ウチのブログに来る人の足跡として、まあ、検索ワードの定番みたいなのがあるんですが、その中でも割と毎月、同じくらいの頻度で読まれてる記事の1つに、柴又のやぶ忠ってお蕎麦屋さんの記事があるんですよ(たとえばこの記事とか)。

そのお蕎麦屋さんは美味しいお蕎麦をお腹一杯食べられるお店で、毎年の年越しそばは出来ればそちらで頂きたいっていうくらい家族全員大好きなお店だったんですよねー。

が、しかし、昨年末に残念ながら突然閉店しちゃいまして、で、今年の2月に味噌煮込みうどんの専門店としてリニューアルオープンしたんですよ。

で、昨年の大晦日に店頭で持ち帰りのお蕎麦を販売していた女将さんに直にリニューアルの話を聞いてたんで、何気にリニューアルオープンはそれはそれで楽しみだった訳なんですよ。あんだけ美味しいお蕎麦を作るのを止めてまでやりたい味噌煮込みうどんってどんなのか?なんて事にも興味が沸きましたしね。

で、3月ですかねー。とある日曜のお昼時に店頭を伺ってまいりました。


2015_03200047
外にある看板の「手打蕎麦」の蕎麦の部分が白塗りで消されてましたねー。

で、店内に入ろうとすると生憎の行列が。

前に並んでいる人達が店内に入ったものの入り口付近で屯っているので、ちょっと店内状況を確かめようと私だけ入店して中の様子をチラ見すると…

店内の客席のスペースが半分くらいに減っていて、で、その空いたスペースには骨董品らしき物が置かれ、その周囲には順番待ちの人達が都合10人程。

一旦外に出て、外で待っている妻と会議。
あの席数と待っている先客の数を考えての自分達の待ち時間。

最近食べ盛りなコドモ達でも1人1品、グッツグツに煮込まれた味噌煮込みうどんは冷静に考えたらハードルが高いかも。

2015_03200045


あと、自分たちが食べてる時に、後客さん達が骨董品の辺りで屯しながら順番待ちされんのもなんだかケツの座りが悪いような感じがしたので、今回はパスしちゃいました。


2015_03200046


2015_03200048


しかし、営業時間4時間で、月の営業日が半月程って、なんつーかもうホント、商売っていうよりも趣味のほうにシフトしてるような感じもしますね。


大好きだったのになー、やぶ忠。




で、結局、福倉で食べて帰ってきたんですが、あの界隈、ちょっと足が遠のいちゃいそうな気もします。






 

blogram投票ボタン 

人気ブログランキングへ 

↑私のやる気スイッチ、1日1回それぞれポチして頂けたら、こんなに嬉しいことはないです。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 足立区情報へ

↑コチラも頑張ってます。