいきなり動き出す。
日本、ゴールから30m位の距離でFKのチャンス。
17分、本田のドライブシュートがデンマークのネットを揺らす。

日本先制!

更に日本、取りたい時間に貴重な追加点が生まれる。

30分、ゴール正面のFKの場面、キッカーの遠藤が直接決めるFK!。

この追加点から日本に落ち着きが生まれ、マークも捕まえきれる様になり守備が安定。
そのまま前半終了。

後半
デンマークは流石に立ち上がりからパワープレー気味にガンガンきます。幾度かのピンチを迎えるも凌ぐ日本。
日本は集中切らさず我慢の守備を重ねるも、35分に「これってシミュレーションじゃね〜?」的に長谷部がPKを献上。GK川島、コースを読むも押し込まれ1点を返される。
このままデンマークに押し込まれるかな〜と思いきや、本田〜岡崎の流れでの得点でデンマークの心折る貴重な追加点。

結果、3対1で日本の勝利。




よっしゃー!




勝った勝った!!




後ほど振り返って書くかもしれませんが、ホントに簡単に雑感。
っつーか、嬉しすぎて嬉しすぎてw。

集中切らさず、勝利への拘りを見せてくれた組織的サッカーの集大成。まずはグループリーグ突破おめでとう。
そして、次に繋がる勝利をありがとう。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ノッポン=東京タワーのキャラクターの愛称


そのノッポンがサムライブルー(日本代表のイメージカラー)になってるからサムライノッポン、なるほど、なるほど。

そんなサムライノッポン。
先日のリベンジと子供達の寝かしつけを兼ねて、あ、あと、元気貰いに、つい先ほど拝んできました。



青いアンチクショウ


勝利に拘り勝ち点3を取れるように。

そして、願わくば、試合終了のホイッスルが鳴るピッチ上に、不屈のファンタジスタの笑顔があるように。


南アフリカへ、届け元気玉。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ブログネタ
2010年南アフリカワールドカップ に参加中!

日本はカメルーン戦同様MF登録の本田を1トップに置く4−5−1の守備的布陣で挑む。

前半
日本もオランダも試合立ち上がりから様子見であまり無理しない展開ながらも、オランダに徐々に試合の主導権を握られる。
日本はそのほとんどを守備に費やす位のボールポゼッション。
30分過ぎから日本も中盤でボール奪取出来るようになり、少ないながらも右サイドからチャンスを作る。
オランダはポゼッションで勝るも、日本の守備が効いていてシュートまで結び付かず。
結局両チームとも膠着状態といった感じでスコア動かず、前半終了。

後半
オランダは流石に立ち上がりからガンガンきます。幾度かのピンチを迎えるも凌ぐ日本。
8分、日本、ゴール前のこぼれ玉をスナイデルに強烈なミドルを打たれ日本失点。
ビハインドを追う日本、何度も得点機を演出するも結果が結びつかず。
日本は松井に代えて中村俊輔投入。
その後も30分を前に大久保、長谷部を下げて岡崎、玉田を投入、攻撃の枚数を増やしパワープレーで挑む。
中盤でのチェイシングでも支配出来るようになり、オランダゴールに再三迫るも、届かず。

結果、1対0で日本敗戦。

 

で、簡単に雑感です(後ほどじっくり書くかもしれないけど)。

1点ビハインドを追ってからの日本の攻撃は要所要所で期待を持たせる物でしたが、
あの押し上げとか、高い位置でのチェック、プレスがどうして前半に出せなかったか。
パワープレーに転じた後半30分過ぎ、途中出場でフレッシュな選手、俊輔、玉田、岡崎が、どうしてオランダの最終ラインの球際にプレスをかけないのか。
善戦とか惜敗とかが明日の紙面を飾りそうですが、個人的にはここ最近で一番歯がゆい、悔しさのとても残る敗戦でした。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ブログネタ
サッカー日本代表 に参加中!

日本はMF登録の本田を1トップに置く4−5−1な守備的布陣で挑む。

前半
日本もカメルーンも守備的布陣で試合に挑み、両国共に最終ラインの統率がとれているので、展開的にシュートまでいく事が非常に少ない状態。
高地故の気圧のお陰か両国共に省エネな運動量。

そんな、ちょっと膠着状態から眠気の覚める展開が。
38分、右サイドをえぐった松井のクロスをゴール前で受けた本田が左足でトラップ、そして左足で落ち着いてシュート。
ボールはカメルーンのゴールネットを揺らす。

日本、先制!

これでチームの勢いがついたか、その後の展開はオフェンシブな日本。

ワンチャンスを活かし見事に先制、カメルーンの遅攻のおかげもあるけど、ほぼ完封な守備でエトーにも仕事をさせず前半終了。

1対0、日本リードで折り返す。

後半
カメルーンは流石に立ち上がりからガンガンきます。幾度かのピンチを迎えるも凌ぐ日本。
日本も要所要所で得点機を演出するも35分過ぎからカメルーン、パワープレーに転じてかなり押し込まれる展開に。日本必死の守備を集中切らさず続けて見事完封。

日本1対0で勝利。

日本、初戦で勝ち点3奪取!。

で、簡単に雑感です。

流石にブブゼラ慣れましたw。

これでカメルーンとの対戦成績は未だ負け無し、の相性の良さは継続中。

日本の得点シーンですが、得点した本田も流石なんですけど、その前の松井が厳しいスピードのパスを受けた時のトラップからドリブルで上がりクロス、の流れ、最高のプレーでした。

長友のエトー封じもほぼ達成。

この試合の岡ちゃんの采配は選手交代含め、良かったですね。

全体的に個々で負けてなくて、突破されたら誰かがカバーリング、の守備の約束事が徹底していて、なによりピッチ上の選手達の勝利への執念が感じられた、素晴らしいゲームでした。

ほぼアウェイな状況の中で、苦しみながら獲得した勝ち点3。
この良い雰囲気のまま、次の高い壁、オランダ戦に挑んでほしいですね。

blogram投票ボタン

↑ポチして頂けるとこのブログの元気玉がたまります。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

コートジボワール戦を見ましたが、これがテストマッチでなくてどれがテストマッチなの?
と人に尋ねたくなる程の、ど真ん中なテストマッチ。

そんな、練習試合だから、

「お互いW杯本番前だからあまりガツガツするの止めとこ」


みたいな、ちょっと遠慮がちなピッチの雰囲気を一変させたのはCBの闘莉王。
コートジボワール、バイタルエリアのFKをドログバが蹴り、その軌道を闘莉王が変化させ、前戦イングランドに続く(オウン)ゴール。
そんなアシストに逆ギレなのか、闘莉王、直後のプレーでドログバと接触、ドログバは結局負傷退場。

そこから日本は1点ビハインドのテストマッチ。
どうやって同点に持ちこもうかと試行錯誤するも、球が持てなきゃ話にならない。
という訳でボールポゼッションは激しくコートジボワール。
日本のシュートは多分40分近くの本田の1本のみじゃないかな。

日本、折角闘莉王が作った「点差に追いつけ追い越せ」な状況にも反応出来ずで前半終了。

後半
テストマッチの中のテストマッチな今日のゲーム。
後半スタートと同時にメンバーを3人イジるのも、いわば当たり前。
Wナカムラの登場が個人的にはストライクですが、
憲剛の「俊さん、俺、今日も憧れてるので傍にいます」ってホントに言ってそうな位に、場面場面でラブなプレー。
中盤の連携が良くなるも、前線にターゲットがいない、若しくは孤立で得点機が全然ない。
後半、日本のゴールが近かったのは始まって割とすぐだった俊輔のFKかな。

対してコートジボワールはまたしてもセットプレーで追加点。つーか飛び込んできたコロ・トゥーレはどフリーなので、
日本は「(本番は)こうやったらやられるよ」というシミュレーションだな。

試合はそのまま0対2で終了。
日本は負けましたがW杯本番前のテストマッチらしく、CB闘莉王の得点能力を改めて感じさせたゲームでした。

………。

って、んな事言うか!


駄目なところを1個1個挙げても本番のW杯まで下方修正は到底無理。
ならば前回印象良かったイングランド戦のスタメンで挑む、というのは容易く想像できた今回のスタメンですが、
結果、またしても同じCBが同じ轍を踏んで、要らぬビハインドを追う羽目に。
試合後半はそのピッチコンディションで両チームともダルダルな雰囲気に。
ハーフ付近でコートジボワールの選手が徒歩でパスを受け、チェックすべき選手もプレスをかけるでもなく、適度に距離を置いているボールウオッチャー状態。

前回のドイツ大会では、大会本番前のテストマッチ、開催国ドイツ相手のテストマッチでの好パフォーマンスに、
「こりゃー本番でもいけるんじゃねーの?」

と浮かれ、次に挑んだマルタ戦。
いわばW杯直前に、「流しながらでいい相手とのゲームで、得点感覚とか守備の連携の再確認等」といった、正直格下相手で、まさかの苦戦。
かろうじて勝ちはしましたが、本番はこの試合の苦戦振りを象徴するように、勝ち点1に留まりグループリーグ敗退に。

イングランド戦で復調を見せた代表が、大会直前のコートジボワール戦で「あれあれ?」を見せた事については、正直想像の範疇。

いざ本番になってしまえば、今までオウンゴールでの先制点というアドバンテージを相手国に与えていた、
いわば「強さのカモフラージュ」をする必要がなくて心置きなくスーパーサッカ人になれるはず……と超ポジティブに考えとく。


※結局ドログバは右腕骨折みたいですね。空中での交錯故、闘莉王にはそんなに重い罪はないですが、エトーにはそれなりの危機感を与えたでしょうね。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ブログネタ
2010年 FIFA ワールドカップへ向けて・・ に参加中!

オーストリアで行われた国際親善試合のイングランド戦。

日本はグループリーグで対戦するオランダ、デンマークの欧州組との仮想で、数日前に韓国に敗れた後のシステムの再構築。

対してイングランドは本大会前の最終メンバーのセレクションという位置付けかな。

さて試合、いきなり動き出します。
7分、日本の右CK、キッカーはヤット。
グラウンダーのクロスを闘莉王が後ろから走り込んでシュート。

日本、思いがけずの先制点。

日本のシステムは4−1−4−1の布陣。
中盤の守備重視のシステムでチェックも早い。
イングランドは1点ビハインドで攻めてくるかな、と思ったけど、そんなにガツガツ来ない状態。
結局前半はこのままロスタイムなしで終了、1対0で折り返す。

後半、イングランドは一気に5人交代でジェラード登場。
前半から降り続いた雨足は更に強くなっている感じで試合開始。
予想通り、イングランドは立ち上がりからガツガツ来だしてきましたw。

後半の最初の見せ場は10分。
バイタルエリア手前でジェラードを倒してのイングランドのFK。
キッカーはランパード。放ったシュートは壁を越え…、のはずが、本田が出来心でハンドで止める。

当然のPK、キッカーはランパード。

左寄りの狙ったシュート、川島が読み切っていて見事セーブ!。

日本のピンチを救った訳ですが、ファンブルを想定していてきっちり詰めていたルーニーは、やっぱり世界基準のFWなんだな。

その後は日本、イングランド両チームとも好機を作るも得点には至らずの状態。

試合が動いたのは27分過ぎ。
右サイドをえぐられた日本、早いクロスの対処で闘莉王がヘッドでクリア…、がゴールに突き刺さる。

日本、まさかのオウンで同点に。

この同点劇で勢いづいたイングランドに試合の主導権を握られ、日本、こぼれ球も拾えない時間帯が続く。

再び試合は思わぬ方向に動く。

38分、A・コールの左からのクロスをクリアしようとしたゴール前中澤、軽くクリアミスかと思いきや、これがゴールネットに吸い込まれる。

日本、まさかのオウンで逆転される。

途中交代の玉田がロスタイムにシュートを打つも、GK真正面で止められ勝負あり。
結果、2対1で日本の負け。

で、雑感です。
新システムの再構築という形で挑んだこの試合でしたが、強豪相手にかなり早い時間帯での先制、それから相手をどうやっていなすか、又、どうやって追加点を奪うか、のシミュレーションが出来たのは、それなりの収穫があったのではないかと思います。

韓国戦で問題視された走力不足、つまり終盤になるとバテ気味になる不安ですが、この試合の足元が悪いピッチであれだけ走れるのだから、選手のポテンシャルというよりも、それ以外の要因、たとえばシステムとか、選手の相性とかの理由なんでしょうね。

攻撃は岡崎ワントップで裏を取る狙い。相手にとっても読み易いだろうけど、シンプルながら効果的でした。
韓国戦に比べ、中盤を経由しても「とにかく時間かけずに前に運ぶ」意識がはっきりしていましたね。

守備の連携にしても韓国戦に比べたら、少し安定してきた感じがしますが、オウンゴールとはいえ状況的には守備を崩されてた状態でしたから、やっぱりすり合わせはまだまだ必要ですね。

FIFAランク一桁の強豪相手に善戦出来たテストマッチ、といえなくもないけど、きっちり守り勝ちで勝ち点3、若しくは勝ち点1を狙えた試合でもありました。

本番まで残り2週間、この試合で活きた点、相変わらず駄目だった点を踏まえて、仮想カメルーン、コートジボワールとのテストマッチに挑んでほしい。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ブログネタ
2010年 FIFA ワールドカップへ向けて・・ に参加中!

あまりウケの宜しくない日本代表ネタ(サッカーネタ)ですが、特に来月はその辺りを気にせずガンガンUPしようと思います(苦笑)。


本日埼玉スタジアムで行われた韓国戦。
W杯メンバー発表後初めての代表戦でW杯前の国内最後の試合とか、そろそろ最終調整していかなきゃなー、等と色々な考えが錯綜しますが、1番大事なのは、この試合が「日韓戦」だと言う事。

最近でこそ、あまり大騒ぎしませんが、日韓戦といえば、それこそテレ朝お得意のキャッチコピー通り、「絶対に負けられない戦い」。

という訳で、W杯まで残り僅かという現実を踏まえても未だ代表熱に火が点らない我が心も、久々に踊りそうな、意地のぶつかり合いを期待したゲームでした。

が、試合開始早々に、その期待は早々に沈黙する事になる。
前半早々、ヤットのヘッドのバックパスをパク・チソンにカットされ、そのまま個人技で持ち込まれて先制弾を浴びる。
試合開始早々からインターセプトを狙っていたパクのプレッシャーにまんまと翻弄された、後ろ向きな失点。

その後も韓国は中盤から分厚いプレスでボール奪取後は素早く前線に送り起点を作るという攻撃を徹底。

対して日本、攻撃に転ずる時も、自らのバックパス等でスピードダウン、韓国の守備の人数が揃ってしまい、結局バックパス、それを拾われピンチに陥ったり。
前半30分過ぎ、ようやく攻撃の形が出来てきたけど、結局そのまま前半終了。

後半は無理せず日本に持たせてる韓国、攻めあぐねる日本、という図式のまま30分が過ぎる。
30分過ぎ、森本がゴール右側で枠にいくシュートを見せたが、これが日本の一番ゴールが近かったシーン。
試合終了間際、PA内で楢崎が相手FWと交錯し、PKを献上。
ロスタイムにこれを決められ勝負あり。

結果0対2で日本の負け。

で、雑感です。

韓国はいつもの如く、シンプルかつ効果的な攻撃の形を徹底して繰り返し、それにまんまとやられた。
日本は、小雨の降る中のスリッピーなピッチも関係してか、スペースで受けるよりも足元で欲しがる選手が続出。
パススピードも当然の如くお粗末になるので、韓国にしてみればパスの受け手が読める、イコール攻撃の芽を潰し易くなる訳だ。
攻撃の芽を散々潰された日本(岡田監督)は、俊輔、本田、遠藤のスタメンを下げ、それぞれ森本、中村憲、駒野と交代。
その采配からも結局攻撃の意図を掴めないまま試合終了しちゃったという感じ。

試合終盤、パワープレイに転ずるといった時に「(前に)上がれ!」とDF陣に声掛けをした長谷部。
結果的にはその前掛かりが裏目に出て追加点を与えてしまった訳ですが、あそこでパワープレイに出ない限り勝ち点0を勝ち点1に出来ない訳ですからね、あれは致し方ないし、むしろ、勝負を捨てていない長谷部の気持ちが見えたシーンでした。

結果的に、日韓戦を転機に、自身のW杯熱を序々に高めていこうという当初の目論見は見事に打ち崩されての敗戦。
こりゃ〜、W杯の前哨戦というよりも、
「お互いW杯前で怪我したくないからあまりガツガツ行くのヤメとこうぜ」
みたいな密約がされていたんじゃねーかな、と思いたい、不安ばかりが残るゲームでした。

 

blogram投票ボタン

↑ポチして頂けるとこのブログの元気玉がたまります。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

秋の長雨の夜空の下の国立観戦は経験がありますが、2月の寒空に加え、画面からもはっきり判る雨のピッチでのゲームは、選手やスタッフはもとより、スタンドのサポには相当堪える環境だった事でしょう。

試合の展開的には終始、ドン引きの香港に、自ずとポゼッション有利な日本が崩しにかかるも、香港の守り、スリッピーなピッチ、自身のミス等に阻まれ、
決定機を逃し続けるも、前半終了間際に玉田がなんとかの先制点。

結局1対0で折り返す。

後半スタートから入った平山、チーム的にはコレが大当たり。
平山をターゲットマンとする事で前線に起点が生まれ、相手DFを背負う形で球を受ける形の多かった玉田が前を向けると、得点機が一気に増大。
多分、国立も少しは寒さが和らいだのではw。
そんな攻撃モードから追加点はセットプレー。左CK、ヤットからフリーで抜け出すトゥーリオが頭で合わせゴール。
この時のプレーに限らず、香港のDFってセットプレー時にマークを掴み切れてないですよね、
だからマークを外され易いので、ここらへんの問題が韓国戦でも大量失点に繋がったんだろうな〜。

さて、2点目を挙げてからも日本の追加点モードは収まらず、オフェンシブな時間帯が続く。
3点目はまたもセットプレーから。
ヤットの左CKからトゥーリオのヘッド、というまるで2点目の再現みたいな展開から、シュートを弾かれ弾かれ、最後は玉田が「押し込む」という形容がしっくりくる
ゴールで3点目。
その後も、心の折れた香港相手に更なる追加点の機会を伺うも結局このまま試合終了。
日本は今大会初勝利&今年初勝利を挙げた。


試合内容も然る事ながら「国立に観に行った方々」と「テレビで観てる私(達)」の、文字通りの温度差を感じずにはいられない、踏み絵的なゲームでした。
先にも書きましたが、この悪天候の中、試合終了まで日本代表を応援し続けたサポーターの後押しはかなりの元気玉になった事でしょう。
そして雨の中、熱い応援と愛あるブーイングを送り続けたスタジアムのサポーター達。
これまた日本のサッカー史のどこかに残してもいい頑張り具合だと、私は認定しておきますw。

なんにせよ勝てて良かったな、と。
次の韓国戦はバレンタインデー。
試合前にはロッテチョコ食って観戦に望みます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

オランダ・ユトレヒトにて欧州遠征第2戦のガーナ戦。

日本は前のオランダ戦のメンツをチョコチョコ弄ったスタメン、システムは4−4−2。
ちょっと話題の渦中の本田はベンチスタート。

前半
試合開始直後から、日本、高い位置でのプレスを掛け、ボール奪取するとキープせず、スペースにポンポンとワンタッチで捌く、セオリー通りの対アフリカンなサッカーを展開。そりゃそうだ、フィジカルで劣ってんだから。

日本のプレスに比べ、ガーナの守備網はそんなにガチガチではなく、要所要所でチャンスを作るのは、比率的に日本のほうが多い試合展開。

そんな均衡を破ったのは29分。ガーナのCKを相手選手と競った長友がハンドを取られイエロー。で、PK献上。

久々の代表の都築に好セーブを期待するも、きっちりギャンに決められガーナ先制。

なんとか前半のうちに追いつきたい日本は、俊輔に球を集めて攻撃の手を強めるも、結果実らず。

そのまま1点ビハインドで前半終了。


後半
日本はメンツ入れ替えなし。ガーナは4人入れ替えでアッピアーも出てきた。
開始早々からガツガツいって欲しいな〜との願いが空しくなるような出来事が後半早々に。
ガーナ、GKからのロングボールを前線で受けたギャンが、マークの中澤が振り切られ、都築と1対1。
ギャンにしたたかに決められて、これでビハインドは2点に。

だけれども、これで下を向かなかった日本、その数分後、ゴール前でハイボールを競った前田のこぼれ球を中村憲が詰めてシュート!。で、日本、1点を返す。

その後の攻防は一進一退。が、それも後半20分まで。
ガーナ、日本DFラインの裏をとったアモアー、都築とのにらめっこを落ち着いてかわされ、流すだけのゴールを受け、日本再び2点ビハインド…。

だが、この試合の見せ場はここからだった。

2点ビハインドを受け、ベンチが動く。

俊輔に替えて本田圭佑。前田に替えて玉田。

ボールポゼッションは日本。ガーナは2点リードがある余裕か、中盤のプレスも割と緩んできた。
そんな中やってくれたのは先程PK献上した長友。左サイドをえぐり、ゴール前の玉田へのパス。
これを玉田が早いトラップからの左で落ち着いて決め、日本は再び1点差へ。

追加点はその直後、またも左サイドから。中盤でボール奪取した稲本がゴール前の岡崎へ。
ドンピシャのヘッドで合わせたボールはガーナゴールへ吸い込まれ、日本、ついに同点に。

日本、そのままのゲーム支配率で更なる追加点、つまり勝ち越しを狙う雰囲気に。
それはピッチ上だけじゃなく、スタジアム観戦をしている、おそらく日本人学校の生徒達が一所懸命張り上げている声援にも感じ取れる。

勢いはそのままに、もはや落城状態の左サイドを駆け上がる長友、センターへクロス。
張っていた稲本、落ち着いてゴール左隅に決め、ついに日本、勝ち越し!

その後も試合展開は日本、終盤間際ではボール回しで有効的に時間を使う余裕も感じ取れたりして。

結果そのまま試合終了。
日本は最大2点のビハインドを跳ね返し、見事な逆転勝利。

で、雑感。
日本はシステムを替えて挑んだこの試合ですが、前のオランダ戦と比べたり歴史的に考えても、2トップのほうが好成績が出ているような気がします。
得点は全て流れの中から。
この試合の日本のベストゴールは、試合の流れを完全に変えた玉田のゴールか、稲本の落ち着きはらったトドメのゴールか迷うところですが(どちらも良いコース蹴ってるんですよね〜)、あんなコース狙っても中々入らないよな〜という事で玉田で。

ガーナの選手の運動量が後半落ちたような気もしましたが、まあ、それはナショナルな戦いをやっている間柄、関係ないでしょう。
そういえば日本、なにかと話題の俊輔と本田の不仲説、今日のゲームを受けて再び再燃しそうな直接交代でしたね。
ま、個人的には途中交代した選手が好結果を出した、この試合の岡田監督の采配にホッとしております。

軽くシーソーゲームな試合展開でしたが、最後はスカッと勝利してくれて良かった、良かった。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

オーストラリア・メルボルンにてW杯アジア最終予選最終戦、アウェイのオーストラリア戦。

既に出場を決めている両国、日本は「絶対に負けられない試合」ではないですが、
勝利で豪州を上回り、グループ1位通過の意地を見せたいゲーム。

前半
試合展開は案の定オーストラリアペースで進行。
ただ日本もボール奪取出来ない状況という感じではなく、あえて持たせていてマークを掴み易くしているような感じにも見える。
ピッチコンディションは芝の毛足が長いのか足を取られる事多数。ま、これは相手にも、転んだレフェリーにも言える事だけれども。
そんな試合展開ながらも日本はなんとかボールを押し込み、セットプレーで活路を見出す。

38分、中村憲の左CKを後ろからマークを振り切り、抜け出した闘莉王が頭で合わせたボールがドンピシャでネットを揺らす。
これで日本先制!。
ここからゲームはやや日本に傾く。
ロスタイム間際、松井がバイタルエリアで倒され絶好の位置でのFK。
キッカーは玉田、枠を捉えたが惜しくもGKに阻まれ、ここで前半終了。

後半
日本は徐々にゲームを組み立てられる状況になるも、その流れはすぐに断ち切られる事に。
13分、オーストラリアのロングボールをゴール前のターゲットマン、ケイヒルがトゥーリオに競り勝ち、頭で合わされ1点を返される。
その後もオーストラリア優勢で試合は進み、30分、CKからケイヒルに押し込まれ逆点を許す。
結局そのまま試合終了。
日本は逆点負けを喫する事となった。

で、雑感。
オーストラリアはスタジアムをぐるっと囲むおよそ10万人近いサポーターでアウェイらしい雰囲気を作りあげて、自分達の代表の後ろ盾を見事にこなした。
これには日本からの弾丸組も精一杯の応援を消される事に。
日本はその雰囲気に飲まれた感じではないですが、要所要所のブーイングでやり難さはあったと思う。
こういった雰囲気作り、最近では国立でも出来てない気がします。

で、試合の話。負けはしましたが、失点は共にセットプレー。
急造のDFラインながらも守備を完全に崩されたシーンがなかったのは幸い。
ただ、誰が誰を捕まえ、もし突破された場合、誰がカバーリングをするかが明確でないようで、
最初の失点の場面も闘莉王が長身のケネディ、曲者のケイヒルの2人をカバーする結果に。
この失点は闘莉王の頭もかすめてましたが(笑)、これは致し方ない失点。

次の失点もマークのケアレスミス。高さ用心で足元のケアにまで注意が向かなかった結果。

ま、失点の課題は原因がはっきりしているのですけど、伝統的にフィジカルで勝る相手には(特に高さ)割と脆いですね。
ホントにムカつくんですが、またしても、のケイヒル2得点にやられ最終予選初黒星のケチが付きましたが、こちらもオーストラリアの無失点に、なんとか土を付ける事が出来たのがせめてもの意地かな。

W杯本戦まで残り1年を切った状態で、どれだけ準備出来るかが大会の成績に結びつくと思いますけど、オーストラリアと同タイプの代表、フィジカルを最大限に生かしたサッカーをする国のホームで強化試合したいところです。
つーか、かつての日韓戦みたいにオーストラリアとの定期的な交流戦をしたいっすね。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

横浜で行われたW杯アジア最終予選のカタール戦。

既に勝ち点で2位以内を確定させて本戦出場を決めている日本に対し、土壇場のカタール。
見どころとしては、ガチで勝ちにくる相手に対し、故障やら出場停止やら監督不在やらの急造チーム。
相手を如何にしていなしつつ、得点をする事が出来るか?というところかな。

さて、そんな展望を抱いて観戦していた開始早々の2分、いきなり試合が動きます。

中央から俊輔のパスを受けたウッチーが右サイドをえぐり、中央の岡崎に合わせたボールがいきなりネットに吸い込まれます。
ファーストチャンスを物にした岡崎、胸とか腹とか太ももとか、とにかく体の何処かで押し込んだ魂のゴールかと思いきや、相手のオウンゴールでした。

こんな失点の仕方ではチームメイトの心が折れそうですが、さすがに後がないカタール。
高い位置のプレスでボール奪取するとすかさず前線へ。それが鋭いカウンターとなり、肝を冷やす場面も多々あり。

対して日本、先制した気の緩みからか遅攻に終始。相手エリアにボールを持ち込むもマイナスのパスをカットされ被カウンター、なんて場面も1度や2度じゃなかったような。
後半8分、中澤のPK献上で同点にされた後、ちょっとピリッとしまるかな〜、と思いましたが、結局、前後半通じて漂ったのは、なんとなく体が重そうな、ダルそうな感じで試合がススム君。

結局、1対1のドローで試合終了。


で、雑感です。

・ブルーノ・メツ(カタールの監督)の事を、それこそ日韓W杯の頃から誰かに似てるな〜って思ってたんですが、それがケニーGだったという事に今日気付いた。遅すぎ?。
って、これは余談。


さて、メンツを大幅に入れ替えて挑んだゲームですが、やっぱりゲームを重ねていない分の空回り具合が特に本田と松井から伝わった。
その不具合を「なんとか個人で打開」というアピールは致し方ないですが、それが出来るだけに、もうちょっと溜めを作ってほしいものです。

中村憲、岡崎の好調組は今日も健在でしたね。特に先制をアシスト?した岡崎は、動き出しの良さが得点に繋がった訳で、このまま好調を維持して欲しい物です。そういや玉田はサイレスかけられてましたね。

守備陣も意思の疎通というか連携力が不足。カバーリングの約束事も徹底していないようで、1対1で負けるとそのまま数的不利、で、シュートまで打たれる事が多々あり。相手のシュートの精度の無さに助けられましたが、課題は残る内容でした。


ものすごく憶測な話ですけど、「視聴率的には最終の豪州戦までもつれたほうが良かったんだよね〜」というテレ朝のため息が、そのまま日本代表の倦怠感に繋がっているんじゃねーかな、と思える試合展開でした。

次の試合は、ちょうど一週間後、アウェイのオーストラリア戦。
再び消化試合的意味合いが強いゲームかもしれませんが、ここはきっちり勝って意地を見せてほしいところです。

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

今日、東京・国立競技場で行われたキリンカップ第2戦、ベルギー戦。

実はこの試合、やるのは覚えていたんですけど試合開始時間に外にメシ食べに行ってて、前半終了間際から見始めたんですけど、その時点でスコアは2対0、で、程なくハーフタイム。
で、ハーフタイムに突入の時点で既にお風呂の時間が過ぎていたのでコドモ達と一緒に入浴。
観戦したい気持ちで普段よりも巻きの入浴タイムでしたが、その間に追加点が入り3−0。

で、お風呂を上がった直後に日本代表がいい形でベルギーを崩し、いつの間にかピッチに立っていた矢野貴章が詰めて、ダメ押しの4点目。

その後、大久保負傷退場で10人になったけど、ベルギーを完封。
結果は前戦のチリ戦と同スコアの4−0での快勝劇。

これで日本代表はキリンカップ3年連続10度目の優勝。

ハーフタイム時発表のボールポゼッションが、ほぼ「日本7:3ベルギー」という数字だったので、その数字から察する試合展開通りと思えて、入浴時にも観れないイライラは然程募りませんでした(笑)。

という訳で実質、30分も観れなかったゲームですが、完封と併せ、4得点は全て流れの中からと、かなり出来の良い試合だったんじゃないでしょうか。
俊輔、大久保のケガの心配はありますが、バックアップというかチリ戦スタメン組の頑張りもあるでしょうから、強行出場という無理はせずにちょっと休ませてあげたほうがいいかも。

この試合というか大会の結果を浮かれる事なく冷静に受け止めて、今週末のウズベク戦で勝利を収めて、早々にW杯出場の名乗りを挙げて欲しいですな。

で、試合が始まった時に食べていたのはいつものようにラーメン…、
ではなくて、カツ丼だったんですね〜。

 

カツ丼


といっても「試合にカツ」の願掛けじゃなくて全くの偶然なんですけどね。

あ、肝心のお味のほうは、正直イマイチだった、と記しておきます(笑)。

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

本日、大阪長居スタジアムで行われたキリンカップのチリ戦。

試合は序盤から日本が積極的な仕掛けで得点機を演出。
という訳で中々に面白そうな立ち上がり。
前半20分過ぎ、バイタルエリアで本田がミドル弾。GKが弾いたところを詰めていた岡崎がきっちり決めて先制点。
その数分後、右で受けた中澤が絶妙なスルーパスで、先程の得点と同じ辺りで受けた岡崎が、同じようなコースに追加点。

後半に入り、チリは2点のビハインドを背負い心が折れたのか序盤から日本ペース。
日本のCKから阿部が抜け出し頭で合わせ、3点目。
その後も試合の主導権は日本。
終了間際には途中交代で入った山田直→矢野からのパスを受けた本田がダメ押しの4点目。

前回対戦時には苦戦していたチリ相手に4−0での快勝。

チリは序盤こそ積極的なプレスを仕掛けてきたけど、中盤〜終盤になると、やけに間延びした感じでスペース使い放題。
それに増して引いているもんだから、早めの仕掛けがかなり有効的でした。
南米予選は見てないけど、メンツ的にはどうなんでしょうね?、1,5軍?。

持たせて頂いた感もあるけれど、試合結果的にはフルボッコでしょう。

日本代表は相手が予想以上に引いていたというのもあり、守備も慌てず騒がず、中澤も再三のオーバーラップを仕掛けるオフェンシブな試合運び。
攻撃もワンタッチで簡単にはたくパス回しが効果的で、フィニッシュに結び付ける展開が数多くあった。
本田圭のプレーは久々に見ましたが、以前よりプレーが丸くなったというか、周囲を活かすようになったというか。
初召集の山田直、落ち着いたプレーで数度のチャンスメイク。代表デビュー戦にしてはかなりの出来でしょう。

次の試合は31日、国立でのベルギー戦。
これまたW杯予選の主力組は欠けているみたいですが、この試合(チリ戦)でのスタメンで、もう一度見たいかな。

ま〜、これを言ったらミもフタもないですけど、カップ戦といえど、やっぱテストマッチ。
今日の快勝の余韻に浸ることなく、来月のガチな試合でのゴールをお願いしたいな。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

本日行われたW杯アジア最終予選、ホーム、埼スタでのバーレーン戦。

試合結果はタイミングをずらした俊輔のFKが相手の頭に当たるも弾道は反れず、バーレーンのゴールに吸い込まれての1点を守りきり、
1対0で日本の勝利!。

岡田監督の狙いもこの試合では明確で、やや苦手意識の残るバーレーン相手に、90分間その持ち味であろうスピードを生かさせる事なくピンチの芽を早々に摘む守備意識の徹底でゲームをコントロール、ホームらしく、危なげなく勝利を物にした。

これでカタール対ウズベキスタンの結果次第では次のウズベキ戦如何でW杯出場確定だから、この試合の勝利はかなり大きい。

「W杯予選は内容を問わず結果が全て」

つー前提を踏まえての試合観戦でしたが、その前提通り、目標の勝ち点3を得られて良かった。


だけども、


その反面、肌寒い中、埼スタに赴いた方達とか大量得点を期待していた貴兄達には、なんともスッキリとしない試合だったでしょうね。

個人的にも、

・ゲームの内容的に、やっぱりバーレーンは格下と言える位の引き具合&カウンター一辺倒のゲームプランで、特に先制してから相手が前掛かりになってきた辺りで、
もっと決定機を作れるはずだった。そんな中での流れの中での得点ゼロはやっぱり不満。
タイプの似たFWを揃えての3トップは、個人で打開しちゃったりするかもしんないけど、3人が3人ともドリブルで突っかけるようなタイプよりも、やっぱり1人はポストプレーヤーを入れたほうがいいんじゃないかな、と(個人的にその仕事は、巻でも平山でも無いんだけど)。
今日の3人で、大久保の動きが一番お兄さん(落ち着いたプレーの事ね)に見えた。成長って凄いね。代わった岡崎は見せ場無かったな。


だけれども、

・守備はそつなくこなしたという感じ。コチラのバイタルエリアでやらせたのは2、3回位だし。
それも守備の連携がよく危なげなく完封。
前線からのチーム全体での守備意識の高さというものが感じられたゲーム運びでした。

試合終盤、ボールキープの為に割いた時間の長さっつーは、即ちその試合での相手とのレベル差なんだと個人的に思うんですよ。
レベルがさして違わない場合には、そもそも相手エリアに簡単に持ち込めない状況だろうし。
そんな中日本がああいう形で5分以上もゲームコントロール出来たのは、実は相当にレベルアップしている証だと思いました。

そんな安定感のある守備に対して攻撃はバリエというか形が無さ過ぎですな。
守備先行の岡田氏らしいっちゃらしいんだけれども。

何にせよ、やり辛さを感じる相手から奪い取った勝ち点3はかなり大きい。
次も快勝で、なんの不安もなく早々に、W杯出場を決めて欲しいところです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

南アW杯アジア最終予選、ホームの横浜国際で行われたオーストラリア戦。
祝日という事もあり、スタンドの入りはかなりのものですね。

前半
序盤から日本が持ち味のスピードで翻弄、サイド多用で試合を優勢に進めるも、オーストラリアの安定した守備を崩せず。
そんなオーストラリア、ケイヒル1トップの若干引き気味な布陣ながらも、流石にグループ暫定1位だけの事はあり、ただ引いているだけじゃないですね〜。
日本のパス回し時、ガッチガチに固めて隙あらばインターセプト、で、一気に前線という王道のパターン。
「堅守速攻」って言葉がアジアで一番似合うナショナルチームだな。

前半も30分を過ぎ、日本は序々にボールの出し所が消されて、縦より横のボール回しが目立つ様に。
オーストラリアはそんな日本の状態を見てか、無理に突っかけてくる事もせず。

そんな試合展開ですから、当たり前といえば当たり前でスコアは動かず。
スコアレスのまま前半終了。

後半
オーストラリアが出てくる様になりました。で、日本もそのスペースを突ける様になり、ボールが回り出します。
20分過ぎにはヤットのゴール正面の見事なミドル弾。
ちょっとドライブ気味で枠内に飛んだシュート。惜しくもシュウォーツァーに阻まれましたが、これは相手GKを素直に褒めるしかない。
一方オーストラリアもチャンスがありましたね。左のCKからのゴール前でのドタバタ…。
そのルーズボールの処理に一瞬ドイツの1失点目が頭を過ぎりましたが、事なきを得て、良かった。

この試合中、日本のゴールが一番近かったのは多分、試合終盤40分過ぎのゴール前での長谷部のシュート。
完全に枠を捉えていましたが、これは惜しくも途中交代の同僚(大久保)に当たりゴールを阻まれる。
ま、あのポジションならば致し方ないな。つーかあそこにいるのが大久保の仕事だからな。

その後、岡崎投入するも時既に遅し。

結局、スコアは動かずそのまま試合終了。0対0のドローに終わる。


で、雑感。
試合の入り始めから、日本を警戒してあまり出てこないで、出てきたらそれに対して臨機応変に対処する。
ボール取ったら簡単に前線にポーン。ケイヒルかホルマンかブレシアーノで取れたら点取ってきて。

ってサッカーを結局最後までやられた感がするんですよね〜、オーストラリアに。

日本はそんなオーストラリアに対し、危なげない守備を終始展開。皆さんヒヤリとした場面はきっと少なかった事でしょう。
ただ守備がよくてもオフェンスがね〜。もっとワンタッチで捌くプレーとか、ドリブルで突っかけるようなプレーが多くても良かったかな。

後半の終盤の試合展開は、勝ち点0でさえなければOKなオーストラリアと、勝ち点3を奪いたいけれども、カウンターを食らい勝ち点0になるのを恐れた日本。
両国の思惑が見て取れた試合展開でした(笑)。

そんなオーストラリアですが、相変わらずフィジカルを上手く生かし、タフでスピード感溢れるサッカーをするといった印象。
正直申して、グループ最大のライバル(強敵)であり、現時点では日本より強いサッカーを実践出来ていると感じずにはいられない。
向こうも通算戦績は置いといて、日本に対して苦手意識はないでしょうね、悔しいけど。

そんなストレスを晴らすには、最後の直接対決でアウェイでの完全勝利をするほかないでしょう。
その為にはそれまでに通過決定を決めておきたいな〜。
オーストラリアの攻略法はウルグアイに聞いておきましょう(笑)。

その為にも次のホームのバーレーン戦。個人的には今日の試合よりコッチの試合のほうがこの予選のターニングポイントのような気が…。
是が非でもきっちり勝ち点3を取らなきゃだな。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

本日国立競技場で行われたキリンチャレンジカップ・フィンランド戦。
W杯アジア最終予選のオーストラリア戦を翌週に控え、色々と大事な前哨戦。
システムは4−5−1。
GK、久々の都築、DFは右から内田、中澤、闘莉王、長友。MFは遠藤と橋本のWボランチ、右に岡崎、トップ下に中村憲、左に香川でFWは玉田。

前半
試合は序盤から日本ペース。
遠藤や中村憲がボールキープ、サイドに散らしてリズムを作り出すのも割とスムーズ。
フィンランドの最終ラインは統率がイマイチの様で、岡崎は再三裏を取る動き出し。
それが実るのは割と早い時間帯の前半15分。
右サイド、ウッチーからのフィードを抜け出した岡崎、頭上を越す難しいボールを左足でダイレクトに合わせゴール!。
続いても岡崎、32分、中央の中村憲からのスルーパスに反応した岡崎、落ち着いたコース取りでゴール左のサイドネットを揺らす。
日本の追加点は試合終了間際の44分、相手のバックパスをカットした香川が自らドリブルで持ち込みゴール!。

フィンランドの攻撃はシュートがクロスバーを叩いたのが唯一ヒヤッとした場面かな。
日本は3点のリードで前半を折り返す。

後半
3点リードが慢心させたか、あまり行かない日本、そしてなんとかしてやろうという感じのフィンランド。
そんな状態のフィンランドのセットプレー、左からのCK。
都築のファンブルを相手に詰められ、日本、またしても苦手のセットプレーからの失点。

しかし日本もセットプレーから再び3点差へと引き離す。
ショートCKからウッチーがクロス、飛び込んだ中澤がボンバーヘッドでゴールネットを揺らす。
その後は再び日本がゲームを支配。
追加点が奪えそうで奪えない時間帯が続いたが、試合終了近く、途中交代の安田が左から持ち込み、ちょっと距離のある位置でのシュート。
このシュートがGKのファンブルを誘い、ボールはそのままゴールへ。日本とどめの5点目。

結果このまま試合終了、日本は5−1と大量得点差を付けての圧勝でフィンランド代表を退けた。

 

で、雑感。
5得点の内、4点が流れの中から生まれたゴールというのは最近の代表の試合を振り返ってもかなり良い出来だと思う。
組織で崩すパターンもあり、個人技での得点もありバリエーションも豊富に感じた。
試合終盤にはチョイ持ちすぎかな?とも感じたけれども、3点のリードで、ちょっと心が折れている相手に対して無理せず、いなしながら上手く時間を使っていく狡猾さも
これからどんどん必要になっていくと思うし、その練習が少し出来たと思えば。

またしても、のセットプレーからの失点も、個人的には止む無し、と言った感じ。
あの失点から、後半立ち上がりからの慢心がリセットされるきっかけになったと思うし。
上背で勝る相手に対しても、各DFともマークを掴みきれてましたね。
試合の流れの中で崩される事はほとんどと言っていい位無かったので、守備も上出来でしょう。
今日の試合に限っていえば、どうやっても勝てるような、そんな自信に満ち溢れていた試合運びでした。

フィンランドが果たして「仮想オーストラリア」だったのかは、かなり疑問符が付きますが、相手のサッカーに付き合わず(ドイツではそれでヤラれた)この試合で見せた自分達の持ち味、ダイレクトプレーで翻弄すれば十分に勝算はある。
つーか、ホームだし、スッキリ勝ち点3を頂いちまいましょう。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

今年初の代表の公式試合、しかも代表戦初開催という熊本でのアジアカップ最終予選、ホームのイエメン戦。

試合展開はイエメンの鬼のような引きの効果もあって、日本が60%を超える圧倒的な支配率。
シュート数も30本近く?打ちまくりましたが、流れからの得点は前半早い時間帯での岡崎の得点のみ。

対してイエメン、シュート数僅か1本、しかもセットプレーからのヘディングでしたが、これがまた、フリーで打たれて無念の失点…。シュート成功率100%だなんて。

その後は日本も同じような展開、中村憲からのセットプレーを岡崎→田中達が頭で押し込み勝ち越し点。

結果は2対1で日本の勝利。

日本は若手中心のスタメンで、新戦力も起用。まあ相手が相手だけに、という感じもしますが、守備は終始安定。
攻撃の組み立てもまあまあ上手く出来たのではないんでしょうか。
引いた相手に攻めあぐねる事なく、ミドルレンジでもフィニッシュ(シュート)で終わらせる意識が全体に浸透しているな〜、という印象のサッカーをしてました。

あ、あと初の熊本開催という事でしたが、グラウンドレベルも良好の様だし、火曜日開催で3万人超の集客数だったら、興行としてはまあまあ成功だったんじゃないでしょうか。

今年初の代表戦、岡崎(だったかな?)のシュートが2本ばかしバーを叩くといううような不運もありましたが、若手に初キャップを経験させられ、合宿中に試していたであろう様々な攻撃パターンをAマッチで試せた(というのはイエメンに失礼か)のはかなりの収穫でしょうね。

なにはともあれ白星発進、良かった良かった。

 

あ、あと、いつもサッカー系の記事でトラックバックやらなにやらでお世話になっている方々、今年も宜しくお願いします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

カタール・ドーハでのW杯アジア最終予選、アウェイのカタール戦。
日本のスタメンは先日のマルタ戦前半の主要メンバーに俊輔、ヤットを加えた構成。

前半
試合開始序盤からカタールが主導権を握るべく、ワントップのセバスチャンに早めにボールを入れてくる。
日本、試合入り始めは割と引き気味でしたが、球が落ち着いてくると序々に日本ペースに。
試合が動いたのは19分、右サイド、ウッチーの縦パスを受けた田中達、相手GKの股を抜く見事な先制弾!。
追加点こそ奪えなかったが、その後の試合の主導権は日本が握り、結果1対0で前半を折り返す。

後半
今度は日本が序盤から押す展開。結果は早々に実る。
後半2分、日本、バイタルエリアでのプレー、長谷部からのパスをダイレクトで打った玉田のシュートがカタールゴールに突き刺さり、
日本、良い時間帯に嬉しい追加点。
更に23分、右CKからショートコーナーの展開、俊輔からのクロスをファーで受けた闘莉王が抑えたヘッドを決めて3点目。
後半は終始日本がゲームを支配。カタールに得点機を与えず3対0の完封勝利。

アウェイで貴重な勝ち点3、失点0の結果で試合を終えた。

攻撃に関しては流れの中からの2得点と、FWの仕事が光りましたね。
守備のほうもメンバー交代をしてもその役割は崩れずと、決まり事を徹底してやれた感じが見受けられました。
今後もこのゲームのスタメンが基本になってくるでしょう。

カタールは試合序盤のオフェンシブに来たのが通じず引き気味になったんですけど、それでも日本の早い縦の攻撃で、
幾度も裏を取れたのは、やはり前線の頑張りと中盤のボールキープの賜物でしょう。

W杯予選は「ゲーム内容よりも勝ち点3」が常套句ですけれども、この試合は内容も伴った見事な試合運びでした。
この間のマルタ戦で手応えを感じた岡田監督のチーム作りが実り始めたという事かな。
俊輔もこの勝利がかなり嬉しかったのか、試合後のインタビューは饒舌でしたしね(笑)。

勝利の興奮冷めやらぬ状態ですが、そろそろ限界が…という事で、お休みなさい。


という記事を試合直後に書いててブログにUPしようとしたらライブドアブログ、メンテナンス中…、で、今になりました。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

南アフリカW杯アジア最終予選第2戦、ホームでの初戦、ウズベキスタン戦。

日本代表スタメンは前戦バーレーンの主要メンバーに大久保、香川が加わった。

前半
開始直後からウズベク、積極的にプレスをかけてくる。若干引き気味でくるだろうな〜と予想していたが、恐らくピッチ上の選手達もそんな予想をしていたのか、出鼻を挫かれて、試合の主導権を握れず、パスも乱雑に。


試合が動いたのは27分、直前のプレーで闘莉王がヘディングでクリアしたボールが相手の18番に拾われ右サイドからグラウンダーのクロス、詰めていたシャツキフに決められ、日本、先制を許す。


前半のうちになんとか追いつきたい日本は俊輔起点に幾度もチャンスを作るも結果に結びつかず。


再び試合が動いたのは40分、左サイドの俊輔からファーサイドにいた大久保へのクロス、その折り返しを詰めていたゴール前の玉田が合わせ、日本待望の同点弾!。
そのまま勢いに乗りたいところだったが好機を生かせず前半は1対1で終了。

後半
試合序盤から両国とも試合の主導権を握るべく、積極的に前に出るサッカーを展開するも、お互いに攻め手を欠く状態が数十分。
選手交代も起爆剤とならず、試合終了間際のパワープレイも実らず、そのまま試合終了。

結果1対1のドローゲームとなり、日本は勝ち点1を獲得。

で、雑感。
最悪の結果こそ免れたけれども、ホームアドバンテージを活かせず勝ち切れなかったのは痛いところ。
セルジオが何度も言っていたけれども負けに等しいゲーム内容でした。
試合前にホームアドバンテージとして、この間のUAE戦同様、サイタマの芝生を短く刈って水を撒き、パスを通りやすくしたみたいですが、全くもって活かせてなかった、というより逆効果。
本来は日本の持ち味であるパススピードを更に上げて相手を翻弄、というのが目的だったんでしょうけど、逆にスピードが付きすぎて、たとえばスルーパスに対して球の軌道の目論見誤りが相手にカットされ、不必要なカウンターを食らい、ライン際ではふんばりが利かず、足を滑らせる事多々。
更に選手間でのパススピードのブレでトラップミス多発。
まあ、相手にもそれらの兆候は見受けられましたけど。


ボッコボコのピッチのアウェイでやられるならまだしも、芝の長さまでキチンと整備された日本のスタジアムでわざわざ自らの首を絞めるようなコレ、ホントに止めたほうがいいと思う。日本の良さが消えてしまいます。

失点のシーンは闘莉王の中途半端なクリアが招いたようなもんですが、日本がやりたかった形をまんまとやられてしまいましたね。
右サイドにCBが2人引っ張られている状態での逆サイドのケアが出来る人数が足りてなかった。
イレギュラーなシーンでも相手はカウンターでくるのは判っていたのだから、GK楢崎も含め、カウンターへの準備というか警戒心を増やさないと。
それにしても楢崎、不測の事態に弱いですね。ピッチ上での雰囲気作りとしても一度川口を再起用してみるのも手かと。

俊輔は相手のマンマーク+1枚に遭い、本来の仕事をさせてもらえない時間が続いたが、同点弾への起点になった仕事は見事でしたね。
この同点に結びついた一連の流れは良かったな〜。

他も各選手、細かいところをアレコレ書きたい気持ちはありますが、これ書いてたらキリ無いし、一連の予選試合は内容よりも結果が全て。


終わったものは仕方ない。
2試合終わって勝ち点4、決して悪い数字じゃないと思います。

最後に、なんつーか、代表の空気悪いっていうか、重苦しくないですか?。
ナショナリズム溢れる試合だけにその責任の重みは抱えていて欲しいし、勝ちにいくサッカーと楽しいサッカーは両立出来ないのも判りますが、中継見ていても、なんかしっくりいってないような気がするんですよね。

こんな心配が杞憂になるように次戦のアウェイ、カタール戦、監督を含め決して楽観視出来ない相手ですが、ドロー以上の結果、いや勝利を望みたいところです。

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

来週行われるW杯アジア最終予選、ホームでのウズベキ戦の前の強化試合がキリンチャレンジカップの名の下で、新潟で開催。
前日行われたACL準決勝出場組のガンバと浦和、両チームの所属選手を差し引いてのメンバー構成という事で、初選出が多数。

試合前、(あらゆる場面を想定して)球足を早くするというJFAの狙いで、ピッチ上に水を散水したみたいで、試合序盤からライン際はどうもスリッピーらしい。

前半
序盤から終始日本ペース。つーかUAEが引きすぎで日本に「どーぞお持ちください」っていうような試合展開。
そのお陰で日本のポゼッションは数字的に見れば見事な物。とはいえUAEは前線にFWひとり残しゴール前にガッチリ人数を割くカウンター狙いの中東王道パターン。
流石にそう易々とシュートを打たせてくれません。
ま、相手にボールが渡ったとしても簡単にインターセプトでマイボール、でサイドからアーリーでニアに、っていうのが日本の攻撃パターン。
割と徹底してやっていたお陰か何度か惜しい場面がありましたが、いかんせん精度が…。

後半
後半も日本ペース。前線からのプレスを効かせて相手に攻撃をさせない楽な展開。
攻撃も噛み合ってきて、何度か惜しいチャンスを作る。
試合が動いたのはやはりサイドから。大久保のクロスを途中交代の興梠が頭で合わせたボールがポストに弾かれる。
ルーズボールを内田が拾い再びクロスをこれまた途中交代間もない香川が詰めて日本先制。
分厚い攻めが出来たいい形での先制弾でしたが、これに水を差すような失点劇がこの数分後に訪れる。
UAEのカウンターから相手に持ち込まれて、DF陣も釣られてズルズル下がり、失点を喫す。
その後はUAEは無理せず中東カテナチオでゴール前に陣取り、なんとしてもホームでの勝ち星を上げたい日本は更なる猛攻に出るも、
時既に遅し、試合終了。結果は1対1のドロー。

で雑感。
正直テストマッチという域を出ないゲームで、観ている側も「まぁ親善試合だから…」とテンションを無理やり下げざるを得ないゲーム内容だからして、
あまり細かい事は言いたくないのだけれど(ウズベキ戦のスタメンはガラッと変わるだろうし)、最初に不満に思ったのはUAEの試合の入り方。
仮想韓国として挑んだ試合内容にしては随分とお粗末。あ、日本の失点シーンの個人技は見事でした、それは認めます。でもそれだけ。
トラップもままならないし、試合のメインプランであろうインターセプトからのカウンターの精度も悪く、日本の守備の見せ場はほとんど無し。
この試合に限ってはDFのセレクションは宙ぶらりんのままになりました。
かつての日本代表の戦歴の対UAE戦では一番弱かったと言い切れる程のチーム。
こりゃー韓国にはボコボコにして貰わないと。

対して日本、メインの攻撃、両サイドからの早い展開でのアーリークロスで中央…という反復は充分伝わりましたが、再三チャンスがあったのにそれが実ったのは一度だけ。
ピッチコンディションをわざわざ悪いほうにシフトしての課題作りは成功といえるんでしょうけど、前線の枠に飛ばないシュート連発の現実を見て、代表内でもシュート練習すべきでは?と改めて思いました。
攻撃時もとにかく前線へ、というのが伝わる、焦りにも似た速攻ばかり。遅功で相手をじっくり崩すような力量差がないのは判りますが、一度溜めを作って試合落ち着かせる事の出来るヤットの存在はやっぱり大きいんだな、と再確認。

ウズベキ戦は先にも申したようにスタメンはきっとガラッと変わるでしょうけど、この試合の意義は何かと問われれば、月並みですが新戦力にすべきか否かの
若い選手のセレクション(特に攻撃陣)であった事は言うまでもない。先発起用された奴も途中交代で出た奴も、もっとエゴ出してプレーしちゃえばよかったのにな〜、と北京世代に同情というかなんというか、複雑な思いを抱かざるを得ない、本番前の親善試合でした。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ブログネタ
日本代表 に参加中!

南アフリカW杯アジア最終予選初戦、アウェイのバーレーン戦。

前半
日本、立ち上がりから積極的な攻めを見せる。松井と阿部が遠いレンジからシュートで終わらすプレーからも勝利への意識が伺える。
9分、内田の右サイド突破から中央で受けた田中達也が反転してシュート。これは惜しくもキーパー正面。
16分、日本、ゴール右側からFKを得る。キッカーの俊輔、壁の間を通すグラウンダーのシュート!。

よっしゃ〜!

ゴール左隅に突き刺さるといった表現がピッタリの見事なゴールで日本先制。さすがファンタジスタ。

その数分後、バーレーンが際どいシュートを見せるもその後の展開は相変わらずの日本ペース。

30分過ぎから俊輔が相手DFからアフタープレーを食らう等試合が荒れて度々時計が止まる。

42分、左サイドをえぐった玉田が相手のファールを受けFKを得る。ヤットの間接を中央で受けた俊輔のシュートを相手がたまらずハンド。PKゲット。
キッカーはやっぱりこの職人でしょう、のヤット。

もはや伝説の域に達している、神懸かりコロコロ。

日本、大きなアドバンテージとなる嬉しい追加点。

前半はこのまま終了。

後半
さすがに前がかりに来るバーレーン。日本、押し込まれる展開が続く。
後半20分過ぎ、相手DFが2枚目で日本、数的有利に。松井に替えてケンゴ。

30分、
長谷部がポスト、セカンドボールを打った田中達也のシュートもポストの惜しい2連コンボ。
38分、長谷部に替え今野交代直後にケンゴのミドルがあっけなく決まる。

その数分後、バーレーンにあっけなく得点を許す。

その数分後トゥーリオのバックパスが楢崎の頭を越えるまさかのオウンゴール。

わずか5分程の間で3点差から1点差に。

これをなんとか守りきって結果3対2で日本の勝利。

雑感
日本はアウェイとはいえ、序盤から積極的な攻めを見せ、前半はバーレーンを優るボールポゼッション。
後半も相手のサッカーを上手く切る展開でしたが、終了間際の2失点は余計。

油断からマークのズレを招き、守備を崩されての1点目。同じくDFとGKの連携ミスからの相手へのプレゼントゴールの2点目。楽勝ムードを自ら帳消しにした守備の崩れを猛反省しないと。今後、この2失点を後に響かせないためにも取れる時に取らないと。

結果的にアウェイでの勝ち点3は得られましたが、俊輔、ヤット、ケンゴの職人技も自らの手で帳消しにする、なんとも後味の悪い、手放しで喜べないゲームでした。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

あと20分程で始まる、W杯アジア最終予選、バーレーン戦。

前回対戦時には敗北した、アウェイの厳しい環境の中ですが、是非とも勝利に拘って勝ち点3を持ち帰ってきて頂きたいものです。

仮眠したお陰で頭がスッキリ。しっかり観戦出来そうです。

あ〜、ドキドキ。

では、またのちほど。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

北京オリンピック男子サッカーグループリーグ最終戦、既にグループリーグ敗退決定の日本は、決勝T進出の為には絶対に日本に勝たなくてはいけないオランダとのガチの試合。
結果は後半20分過ぎ、自陣PAでファールし、相手にPK献上。
ど真ん中に決められ、結局これが決勝点。
1対0でオランダ勝利。

これで結局3戦全敗の勝ち点0で終了した。

得点が絶対条件のオランダは、当たり前ですが最初から前に出てきて、そのお陰で日本も相手のスペースを突ける展開で、多少贔屓目に見てもほぼ互角か、少なくともオランダに冷や汗を掻かせるシーンが幾度かあったと思う。


スタジアムはオランダの好機に歓声が沸き起こり、日本のチャンスにブーイングが起きる、アウェイ状態。
第3国開催なんですけど、完全なヒール扱いの中で、ドローか、若しくは勝てば嬉しいサプライズでしたが、負けでもガチで来たオランダと対戦出来たのは収穫といえば収穫か。

ただ、惜しむらくは3戦通じて最後まで、チームとしての意識というか纏まりの形が見えなかった事。
要所要所で個人技で打開、好機に結び付けるチャンスはあったものの、組織で崩す攻撃はあまり見えず。
何よりも相変わらずの声出しの少なさ、チームとしての一体感のなさ。

今の代表をちょっと象徴するプレーが決勝点。
別に本田圭擁護じゃないですが、PK献上について既にアレコレ言われているみたいですが彼個人の性格と絡めて、軽く戦犯扱いするのはちょっと違うんじゃないかと。
そもそものきっかけはPAに進入を許した事で、それはその前に中盤のプレスが緩かったり、エリア外でツブせなかったのが原因な訳で。
組織で崩されてたら、正直チーム全体の失点、責任ですよ。
あのPKでの失点の後、意気消沈しないで、西川、本田圭を鼓舞する選手が何人ピッチにいたか。

味方の選手のプレーが不甲斐なかったら、叱責してもいい。
それがその選手の質を高めるに必要な声だし、叱責した選手にも簡単にはミス出来ない責任が生まれる。
そして、味方の選手が結果には結びつかずとも良いプレーをした時には、周りの選手が鼓舞しようよ。
今の代表クラスの選手だったら、恐らく少年サッカークラブ時代から数千回も行っているであろう、必要なプロセス。
それが3試合通じてあまり感じられかったのが、試合結果よりも寂しい結果でした。

考えてみれば、世界の32強(W杯)でも、本戦に進出出来るか否かの立ち位置の我が日本代表。
それがいきなり16強の中で「40年振りのメダルを狙う」というマスコミの論調も相当に図々しかったな…。
筋としては、南アに向けた国際試合経験を積ませる大会参加。
今回の五輪参加が今後の代表強化の為の猛反省材料になる事を、1サポーターとして切に願います。

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ