三郷中央の、高レベルなつけ麺が頂けるスポーツバー、レジスタに再訪してきました。

訪れたのは日曜のお昼時。

IMGP9168

訪問のタイミングを伺ってて、で、何度か店頭を伺ってたんですが、
ようやく行ってまいりました。

そうそう、何度か伺ってその存在を知ってたんですが、券売機が導入されたんですよねー。

IMGP9169

先客は7割程。

提供する料理が増えたという事で卓上のメニューはまたまた変わってますねー。

IMGP9171

入り口側に近いボックス席に座っての注文は私と妻、ムスコが醤油らーめん。
ムスメがあっさりつけ麺。


店内のモニターでは録画のCLが放送されてて、

IMGP9174

それをムスコと共に10分程ボーッと眺めてたら丼が到着しました。



IMGP9176

醤油らーめん750円。

麺は中細ストレート。
具はチャーシュー、メンマ、水菜、葱。
スープは清湯醤油、表層の一部に焦がし葱が浮きます。


まずはレンゲでスープをひと掬い。

一口含むと見た目から受ける印象通り、さっぱりとした美味さの伝わるスープ。

IMGP9179

鶏出汁かな?カエシの利かせ具合ははっきりと醤油が立っている感じで、その後にじわじわ他の要素の旨味が伝わってくる感じ。


麺はドコの製麺所か不明ですが、ザクザクとする感じの歯切れの良い食感の物で、なんとなく粉の風味も感じられるような。

IMGP9178


チャーシューは以前に頂いた塩らーめんの時の薄ピンクの低温調理チャーシューとは違い、脂身多目なロールチャーシュー。

IMGP9181

肉質柔らかく歯応えがあってジューシーな美味さなんですが、ちょっと脂身多いかな…、2枚入ったチャーシューは、自分には1枚で満足な存在感でした。

水菜や多めに入れられた葱などもスープのさっぱり感に大きく寄与していています。
表層の焦がし葱による香ばしさとか、食べ進めていくうちに時たま顔を出す、スープの底に沈む柚子による味変の余韻を楽しみつつ完食。


塩らーめんもそうだったんですが、この醤油も当初は極々限られた限定メニューだったようで。
この一杯が定番メニュー化になるっていう事は、この一杯を支持する人もそれ相当いるというのも納得な美味さの1杯でした。


ムスメが頼んだあっさりつけ麺もちょっと頂いちゃいました。

IMGP9182

IMGP9186

あんまりじっくりと味わった訳ではないんですが、こちらも刻み玉ねぎがさっぱり感に大きく寄与している、美味しい一杯だと思います。たぶん麺も、通常のつけ麺とらーめんとはまた別物なんじゃないかと。

そういえば今回の訪問時のスタッフさん、店主さん以外は初めて見る人で。
いや、フロア担当の妙齢の女性は初めてじゃないのかな?もしかしたら以前この場所で「愛来(あいかむ)」ってラーメン屋さんを営んでいた、かつての店主さんだったのかな?(間違ってたらゴメンナサイ)。

そうそう、この間、自分のラーメン屋名刺ファイルを整理していたら、その愛来の名刺が出てきたので、記念に並べて撮影してみました。

IMGP9192

営業形態が違くても、地域に根ざしたお店を営むっていうのは良いですよねー。

という訳で次回訪問時には今度こそ油そばを頂こうかと。
そしていつかはサッカー観戦しながらアルコールを摂取したいなと。
ごちそうさまでした。


お店情報

SPORTS DINING REGISTA(スポーツダイニング レジスタ)

住所    埼玉県三郷市中央2-12--1
電話番号 048-953-0205
定休日   火曜日
営業時間 11:00〜14:30 18:00〜24:00
 
前回訪問時の記事はコチラから。

  

     



人気ブログランキングへ 

↑私のやる気スイッチ、1日1回それぞれポチして頂けたら、こんなに嬉しいことはないです。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 足立区情報へ

↑コチラも頑張ってます。