W杯アジア2次予選、グループEの折り返し2戦目、アウェイのカンボジア戦。
スタジアムは物凄い超満員。
で、ピッチは人工芝でゴムチップが撒かれてる状態で、試合球はベトナムブランドの重ーい球だそうな。
日本のユニホームはアウェイ仕様。

日本はシンガポール戦から大幅に入れ替えてのスタメン。
長友が右SBとか、特に守備陣の入れ替えが激しいかなー。

前半
全体的に日本ペースですが、得点の匂いのしないままダラダラと試合は進行。
時たまカンボジアのカウンターで場内が沸く、そんな展開。
結局無得点のまま前半終了。

後半
後半も日本ペースで試合が進行。
後半開始から柏木投入で戦況は大きく変わる。
柏木からのボールの流れで香川がPA内で倒されてPKゲット。
キッカーはザキオカ。
なんか冴えない顔してんなーと思ったら案の定GKに止められた。
その数分後には柏木からのFKを頭で合わせて汚名返上の先制点。
その後も日本ペース。
途中交代で出場の本田は歴代記録がかかってるゴールが是が非でも欲しいのかゴールに積極的。
そんな本田を周囲も後押し。
再三のチャンスも得点を奪えず、こりゃー厳しいかなーと思ったロスタイム突入直後、左サイドをえぐった藤春からのクロスを頭で合わせて日本史上初となるW杯5試合連続得点を見事達成、試合はそのまま2対0で終了。

で、雑感です。
カンボジアはコンパクトに守って、奪ったら素早くカウンターという、シンガポールや他の東南アジア諸国と似たサッカーを展開していましたが、試合前半の守備疲れが効いてきたのか、後半はやや足が止まってましたね。
カンボジアは足がつる選手が多くいる中、日本はそういう疲労度を見せない感じの姿勢が、欧州に数多く在籍している日本人選手のプライドなのかなーなんて思ったり。

ハリルホジッチとしては結果もそうだけど、格下相手に攻撃陣と守備陣の再構築を試してみたいと目論んだ感の伝わるスタメンでしたが、タメの作れてない前半は全然駄目でしたねー。

相手の足が止まってきたっていう事もあるけど、後半のほうがワイドに展開出来てましたね。

スコア的な物足りなさはあるんですが、結果として勝ち点3、得点2、失点0を積み重ねたのは評価したいなと。
ちなみに個人的な今日の試合のMOMは柏木という事で。

あと、この試合から代表のアウェイユニフォームが新しくなったんですが、やっぱり酷い感じでしたw。
なんでか、ケミカルウォッシュみたいな胸の模様?が非常にイラナイ感を醸し出してませんかー?