カタール、ドーハで行われたリオ五輪アジア最終予選決勝の韓国戦。
既に2位以内が確定し、オリンピック出場が決まっている両チーム的にはこの大会のもう一つの側面、アジアのU23の王者決定戦という意味合いの強い試合。

前半
攻守が頻繁に入れ替わるというスピーディーな試合展開の中から試合は動きます。
20分、ゴール前のもたついた状態から韓国の選手にボレーを打たれ日本は今大会初の先制点を許す。そのまま前半終了。

後半
立ち上がり早々、韓国のパス回しがスルスルと収まり、マークがずれての失点。
2点を追う日本、カウンターから矢島のスルーを途中交代した浅野が抜け出しGKと1対1、これを落ち着いて決めて1点を返す。
勢いに乗る日本はその数分後、左サイドから山中のクロスをゴール前で受けた矢島のヘッドが決まり同点に追いつく。
35分、日本のカウンター、中島からの浮き球を抜け出した浅野がGKとの1対1を制し日本ついに勝ち越します。浅野は喜びのジャガーポーズ。
結果これが決勝点となり、そのまま試合終了。3対2で日本の勝利!
日本代表は見事U23アジア王者になりました!

イラン戦、イラク戦もかなり劇場な展開だったんですが、今日の試合もかなり劇場でしたねー、今日の試合もしびれました。
試合を重ねる事にチームとしてのまとまりが感じられてたリオ組ですが、今日はやや守備の連携が乱れた感じで、そこを突かれての失点でしたが、今日はそれを補う攻撃力を上手く出せましたねー。
相変わらず采配がズバリ当たってましたねー。
決勝点を挙げた浅野、同点弾を挙げた矢島は勿論評価されて然りなんですけど、個人的には最後まで運動量を落とさず奮闘したDF陣、好セーブ連発の櫛引、それに攻撃陣の中でも特に、アシストで貢献した中島の頑張りも称えたいところです。

選手、スタッフの皆さんお疲れさまでした!
アジア王者おめでとう!