A区某所にある、ベールに包まれまくっているお店。
およそ1年前から気になっていて、で、過去にも記事にした事があるんですが、ようやく行ってきました。


状況としては、ちょっと遅い晩御飯をこちら方面で取る事になり、幾つかの候補の中から、夜営業のみのこちらのお店、こういう状況じゃないと中々足を運べないって事で急遽プライオリティーを上げての訪問。

BlogPaint

で、頼んだのはつけ麺(800円)。

そのつけ麺の提供時に、撮影許可を申し出ると、

大丈夫ですよー、でも…


ネットのほうはちょっと…


どうやらネット上でお店の口コミをされたくないようで、あくまでも人づてベースのリアルな口コミの集客にしたいようですね。

という訳で、私もそのお店のポリシーを尊重しようと。

でも、よくよく考えてみると、店名とか店頭写真とかを挙げなければ、料理の画像を見てもチンプンカンプンですよねー?
そんな自己解釈をしたんですが、やっぱりポリシーはポリシーという事でモザイク処理をしてみました。

BlogPaint

どうぞ、目を細めて見て下さいw。

麺は中太の縮れ麺、茹で加減固め、麺の上にチャーシューとメンマ、海苔が添えてあります。
つけ汁は鶏ベースの見るからに粘度高めな濃厚具合。
表層にクリームなのかな、ちょっと正体が判らないけどグルッと一周白い物がかけられています。

つけ汁は確かにドロッと濃厚で、麺との絡みも良好ですねー。
この位の粘度のつけ汁を提供するお店は幾つか訪問した事があるんですが、そのほとんどが豚骨魚介系だったので、終盤は割と重く感じる事が多かったんですが、鶏が主ベースのコチラのつけ汁は、そういう重さをほとんど感じず、いい意味での軽さを感じてペロリと頂けます。

麺をあらかた平らげて割飯。
そう、つけ汁にライス投入な訳です。
これ、個人的に余所では禁断の技なんですが、ココのつけ汁の美味さ&軽さと、お店側のサービスの申し出を受けて頂いちゃいました(つまりご馳走になった)。

その割飯、つけ汁が濃厚な味わいなんだけどくどさがほとんど無いので〆のご飯を投入しても美味しく頂けるんですねー。
ご馳走になったから言う訳じゃないけど、こりゃー確かに必須だわ、割飯。

そんな割飯の、最後の一粒まできっちり美味しく頂きました。

ちなみにお店、割とアルコールメニューが充実、で、おつまみも充実で、どちらかというとソチラに比重を置いているのかなーという感じに見受けえられましたが、頂いたつけ麺は期待にたがわぬ美味さの1杯でした。

ちなみにこの記事書いてる時点の2016年2月でも、Web上には自分の過去記事以外に、とある人のツイッターからの投稿が1件のみ。

耳年増ならぬ目年増になる位にネット上にはお店の情報が溢れていて、ともすればそういう情報で訪問先を決めるとか、また逆に食べるの諦めちゃうとかしちゃいがちな状況で、まあ、自分もクチコミグルメサイトへの投稿を10年以上続けてるっていう意味ではその片棒を担いでるのかなー?っていうのは多少なりとも自負してるんですけど、そんな情報化社会のこの時代に、いいですよねー、そのスタンス。

改めて、美味しかったです、ごちそうさまでした。



人気ブログランキングへ 

↑私のやる気スイッチ、1日1回それぞれポチして頂けたら、こんなに嬉しいことはないです。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 足立区情報へ

↑コチラも頑張ってます。

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。