町屋駅から徒歩2、3分程の距離にある、都電荒川線の線路沿いのお店。
店舗外観は割と周辺の景色に溶け込んでいて意外に目立ち難いかも。

2016_01100025

店内の様子は入口入って右手に券売機のある食券方式。
厨房の前にはL字カウンター8席、それと4人掛けのテーブル席が2つ。


券売機を見ると、

2016_01100007

ワンタン入るヤツとか特製とかが推しなのは店主の修行先(麺屋武蔵系だとか)も影響してるのかな。

で、オーダー。

店頭の看板を見て、決めました。

2016_01100024


私は「しょうがの効いた醤油ラーメン」という触れ込みの中華そば(黒だし)700円を。
妻とムスメは「白しょうゆを使った魚介のWスープ」の中華そば(白だし)700円を。
そして、つけ麺が好きなムスコは迷わず、つけそば730円。

10分程で丼が到着しました。

2016_01100013


さて、今年初めての一杯のお味はというと、

麺は中細概ねストレート麺で茹で加減普通〜やや固め。

2016_01100016

ツルツルッとした喉越しの良さと、適度なコシの強さを感じられる、加水率高めの麺。

スープは仰せの通り、若干黒いかなー、いやそんなに黒くないかなw、茶濁の動物系主ベースと思われるスープ。
表層には軽く油膜と刻み葱が浮きます。

2016_01100015

レンゲで一口頂くと、伝わるのは意外とすっきりとした出汁の美味さという印象。
動物系(鶏と豚だとか)は特に鶏のほうが判り易く伝わる感じで豚の主張は弱め。

具のメインはチャーシュー2種。
その上に覆いかぶさるようにおろし生姜が載ります。

2016_01100019


1枚は豚ロースチャーシュー。

2016_01100021

割とハードに燻されたのかなぁと思う位のスモーキー加減で、香ばしさが溢れてます。

もう1枚は鶏ムネ肉のチャーシュー。

2016_01100020

こちらもちょっと燻されてるのかな?それと、味付けが割と大人な方向の物だったので、コドモ達はちょっと苦手そうでした。

それ以外に穂先メンマも1本入るんですが、ザクザクとした柔らかな食感で美味しい物でした。

最初はすっきりとした美味さのスープを味わって、で、次はおろし生姜をスープに溶かしこんで味わい、そのうちにチャーシューの香ばしさがスープに移って風味が増すという、時間経過によって色々な味わいが楽しめる一杯でした。

妻とムスメが頼んだ白だし。

2016_01100017


ムスコが頼んだつけそば。

2016_01100014

麺は中華そばと違って、ピロピロ平打ち麺。

2016_01100022


どちらも少し味見させて貰ったんですが、個人的には白だしよりも黒だし、黒だしよりもつけそばのほうがより、好みに近いかなー、といった印象でした、ごちそうさまでした。

実はこのお店、昨年末にも訪問をしかけて、で、周辺のコインPに入れた後に、辿り着いた店頭にはこんな貼り紙があって振られた経験があったんですよねー。

2015_12220002

昨年から持ち越した宿題を片付ける、そういう意味でも、今年最初の1杯はココで良かったんだろうと思います。


2016_01100010



最後に、今更でしょうが、今月の定休日情報を。

2016_01100023


中華そば 虎桜
ラーメン / 町屋二丁目駅町屋駅前駅町屋駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0



人気ブログランキングへ 

↑飲食ネタ、しばらくは昨年のネタ、今年のネタを時系列入り混じって書く事になりそうです。そんな私のやる気スイッチ、1日1回それぞれポチして頂けたら、こんなに嬉しいことはないです。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 足立区情報へ

↑コチラも頑張ってるんですけどねー。