おかげさまでようやくネット環境が復旧しました!
前回の記事を書いて以降、画像のアップロードはおろか、テキストのみのブログの投稿も更新も出来ない状態だったんですよねー。
それについての詳細は後ほど記事にするかもしれませんが、また明日以降ぼちぼち更新していければと思います。
そんな、ブログ更新もままならない時に下書きしていた記事をとりあえず上げてみようかと。


誕生月でもある2月の日曜日。
自分の運転免許証の更新期間に突入していたので、江東区新砂にある江東試験場で免許の更新をしてきました。

023


前回の更新時は一般講習、つまり免許の帯がゴールドからブルーの免許に格下げ扱いの更新、講習だったので、午前中めいっぱい使って、で、4階で家族連れでラーメン食べて午後の講習を受けるような時間の使い方だったんですが、

その時の記事はコチラ
免許の更新やってきた


今回は再びゴールドに返り咲けるので、テンションも少し上がります。
で、折角だから前回の更新時と比べて、どのくらい時間短縮で更新出来るのかチャレンジしてまいりました。

当日は6時台に起床、我が家から江東試験場へはクルマでだいたい30分程度なので、途中に立ち寄るコンビニ利用の時間も考えて7時チョイ前に出発。試験場の並びにある大規模なタイムスにクルマを入れて、そこから徒歩2分程の試験場に到着したのは7時40分位。だいたい到着予想時間通りに到着出来ました。

さて、試験場に入ると更新の受付口には既に先客達が各列(4列ある)10人程の行列を作ってました。
どこに並ぶかあんまり深く考えず、左手から2番目の列に並びました。
その受付、ハガキ等に記載されている定刻が8時30分スタートなのですが、8時を数分過ぎた頃にシャッターが開き受付がスタートしました。

ハガキに8時30分と書いてあるのにズルイ!

って思う人もいるかもしれませんが、平日はともかく日曜日の8時30分きっかりに受付スタートだと入口扉近く、下手すれば外まで人の波の大渋滞が起こるのは間違いないだろうし、その後の事務処理とか講習だとかの進行にものすごく負担かかりそうですしね。

試験場側としてみれば、
更新する人達に朝早くから並ばれちゃったからしゃーない、時間外だけど早く開けちゃおう。
これを通例で毎日若しくは毎週末やってるっていうのが建前じゃないかと邪推。
まあ、遅く来てどうにかなるより、早く来て巻いてスタートしてくれるのはいいですよねー。

そんな受付では行列に並んでいる最中に、免許の出来上がり時の本籍確認に必要な4ケタの番号を端末を利用して任意で2つ作成、なんですが同じ番号で作成しても問題なしです。ちなみに私は同じ番号を2つにしました。

受付では持参したハガキと免許証を提出、すると更新の為の用紙が手渡されます。
これを記入ブースで太枠内のみ記入、裏面の設問5つにチェックを入れてここでの作業は終了、次のエリアに移動する際には記入漏れがないか係の人のチェックが入ります。
ちなみに太枠以外に良かれと思って住所とかの情報を書き込むと後の処理に影響を及ぼす事があるので注意が必要です。

次は更新料の支払い。係の人のナビで空いてる列に誘導。
所定のお金を払い、次は視力検査へ。

視力検査は前に5人程の並び。
サクッと終わらせて次つぎー。と思ってたら、な、なんと視力が出なくて再検査…。
その再検査なんですが、これに落ちたら再び別の日に出直しとか考えるとかなりのガクブル物ですが、並び直しで挑んだ2回目で無事にパスしました、良かったー。
思いがけず本日一番の達成感を実践してしまいました(ちなみに最初とはまるっきり逆サイドで検査しました)。

その後、記載情報の確認、写真撮影を経て2階に上がり講習へ。

ここでの着席位置は黒板に向かって一番前の一番右、つまりドアに一番近い席に座る訳です。
なんでかというと過去の経験から、講習を受講した印のハンコを押してくれるのが前と後ろにある入り口付近だからです。

で、講習なんですが、教室に入っても全員の席が埋まるまで講習が始まらないので静かに待ちましょう。ちなみに私が何やっていたかというと、この記事の下書きを書いていました。

およそ100人超が座れる教室で講習が始まったのは、黒板に書いてあった定刻、8時50分からのスタート。
ちなみに教室に入ったのが8時30分くらいだったから、およそ20分くらい待ってたんですねー。

その講習内容については割愛、ご自身でお確かめ下さい。

で、講習が終わってハンコを貰う時、後ろから走ってハンコを貰いにくる人がいたりするんですが、常日頃そういう人を見かけないので、そういう人間性を見れるのもまた新鮮かなーと。
その後、階段で4階に上がり免許を受けとって無事に免許の更新が終了しました。

で、江東試験場を後にしたのが9時25分くらい。
およそ1時間45分の滞在でした。
ちなみに帰り際の1階の様子はどの場所も混雑していたんですが、その中でも特に視力検査が一番の長蛇の列でした。
私も3年前の更新時に、ここを通過するのに小一時間かかりましたからねー。
これだけ並んで再検査で並び直しというのを考えただけでゾッとしますね。
視力に不安の残る人は更新前に何らかの対策をしておいたほうが宜しいと思います。

列のどこに並ぶか、これは割と運も作用するような気がします。
前に並んでいる人の記載情報に不備があったらその分時間がかかるし、私のように視力検査に引っかかり気味の人が多い列だったら、やっぱり時間がかかるでしょうし。
そういうのをポンポン、クリアして上手い事スムーズにいったとしても、講習で定員一杯まで待つってシステム上、一番先頭じゃなくても、講習のファーストロットに間に合って、それ以降もさして並ばずに免許を手に出来ればまあまあ速い更新じゃないかなー、と思います。

そして試験場から徒歩2、3分のコインパーキングで支払った料金はというと800円でした。
30分200円の料金設定だったので、コチラの計算も合ってますね。

024


2年後に妻が、そして、5年後に再び更新を受けるであろう自分への備忘録としての記事なんですが、ひとつの例として、誰かの参考になれば幸いです。

まとめ
視力は更新前に確かめてたほうがいい。
行列の進み具合は運も多大に作用する。
ファーストロットの講習に参加出来ればほぼほぼ最速。