お花茶屋の味噌ガッツに再訪してきました。

2016_02030013

前回訪問時の記事はコチラ。




訪問したのは日曜のお昼時、先客はカウンターに1名。
以前訪問した時と同じテーブル席に座り、メニューを熟読した上、

2016_02030002


2016_02030001

頼んだのはスタミナ味噌ガッツ(880円)。

注文時に店員さんに辛さの好みを聞かれます。
辛さ指定は普通、2倍、3倍の3段階。
常日頃から通常の3倍というフレーズを割と意識している私ですが、店員さんに辛さの度合いを聞いた感じで、ちょっとひよって辛さ3倍にしておきました。
同じメニューを頼んだ妻は普通の辛さで注文。

2016_02030003


さて到着したその丼、見るからに辛そげなルックス。

2016_02030004

麺はたぶん普通の味噌に使用してるのと同じく黄味がかった中太ちぢれ麺。
スープは味噌に唐辛子由来の辛味成分が投入されて真っ赤っか。
具はチャーシュー、挽き肉、メンマ、もやし、フライドオニオン、生姜、葱。
メンマは変えたのかなー?なんだか前回とは印象が違うような。

 スープをレンゲで一掬い、口に運ぶとダイレクトに伝わる辛さ。

2016_02030007

でも、辛さだけじゃなくって、ベースとなる味噌のコク、甘さも辛さの向こう側に感じられます。
麺と具とスープとの絡みですが、非常に良く絡んで一体感が生まれております。

2016_02030009

そんな麺は啜るのに割と神経使うかも。その縮れ具合故にスープの跳ねが怖いんですよねー。

2016_02030010

特に白い服着てたら注意が必要です。食べ進めていくうち、油のコクとか生姜の風味とかニンニクとか辛さとかのミクスチャーされて、メッシ(白飯)を投入して最後の米の一粒まで堪能したくなる位になんともジャンクな辛美味い一杯でした。

寒いこの時期にぴったりな一杯だと思います。

コドモ達は前回訪問時に食べられなかった憧れの味噌ガッツをそれぞれ。

2016_02030005
 
2人共に8割方平らげてた。改めてコドモの食欲の伸びしろってすごいなーと思ったり。

駅徒歩1分という好立地ながらも数年で数店舗入れ替わった、鬼門といっても差し支えない此のテナントで、滞在中にも後客が続々。しかもそのほとんどがリピーターといった感じで、人気も定着しているんだなー、と思いました。

そういやTRYの新人賞も獲ってたんですよねー。

BlogPaint

この味なら受賞も納得ですなー。

葛飾区内でもちょっと寂しいお花茶屋のラーメン事情を牽引していって欲しいなーと思います、ごちそうさまでした。

2016_02030012


人気ブログランキングへ 

↑私のやる気スイッチ、1日1回それぞれポチして頂けたら、こんなに嬉しいことはないです。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 足立区情報へ

↑コチラも頑張ってます。