例年の如く年越し蕎麦を頂いている、大好きなお蕎麦屋さん、やぶ忠。
そのやぶ忠で2014年の年越しそばを頂こうと訪問したのですが、な、なんと既に閉店していたという憂き目に…。

2014_12310074


店頭には持ち帰りのお蕎麦を販売する女将さんの姿があったので色々と事情を伺ったのですが、その話の流れから「じゃあ参道店のほうに行ってみよっか」となって、で、本店から徒歩3分程のコチラにお邪魔した訳です。

BlogPaint

支店扱いだった参道店ですが、帝釈天の参道沿いという事で、店頭の一角にはガラス張りでそばの打ち場を見せてるとかアイス売ってるとか、やはり観光客仕様というか、それっぽい派手さを感じます。

2014_12310068

訪問前に聞いていたんですが店舗内のキャパは2階も合わせ100席位あるそうで、割と大箱感を感じます。
お昼前に訪問、1階奥のテーブル席に案内されました。

2014_12310055

大晦日という事でメニューはそれ仕様。

2014_12310041


せいろ(600円)を大盛り(200円増し)で。


注文してから3分程で到着。

2014_12310044


そばの太さは均等に切られた細めの蕎麦で、ややグレーがかった、星の存在も確認出来る物。

2014_12310045

一口頂いて見るとやっぱり見た目通りの瑞々しさ溢れる蕎麦で、コシもありますが、どちらかというと喉越し重視といった感じ。

2014_12310046


大盛り指定の量は、普通のを頼んだ妻とか子供達のせいろと比較すると確かにボリュームがありますが、それでも本店の普通盛りよりも少ないんじゃないかと。

つゆは甘さ辛さでいえば、どちらかというと辛いほう。
個人的には、やぶ忠のつゆは訪問する度に色々と印象が変わってたので(辛いとか酸味が強いとか)、今回のは割と王道というか、正しくそばつゆといった印象でした。

そばの風味を味わった後に、蕎麦湯割りの風味もきっちり堪能して、

2014_12310051


大晦日仕様で戦場みたいなお店wを後に。

本店閉店は割とショックなニュースなんですが、とりあえずそれはそれ、これはこれ。

あ、参道店、店頭レジ前のガラスケース内のコーヒーとかのオマケ群は必見かもね。

2014_12310057


お店を後にしたのちに立ち寄った帝釈天でもやぶ忠見っけた。


2014_12310066


今年も家族4人で美味しい年越し蕎麦を堪能出来たって事に満足出来た訪問でした、ごちそう様でした。



やぶ忠 帝釈天参道店 ( 柴又 / そば )
★★★★4.0
supported by ロケタッチグルメ



その他の記録。

2014_12310036

周辺道路は既に大晦日モードだった。


2014_12310037

本店やってなくてムスコ落胆の図。


2014_12310038

ずっと宿題店リストには入ってるんですけどねー、今年こそは伺おうかと。


2014_12310039


2014_12310061


2014_12310062


2014_12310069


BlogPaint


喬木屋老舗の店頭で草だんごをデザートとしてかぶりつくw。


2014_12310072


柴又はこの日も、やっぱり柴又でした。



 

blogram投票ボタン 

人気ブログランキングへ 

↑私のやる気スイッチ、1日1回それぞれポチして頂けたら、こんなに嬉しいことはないです。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 足立区情報へ

↑コチラも頑張ってます。