この記事の続きです。


どうも。ズゴ田類です。

さて、綾瀬を後にした私達。
次に向かうのはコッチ側の隣駅、亀有なんですね。
コッチ側の隣駅っていうのは我が家の感覚のコッチ側、つまり、より自宅に近いほうの駅なんですね。
ちなみにアッチ側の隣駅っていうのは北千住で、これまた飲み屋が数多く存在する素晴らしい街なんですが、基本ハシゴ酒をする時は、最初の目的地を起点として、どんどん自宅に近づいていくような戦術をたてる訳なんですね。
そういう訳で、ハシゴ酒をする時には、2軒目は1軒目よりも遠ざかるような選択はしないんです。
サッカー的に言うと、ファーじゃなくてニアサイドに攻める訳です。


前置きが長くなりました。
そんな亀有駅前に到着。

2015_08160027

歩きながら撮ったものでピンボケですいません。

目指すは我が家的に亀有の第一候補、亀有の関所、江戸っ子ですが、またしてもお盆休み…。

続いて駅を挟んで逆サイドに位置する、亀有の良心、一力ですがこちらもお盆休み…。


2015_08160029


という感じで北や南を彷徨う事約20分。
綾瀬で彷徨ったアンド電車移動時間とかを考えるとおよそ1時間くらいアルコールを口にしていない事になるので、そろそろお店を決める方向で。

という訳で伺ったのは北口徒歩1分の「串カツ田中」。

2015_08160039

都内を走っているとちょいちょい看板を見かけるくらいに店舗拡大している「串カツが売りのチェーン店」っていうのは知ってたんだけど、初訪問なんですね。
他のお店が軒並み盛況だったのに比べてコチラは割と空いてたので、

2015_08160032

その辺りちょっと不安だったんですがそんな不安は杞憂に終わりました。

店内は白基調で明るく清潔感のあるの内装で、なんとなく女子受けが宜しい感じの店内。

まずはビールで再び乾杯!

2015_08160038

此処の生はプレミアムモルツで、当たり前ですがホントに鮮度溢れるプレモルの味でなんとも美味しい1杯なんですねー。
クイックメニューで注文のセロリの漬物。

2015_08160034

そーいえば子供の頃には苦手だったセロリが食べられるようになったのも亀有のBeeってBARで食べたセロリの浅漬けが美味かったからだっけ。
串カツは紅生姜としし唐と串カツ豚を複数本注文。

2015_08160035

2度付け禁止、ステンレス容器に入ったウスターソースに潜らせて口に運ぶと、

2015_08160033

サックサクした食感の衣に包まれたしし唐のじわじわくる辛味がなんともビールがススム君な訳です(画像は潜らせる前ね)。

2015_08160037

紅生姜は余所でも割と頼みたくなる魅力のあるメニューなんだけど、此処の紅生姜は割としょっぱい味付けなのでウスターをあんまりドボンしないほうが美味しく頂けるかも。

2015_08160036

そんな塩気の多さから喉がやたら渇いたのでプレモルをお代わり。


そういえばこの日は終戦記念日。
という事で店内のTVモニターには終戦記念特番を放送中していて、福士蒼汰らが戦争体験を聞き入っている姿をしげしげと見ていました。
そうこうしているうちにグラスが空になったので、じゃあそろそろお店を出ようかと、次に行こうかと。


亀有には同様に串カツを売りにしているお店が数軒あって、で、串カツの好みとしてはそちらのほうが個人的に好きなんですが、こちらの串カツ田中は小さい子を連れた家族連れの姿もあったりで、割と滞在しやすいお店って雰囲気が出てるのが良いですなー。
今度は一家で来てみようかな、なんて思ったりした訪問でした。



余談ですが…
※拍手コメントを頂いたオッドアイさん、いつもどうもありがとうございます!
そしてお店情報を頂いた名無しさん、次回の綾瀬飲みの際には候補に入れておこうと思います、ありがとうございます!



人気ブログランキングへ 

↑このシリーズ、あと1回続く予定です、応援お願いしまーす!


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 足立区情報へ

↑コチラも頑張ってまーす!。