オーストラリアで行われたアジアカップのノックダウントーナメント、対UAE戦。

結果は既に皆さんご承知の通り、1対1で延長までもつれ込んでのPK決着での敗退という結果に。

アジアカップ連覇という目標は残念ながらベスト8という結果に終わった訳ですが、敗退した理由は幾つもあると思うので、JFAはその辺りきっちり検証してほしいかな、と、毎度思う訳です。

負けたという結果については他の方が代弁というか、同じ思いを色々書いてくれているので、ウチのブログではあんまり愚痴っぽくならないようにしようかな、と。
まあ、試合から日にちが開いての記事なので自分の温度が下がったというのもあるんですけどね。

個人的にはやっぱり、サッカーはメンタルとフィジカルと精度が物を言うんだなあ、と、改めて思った大会でした。

以下、この試合を合わせた大会総括的な感想です。

川島永嗣
大会通じて1失点だけどビッグセーブもなかった気が。

酒井高徳
今大会一番成長力を感じた選手。クロスの精度も含め右肩上がりに良くなってた。戦えてた。

吉田麻也
ライン統率もだいぶ落ち着いて出来るようになってきた。

森重真人
守備だけではなく攻撃参加でも足下の巧さから可能性を見せた。

長友佑都
ハムストリングを痛めるまで貢献した走力で左サイドを攻め続けた。

長谷部誠
アンカー的役割で守備に多大に貢献。PK時に見せたキャプテンシーも見事。

遠藤保仁
そんな素振りは見せなかったけど満身創痍だった末での交代だったのでは。

香川真司
ちょっと10番を気負いすぎている感が。
メンタルがとても心配。

本田圭佑
有言実行の献身的プレー。誰よりも勝ちに拘る姿勢が見えていただけに、PK時の宇宙開発はとても残念。

岡崎慎司
本来の調子からは遠いなりに頑張ってた。

乾貴士
存在感の光ったドリブラー。プレースタイル変わって良くなった。

武藤嘉紀
まだなんか遠慮がちなプレーが目立つんですよねー、決定機は打っちゃえ。よく走ってた。

柴崎岳
バイタルエリア中央からのゴールは見事。本田に認められてきた感じ。
将来的に10番に一番近いかも。

豊田陽平
欲しいボールが入ってない感はあったけど、決定機は決めて欲しかったなー。

アギーレ
いいタイミングでカード切って勝負してた、個人的には続投希望。