めぐりあいズゴ

東京のリアル下町の一角、堀切菖蒲園を中心に 足立ナンバーエリアを徘徊しまくる高純度アダッチ・カツシカンブログ。

カテゴリ:下町の車窓から

下町の車窓から・第5回目のテーマは我がホーム、堀切菖蒲園の隣駅、お花茶屋!世間的には高校バレーで有名な「共栄学園」の所在地として有名ですかね。余談ですがこの学校、つい最近まで共学になったの知りませんでした。

そんなお花茶屋ですが隣町という事もあって、かなり子供の頃から慣れ親しんでいる街でもあります。駅から先の共栄に通じるメインの商店街は以前はとても活気があったと記憶しているのですが、最近はシャッターを閉めているお店が目立ち、あまり元気が無いように思えます。

お花茶屋 喜八









画像は駅から徒歩5分程の「喜八」。牛すじ煮込みともつ煮がウリのお店です。店内の様子は、会議室で使うようなパイプイスがあったりでなんだかホノボノしているお店です。余談ですが、このお店の向かいの中華料理屋さん、高校の頃、ガッコ帰りによく寄ったのですが、最近の訪問時で「あれあれ?」という感じになってました。昔の味の記憶が大きすぎてたのかも。

ラーメンといえば、線路沿いの「ラーメン大学」も外せません(笑)。ココも夜中によく行きました。最近は御無沙汰ですが、数年前に訪れた時に、やっぱり「あれあれ?」という印象だったなぁ。


東堀切ゑびす









2枚目の画像は駅から徒歩10分程の「ゑびす」。但し駅から割と距離あるので迷うともっと掛かりますね。御大も迷ったようだし。ホント住宅街の中にポツンという感じのお店。定食類も提供していて、「肉豆腐定食」というのが非常に気になっている所です。実は私の実家がココから歩いて10分弱だったりする。色々書いて恐縮ですが、コチラのお店未訪です。が近々訪問する予定です。

他にもパスタの美味い「ヤポ」、定食類は「ときわ食堂」、大衆酒場だったら「東邦酒場」なんかもいいかも。酒場未訪店で気になるお店は「串平」と隣の「あっぱれすーさん」というお店辺りが気になってます。

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、下町のパパラッチ、シャアズゴです(笑)。さて下町の車窓から、第4回は勝手にアンダーグラウンド大衆酒場と位置付けてしまいましたが、実際には物凄く知られているのかもしれないお店を紹介。というのは建前で、2軒共に未訪です。情報があまりに少ないというか、全然無いので、「テレビのチカラ」ならぬ「ブログのチカラ」を借りて情報収集したいというのが本音です。なので「このお店行った事ある!」という方が居ましたら、是非情報お寄せ下さいませ。

そんな訳で一軒目のお店は亀有駅北口ロータリーから環7に抜けるバス通りから一本入った通りにある「だるま」というお店。

だるま

 

ちょっとピンボケで申し訳ないですが、このお店、午後7時頃、偶然店頭を通って発見しました。今まで全然知らなかったのですが、建物を見る限り、かなりの歴史がありそうなお店です。店頭には多数のチャリ、更に扉の曇りガラスから伺う店内の様子は、入り口開けてすぐに座敷という感じ。ちょっと圧倒されそうです。でも良い店なんだろうな、という感じはとても伝わってきます。

 

二軒目は四つ木駅から程近くの「力」というお店。

四つ木 力

 

所用でこの近くを通った時に偶然発見。店構えがなんともいい感じで期待が持てそう。定食類もある事から、和み易そうな感じがします。

 

なんか、曇りガラスのお店の「店内の様子、見えそうで見えない」という焦らし作戦にマンマとハマってる気が…。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

下町の車窓から、第3回目は、堀切中央通り!
堀切中央通りは堀切菖蒲園駅から綾瀬方面に続く通り。一部ではラーメン屋が通り沿いに点在している事から「ラーメン通り」なんて呼ぶ人もいるけど。
私の仲間ウチは未だに弁慶通り(由来はこの通り沿いの有名ラーメン店から)って呼んでる奴多しです。

やきとん堀切菖蒲園駅から通りを綾瀬方面に徒歩10分程進行すると、見えてくる「やきとん」屋さん。
ココ、正式店名判りません、緑のテントにはなんか「園芸肥料」とか書いてあるし(笑)。
持ち帰り専門ですが、凄い常連になると店頭でアルコール持込みで一杯やれるみたい、何回か見ました。
一本70円、ちゃんと炭火焼き、家飲み派にはとても使えるお店です。

丸和そのまま更に綾瀬方面に進行すると見えてくる赤いテントの「丸和」。
煮込みとボールが売りのお店で、ホント御近所が贔屓にしているお店。
実は数年前に訪問もベロンベロンでほとんど記憶が無い(笑)。
近い内に再訪してみたいお店の一つです。

この並びの「おかげさん」という新し目の焼き鳥屋さんも割と評判良しです、こちらは未訪。

次の写真は更に通りを進んだ交差点(ジョナサンがある所)を右折して直ぐの「信州屋」。
信州屋こちらも未訪。このお店、情報全く無し、どうなんでしょう?只、早い時間からのチャリの数から考えれば良い店なんでしょうね。
チャレンジする価値はあるのかも。

この通り、更に綾瀬方面に進んだ通り沿いに、まだまだ気になるお店があるんですよね。ほぼ情報無しですが。

連載3回目にしてやっと全画像、車内から撮りました。なんかパパラッチみたいな気になりました(笑)。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

お祭りこの間、私の実家の近くで行われたお祭りに久々に足を運んできました。私の母親が「孫とお祭り行きたい!」と言ってたので母、私、嫁、娘で行ってきました。

私が子供の頃と比べると、屋台の数も減ったけれど、それでも凄い数の子供達が色々と楽しんでいる御様子。屋台も時代と共に多種多様になっているようで「タイラーメン」「ドネル・ケバブ」「トッポギ」等と多国籍な食べ物系屋台が結構な繁盛ぶりでした。

 

お好み焼き

とはいえ、昔からの馴染み店やチョイ新し目の食べ物系屋台もしっかり存在感を示していました。お好み焼き、たこ焼き、イカ焼き等など。

ちょっと珍しいと思ったのが唐揚げ。東京ドームのビールみたいな紙コップに唐揚げが入った物。割と一般的ですか?私は初めて見ました。

写真はお好み焼きですが、このお店、ホント昔から出してます。どちらかというと「どんどん焼き」に近いペラペラした物。切りイカ天を食べましたが、相変わらず旨かった♪昔は1枚100円だったけど今は200円、全体的に私が子供の頃より倍に値上げされてますね。

 

あんず飴コチラも食べ物系屋台で御馴染みのあんず飴。イマ風にブラックライトに照らされてますね♪正式名称はなんなのかな?ガキの頃から「あんず飴」っていってたから呼び慣れているけど、実際には具が「すもも」だったり「ミカン」だったりするから「あんず飴屋さん」はおかしい呼び名ですね。でもこれからもあんず飴って呼ぶんだろうな♪

 

宝石すくい最後はスクイ系屋台でも新しいと思った「宝石すくい」の屋台。宝石って何?という方に説明。カラフルな色が着いたアクリル片がグルグル回ってました。多分ホームセンターとかでざらに売ってると思いますが、子供にはとても魅力的に映るんでしょうね、とても賑わっておりました(笑)。ちなみに一回300円。

お祭りってホントいくつになっても楽しいですね!

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

町屋ガード下下町の車窓から、第2回目は、荒川区町屋!

個人的に町屋といえば、で連想されるのは、京成線→千代田線等の乗り換え駅、都電、元祖もんじゃ、ガード下、勢得(旨いラーメン屋さん)等かな。

1枚目の写真は京成高架下をパチリ。味のあるお店が軒を並べてます。中には人住んでんの!?とビックリするような建物もあるけど。

写真のもんじゃ屋さん、行った事ないけど昔から在る。

町屋の元祖もんじゃ説はかなり信憑性がある。もんじゃについては、そのうち書こうと思うのでここではスルー。

 

都電

2枚目は、やっぱコレでしょ〜の都電。子供の頃、あらかわ遊園行くのに良く利用してました。なんか無茶苦茶揺れる記憶があるんだけど、今はどうなのかな?でもこの都電、町屋ではホノボノと感じるけど、王子駅周辺だとかなりウザイ存在になってしまう。ちょっとワガママかな?

 

線路

 

 

線路を渡る瞬間にパチリ。いや、安全確認ちゃんとしてますから、大丈夫ですよ。また車窓じゃないし(笑)。

 

         

 

大衆

 

京成線出口近くで興味引かれるお店が2軒並んでました。「きしだ」さんと「さくらや」さん。

どちらのお店も良い感じ。「さくらや」は立飲み屋さん、「きしだ」はもつ焼きで、お客さんの住み分けも上手く出来てそうです。勿論ハシゴにも持ってこいという感じですかね。

 

 

天風

 

尾竹橋通り沿いに新しいラーメン屋が出来てました。「天風」という名前で、つけ麺メイン?のようです。そのうち食べたいな。

ちなみにこの日も町屋の行列店「勢得」は30人程の行列でした…。

(町屋編、終わり)

 

 

追記

キャスバル坊やさん、ロナウジーニョ山田さん、シリーズ化のリクエストありがとうございました!

これからもネタある限り、マイペースでボチボチやっていきます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

再開発最近、立石駅北口の商店入り口とか、中には住宅街にも貼ってあるこの張り紙、以前にも書きましたが、立石駅前再開発に反対する運動の貼り紙。序々に広まってきている様です。

再開発って、それこそ色々な人の意見や考えが出てくるし、地元でこの運動に参加しない人(つまり開発賛成派)の方の意見も当然といえば当然かもしれない。

でも再開発後の近代化された駅前のビルのテナントに入った「宇ち多゛」とか想像出来ます?

見た目重視の再開発で、肝心の地元商店、住民が出て行かざるを得ないような開発は反対です。
つーか、21世紀なんだから、今の町並みを生かしつつ、以下の問題を解決する方法もあるんじゃないかな?

1、駅前に広場などのオープンスペースがなく、鉄道とバス・タクシーなど自動車交通との連絡が不便。
2、鉄道が道路と平面交差しているため、踏切りによる慢性的な交通渋滞や事故が発生している。
3、鉄道が地域を南北に分断し、地域生活やまちづくりを進めるうえでの障害となっている。
4、木造家屋が密集し、道路が狭く未発達であることから、緊急車両の通行や避難路の確保が困難な状況にある。

以下問題に対する個人的雑感。
1について、駅前に広場がないのは京成線沿線はザラ。タクシーも駅前で捕まえるという習慣はあまり無いのでは。
2について、慢性的な交通渋滞は確かにありますね。でも全然我慢出来るレベル。再開発で全てスムーズに通行出来るのかな?
3について、踏み切りは個人的に立石の味の部分と思う。味のある京成線には踏み切り、あって当たり前って思うのは私だけ?電車多くて2本分の踏み切り待つ余裕、あるでしょ。
4について、緊急車両、確かに通れませんね。でも家屋密集、道路未発達は区内共通。立石だけじゃない。

引き続き見守っていきたい問題です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

江戸っ子立石下町の車窓から・記念すべき(笑)第一発目は葛飾区立石のもつ焼き屋「江戸っ子」立石店。

あいにく夏休みだったのでシャッターしまってますが(やってても時間外だった)この写真、ホントに車窓からパチリと撮った物。

踏み切り開き待ちで暫く停車していた状態なので安全確認はバッチリです。念のため。

江戸っ子亀有

2発目は亀有の関所というキャッチが好きな「江戸っ子」亀有店。上の立石店とは同系列だけどスタイルはビミョーに違う。私はドチラも好きだけど。コチラもお盆休みだったのでシャッター閉まってます。というか営業中は店頭で立ち飲み状態が切れない状態なので撮影はキビシイな(笑)、休みだから撮れました。

ホッピートラック

3発目は夏にあってる涼しげデザインのホッピーの描かれたトラック。堀切「きよし」前の停車時にパチリ。多分「きよし」への搬入停車でしょう。

 

2枚目から既に「車窓じゃねーじゃん!」というツッコミは当たり前ですね(笑)。まあその辺はおおらかにお願いします(笑)。

ネタがある限り続く予定…。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ