表題は某邦画のタイトルをもじったんですが判りましたかー?

西新井駅東口から徒歩2分程、イオンの裏手にあるお店。

2016_01240017

店頭にはこんな拘り書きや

2016_01240031

こんな看板があります。

2016_01240030

店内の様子は入口入って左側に券売機のある食券方式。

2016_01240021

客席はL字カウンター10席。
日曜のお昼時に訪問、あいにくの満席だったので、店内で10分程待っての着席。
ただ、待ちの合間に店員さんへの食券受け渡しがあったので、着席してからの提供は気持ち早かった感じ。


待ってる間に、しげしげと店内観察。

2016_01240020


赤(濃厚魚介系醤油ラーメン)760円を注文。
店内の商品説明によると「鶏ベジポタ白湯スープに北海道魚介スープを合わせた贅沢な一品」との事。

ランチタイムサービスでライス、野菜、デザートの何れかが付きます。
ライスをお願いしました。

で、登場してきた赤。

2016_01240023

なんで赤かというと丼が赤いからですかねー?。

2016_01240029

麺は村上朝日製麺製、断面でいうと丸型な中太ストレート麺、茹で加減やや固め。
あっつあつで提供のスープは店主さんの出身地北海道の鮭節、羅臼昆布、ホタテ等を使った魚介系と鶏ベジポタのWスープ。
具はチャーシュー、メンマ、海苔、カイワレ、葱。

麺はツルツルとした喉越しの良さとザクザクとした歯切れの良さを感じる麺。

2016_01240024


スープは確かにじんわりとした鶏出汁の中に、ちょっと変わった魚介系の風味が利いていて、それが鮭節の効果といわれれば納得な感じの味わい。

2016_01240026

ベジポタのトロッとした感じは控えめで割とさらっとした口当たりのスープなのでついつい飲み進めてしまいます。
卓上には様々な薬味が。
その中でも気になったのが小壺に入った魚粉。
これにも鮭節が使用されているらしいんですが、それをひとさじスープに投入すると、更に風味アップ。

2016_01240027


最後まであっつあつで頂けた、じんわり美味しい1杯でした。


同行の妻は黒を注文。

2016_01240022

ちょっと味見させてもらったんですが、こちらも優しい口当たりのベジポタな一杯でした。

割と以前からこのお店の存在が気になっていて、で、ようやく訪問出来た事が嬉しかったんですよね。
そんな気持ちをベッキー風に表すと、ありがとうブランチマウス!(枝口)って感じでしょうかね。


らーめん食堂 えだぐちラーメン / 西新井駅大師前駅梅島駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0



人気ブログランキングへ 

↑私のやる気スイッチ、1日1回それぞれポチして頂けたら、こんなに嬉しいことはないです。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 足立区情報へ

↑コチラも頑張ってます。