※閉店しました

青砥駅から徒歩5分程の場所に出来た二郎インスパイアのお店。
地元的には牛角の向かいといったほうが判りやすいかも。


2015_03080030

かつて亀有に在った豚喜(とんき)というお店(その時の訪問記事はコレとか)のご主人が関東各地での修業を経て葛飾に再び出店という事でオープン前から話題沸騰してたのは知ってたんですが、ようやく行ってまいりました。

店内は厨房前にL字カウンターが6席程、分割出来そうな4人掛けのテーブル席が2つ。


2015_03080047

店内レイアウト的に豚喜時代とだいたい同じなのが面白いですねー。あと、店舗内装がイメージカラーという感じの黄色×茶色のペンキに塗られてます。

厨房内には、亀有時代から少し白髪が増えたかな?って感じのご主人とホールには奥様らしき女性店員さんの2人体制。

メニューはこんな感じ。

2015_03080045

で、注文は味噌(850円)を。

なんで味噌にしたかというと豚喜時代に食べた事なかったと言うのと、家族のケツモチをする事態に備えて少しでも味変出来るように考えたからなのです。


注文時にトッピングの有無などを聞かれます。

野菜マシ、他は普通で。


さて、先に家族のラーメンが到着して、

2015_03080033


撮影をしている間に私の味噌が到着しました。


2015_03080035


左が私の味噌野菜マシ、右側が普通のラーメンという事で、「野菜マシってどんなの?」って人にはまあまあな参考になるんではないでしょうか。

で、味噌。


2015_03080036



麺は中太ちぢれ、うねりがかかってゴワゴワした歯応えのあるコシの強い小麦感漂うもの。


2015_03080041


具の野菜は比率でいうとモヤシ8:キャベツ2という感じ。

2015_03080040


その野菜の下に潜む豚はパサパサした食感で、正直そんなに好みではなかったけど。


2015_03080042


食べる前はあの豚骨で味噌はどうなのかな?と思ってたんですが、実際頂いて見るとスープは確かに味噌。


2015_03080039


ほんのり甘くてじんわり優しい美味しさの物で、シャキシャキの野菜との相性も良いものでした。
野菜マシという事で結構なボリュームだったんですけど、麺の美味さ、スープの美味さ、更に卓上の味変アイテムとか

2015_03080031


刻みタマネギを駆使したり。


2015_03080046


で、箸を止める事なく美味しく完食。
あー、スープは残しましたけど。


醤油のほうも家族のケツモチで頂いた上での感想なんですが、トータル的には変わらぬ美味さで正直ほっとしました。
変わったのは自分の胃袋のキャパですねー。以前は大の野菜マシ食べられたのにw。



お昼の閉店時間30分前くらいの訪問だったので、結果的に私達が昼営業最後の客になったんですが、後客のプレッシャーのない状態で、で、お店の雰囲気的にもせかされる事なく美味しく頂く事が出来ました、ごちそう様でした。


ラーメン アカリケンラーメン / 青砥駅京成立石駅
昼総合点★★★★ 4.0




 

blogram投票ボタン 

人気ブログランキングへ 

↑私のやる気スイッチ、1日1回それぞれポチして頂けたら、こんなに嬉しいことはないです。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 足立区情報へ

↑コチラも頑張ってます。

ラーメン アカリケン ( 青砥 / ラーメン全般 )
★★★★4.0
supported by ロケタッチグルメ